標準血管外科学V

出版社: メディカルトリビューン
著者:
発行日: 2016-06-22
分野: 臨床医学:外科  >  心臓/血管外科
ISBN: 9784895894869
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,940 円(税込)

商品紹介

2013年に発行された「標準血管外科学IV」に続き、第5巻として第18?第22回日本血管外科学会教育セミナーの内容を、テキストとして纏めました。最新の血管外科の治療手技や診断について、血管を扱う各分野の一流の先生方が執筆しており、血管外科医だけでなく血管を取り扱う全ての医師、研修医、学生に役に立つ内容が盛り込まれています。

目次

  • 標準血管外科学V

    ―目次―

    I. 末梢動脈疾患:重症虚血肢の治療(合併症も含めて)
     重症虚血肢の診断と機能診断
     糖尿病合併透析患者の重症下肢虚血:合併症対策とpitfall
     重症虚血肢の治療 血管内治療
     重症虚血肢に対するバイパス手術(DVA含む)
     末梢動脈疾患:重症虚血肢、趾の治療、ハイブリッド治療
     重症虚血肢の治療:形成外科的アプローチとフットケア
      (遊離皮弁、マゴット治療も含む)
     重症虚血肢の遠隔予想
      (機能および生命予後の改善策、
       バスキュラーラボの役割も含めて)

    II. 血管外科におけるcontroversy:大動脈瘤
     弓部大動脈瘤に対するopen stent graft:Pros and Cons【Pro】
     弓部大動脈瘤に対するopen stent graft:Pros and Cons【Con】
     Crawford I・II型胸腹部大動脈瘤に対する補助手段:
      軽度低体温 vs 超低体温―軽度低体温の立場から―
     深低体温体外循環を用いた胸部、胸腹部大動脈瘤の外科治療
     感染性大動脈瘤に対するステントグラフト:Pros and Cons【Pro】
     感染性胸部大動脈瘤に対するステント治療:Pros vs Cons【Con】
     破裂性腹部大動脈瘤に対するEVAR:Pros and Cons【Pro】
     破裂性腹部大動脈瘤に対するEVAR:Pros and Cons【Con】
     腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術における
      両側内腸骨動脈塞栓:Pros and Cons【Pro】
     EVARにおける両側内腸骨動脈塞栓
      ―一側内腸骨動脈を温存する立場から

    III. 糖尿病・脂質異常と血管病管理
     最新の糖尿病薬物治療の知識と血糖値管理のポイント
     糖尿病足病変の診断と治療
     糖尿病患者のフットケア
     感染を伴う下腿壊疸の治療
     膝下3分枝以下のバイパスのコツ
     血管病とスタチン
      ―下肢血行再建後のスタチン投与の意義も含めて

    IV. 血管の緊急手術−コツと落とし穴
     合併症を有するB型大動脈解離に対する血管内治療
     合併症を有するB型大動脈解離に対するopen surgery
     胸部及び胸腹部大動脈瘤破裂に対する血管内治療
     胸部及び胸腹部大動脈瘤破裂に対するopen surgery
     外傷性大動脈損傷の治療(血管内治療およびopen surgery)
     末梢血管外傷〜四肢血管損傷の診断と治療〜
     急性動脈閉塞の治療:MNMSの対策も含めて

    V. 心臓血管外科専門医への道
     心臓弁の外科解剖―Surgical Anatomy of Heart Valves―
     血管外科医が知っておきたい体外循環の知識
     血管外科医が知っておきたい不整脈の知識
     冠動脈バイパスの現況
     心臓血管手術における循環作動薬の使用法

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...