NICUベッドサイドの診断と治療 第4版

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2016-12-01
分野: 臨床医学:内科  >  周産期(新生児)
ISBN: 9784765316958
電子書籍版: 2016-12-01 (第4版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

6,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

6,160 円(税込)

商品紹介

初めてNICUに勤務する医師・看護師がまず手に入れるべき1冊。初心者が情報に惑わされないよう「こういう場合はこうする」としたプラクティカルな記述となっている。専門性の高いNICUにおいて,診療に携わる事を想定し作られた即戦力を育てるマニュアル.人気シリーズ待望の改訂版。

目次

  • 表紙
  • 第4版の序文
  • 目次
  • 1章 総論
  • 1 研修の心得
  • 1. 心得 : 医療はチームワークである
  • 2. カルテの記載について
  • 3. その他
  • 2 小児科医の立ち会いを要する分娩
  • 3 仮死の蘇生
  • 1. 出生前の準備
  • 2. 蘇生の実際
  • 3. 気管挿管
  • 4. 早産児の蘇生
  • 4 入院時ルーチン
  • 1. NICU入院時の処置の流れ
  • 5 入院中ルーチン
  • 1. ルーチン・ワーク
  • 2. 新生児マス・スクリーニング
  • 3. ビタミンKの投与
  • 4. 1ヵ月健診
  • 6 新生児の診察の仕方
  • 2章 極低出生体重児の管理
  • 1 入院にあたって
  • 1. 入院前に知っておくべき情報
  • 2. 出生に際して ( 分娩室・手術場にて )
  • 3. NICU入室に際して
  • 4. 入院当日 ( 急性期 ) 検査項目
  • 5. 薬物療法の実際
  • 2 急性期の呼吸・循環管理
  • 1. RDS ( 呼吸窮迫症候群 )
  • 2. 循環不全
  • 3. 動脈管開存症 ( PDA )
  • 3 亜急性期・慢性期の管理
  • 1. 新生児慢性肺疾患 ( CLD )
  • 2. 早産児のsilent aspiration
  • 3. 早産児晩期循環不全
  • 4 未熟児網膜症
  • 1. ハイリスク児の全身管理
  • 2. レーザー治療時の管理
  • 3章 呼吸器疾患の管理
  • 1 呼吸管理の実際
  • 1. 機械的人工換気療法
  • 2. 経鼻的持続陽圧呼吸 ( nasal CPAP )
  • 3. ハイフローセラピー
  • 4. 気管挿管施行中のケア
  • 2 無呼吸発作
  • 3 新生児一過性多呼吸 ( TTN )
  • 4 胎便吸引症候群 ( MAS )
  • 5 肺出血・出血性肺浮腫
  • 6 エアリーク
  • 7 新生児遷延性肺高血圧症 ( PPHN )
  • 4章 循環の管理
  • 1 循環管理の基本
  • 1. 心不全
  • 2. 心エコーの撮り方
  • 2 先天性心疾患の管理
  • 1. 先天性心疾患
  • 2. 疾患別の管理
  • 3. 心雑音を認める児の取り扱い
  • 5章 輸液・栄養の管理
  • 1 経静脈栄養
  • 1. 輸液量の設定
  • 2. 輸液療法の実際 ( 基礎編 )
  • 3. 高カロリー輸液
  • 2 経腸栄養
  • 1. 母乳栄養
  • 2. 経腸栄養の開始
  • 3. 経腸栄養の実際
