NICUのギ・モ・ン98+2

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2016-06-10
分野: 臨床医学:内科  >  周産期(新生児)
ISBN: 9784765316767
電子書籍版: 2016-06-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,960 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,960 円(税込)

商品紹介

周産期医療に携わる読者にとって,日々の診療に直結しそうにもかかわらず,見過ごされがちな疑問や当たり前に思っていることをピックアップし,わかりやすく解説した1冊

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 目次
  • 1 先天性風疹症候群が増えている !
  • 2 先天性サイトメガロウイルス ( CMV ) 母体スクリーニングの意義
  • 3 最近ときどき耳にする "抗体のAvidity" って何 ?
  • 4 妊婦のガーデニング ( gardening ) は危険 !?
  • 5 単純ヘルペス, 再考 ?
  • 6 妊婦のHTLV - 1抗体スクリーニングの意義と問題点は ?
  • 7 HTLV - 1母子感染予防対策の問題点は ?
  • 8 CRPに診断的価値はあるのか ?
  • 9 外科手術後のCRP上昇の意味は ?
  • 10 早産児の敗血症に対する免疫グロブリンの是非は ?
  • 11 母乳の栄養成分の不思議
  • 12 母体に含まれるガゼインの特徴は ?
  • 13 母体に含まれる乳糖の特徴は ?
  • 14 母乳とビフィズス菌との深い関係 ?
  • 15 母乳にも多く含まれるオリゴ糖とは ?
  • 16 母体の栄養状況と母乳の脂質成分の関係は ?
  • 17 母体の免疫作用
  • 18 母体のストレスは児の精神障害を招く ?
  • 19 副腎皮質ホルモンはどうやって, 脳に影響するの !?
  • 20 ビタミンD欠乏性くる病が増えている !
  • 21 ビタミンDを多く含む食品・ほとんど含んでいない食品とは !?
  • 22 日焼け止めとビタミンDの関係は !?
  • 23 母体の甲状腺機能異常が胎児に与える影響は ?
  • 24 母体のヨウ素過剰摂取が胎児・出生児の甲状腺機能低下症を招く !
  • 25 妊娠糖尿病母体児が増えている !?
  • 26 日本の二分脊椎発症率は世界一 ?
  • 27 葉酸を多く含む食品は ?
  • 28 母体の加齢と妊娠・出産との関係は ?
  • 29 母体のアルコール摂取と胎児奇形の関係は ?
  • 30 不妊症の定義が変わった !?
  • 31 Dutch Famine ( オランダの飢餓 ) は他人事か !?
  • 32 ω - 3系と ( n - 3 ) 系, これって同じこと ?
  • 33 ω - 3系とω - 6系, どちらが優れているの ?
  • 34 中鎖脂肪酸ってそんなに素晴らしいの ?
  • 35 ICPモデルって聞いたことありますか ?
  • 36 必須アミノ酸のこと, ご存じですか ?
  • 37 Refeeding syndromeって, ご存じですか ?
  • 38 なぜ, 低リン血症でヘモグロビン酸素飽和度曲線が動くの ?
  • 39 高アンモニア血症はなぜ, 問題なの ?
  • 40 早産児のアミノ酸代謝は胎児のアミノ酸代謝と同じなの ?
  • 41 微量元素の欠乏症, 日頃から意識していますか ?
  • 42 腸内細菌って何のために存在しているの ?
  • 43 腸内細菌の多くが嫌気性菌だと言われますが, 嫌気性菌って危険なのでは ?
  • 44 乳酸菌って, 一体なに ?
  • 45 プロバイオティクス, プレバイオティクスって何 ?
  • 46 腸内細菌がエネルギーを産生するって本当ですか ?
  • 47 腸内細菌のエネルギー産生がヒトの健康に重要な役割を果たしているって本当ですか ?
