小児感染対策マニュアル

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,620 円(税込)

商品紹介

子どもは保護者の助けを必要とし、病気についての理解も不十分であることから、その感染対策は成人と比べより難しくなり、成人と同じ方法で対応できないケースも数多く起こります。また、「子どもの権利条約」などを参考に、子どもの人権に配慮した対応が求められます。本書は、こうした現状をもとに、日本全国の子ども感染対策の専門家が、子どもの感染対策のために必要な体制づくり、子どもの感染対策に関する基礎知識、小児感染症のアウトブレイク対策、各施設・部門ごとの具体的な対応など、個々の現場で必要な内容を多くの図表を用いてわかりやすく具体的にまとめた、初の書籍です。

目次

  • 小児感染対策マニュアル

    ―目次―

    1章 小児感染対策の体制
     1.1 小児感染対策の特殊性
     1.2 小児病院における感染対策体制
     1.3 大学病院の中での小児感染対策担当者
     1.4 市中病院の中での小児病棟
     1.5 クリニックでの感染対策
     1.6 地域連携
     1.7 JACHRI 小児感染対策ネットワーク
     1.8 感染対策とコストの問題

    2章 小児感染対策の基礎知識
     2.1 標準予防策
     2.2 感染経路別予防策
     2.3 血管内カテーテル関連血流感染予防
     2.4 カテーテル関連尿路感染予防
     2.5 人工呼吸器関連肺炎予防
     2.6 手術部位感染予防
     2.7 感染症サーベイランス
     2.8 抗菌薬管理プログラム
     2.9 微生物検査(検体の出し方)
     2.10 予防接種
     2.11 RSウイルス感染症の化学予防
     2.12 医療従事者への予防接種・抗体価管理
     2.13 針刺し後の血液,体液曝露予防
     2.14 職員が感染症を発症した場合の対応
     2.15 海外からの受診者

    3章 小児伝染性疾患
     3.1 麻疹
     3.2 風疹,先天性風疹症候群
     3.3 水痘、帯状疱疹
     3.4 流行性耳下腺炎
     3.5 百日咳
     3.6 インフルエンザ
     3.6 流行性角結膜炎
     3.7 結核
     3.8 クロストリジウム・ディフィシル感染症
     3.9 曝露後予防(麻疹,水痘,百日咳,インフルエンザ,
        侵襲性髄膜炎菌感染症)

    4章 アウトブレイク時の対応
     4.1 感染症の集団発生時の対応
        (院内での危機管理・保健所への届出)
     4.2 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(新生児室)
     4.3 RSウイルス
     4.4 アタマジラミ,疥癬
     4.5 ノロウイルス,ロタウイルス
     4.6 耐性グラム陰性桿菌

    5章 小児感染対策の実践
     5.1 小児救急・入院・外泊時のトリアージ
     5.2 隔離時に気をつけること
     5.3 面会
     5.4 子どもと親への指導・説明
     5.5 おもちゃ・プレイルームの管理
     5.6 点滴の管理
     5.7 栄養物品管理
     5.8 おむつの管理 
     5.9 リネンの管理
     5.10 環境整備

    6章 部門別の感染対策
     6.1 新生児集中治療室(NICU)
     6.2 産科病棟の中の新生児室
     6.3 産科病棟
     6.4 小児集中治療室(PICU)
     6.5 無菌室(クリーンルーム)
     6.6 手術室
     6.7 外来部門(ERを含む)
     6.8 院内学級
     6.9 院内保育所
     6.10 重症心身障害児の病棟管理
     6.11 療育
     6.12 在宅
     6.13 薬剤部門
     6.14 栄養管理部門
     6.15 放射線部門
     6.16 検査部門
     6.17 リハビリテーション部門
     6.18 アニマルセラピー(ファシリティドッグを中心に)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...