  • 4. 摂取カロリーの計算法
  • 5. トラブルへの対処
  • 3 低Na血症・高K血症
  • 1. 低Na血症
  • 2. 高K血症
  • 6章 中枢神経系の障害と管理
  • 1 新生児発作
  • 1. 新生児発作の新たな概念
  • 2. 新生児発作の診断
  • 3. 新生児の脳波
  • 4. aEEG
  • 5. 新生児発作に対する薬物療法
  • 2 新生児仮死の蘇生後の管理と脳指向型集中治療
  • 1. 仮死後の呼吸障害とその管理
  • 2. 仮死後の循環障害とその管理
  • 3. 仮死後のその他の問題とその管理
  • 4. 低酸素性虚血性脳症 ( HIE )
  • 5. 脳指向型集中治療 ( brain oriented intensive care )
  • 6. 仮死の初期治療に必要な薬剤の使い方
  • 3 頭蓋内出血
  • 1. 脳室内出血 ( IVH )
  • 2. 脳実質出血
  • 3. くも膜下出血 ( SAH )
  • 4. 硬膜下血腫 ( subdual hemorrhage )
  • 4 脳室周囲白質軟化症 ( PVL )
  • 5 頭部エコーの撮り方
  • 1. 大泉門からのアプローチ
  • 2. 主な評価 ( 何をチェックしたいのか ? )
  • 3. 脳血流ドプラ計測 ( 新生児仮死児の脳血流・脳浮腫の評価 )
  • 6 聴性脳幹反応 ( ABR )
  • 7 その他の中枢神経奇形
  • 7章 感染症の管理
  • 1 ハイリスク児の感染予防
  • 1. 正期産児の感染予防
  • 2. 極低出生体重児の感染予防
  • 3. 外科手術中・術後の感染予防
  • 2 細菌感染症
  • 1. 診断
  • 2. 治療前の注意
  • 3. 抗生剤治療
  • 4. 抗生剤以外の治療
  • 5. 新生児の特殊な細菌感染症
  • 3 真菌感染症
  • 1. 全身性カンジダ症
  • 2. 鵞口瘡
  • 3. おむつカンジダ
  • 4 ハイリスク児に対するパリビズマブの投与
  • 1. RSV感染症
  • 2. パリビズマブ投与の実際
  • 3. パリビズマブの適応
  • 8章 黄疸の管理
  • 1 黄疸
  • 1. 新生児に黄疸が多い理由
  • 2. 病的黄疸の原因
  • 3. 黄疸の鑑別のために必要な検査
  • 4. 黄疸の治療
  • 5. 退院前検査
  • 9章 血液疾患の管理
  • 1 未熟児貧血
  • 1. エリスロポエチン
  • 2. 鉄剤
  • 3. 輸血
  • 2 多血症
  • 3 血小板減少症
  • 1. 病因
  • 2. 発症時期と病因
  • 3. 診断
  • 4. 治療
  • 4 DIC ( 播種性血管内凝固 )
  • 1. 早期新生児期のDICパラメーターの正常値
  • 2. 早期新生児期のDICの診断
  • 3. 治療
  • 4. 交換輸血
  • 5 ビタミンK
  • 10章 消化器疾患の管理
  • 1 新生児メレナ ( 新生児出血性疾患 )
  • 1. Apt試験
  • 2 胎便栓症候群, 胎便病
  • 3 壊死性腸炎
  • 1. 病因
  • 2. 症状
  • 3. 診断
  • 4. 治療
  • 4 消化管閉鎖症
  • 1. 先天性食道閉鎖症
  • 2. 先天性十二指腸閉鎖症
  • 3. 先天性小腸閉鎖症
  • 4. 鎖肛 ( 直腸肛門奇形 )
  • 5 腸回転異常症
  • 6 ヒルシュスプルング病
  • 7 先天性横隔膜ヘルニア
  • 1. 診断
  • 2. 治療