  • 48 短鎖脂肪酸って, 一体なに ?
  • 49 ラクツロースの作用機序, ご存じですか ?
  • 50 アニオンギャップ正常の代謝性アシドーシスは ?
  • 51 新生児高血糖の定義は ?
  • 52 新生児糖尿病とは ?
  • 53 KATPチャネル異常症とインスリン分泌異常の関係 ?
  • 54 チラーヂンS ( R ) のこと, ご存じですか ?
  • 55 ヒドロコルチゾン静注製剤をコートリル ( R ) に切り替えるとき, どうしていますか ?
  • 56 デキサメタゾンとコルチゾールの使い分け ?
  • 57 ビタミンD2とD3の違い, 25 ( OH ) Dと1, 25 ( OH ) 2Dの違い, ご存じですか ?
  • 58 化学物質の単位について困ったことはありませんか ?
  • 59 出生後早期の新生児は, たとえ血糖値が低くてもケトン体を使用できるから大丈夫って本当ですか ?
  • 60 性分化疾患と性同一性障害の違い, 知っていますか ?
  • 61 乳幼児および就学期以降の発育曲線が2000年以降更新されていないことをご存じですか ?
  • 62 SGA児が増えているのは, なぜ ?
  • 63 SGA児となる遺伝性疾患にがんを発症しやすい病態があると聞いたのですが ?
  • 64 SGA児はたとえ太らなくても2型糖尿病になりやすいって本当ですか ?
  • 65 先天代謝異常症の患者に遭遇する確率は宝くじに当たるより低い ?
  • 66 タンデムマススクリーニングって何 ?
  • 67 妊婦・授乳婦の経口抗菌薬が危ない !?
  • 68 脂肪酸代謝異常症って何 !?
  • 69 脂肪酸代謝異常症でなぜ低血糖になるの ?
  • 70 有機酸代謝異常症とアミノ酸代謝異常症の違いって何 !?
  • 71 今後, マススクリーニングの拡大が模索されている疾患をご存じですか !?
  • 72 先天性動脈管依存性心疾患のスクリーニングをご存じですか !?
  • 73 タンデムマススクリーニングで尿素回路異常症が診断可能となったことの意義は ?
  • 74 なぜ, ラシックス ( R ) を使用すると低K血症になるのでしょうか ?
  • 75 利尿薬の作用点とその使い分けについて, ご存じですか ?
  • 76 カルシウムとリンの微妙な関係…ご存じですか ?
  • 77 高度分染法と普通のGバンドは何が違う ?
  • 78 染色体異常症で最も頻度の高い異常は何かご存じですか ?
  • 79 NIPTのどこが問題 ?
  • 80 ゲノム・インプリンティング ( = ゲノム刷り込み現象 ) のこと, ご存じですか ?
  • 81 エピジェネティクスのこと, ご存じですか ?
  • 82 aCGHのこと, ご存じですか ?
  • 83 難聴罹患者同士の結婚は, 難聴の子どもが生まれるリスクが著しく高くなるのですか ?
  • 84 いとこ婚はどれだけ危険か ?
  • 85 伴性劣性遺伝疾患なのに, 女児も発症するのは, なぜ ?
  • 86 母親にミトコンドリア病の症状がなくても, 子どもが発症することがあるのは, なぜ ?
  • 87 ダウン症に関する統計学
  • 88 p値<0. 05の持つ意味, ご存じですか ?
  • 89 酸素は危険 ?
  • 90 生態にとって酸素はなぜ必要 ?
  • 91 なぜ, 嫌気性代謝では乳酸の産生が高まるのか ?
  • 92 たまたま血液ガス分析してみたら, CO2が高かった ! その評価は ?
  • 93 胎児ヘモグロビンの特徴についてご存じですか ?
  • 94 なぜ, 先天性心疾患は出生後に発症するのか ?
  • 95 ショ糖って何 ?
  • 96 低用量ドパミン投与は無意味という意見があるのをご存じですか ?
  • 97 母子手帳の歴史をご存じですか ?
  • 98 COHbは溶血性黄疸の指標 ?
  • 99 医学教育 お薦めの1冊 !
  • 100 新生児の教科書 お薦めの1冊 !?
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1 先天性風疹症候群が増えている !

