極論で語る睡眠医学

出版社: 丸善出版
著者:
発行日: 2016-09-30
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784621300534
シリーズ: 極論で語るシリーズ
電子書籍版: 2017-05-20 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,070 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,070 円(税込)

商品紹介

河合節=【極論】 再び、炸裂!です。 河合真先生といえば、 神経内科・・・?  睡眠医学・・・? いえいえ、どちらもご専門なのです。人生の1/3が睡眠なのですから、睡眠医学を学ばずして、 全人的医療ができるはずがありません。OSAS、不眠、ナルコレプシー、パラソムニア、概日リズムと睡眠覚醒リズム障害・・・などなど。まさにスタンフォード大学睡眠医学センターで最新の睡眠医学の診療を行う著者ならではの 【極論】 が満載です。 『睡眠医学って、絶対面白い!』 そう思える一冊です。

目次

  • 表紙
  • 監修者・まえがき
  • 著者・まえがき
  • 執筆者紹介
  • 目次
  • キャラクター紹介
  • 第1部 総論
  • 1章 睡眠医学を学ぶための「極論」の前の「総論」 [ Introduction ]
  • 極論1 睡眠医学のお作法を知らずに研修期間は終わる
  • 極論2 睡眠は究極のプライバシーである
  • 極論3 終夜睡眠ポリグラフ検査を見れば進路が変わる 睡眠そのものに興味を向けろ
  • 極論4 共通語を知れば, 睡眠医学に参入できる
  • コラム1 睡眠医学はどうあるべきか ?
  • 第2部 外来で診る睡眠医学
  • 2章 成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 診断編 [ Diagnostic approach for OSAS in adult ]
  • 極論1 OSASを知っている ? ありがとう ! でも謙虚であれ
  • 極論2 OSASを診るな, 患者を診ろ
  • 極論3 上気道を診ないOSASの診察は無駄
  • 極論4 OSASは突然「出現」したり「消失」したりする
  • コラム1 スクリーニングを感度の低い検査ですると, どうなるのか ?
  • 3章 成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 治療編 [ Treatment for OSAS in adult ]
  • 極論1 AHIをよく知ることがOSAS治療の第一歩
  • 極論2 CPAPは「人工呼吸器」ではない
  • 極論3 CPAPで効果がなくても驚くことではない
  • コラム1 「CPAPミラクル」は嗜む程度. 中毒になるな !
  • 極論4 医者の正義を押しつけない. 疫学を脅しの道具に使わない
  • コラム2 OSASの治療法の歴史
  • 4章 パラソムニア 睡眠中の異常行動 [ Parasomnia ]
  • 極論1 パラソムニアは「睡眠に付き従う, 随伴する」ではなく, 「睡眠中にするべきではない」行動
  • 極論2 泥酔とパラソムニアは似ている
  • 極論3 パラソムニアが生じる必要条件を考えろ
  • コラム1 中枢パターン発生器 ( central pattern generator ) って ?
  • 極論4 本物の睡眠専門医の出番
  • 5章 ナルコレプシー [ Narcolepsy ]
  • 極論1 知らない疾患は絶対に診断できない
  • コラム1 オレキシン ? ハイポクレチン ? さあどっち ?
  • 極論2 神経伝達物質を理解しなければ, 診断も治療もできない
  • 極論3 オレキシン・ハイポクレチンが「一番偉い」
  • 極論4 REM睡眠は「かわいい」が「無防備で危険」
  • 極論5 メチルフェニデートだけを畏れるな. ドパミン作動薬すべてを敬い畏れよ
  • 6章 レストレスレッグズ症候群 ( 下肢静止不能症候群 ) もしくはWillis - Ekbom病 [ RLS / WED ]
