臨床腫瘍プラクティス 12/4 2016年

出版社: ヴァンメディカル
発行日: 2016-11-10
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 18803083
雑誌名:
特集: 固形がん治療―分子標的治療薬を選び、使いこなす技術
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,420 円(税込)

目次

  • 臨床腫瘍プラクティス 12/4 2016年

    ―目次―

    特集 固形がん治療―分子標的治療薬を選び、使いこなす技術

    1.呼吸器科(非扁平上皮肺癌)
      1)EGFR-TKIを用いるときの薬剤選択―どの薬をどう使う?
      2)抗VEGF抗体薬を用いるとき、何を狙う?
      3)ALK-TKIを用いるときの薬剤選択―どの薬をどう使う?
      4)抗PD-1抗体薬を用いるとき、何を狙う?

    2.乳腺科(ホルモン受容体陰性、HER2陽性乳がん)
      1)HER2阻害薬を用いるときの薬剤選択―どの薬をどう使う?
      2)抗VEGF抗体薬を用いるとき、何を狙う?

    3.消化器科(結腸・直腸がん)
      1)RAS野生型症例に使うのは抗EGFR抗体薬?
        それとも抗VEGF抗体薬?
      2)抗VEGF抗体薬を使う/使わないの判断は?

    4.婦人科(卵巣がん)―抗VEGF抗体薬を使う/使わないの判断は?

    5.泌尿器科(腎細胞がん)―どの薬剤をどう使う?

    Hot Lecture
     遺伝とがん

    連載
    放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(10)
     陽子線治療

    トピックス(44)
     第14回日本臨床腫瘍学会学術集会より

    研修医からの質問Q&A
     ソラフェニブを長く有効に使っていくコツは?
     BRAF V600E mutationを伴う切除不能進行・再発大腸がんに対する
      三次治療以降の薬剤選択は?
     Conversion Therapyを狙う大腸癌 1st lineの薬剤選択は?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...