P.3 掲載の参考文献
城道久ら : 妊婦の風疹感染と先天性風疹症候群, 医学のあゆみ 253 (13) : 1209-1213, 2015

2 先天性サイトメガロウイルス ( CMV ) 母体スクリーニングの意義

P.5 掲載の参考文献

3 最近ときどき耳にする "抗体のAvidity" って何 ?

P.6 掲載の参考文献

4 妊婦のガーデニング ( gardening ) は危険 !?

P.7 掲載の参考文献
Lopez A, et al : Preventing congenital toxoplasmosis. MMWR Recomm Rep 31 ; 49 (RR-2) : 59-68, 2000

5 単純ヘルペス, 再考 ?

P.8 掲載の参考文献
木村宏 : 単純ヘルペス脳炎診療ガイドライン, 小児感染免疫 21 : 19-23, 2009
Elaine W, et al : Incidence of neonatal Herpes Simplex virus infections in the United States, 2006. Pediatrics 127 : e1-e8, 2011

6 妊婦のHTLV - 1抗体スクリーニングの意義と問題点は ?

P.10 掲載の参考文献
石塚賢治ら : HTLV-1 キャリア外来の実態調査, 臨床血液 56 (6) : 666-672, 2015

8 CRPに診断的価値はあるのか ?

P.13 掲載の参考文献
Hofer N, et al : An update on the use of C-reactive protein in early-onset neonatal sepsis : current insights and new tasks. Neonatology 10 : 25-36, 2011

9 外科手術後のCRP上昇の意味は ?

P.14 掲載の参考文献

10 早産児の敗血症に対する免疫グロブリンの是非は ?

P.16 掲載の参考文献
Ohlsson A, et al : Intravenous immunoglobulin for preventing infection in preterm and/or low birth weight infants. Cochrane Database Syst Rev 2 ; 7 : CD000361, 2013
The INIS Collaborative Group : Treatment of neonatal sepsis with intravenous immune globulin. N Engl J Med 365 : 1201-1211, 2011

13 母体に含まれる乳糖の特徴は ?

P.19 掲載の参考文献
菅原二三男 (監訳) : 第3版マクマリー生物有機化学 (生化学編), p737, 丸善出版, 2010

15 母乳にも多く含まれるオリゴ糖とは ?

P.21 掲載の参考文献

16 母体の栄養状況と母乳の脂質成分の関係は ?

P.23 掲載の参考文献

17 母体の免疫作用

P.25 掲載の参考文献

18 母体のストレスは児の精神障害を招く ?

P.27 掲載の参考文献

19 副腎皮質ホルモンはどうやって, 脳に影響するの !?

P.29 掲載の参考文献

20 ビタミンD欠乏性くる病が増えている !

P.31 掲載の参考文献
Roth KS, et al : Disorders of calcium, phosphate, and bone metabolism. In Sarafoglou K (Eds.) Pediatric endocrinology and inborn errors of metabolism, pp.651-652, McGraw-Hill, 2009

22 日焼け止めとビタミンDの関係は !?

P.34 掲載の参考文献
環境省 : 紫外線環境保健マニュアル (http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/full.pdf), 2008

23 母体の甲状腺機能異常が胎児に与える影響は ?

P.36 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p388, 金芳堂, 2015
森昌朋 (編) : 妊娠と甲状腺機能異常症, メディカルレビュー社, 2013

24 母体のヨウ素過剰摂取が胎児・出生児の甲状腺機能低下症を招く !

P.38 掲載の参考文献
原田正平 : ヨード過剰と甲状腺機能低下症, 新生児内分泌研究会編著, 新生児内分泌ハンドブック第2版, p71-77, メディカ出版, 2014

25 妊娠糖尿病母体児が増えている !?

