ブルーライトテキストブック

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2016-06-20
分野: 臨床医学:外科  >  眼科学
ISBN: 9784307351652
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,150 円(税込)

商品紹介

効率が良く便利である反面、人間の生活に影響を与えることもあるブルーライト。その問題はもはや社会全体の問題であり、眼科医はもとより、精神科医、小児科医、睡眠の専門家、時間生物学者、LED産業関係者、照明関係者など、などさまざまな領域にかかわる横断的な課題である。そこで、この問題の各領域を横断して知識を整理できる医学的なエビデンスに基づいた総合的な教科書として本書を出版した。

目次

  • ブルーライトテキストブック

    ―目次―

    ■チャプター1 社会的背景
    1 照明の歴史
    2 LED光源の原理とスペクトル構造
    3 照明器具の光生物学的安全性
    4 スマートフォンやPCのバックライトとしての応用と普及

    ■チャプター2 ブルーライトが網膜に与える影響
    1 ブルーライト、光と加齢黄斑変性の疫学
    2 網膜光毒性:現状評価と課題
    3 網膜光酸化ストレスの基礎および臨床
    4 光曝露が加齢黄斑変性のリスクになり得るメカニズム
    5 光曝露、酸素代謝、網膜損傷:光の“陰と陽”
    6 ブルーライトから網膜を守るルテインとゼアキサンチン
    7 加齢や白内障手術による黄斑色素密度の変化

    ■チャプター3 ブルーライトと眼科疾患、眼精疲労、片頭痛
    1 ブルーライトと瞳孔反応
    2 羞明とブルーライト
    3 ブルーライトの散乱が眼精疲労、視機能に及ぼす影響
    4 ブルーライトと片頭痛
    5 白内障手術とブルーライト
    6 ブルーライトが網膜の細胞障害を起こすメカニズム

    ■チャプター4 サーカディアンリズムの基礎
    1 生物時計−その機能と構造
    2 視交叉上核
    3 概日時計の発振メカニズムと時計蛋白質の翻訳後修飾
    4 食事と時計
    5 生体リズムと疾病

    ■チャプター5 サーカディアンリズムとブルーライト
    1 ブルーライト研究の歴史と概日時計とのかかわり
    2 アウト・オブ・サイト:ヒトの行動や生理に対する光の効果
     【原文】Out of sight:
    light effects on human behavior and physiology
    3 夜間勤務によるサーカディアンリズムの乱れと発がんリスク
    4 視交叉上核の光応答性と位相調節

    ■チャプター6 ブルーライト問題への対処法
    1 ブルーライトカット眼鏡による対応
    2 ブルーライト削減LEDによる対応
    3 ブルーライト障害に対するルテインのサプリメント摂取
    4 細胞ストレスを緩和する視覚サイクルモデュレーター
    5 アンチエイジングアプローチによるブルーライト対応

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...