  • 3. 術前管理
  • 4. 手術
  • 5. 予後
  • 8 臍帯ヘルニア
  • 9 腹壁破裂
  • 10 消化管造影検査
  • 1. 方法
  • 11章 腎・泌尿器疾患の管理
  • 1 急性腎不全
  • 1. 分類
  • 2. 検査・診断
  • 3. 治療
  • 4. NICUで使用する利尿薬
  • 2 腎・尿路系のエコーの撮り方
  • 1. 超音波検査の実際
  • 2. 検査結果の解釈と対応
  • 12章 合併症を持つ母から出生した児の管理
  • 1 代表的なウイルスの母子感染
  • 1. B型肝炎ウイルス ( HBV )
  • 2. C型肝炎ウイルス ( HCV )
  • 3. HIV / AIDS
  • 4. サイトメガロウイルス ( CMV )
  • 5. HTLV - I
  • 6. 単純ヘルペスウイルス ( HSV )
  • 2 主な母体合併症と新生児の管理
  • 1. 糖尿病
  • 2. 甲状腺機能亢進症 ( Basedow病 )
  • 3. 甲状腺機能低下症
  • 4. 特発性血小板減少性紫斑病 ( ITP )
  • 5. 膠原病
  • 6. てんかん
  • 3 多胎
  • 1. 双胎間輸血症候群 ( TTTS )
  • 13章 代謝・内分泌疾患の管理
  • 1 低血糖症
  • 1. 低血糖症の診断
  • 2. 高インスリン血性低血糖症の治療
  • 2 低Ca血症・早産児骨減少症
  • 1. 早発性低Ca血症 ( 生後48時間以内 )
  • 2. 早産児骨減少症
  • 3 早産児の低サイロキシン血症の取り扱い
  • 1. 早産児における出生後の甲状腺機能の変化
  • 2. 極低出生体重児の遅発性一過性甲状腺機能低下症とは
  • 3. 甲状腺機能の検査・治療指針 ( 京都大学案 )
  • 4 先天性代謝異常症
  • 1. 妊娠中に発症する疾患
  • 2. 生後まもなくから発症する疾患
  • 3. 生後無症状の時期があった後に発症する疾患
  • 5 アミノ酸分析の見方
  • 1. アミノ酸分析はどういう場合に検査するか ?
  • 2. 検体採取の際の注意点
  • 3. データを正しく読むために
  • 4. データが返ってきたら
  • 6 マス・スクリーニング検査
  • 1. 従来の先天性代謝異常症など新生児マス・スクリーニング
  • 2. タンデムマス法導入により新たに診断可能となった疾患
  • 3. タンデムマス法で診断可能疾患が広がる意義
  • 14章 染色体異常症
  • 1 染色体異常症
  • 1. 染色体の基礎
  • 2. 染色体異常症の分類
  • 3. 染色体異常症の頻度
  • 2 染色体分析・遺伝子検査の種類
  • 3 染色体検査, 遺伝子解析の実際
  • 4 新生児期に診断可能な染色体異常症
  • 1. Down症候群 ( 21トリソミー )
  • 2. Turner症候群
  • 3. Cri - du - chat症候群 ( 猫なき症候群 )
  • 4. 13トリソミー
  • 5. 18トリソミー
  • 6. Williams症候群
  • 7. Prader - Willi症候群
  • 8. Angelman症候群
  • 9. Miller - Dieker症候群
  • 10. 22q11. 2欠失症候群 CATCH22 ( DGS / VCFS / CAFS )
  • 略語一覧
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 総論

