静がんメソッド 泌尿器癌編

出版社: 日本医事新報社
著者:
発行日: 2016-06-01
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784784956258
シリーズ: 静がんメソッド
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,840 円(税込)

商品紹介

好評シリーズの泌尿器癌編が登場。患者さんの状態や背景がさまざまで「この治療法を」という“正解”が存在しない癌化学療法。本書は,多数の癌患者さんを診療する静がん(静岡県立静岡がんセンター)での経験則から,治療選択の注意点や有害事象対策のポイントを解説。EBMを根幹としつつ,EBMだけではカバーしきれない,静がんの実臨床から得られた経験的ポイントを惜しげもなく公開。

目次

  • 静がんメソッド 泌尿器癌編

    ―目次―

    1.SCC院内ガイドライン

    2.レジメン・有害事象マネジメント
    ■膀胱癌
    MMC, ADM膀胱内注入療法
    BCG膀胱内注入療法
    GC療法
    M-VAC療法
    PTX+GEM療法

    ■前立腺癌
    combined androgen blockade(CAB)療法
    アンドロゲン交替療法
    アビラテロン
    エンザルタミド
    エストラムスチン
    カバジタキセル
    ETP+CBDCA
    ステロイド
    DTX

    ■腎細胞癌
    TKI(チロシンキナーゼ阻害薬)
    TKI (1)ソラフェニブ
    TKI (2)スニチニブ
    TKI (3)アキシチニブ
    TKI (4)パゾパニブ
    m-TORI(哺乳類ラパマイシン標的蛋白質阻害薬)
    m-TORI (1)エベロリムス
    m-TORI (2)テムシロリムス

    ■精巣胚細胞腫瘍
    EP療法
    VIP療法
    TIP療法
    BEP療法
    GEMOX療法

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...