THE BONE 29/4 2016年新春号

出版社: メディカルレビュー社
発行日: 2016-01-25
分野: 臨床医学:外科  >  雑誌
ISSN: 09147047
雑誌名:
特集: CKD-MBD
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

2,310 円(税込)

目次

  • THE BONE 29/4 2016年新春号

    ―目次―

    特集 CKD-MBD

    ○特集にあたって
     1.CKD-MBDとは
     2.CKD-MBDの進行メカニズム
     3.慢性腎臓病に伴う骨ミネラル代謝異常の
       診療ガイドラインについて
     4.CKD合併を考慮した骨代謝マーカーの選択
     5.慢性腎臓病(CKD)と骨質
     6.CKD-MBDの心血管障害とFGF23
     7.CKD-MBDに合併する骨粗鬆症とビタミンD活性化低下
     8.CKD-MBDに合併する骨粗鬆症の治療概念の変遷
     9.CKDのstage別骨粗鬆症治療薬の投与の実際と合併症
     10.新規骨粗鬆症治療薬とCKD合併骨粗鬆症

    ■連載
    ◎ホネのかたち ホネから脳のかたちを見る(8)
      ―成長に伴うニワトリの脳形態変化1―
    ◎海外文献紹介×Hot paper [日本骨代謝学会との提携コーナー]
    ・Wntシグナル受容体であるLRP4に対する中和抗体は,
      スクレロスチンの機能を阻害し骨量を増加させる
    ・破骨細胞前駆細胞由来のPDGF-BBは骨形成を促進する
      カップリングファクターである
    ・慢性腎臓病患者における腎臓α-Klotho発現の低下と
      そのリン排泄,ビタミンD代謝に対する効果
    ・骨細胞特異的FGF受容体1欠失はFGF23産生を抑制する
    ・iPS細胞を用いた家族性癌モデル
    ・ヒトiPS細胞からの関節軟骨細胞の作製
    ・縫合は頭蓋顔面骨の間葉系幹細胞のニッチを提供している
    ・骨格筋中に存在する間葉系幹細胞と骨形成
    ・ヒトPTH関連タンパク(PTHrP)のアナログである
      Abaloparatideは閉経後骨粗鬆症患者の
      骨密度(BMD)を増加させる
    ・高齢2型糖尿病患者のHbA1cレベルと大腿骨近位部骨折のリスク:
      台湾糖尿病コホート研究におけるリスク解析
    ・若い血を取り入れるとβ-カテニン調節を介して
      骨折治癒能力が若返る
    ・骨粗鬆症治療におけるNELL-1の役割
    ・アプタマー官能化脂質ナノパーティクルによる骨芽細胞を
      ターゲットとしたRNAiによる新規骨同化戦略
    ・Snx10欠損マウスでの大理石骨病性くる病は破骨細胞性骨吸収と
      胃酸依存的カルシウム吸収の欠損による
    ・免疫複合体はFcRγシグナルを介して骨代謝を制御する
    ・IgG抗体の糖鎖修飾が破骨細胞分化と骨量減少を決定する
    ・グルコース取り込みとRUNX2による協調的な骨芽細胞分化と
      骨形成の統合
    ・骨芽細胞におけるβ-catenin活性化は白血病発症を誘発する

    ■巻頭
    ○グラビア「異方性骨基質構築のための細胞配列制御」

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...