小児看護 39/7 2016年7月号

出版社: へるす出版
発行日: 2016-07-15
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 03866289
雑誌名:
特集: 夏場に流行る感染症
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,760 円(税込)

目次

  • 小児看護 39/7 2016年7月号

    ―目次―

    特集 夏場に流行る感染症

    【カラーグラフ】
    名古屋第二赤十字病院における子どもたちの居場所作り

    【特集にあたって】
    感染症の基礎的な知識を習得し、適切なケアを提供しよう

    【知っておきたい知識】
    1.感染症発症のメカニズム:
      感染症に罹患すると身体はどんな変化をするのか?
    2.夏場に流行る感染症は何が怖いのか?:
      特徴と重症化の可能性、早期発見のポイント

    【夏場に流行る感染症とは何だろう?】
    1.エンテロウイルス、アデノウイルス
    2.パルボウイルスB19(リンゴ病)、風疹ウイルス
    3.伝染性膿痂疹(とびひ)、伝染性軟属腫(みずいぼ)
    4.デング熱、日本脳炎:蚊媒介感染症
    5.A群溶連菌感染症、劇症型溶血性レンサ球菌感染症
    6.食中毒:腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラなど

    【子どもと家族への支援】
    1.子どもへの感染予防と看護
    2.重症化した感染症に罹患した子どものケア
    3.抵抗力の弱い子どもへのケア:
      腎移植後、白血病維持療法中の子どものケアに焦点を当てて

    【各施設での取り組み】
    1.夏場に流行る感染症の小児専門病院での取り組み
    2.夏場に流行る感染症の総合病院小児病棟での取り組み:
      環境整備、入院調整など
    3.夏場に流行る感染症のクリニックでの対応:
      戸惑う家族への対応とホームケア
    4.夏場に流行る感染症の保育園での取り組み:
      発症した場合の対応、環境衛生

    ほか

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...