  • 極論1 ああ, もう「むずむず」とか, 「脚」とか, 「レッグス」とか, 「レッグ」とか, やめてくれ !
  • コラム1 疾患命名法
  • 極論2 どうして「気のせい」では済ませられないのか ?
  • 極論3 簡単に「診断できる…」はずがない
  • 極論4 原因がよくわからないのに治療していることを畏れよ
  • 第3部 境界領域で診る睡眠医学
  • 7章 救急外来における睡眠医学 [ Emergency room ]
  • 極論1 救急外来の「眠れません」は「眠れない」ことが問題ではない
  • 極論2 ブレーキ痕がない交通事故では睡眠を絶対に忘れない
  • コラム1 居眠り運転は, 居眠る前が生死の分かれ目 ( 「判断力低下」を軽く考えるな )
  • 極論3 救急医が今そこで, 燃え尽きようとしている
  • 極論4 当直勤務のアウトカムは「生産性」ではない
  • 8章 不眠 [ Insomnia ]
  • 極論1 不眠が焦げつくのは, 睡眠を知らないから !
  • 極論2 きっぱりいい切る ! 不眠とは「◯◯」の故障
  • 極論3 鑑別診断ではなく, システムで考えろ !
  • 極論4 慢性不眠には治癒の可能性と治癒しない理由がある
  • 極論5 睡眠薬は「一時避難所」
  • コラム1 不眠に対する科によるイメージの違い
  • 第4部 入院で診る睡眠医学
  • 9章 入院病棟における睡眠医学 [ Inpatient ward ]
  • 極論1 病院でふだんどおり眠れるほうが「異常」
  • コラム1 同室者や夜勤の看護師さんの情報は絶対に無視しない. 不眠ではない「眠れない」を見逃さない
  • 極論2 不眠時処方は「避難所」だと思え. 哲学がなければ迷走するのみ
  • 極論3 不眠時処方の絶対「ダメ」 !
  • 極論4 「不眠を改善」 = 「睡眠薬を処方」という発想から脱却せよ
  • コラム2 入院してよく眠れる患者たち
  • 10章 集中治療室における睡眠医学 [ ICU ]
  • 極論1 「ICUの意識障害」は「覚醒機能不全」と捉える
  • 極論2 RASは覚醒に必要だが, 局在として十分ではない
  • 極論3 「覚醒機能不全」と考えれば「睡眠」も評価すべき
  • 極論4 ICUに必要なのは「ブレインモニタリング」である
  • コラム1 正常な脳の睡眠を診るのが睡眠医学 ?
  • 第5部 社会で診る睡眠医学
  • 11章 医師の睡眠不足 [ Insufficient sleep of MDs ]
  • 極論1 医師は睡眠不足のことを知らない
  • 極論2 自覚症状を当てにするな !
  • 極論3 医師たるもの, 「Libby Zion」事件を全員知るべし
  • コラム1 新しいルールを徹底させる方法 - 米国の強烈な方法 -
  • 極論4 睡眠不足を見つけたらやることは1つだけ
  • コラム2 なぜ医師の交代勤務が確立できないのか ?
  • 12章 ( 小児科医以外のための ) 小児の睡眠医学 [ Pediatric sleep medicine ]
  • 極論1 「寝る子は育つ」をよく考えろ
  • コラム1 うちの子の問題はすべて睡眠が原因 ?
  • 極論2 10代に「朝型」を強制するのは犯罪に近く, 「睡眠時間」の確保は家庭, 社会全体で考える
  • コラム2 小学校の授業中の居眠りは絶対に異常
  • 極論3 小児のOSASのメカニズムは成人と一緒だが「症状」が違う
  • 極論4 小児のOSASは治療が違う
  • 13章 概日リズムと睡眠覚醒リズム障害 [ Circadian rhythm & Circadian rhythm sleep - wake disorder ]
  • 極論1 リズムとは繰り返すこと
  • 極論2 「時計合わせ」はいつも重要
  • コラム1 時間生物学という分野
  • 極論3 まずは, 概日リズムに介入する原理を知るべし
  • 極論4 「概日リズムの治療」は「行動の治療」であり, 決して光だけで完結しない
  • コラム2 互師互弟と最初の師
  • あとがき
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1部 総論

