日本の農薬開発

出版社: 日本農薬学会
著者:
発行日: 2003-01-10
分野: 薬学  >  薬学一般
ISBN: 4990141717
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

8,640 円(税込)

本書は、わが国における農薬創製の歴史と技術の粋の結集であり、農薬研究開発が当初から真に独創的な薬剤を創出することを目指し、独自技術を確立してきた実績を示すもので、この真髄は今後に受け継がれるべきであろう。そして、これまで農薬の研究開発に直接携わってきた方々に執筆をお願いし、学会員より構成された編集委員の方々が中心となり出版することになった記念すべき書籍である。「日本発」の独創的な農薬は如何に生まれ、世界の作物保護と食糧増産に貢献したか。その発見・研究開発の経緯、生物活性、製剤技術、使用効果の全体像を解説。

目次

  • 日本の農薬開発

    ― 目次 ―

    第1編 日本における農薬研究開発の歴史
    1 殺虫剤の変遷
    2 殺菌剤の変遷
    3 除草剤・植物成長調整剤の変遷
    4 製剤の変遷

    第2編 日本発の農薬
    第1章 殺虫剤
    第2章 殺ダニ剤
    第3章 殺菌剤
    第4章 除草剤
    第5章 植物成長調整剤

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...