P.40 掲載の参考文献
荒田尚子ら : 妊娠を起点とした将来の女性および次世代の糖尿病発症予防のために, 糖尿病と妊娠 15 (1) : 56-64, 2015
生野寿史 : 血糖スクリーニングでは異常なしだが, 尿糖陽性を繰り返す妊婦, ペリネイタルケア 34 (8) : 764-766, 2015
日本糖尿病学会 (編) : 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013, p217-232, 南江堂, 2013
日本糖尿病・妊娠学会と日本糖尿病学会との合同委員会 : 妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化について, 糖尿病 58 : 801-803, 2015

28 母体の加齢と妊娠・出産との関係は ?

P.44 掲載の参考文献
久具宏司 : 加齢と妊孕能, その診断, 日産婦誌 67 (9) : 1934-1946, 2015

30 不妊症の定義が変わった !?

P.47 掲載の参考文献
日本産婦人科学会HP : 不妊の定義の変更について (http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20150902.html), 平成27年8月

31 Dutch Famine ( オランダの飢餓 ) は他人事か !?

P.49 掲載の参考文献
Painter RC, et al : Early onset of coronary artery disease after prenatal exposure to the Dutch famine. Am J Clin Nutr 84 (2) : 322-327, 2006

33 ω - 3系とω - 6系, どちらが優れているの ?

P.52 掲載の参考文献
Skouroliakou M, et al : Cholestasis, bronchopulmonary dysplasia, and lipid profile in preterm infants receiving MCT/ ω-3-PUFA-containing or soybean-based lipid emulsions. Nutr Clin Pract 27 (6) : 817-824, 2012

35 ICPモデルって聞いたことありますか ?

P.55 掲載の参考文献

37 Refeeding syndromeって, ご存じですか ?

P.59 掲載の参考文献
滝元宏 : Refeeding syndromeの病態とその対応. 板橋家頭夫編集, 新生児栄養学, p190-192, メジカルビュー社, 2014

38 なぜ, 低リン血症でヘモグロビン酸素飽和度曲線が動くの ?

P.61 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p192-193, 金芳堂, 2015

39 高アンモニア血症はなぜ, 問題なの ?

P.63 掲載の参考文献
河井昌彦 : イラストで見る診る学ぶ新生児の栄養代謝, p97-98, メディカ出版, 2013

40 早産児のアミノ酸代謝は胎児のアミノ酸代謝と同じなの ?

P.65 掲載の参考文献
上代淑人ら (監訳) : イラストレイテッド ハーパー・生化学 <原著28版>, 第28章タンパク質とアミノ酸の異化, p285-294, 丸善, 2011

41 微量元素の欠乏症, 日頃から意識していますか ?

P.67 掲載の参考文献
児玉浩子 : 小児の微量元素代謝異常症, 日児誌 113 : 795-807, 2009

42 腸内細菌って何のために存在しているの ?

P.69 掲載の参考文献
神谷茂ら : 腸内細菌研究の基礎分野における近年の進歩, 医学の歩み 251 (1) : 5-11, 2014

45 プロバイオティクス, プレバイオティクスって何 ?

P.75 掲載の参考文献
Mitsuyama K, et al : Microflora Targeted Therapies for Inflammatory Bowel Disease-Pro and Prebiotics-. Clinical Gastroenterology 18 (1) : 101-109, 2003

46 腸内細菌がエネルギーを産生するって本当ですか ?

P.77 掲載の参考文献
神谷茂ら : 腸内細菌研究の基礎分野における近年の進歩, 医学の歩み 251 (1) : 5-11, 2014

47 腸内細菌のエネルギー産生がヒトの健康に重要な役割を果たしているって本当ですか ?

