もっとねころんで読める呼吸のすべて

出版社: メディカ出版
著者:
発行日: 2016-07-15
分野: 看護学  >  臨床/成人/老人
ISBN: 9784840458085
電子書籍版: 2016-07-15 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,200 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,200 円(税込)

商品紹介

あまりのわかりやすさに医療界が呼吸を飲みこんだ、ベストセラー『ねころんで読める呼吸のすべて』の続編がついに登場。「SpO2をモニタリングする意味」「喘息と咳喘息の境界線」など、ケアのキソから若手医師必須の知識まで…さらにパワーアップしたDr.倉原流エッセンスがてんこ盛り!

目次

  • もっとねころんで読める呼吸のすべて

    ―目次―

    【1章:病棟編】
    ◆1. パニック! 患者さんから結核菌が!〜これって緊急事態?〜
    ◆2. 歩くときだけSpO2が低くなる〜どんな病気を考える?〜
    ◆3. 結局N95マスクはいつ装着するの?
       〜間違っても患者さんにはつけない!〜
    ◆4. SpO2をモニタリングする意味は?
       〜実は医学的適応は限られる?〜
    ◆5. 誤嚥イコール絶食は本当に正しいのか〜すすまぬ法整備〜

    【2章:症状編】
    ◆1. 下顎呼吸と死亡確認〜人生最期の呼吸〜 
    ◆2. 喀痰の色で疾患がわかる?〜色とりどりの喀痰たち〜 
    ◆3. 実は奥が深いあくび 〜身体からの危険信号!〜
    ◆4. 長引く咳をみたら何を疑う?
       〜「とりあえず絨毯爆撃治療」はNG?〜
    ◆5. 知っておきたい人名のついた呼吸
       〜チェーン・ストークス、ビオー、クスマウル〜 
    ◆6. あなどれないいびき〜夜中にフガッ!〜 
    ◆7. いびきを治したい〜一に減量、二に減酒〜
    ◆8. 息を吸ったら胸が痛い!〜何を考える?〜

    【3章:診察・検査編】
    ◆1. 服の上から聴診しちゃダメ?〜男性医師の苦労〜
    ◆2. 肋骨は6本じゃない!
       〜呼吸器病棟でもあまり知られていない真実〜
    ◆3. クラックルの数を高速で数える!〜問われるあなたの聴力〜
    ◆4. 呼吸器科でブラといえば?〜ブラ取っちゃいましょう〜
    ◆5. 肺動脈とは結局何なのか?
       〜なぜ動脈に静脈血が流れている?〜
    ◆6. たばこをやめてくれない患者さ〜つまるところ人生観〜
    ◆7. 必見! 世界一わかりやすい胸部CTの読影
       〜カゲがあるかないか、それだけ〜
    ◆8. 胸部CTには2種類ある!〜キーワードはハイレゾ〜
    ◆9. どういうときに気管支鏡をするのか?〜適応は2つ覚えろ!〜

    【4章:疾患編】
    ◆1. 喘息と咳喘息〜あやふやな境界線〜
    ◆2. どうせ過換気でしょ? なんて言わないで
       〜ペーパーバッグ療法は効くのか?〜
    ◆3. 探偵は呼吸器病棟にい 〜過敏性肺炎の原因をつきとめろ!〜
    ◆4. 冬に呼吸器疾患が多いって本当?〜寒さに弱い呼吸器〜
    ◆5. 膠原病と呼吸器疾患の関係〜無関係に見えてアヤシイ関係〜

    【5章:治療編】
    ◆1. 吸入薬が多くて覚えられません
       〜そもそも覚えなくてよいのだ〜
    ◆2. 呼吸器内科でよく耳にする“ステロイドパルス療法”って?
       〜核爆弾投下〜
    ◆3. 世界一わかりやすい肺がん治療の基礎の基礎
       〜エビデンスの砦〜
    ◆4. 肺がんで使用する錠剤が多すぎ?〜ニブマブニブマブ……〜
    ◆5. 安易にHOTといわないで〜在宅酸素療法の功罪〜
    ◆6. 笑いと呼吸器疾患〜笑うことはよいことか〜

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 : 病棟編

P.12 掲載の参考文献
1) 公益財団法人結核予防会. 結核Q&A. http://www.jatahq.org/about_tb/index3.html#204 (accessed 2016-04-01)
P.22 掲載の参考文献
P.30 掲載の参考文献

