母性看護学 II 周産期各論

出版社: 医歯薬出版
著者:
発行日: 2015-09-25
分野: 看護学  >  母性看護
ISBN: 9784263236697
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

4,620 円(税込)

商品紹介

母子・家族のアセスメントを通じてニーズや健康課題を見つけ出すための知識と技術,その看護を最新のエビデンスに基づいてまとめました. 実習と臨床実践にて系統的なアセスメントができるよう,観察項目・アセスメントの視点・解釈を見やすい一覧表に整理して掲載しました. 出生後に劇的に変化する新生児の生理について詳述しているのも,これまでの看護書にはない特徴のひとつです.

目次

  • 母性看護学 II 周産期各論

    ―目次―

    第1章 妊娠期の看護
     第1節 妊娠経過のアセスメントに必要な知識と技術
     第2節 妊娠経過のアセスメント
     第3節 妊娠期の健康課題と看護
     第4節 妊娠期に起こりうる正常からの逸脱

    第2章 分娩期の看護
     第1節 分娩経過のアセスメントに必要な知識と技術
     第2節 分娩経過のアセスメント
     第3節 分娩期のニーズ・健康課題と看護
     第4節 分娩期に起こりうる正常からの逸脱

    第3章 産褥期の看護
     第1節 産褥経過のアセスメントに必要な知識と技術
     第2節 産褥経過のアセスメント
     第3節 産褥期のニーズ・健康課題と看護
     第4節 産褥期に起こりうる正常からの逸脱
     第5節 特別な支援を要する褥婦の看護

    第4章 新生児の看護
     第1節 新生児のアセスメントに必要な知識と技術
     第2節 新生児のアセスメント
     第3節 新生児の看護
     第4節 新生児期に起こりうる正常からの逸脱

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...