健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動

出版社: 杏林書院
著者:
発行日: 2016-09-20
分野: 臨床医学:外科  >  スポーツ医学
ISBN: 9784764411753
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,750 円(税込)

商品紹介

本書は,水泳・水中運動と健康づくりに関する科学的・学術的見地から実践的内容を盛り込んだ一冊となっています.今まで水泳に関する書籍は,水泳トレーニングや指導教本的なものが多く,水泳研究に役立つ情報を網羅したものはあまりありませんでした.全国的に健康・スポーツを専攻する学部(学科)が新設され,水泳研究に関心をもつ学生や院生が増えています.本書が水泳・水中運動について学ぶ学生や現場で指導される方々の一助になれば幸いです.

目次

  • 健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動

    ―目次―

    第1章 現代社会におけるヘルスプロモーションと水泳・水中運動
     1.数値でみる日本の近代化とそれに伴う日本人の健康
     2.日本人の健康の現状と問題
     3.わが国における健康とヘルスプロモーション
     4.日本人の水泳・水中運動へのかかわり方
       ―健康増進運動としての水泳・水中運動―

    第2章 水泳・水中運動の科学
     1.水の特性
     2.浮く科学
     3.水中運動にみられる身体的応答

    第3章 水泳・水中運動が身体にもたらす効果
     1.幼児・年少期における水泳・水中運動
     2.成人期における水泳・水中運動
     3.中高年期における水泳・水中運動
     4.水泳・水中運動が骨密度に及ぼす影響
     5.水中運動と陸上運動の効果の比較

    第4章 水泳・水中運動中の事故・ケガとその予防
     1.水泳・水中運動時にみられる事故・ケガ
     2.水泳・水中運動時に注意すべきこと

    第5章 水泳・水中運動を利用した運動処方
     1.水泳・水中運動の種類と特徴

    第6章 目的別運動処方の実際
     1.水泳・水中運動による肥満解消
     2.水泳・水中運動による体力(有酸素性能力)の改善
     3.水泳・水中運動による筋力強化
     4.水泳・水中運動による高血圧の予防改善
     5.水泳・水中運動による脂質異常症,糖尿病予防効果
     6.水泳・水中運動によるリラクセーション
     7.水泳・水中運動による柔軟性,関節可動域改善
     8.水泳・水中運動による転倒・寝たきり予防

    第7章 水泳・水中運動時に役立つアクアギアあれこれ
     1.カナヅチの人でも泳げる有浮力水着(ゼロポジション)!
     2.女性でも寒くない!
       水着(ウェットスーツ,保温水着)と体温調節
     3.快適!リラクセーション
     4.もうちょっとの運動負荷を…

    第8章 安全な水泳・水中運動のために
     1.着衣泳
     2.ウォーター・セーフティ・リテラシー
     3.水泳・水中運動技能の段階的指導
     4.子どもの水中運動遊び

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...