P.15 掲載の参考文献

第2部 外来で診る睡眠医学

P.35 掲載の参考文献
2) Hida W, Shindoh C, Miki H, Kikuchi Y, Okabe S, Taguchi O, et al : Prevalence of sleep apnea among Japanese industrial workers determined by a portable sleep monitoring system. Respiration; international review of thoracic diseases. 1993 ; 60 (6) : 332-7.
3) 粥川裕平, 岡田保 : 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の有病率と性差, 年齢差. 治療学. 1996 ; 30 : 179-82.
6) Mosby's Dental Dictionary, 2nd edition. 2008 Elsevier.
8) Proffit WR, Fields HW, Sarver DM : Contemporary Orthodontics, ed 4, St Louis, Mosby, 2007.
10) Grigg-Damberger MM : The AASM Scoring Manual four years later. Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine. 2012 Jun 15 ; 8 (3) : 323-32.
11) AASMスコアリングマニュアル4年目の検証 (http://www.ismsj.org/wp-content/uploads/2012/AASM_Manual.pdf).
P.52 掲載の参考文献
2) Young T, Finn L, Peppard PE, Szklo-Coxe M, Austin D, Nieto FJ, et al : Sleep disordered breathing and mortality : eighteen-year follow-up of the Wisconsin sleep cohort. Sleep. 2008 Aug ; 31 (8) : 1071-8.
4) 櫻井滋 (監修), 徳永豊 (著) : 医療機器としてのCPAPとその仕組み. 睡眠医療 2011 ; 5 : 83-9.
5) NPO法人Osaka Sleep Health Network : スリープ・リテラシーを高めるために (http://www.oshnet-jp.org/sleep_literacy/file/10_tatibana.pdf).
7) Ancoli-Israel S, Kripke DF, Klauber MR, Mason WJ, Fell R, Kaplan O : Sleep-disordered breathing in community-dwelling elderly. Sleep. 1991 Dec ; 14 (6) : 486-95.
P.69 掲載の参考文献
1) American Academy of Sleep Medicine : International Classifi cation of Sleep Disorders, 3rd Ed (睡眠関連疾患国際分類 第3版). 2014.
4) Oguri T, Tachibana N, Mitake S, Kawanishi T, Fukuyama H : Decreasein myocardial 123I-MIBG radioactivity in REM sleep behavior disorder : two patients with different clinical progression. Sleep Med. 2008 Jul ; 9 (5) : 583-5.
5) 北条司 : 「シティーハンター」 (第36話).
P.90 掲載の参考文献
1) Honda Y : Census of narcolepsy, cataplexy and sleep life among teen-agers in Fujisawa city (abstract). Sleep Res 1979;8 : 191.
2) Tashiro, T, Kambayashi, T, Hishikawa, Y : An epidemiological study of narcolepsy in Japanese. In : The 4th International Symposium on Narcolepsy ; 1994 ; Tokyo, Japan. 1994;13.
3) Dement WC, Zarcone V, Varner V, et al : The prevalence of narcolepsy. Sleep Res. 1972 ; 1 : 148.
4) American Academy of Sleep Medicine : International Classification of Sleep Disorders, 3rd ed, American Academy of Sleep Medicine. 2014.
5) Carskadon MA, Dement WC, Mitler MM, Roth T, Westbrook PR, Keenan S : Guidelines for the multiple sleep latency test (MSLT) : a standard measure of sleepiness. Sleep 1986 ; 9 : 519-24.
6) Cao TM, Guilleminault C : Narcolepsy : Diagnosis and Management. In : Kryger MH, Roth T, Dement WC, eds. Principles and practice of sleep medicine : Elsevier Health Sciences, 2015.
8) Mizrahi EM : Atlas of Neonatal Electroencephalography : Lippincott Williams & Wilkins, 2004.
P.105 掲載の参考文献
1) International Classification of Sleep Disorders 3rd Ed (ICSD-3). American Academy of Sleep Medicine, 2014.
2) Willis T : The London practice of physick. London : Bassett & Crook, 1685.
3) Ekbom KA : Restless legs. Acta medica Scandinavica. Supplementum 1945 ; 158 : 1-123.
7) Garcia-Borreguero D, Kohnen R, Silber MH, et al : The long-term treatment of restless legs syndrome/Willis-Ekbom disease : evidence-based guidelines and clinical consensus best practice guidance : a report from the International Restless Legs Syndrome Study Group. Sleep medicine 2013 ; 14 : 675-84.

第3部 境界領域で診る睡眠医学

P.120 掲載の参考文献
P.140 掲載の参考文献
1) American Academy of Sleep Medicine : International Classification of Sleep Disorders, 3rd ed, 2014.
2) 米国睡眠医学会著 (著), 日本睡眠学会診断分類委員会 (訳) : 睡眠障害国際分類 第2版 (診断とコードの手引き), 医学書院. 2010. *
3) 園山俊二 : はじめ人間ギャートルズ, 小学館. 1974.

第4部 入院で診る睡眠医学

P.154 掲載の参考文献
P.168 掲載の参考文献
1) Posner JB, Plum F : Plum and Posner's diagnosis of stupor and coma. 4th ed. Oxford ; New York : Oxford University Press ; 2007. xiv, pp 401.
3) 太田富雄, 和賀志郎, 半田肇, 他 : 急性期意識障害の新しいgradingとその表現法 (いわゆる3-3-9度方式). 第3回脳卒中の外科研究会講演集. 1975 : 61-9.
6) 立花直子, 飯島壽佐美 : 過覚醒とせん妄の精神生理. 脳と精神の医学 第4巻第4号 : 417-424, 1993年10月.

第5部 社会で診る睡眠医学

P.184 掲載の参考文献
P.201 掲載の参考文献
8) Foundation NS : 2014 Sleep in America Poll National Sleep Foundation ; 2014.
9) Benesse 教育研究開発センター : 第1回子ども生活実態基本調査報告書 2005 (http://berd.benesse.jp/berd/data/dataclip/clip0005/clip0005a.pdf.).
11) Adolescent Sleep Working G, Committee on A, Council on School H : School start times for adolescents. Pediatrics. 2014 Sep ; 134 (3) : 642-9.
12) Crowley SJ, Tarokh L, Carskadon MA. Sleep during Adolescence. In : Sheldon SH, Ferber R, Kryger MH, Gozal D, editors. Principles and Practice of Pediatric Sleep Medicine, Second Edition. London, New York, Oxford, Phladelphia, St Louis, Sydney, Toronto : Elsevier ; 2014.
P.219 掲載の参考文献
2) 粂和彦 : 時間の分子生物学 (講談社現代新書). 講談社, 2003.
3) Grosbellet E, Challet E : Central and Peripheral Circadian Clocks (In : Kryger MH, Roth T, Dement WC : Principles and practice of sleep medicine 6th Ed. Elsevier, 2016.
6) 本間研一 : 時間生物学の歴史-日本編. 時間生物学. 2010 ; 16 (1) : 48-51.
7) 本間研一 : 時間生物学の歴史-世界編. 時間生物学. 2012 ; 18 (1) : 36-39.
8) American Academy of Sleep Medicine : International Classification of Sleep Disorders, 3rd Ed (睡眠関連疾患国際分類 第3版). 2014.

最近チェックした商品履歴

Loading...