2章 : 症状編

P.36 掲載の参考文献
1) Morita, T. et al. A prospective study on the dying process in terminally ill cancer patients. Am J Hosp Palliat Care. 15 (4), 1998, 217-22.
2) Hui, D. et al. Clinical signs of impending death in cancer patients. Oncologist. 19 (6), 2014, 681-7.
3) Lichter, I. et al. The last 48 hours of life. J Palliat Care. 6 (4), 1990, 7-15.
P.40 掲載の参考文献
1) Daniels, JM. et al. Sputum colour reported by patients is not a reliable marker of the presence of bacteria in acute exacerbations of chronic obstructive pulmonary disease. Clin Microbiol Infect. 16 (6), 2010, 583-8.
P.43 掲載の参考文献
1) Sato-Suzuki, I. et al. Stereotyped yawning responses induced by electrical and chemical stimulation of paraventricular nucleus of the rat. J Neurophysiol. 80 (5), 1998, 2765-75.
2) Melis, MR. et al. Yawning : role of hypothalamic paraventricular nitric oxide. Zhongguo Yao Li Xue Bao. 20 (9), 1999, 778-88.
3) 鈴木郁子ら. "あくびの生物学的意義と伝染機序". 週刊日本医事新報. 第4724号. 2014, 56.
P.48 掲載の参考文献
1) Vertigan, AE. et al. Somatic Cough Syndrome (Previously Referred to as Psychogenic Cough) and Tic Cough (Previously Referred to as Habit Cough) in Adults and Children : CHEST Guideline and Expert Panel Report. Chest. 148 (1), 2015, 24-31. doi : 10.1378/chest.15-0423.
2) 日本呼吸器学会 咳嗽に関するガイドライン第2版作成委員会. 咳嗽に関するガイドライン第2版. 2012, 104p.
P.53 掲載の参考文献
1) Cheyne, JA. A case of apoplexy in which the fleshy part of the heart was converted to fat. Dublin Hospital Reports. 2, 1818, 216-23.
2) Stokes, W. The Diseases of the Heart and the Aorta. Dublin, Hodges and Smith. 1854, 302-40.
3) Biot, MC. Contribution a l'etude du phenomene respiratoire de Cheyne-Stokes. Lyon Med. 1876. 23517-28, 56167.28, 56167.
4) Kussmaul, A. Zur lehre vom diabetes mellitus. Dtsch Arch Klin Med. 14, 1874, 1-46.
P.61 掲載の参考文献
1) Somers, VK. et al. Sleep apnea and cardiovascular disease : an American Heart Association/american College Of Cardiology Foundation Scientific Statement from the American Heart Association Council for High Blood Pressure Research Professional Education Committee, Council on Clinical Cardiology, Stroke Council, and Council On Cardiovascular Nursing. In collaboration with the National Heart, Lung, and Blood Institute National Center on Sleep Disorders Research (National Institutes of Health). Circulation. 118 (10), 2008, 1080-111.
2) Young, T. et al. Sleep disordered breathing and mortality : eighteen-year follow-up of the Wisconsin sleep cohort. Sleep. 31 (8), 2008, 1071-8.
4) Johns, MW. A new method for measuring daytime sleepiness : the Epworth sleepiness scale. Sleep. 14 (6), 1991, 540-5.
5) American Academy of Sleep Medicine : International Classification of Sleep Disorders, American Academy of Sleep Medicine, 2nd edition. 2005.
P.64 掲載の参考文献
2) Giles, TL. et al. Continuous positive airways pressure for obstructive sleep apnoea in adults. Cochrane Database Syst Rev. 19 (3), 2006, CD001106.
3) Peppard, PE. et al. Longitudinal study of moderate weight change and sleep-disordered breathing. JAMA. 284 (23), 2000, 3015-21.

3章 : 診察・検査編

P.73 掲載の参考文献
P.76 掲載の参考文献
1) Gray, Henry. Anatomy of the Human Body. 1918.
2) De Maeseneer M, et al. Rib fractures induced by coughing : an unusual cause of acute chest pain. Am J Emerg Med. 18 (2), 2000, 194-7.
P.80 掲載の参考文献
P.84 掲載の参考文献
1) 河端美則ら. 気腫性のう胞の病理. 日本胸部臨床. 422, 1983, 116-20.
P.85 掲載の参考文献
1) Lee, YA. et al. The effects of skin pressure by clothing on circadian rhythms of core temperature and salivary melatonin. Chronobiol Int. 17 (6), 2000, 783-93.
2) Bowles, KA. et al. Do current sports brassiere designs impede respiratory function? Med Sci Sports Exerc. 37 (9), 2005, 1633-40.
P.88 掲載の参考文献
1) Wikimedia Commons. Diagram of the human heart (cropped).
P.92 掲載の参考文献
2) 夏井ルミら. 終末期がん患者における禁煙支援を通して. 第7回日本禁煙科学会学術総会 優秀演題賞.
P.93 掲載の参考文献

4章 : 疾患編

P.109 掲載の参考文献
1) 日本呼吸器学会 咳嗽に関するガイドライン第2版作成委員会. 咳嗽に関するガイドライン第2版. 2012, 104p.
P.113 掲載の参考文献
1) Jones, M. et al. reathing exercises for dysfunctional breathing/hyperventilation syndrome in adults. Cochrane Database Syst Rev. 5, 2013, CD009041.
2) Callaham M. Hypoxic hazards of traditional paper bag rebreathing in hyperventilating patients. Ann Emerg Med. 18 (6), 1989, 622-8.
3) Demeter, SL. et al. Hyperventilation syndrome and asthma. Am J Med. 81 (6), 1986, 989-94.
P.119 掲載の参考文献
P.121 掲載の参考文献
1) Gumbiner, CH. Precordial catch syndrome. South Med J. 96 (1), 2003, 38-41.
2) Gray, Henry. Anatomy of the Human Body. 1918.
P.124 掲載の参考文献

5章 : 治療編

P.135 掲載の参考文献
1) 山本舜悟. Dr.山本の感染症ワンポイントレクチャー. 2014, CareNet. https://www.carenet.com/series/yamamoto/cg001229_010.html
P.149 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...