胃癌・乳癌HER2病理診断ガイドライン 

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2015-12-25
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307050494
シリーズ: がん治療ガイドライン
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,944 円(税込)

商品紹介

現在60を超える分子標的薬剤が承認されているが、抗HER2療法は病理標本における適切な診断が不可欠である。日本病理学会では、2011年11月に精度管理委員会によって「乳癌におけるHER2病理組織標本作製および病理診断のガイドライン」「胃癌におけるHER2病理組織標本作製および病理診断のガイドライン」を作成している。本ガイドラインは先行のガイドラインの骨子を継承しつつ、新たにガイドライン委員会にてClinical Question形式をとり、図表を一新し、より実践的なガイドラインを目指した。

目次

  • 胃癌・乳癌HER2病理診断ガイドライン 

    ―目次―

    I 乳癌HER2病理診断ガイドライン
     1.Pre-analytical
     2.Analytical
     3.Post-analytical

    II 胃癌HER2病理診断ガイドライン
     1.胃癌HER2診断のフローチャート
     2.Clinical Question

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...