P.79 掲載の参考文献
木村郁夫 : 腸内細菌と肥満, 医学の歩み 251巻1号, p107-111, 2014

48 短鎖脂肪酸って, 一体なに ?

P.81 掲載の参考文献
原博 : プレバイオティクスから大腸で産生される短鎖脂肪酸の生理効果, 腸内細菌学雑誌 16 (1) : 35-42, 2002

51 新生児高血糖の定義は ?

P.85 掲載の参考文献
Beatdsall K, et al : Insulin therapy in preterm newborns. Early Hum Dev 84 : 839-842, 2008
Bottino M, et al : Interventions for treatment of neonatal hyperglycemia in very low birth weight infants. Cochrane. Cochrane Database Sys Rev CD007453, 2009

52 新生児糖尿病とは ?

P.87 掲載の参考文献
依藤亨 : 新生児糖尿病, 新生児内分泌ハンドブック改訂2版 (新生児内分泌研究会編), p95-108, メディカ出版, 2014

53 KATPチャネル異常症とインスリン分泌異常の関係 ?

P.88 掲載の参考文献

54 チラーヂンS ( R ) のこと, ご存じですか ?

P.90 掲載の参考文献

55 ヒドロコルチゾン静注製剤をコートリル ( R ) に切り替えるとき, どうしていますか ?

P.91 掲載の参考文献
桐野玲子 : 全身投与ステロイド薬の薬剤間の対応量について, 鹿児島市医報 48 (3) : 16, 2009

56 デキサメタゾンとコルチゾールの使い分け ?

P.93 掲載の参考文献
Halliday HL, et al : Early (up to seven days) postnatal corticosteroids for preventing chronic lung disease in preterm infants. Cochrane Database of Systemic reviews CD001146

57 ビタミンD2とD3の違い, 25 ( OH ) Dと1, 25 ( OH ) 2Dの違い, ご存じですか ?

P.95 掲載の参考文献
向山政志 : 腎臓と内分泌代謝総論, 最新内分泌代謝学 (中尾一和編集主幹), p290-294, 診断と治療社, 2013

59 出生後早期の新生児は, たとえ血糖値が低くてもケトン体を使用できるから大丈夫って本当ですか ?

P.99 掲載の参考文献

61 乳幼児および就学期以降の発育曲線が2000年以降更新されていないことをご存じですか ?

P.101 掲載の参考文献
乳幼児身体発育評価マニュアル : http://www.niph.go.jp/soshiki/07shougai/hatsuiku/

62 SGA児が増えているのは, なぜ ?

P.103 掲載の参考文献

63 SGA児となる遺伝性疾患にがんを発症しやすい病態があると聞いたのですが ?

P.105 掲載の参考文献
小児慢性特定疾病情報センター : Nijmegen (ナイミーヘン) 症候群 (http://www.shouman.jp/details/10_2_13.html)
難病情報センター : Bloom症候群 (http://www.nanbyou.or.jp/entry/887)

64 SGA児はたとえ太らなくても2型糖尿病になりやすいって本当ですか ?

P.107 掲載の参考文献

71 今後, マススクリーニングの拡大が模索されている疾患をご存じですか !?

P.118 掲載の参考文献
衛藤義勝 (編) : ポンぺ病 (糖原病II型), 診断と治療社, 2009
折居忠夫 (総監修) : ムコ多糖症 UPDATE, E-N MEDIX, 2011

72 先天性動脈管依存性心疾患のスクリーニングをご存じですか !?

P.120 掲載の参考文献

73 タンデムマススクリーニングで尿素回路異常症が診断可能となったことの意義は ?

P.122 掲載の参考文献
河井昌彦 : 先天性アミノ酸代謝異常症. 中尾一和編集主幹, 最新内分泌代謝学, p618-622, 診断と治療社, 2013

74 なぜ, ラシックス ( R ) を使用すると低K血症になるのでしょうか ?

