よくわかる新生児の血液ガス

出版社: メディカ出版
著者:
発行日: 2015-11-05
分野: 看護学  >  小児看護
ISBN: 9784840454681
電子書籍版: 2015-11-05 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,860 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,860 円(税込)

商品紹介

血液ガスデータが赤ちゃんのどんな病態を反映しているのかを正しく理解し、他の指標と合わせて総合的に判断していくことは、適切な治療・ケアのために欠かせない。分娩管理や新生児集中治療において必要な血液ガス分析・酸塩基平衡の知識をやさしく解説する。

目次

  • よくわかる新生児の血液ガス

    ―目次―

    【第1章 もやもや解消!血液ガス・酸塩基平衡をおさらいしよう!】
    <STEP1> 血液ガスにまつわる基本的な用語をおさらいしよう!
    (1)分圧、飽和度、濃度、それぞれ何がどう違う?
    (2)mmHg、Torr、kPa、%……単位をもう一度おさらいしよう!
    (3)PaO2、PAO2、SaO2、SpO2、ETCO2、FIO2
        ……略語をおさらいしよう!

    <STEP2> ガス交換の仕組みをおさらいしよう!
    (1)酸素の取り込みと二酸化炭素排出の流れをおさらいしよう!
    (2)ガス交換はどこで行われる?
       酸素と二酸化炭素は血液中をどう移動する?
    (3)酸素はどうやって末梢組織まで運ばれる?
       二酸化炭素はどうやって肺に運ばれる?

    <STEP3> 胎児ー胎盤系のガス交換の特殊性を理解しよう!
    (1)胎盤でのガス交換はどう行われる?
    (2)妊娠により母体のガス分圧はどう変化する?
    (3)胎児ヘモグロビン酸素解離曲線の特殊性を知ろう!
    (4)臍帯静脈血の酸素含量と酸素運搬量を計算してみよう!
    (5)胎盤でのガス交換に影響を及ぼす因子にはどんなものがある?

    <STEP4> 酸と塩基のバランスを理解しよう!
    (1)酸と塩基がpHを決める?
    (2)pHに関する用語を整理しよう!
    (3)base excess(BE)は何を意味する?
    (4)アニオンギャップが増えるのはどんなとき?

    <STEP5> 血液ガスと病態の関係を理解しよう!
    (1)血液ガスデータの基準値をおさらいしよう!
       酸塩基平衡の解釈に必要なのは?
    (2)緩衝の種類と代償の限界は?
    (3)血液ガスはどう読んでいったらいい?
    (4)酸塩基平衡はどう読んだらいい?

    <STEP6> 臍帯血液ガス測定の意義を知ろう!
    (1)臍帯動脈血液ガスから何がわかる?
    (2)臍帯動脈血液ガス測定の方法と読み方の基本を知ろう!
    (3)臍帯動脈血液ガスの酸塩基平衡パターンを知ろう!

    <STEP7> 血液ガス測定に使用する機器と分析結果の見方を知ろう!
    (1)血液ガス測定に使用するのはどんな機器?
    (2)こんな情報もわかる! 分析結果用紙の見方
    (3)低体温療法中に注意すべきことは?
    (4)検体採取で注意すべきことは?

    【第2章 読み方がさくさく身につく演習ドリル】
    (1)重症新生児仮死の蘇生後
    (2)新生児仮死後の多呼吸(1)
    (3)新生児仮死後の多呼吸(2)
    (4)新生児仮死後の多呼吸(3)
    (5)新生児仮死後、呼吸数は正常の児
    (6)予期せぬ新生児仮死
    (7)胎児頻脈後の新生児仮死
    (8)新生児仮死蘇生後の呼吸障害増悪
    (9)新生児仮死後、SpO2は100%なのに蒼白の児
    (10)蘇生後も筋緊張の改善が見られない新生児仮死
    (11)安定していたが、生後4時間で多呼吸を認めた児
    (12)心雑音を伴った児の急変
    (13)外性器異常と頻回の嘔吐
    (14)哺乳不良と頻回の嘔吐
    (15)月齢1前後の噴水様嘔吐
    (16)1カ月児の頻回の下痢
    (17)呼吸窮迫症候群のサーファクタント投与後
    (18)急性期人工換気中の酸素飽和度の低下
    (19)慢性肺疾患の児の急性増悪
    (20)利尿薬投与中の児

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 もやもや解消 ! 血液ガス・酸塩基平衡をおさらいしよう !

P.42 掲載の参考文献
1) 尾崎孝平. "割合の話". 血液ガス・酸塩基平衡教室. 諏訪邦夫監修. 大阪, メディカ出版, 2009, 64-80.
2) 安倍紀一郎ほか. "二酸化炭素の運搬". 呼吸機能学と呼吸器疾患のしくみ. 名古屋, 日総研出版, 2009, 74-5.
P.51 掲載の参考文献
P.65 掲載の参考文献
1) 飯野靖彦. "酸塩基平衡の知識". 一目でわかる血液ガス. 第2版. メディカル・サイエンス・インタ-ナショナル, 2013, 36-7, 40-1.
2) 五十嵐隆. 小児の酸塩基平衡調節機構とその異常 酸・塩基とは. 小児内科. 29 (5), 1997, 770-4.
P.80 掲載の参考文献
2) SUPPORT Study Group of the Eunice Kennedy Shriver NICHD Neonatal Research Network. Target ranges of oxygen saturation in extremely preterm infants. N Engl J Med. 362 (21), 2010, 1959-69.
3) 飯野靖彦. 酸塩基平衡. The Japanese Journal of Nepharology. 43 (8), 2001, 21-630.
4) L. マーチン. わかる血液ガス. 第2版. 古賀俊彦訳. 東京, 学研メディカル秀潤社, 2000, 248p.
5) 諏訪邦夫. "PCO2とpH : 酸塩基平衡の初歩". 血液ガスの臨床. 改訂3版. 東京, 中外医学社, 2005, 47-61.
P.88 掲載の参考文献
P.99 掲載の参考文献
1) 岩田欧介. "低体温療法中の内科管理". CONSENSUS2010に基づく新生児低体温療法実践マニュアル. 東京, 東京医学社, 2011, 76-81.
2) 草刈麻衣, 廣間武彦. "毛細管採血". 周産期医学. 42 (12), 2012, 1529-31.

最近チェックした商品履歴

Loading...