P.124 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p203-208, 金芳堂, 2015

75 利尿薬の作用点とその使い分けについて, ご存じですか ?

P.127 掲載の参考文献
日本小児内分泌学会 (編) : 小児内分泌学 (第12章尿細管異常), p511-552, 診断と治療社, 2009

77 高度分染法と普通のGバンドは何が違う ?

P.132 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p67, 金芳堂, 2015

78 染色体異常症で最も頻度の高い異常は何かご存じですか ?

P.133 掲載の参考文献
福嶋義光 (監訳) : トンプソン & トンプソン遺伝医学, p84, メディカルサイエンスインターナショナル, 2009

79 NIPTのどこが問題 ?

P.135 掲載の参考文献

80 ゲノム・インプリンティング ( = ゲノム刷り込み現象 ) のこと, ご存じですか ?

P.137 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p94-95, 金芳堂, 2015
依藤亨 : 新生児糖尿病, 新生児内分泌研究会編著, 新生児内分泌ハンドブック第2版, p95-108, メディカ出版, 2014

81 エピジェネティクスのこと, ご存じですか ?

P.138 掲載の参考文献

83 難聴罹患者同士の結婚は, 難聴の子どもが生まれるリスクが著しく高くなるのですか ?

P.140 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p90, 金芳堂, 2015

84 いとこ婚はどれだけ危険か ?

P.142 掲載の参考文献
新川詔夫 : 遺伝カウンセリングマニュアル改訂第2版, 南江堂, 2003

85 伴性劣性遺伝疾患なのに, 女児も発症するのは, なぜ ?

P.144 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, p92, 金芳堂, 2015
福嶋義光 (監訳) : トンプソン & トンプソン遺伝医学, p141-144, メディカルサイエンスインターナショナル, 2009

86 母親にミトコンドリア病の症状がなくても, 子どもが発症することがあるのは, なぜ ?

P.146 掲載の参考文献
福嶋義光 (監訳) : トンプソン & トンプソン遺伝医学, p156-159, メディカルサイエンスインターナショナル, 2009

87 ダウン症に関する統計学

P.148 掲載の参考文献
新川詔夫 (監修) : 遺伝カウンセリングマニュアル改訂第2版, 南江堂, 2003

90 生態にとって酸素はなぜ必要 ?

P.151 掲載の参考文献
上代淑人ら (監訳) : イラストレイテッド ハーパー・生化学 原著28版, p176-184, 丸善, 2011

91 なぜ, 嫌気性代謝では乳酸の産生が高まるのか ?

P.153 掲載の参考文献
上代淑人ら (監訳) : イラストレイテッド ハーパー・生化学 <原著28版>, p176-184, 丸善, 2011

93 胎児ヘモグロビンの特徴についてご存じですか ?

P.156 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, 第2章呼吸, p192-194, 金芳堂, 2015

95 ショ糖って何 ?

P.160 掲載の参考文献

96 低用量ドパミン投与は無意味という意見があるのをご存じですか ?

P.162 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医療 治療方針選択に役立つ論文 245, p63-66, 金芳堂, 2008
Bellomo R, et al : Low-dose dopamine in patients with early renal dysfunction : a placebo-controlled randomized trial : Australian and New Zealand Intensive Care Society (ANZICS) Clinical trail group. Lancet 356 : 2139-2143, 2000

98 COHbは溶血性黄疸の指標 ?

P.165 掲載の参考文献
河井昌彦 : NICU ベッドサイドの診断と治療 改訂3版, p183, 金芳堂, 2012
河井昌彦 : 新生児医学, p339, 金芳堂, 2015

99 医学教育 お薦めの1冊 !

P.167 掲載の参考文献
外山滋比古 : 思考の整理学, ちくま文庫, 1986

100 新生児の教科書 お薦めの1冊 !?

P.168 掲載の参考文献
河井昌彦 : 新生児医学, 金芳堂, 2015

最近チェックした商品履歴

Loading...