P.28 掲載の参考文献
・ Rennie JM. Roberton's Textbook of Neonatology. 4th ed. Churchill Livingstone. London. 2005. p. 249-266.
・ 特集 : 性分化と異常症. 日本臨牀 2004 ; 62 : 2.
・ 特集 : そこが知りたい性の問題. 小児内科 2005 ; 37 : 8.

2章 極低出生体重児の管理

P.45 掲載の参考文献
P.55 掲載の参考文献
P.57 掲載の参考文献
小山典久. 新生児晩期循環不全 (急性期離脱後循環不全). 河井昌彦, 楠田聡, 責任編集. 新生児内分泌ハンドブック. メディカ出版. 2008. p39-47.
P.58 掲載の参考文献
P.59 掲載の参考文献
小山典久, 他. 急性期離脱後一過性循環不全 (Chronic stage circulatory dysfunction : CSCD) の実態調査-多施設共同研究による疫学的検討-. 日本未熟児新生児学会雑誌 2005 ; 17 : 412.
中西秀彦, 他. 日本未熟児新生児学会雑誌 2005 ; 17 : 57-67.
福田純男, 他. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2006 ; 42 : 352-352.

4章 循環の管理

P.102 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献

5章 輸液・栄養の管理

P.118 掲載の参考文献
P.126 掲載の参考文献
Breastfeeding management for the clinician : using the evidence, Sudbery. Jones and Barlett Publishers.
Hale TW, Medications and Mothers' Milk, 12th ed. Hale Publishing, 2006
Riordan J, et al. Breastfeeding and Human Lactation. Boston, Jones and Bartlett Publishers, 2005
P.129 掲載の参考文献
1) Cochrane Database 2005 ; CD 000504
P.130 掲載の参考文献
1) Stephanie H. Approach to neonatal cholestasis. 2006 UpToDate(R)
P.131 掲載の参考文献
P.132 掲載の参考文献
2) Hassan H. Chapter 337 Cholestasis. Nelson Pediatrics 17th ed.
P.133 掲載の参考文献

6章 中枢神経系の障害と管理

P.144 掲載の参考文献
P.145 掲載の参考文献
P.152 掲載の参考文献
P.153 掲載の参考文献
P.156 掲載の参考文献
1) Volpe JJ. Neurology of the Newborn. 4th ed. Philadelphia : W. B. Saunders. 2001. p428.
P.157 掲載の参考文献
P.158 掲載の参考文献
P.170 掲載の参考文献

7章 感染症の管理

P.173 掲載の参考文献
P.174 掲載の参考文献
P.176 掲載の参考文献
P.179 掲載の参考文献
P.184 掲載の参考文献
1) 中野玲二, 他. 周産期医学 2002 ; 32 : 984-986.
2) 日本小児循環器学会ガイドライン作成検討委員会. 日本未熟児新生児学会雑誌 2005 ; 17 : 152-155.

8章 黄疸の管理

P.189 掲載の参考文献
1) Holtrop PC, et al. Pediatrics 1992 ; 90 : 674-677.
2) Cochrane Database 2009 ; CD003313

9章 血液疾患の管理

P.192 掲載の参考文献
1) Cochrane Database 2009 ; CD004865
P.195 掲載の参考文献

10章 消化器疾患の管理

P.224 掲載の参考文献
P.229 掲載の参考文献
仁志田博司, 河野敦,編. 新生児・乳児の臨床画像診断. 医学書院. 1999.

11章 腎・泌尿器疾患の管理

P.232 掲載の参考文献
P.233 掲載の参考文献
P.234 掲載の参考文献
P.236 掲載の参考文献
P.238 掲載の参考文献
P.239 掲載の参考文献

12章 合併症を持つ母から出生した児の管理

P.245 掲載の参考文献
P.251 掲載の参考文献
P.255 掲載の参考文献
P.256 掲載の参考文献
P.257 掲載の参考文献
P.258 掲載の参考文献

13章 代謝・内分泌疾患の管理

P.268 掲載の参考文献
5) 河井昌彦. 新生児低血糖症. 小児内科2009年41巻増刊号.
7) Stanley CA. Pediatr Endocrinol Rev 2006 ; 4 : 76-81.
8) 河井昌彦. 新生児の低血糖症. 新生児内分泌研究会編著. 新生児内分泌ハンドブック. メディカ出版. 2008. p78-86.
9) 小和瀬貴律. 低血糖. 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学. 診断と治療社. 2009. p107-111.
10) Kelly A, Stanley CA. Pediatric Endocrinology and Inborn Errors of Metabolism (Sarafoglou) Hyperinsulinism p39 (2009) McGraw-Hill (USA)
12) 小林知子, 他. 簡易血糖測定器の影響因子についての検討. 日本先進糖尿病治療研究会雑誌 2010 ; 6 : 7-13.
15) 長谷川奉延, 他. 高インスリン血性低血糖症の診断と治療ガイドライン. 日本小児科学会雑誌 2006 ; 110 : 1472-1474.
18) 川北理恵, 他. 本邦における先天性高インスリン血症の実態調査. 日本小児科学会雑誌 2011 ; 115 : 563-569.
20) Hussain K, et al. Pediatr Endocrinol Rev 2004 ; 2 : 163-167.
22) 吉田佳代, 他. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2011 ; 47 : 659-663.
23) Touati G, et al. Eur J Pediatr 1998 ; 157 : 628-633.
P.277 掲載の参考文献

14章 染色体異常症

P.297 掲載の参考文献
1) Nussbaum RL, et al. Thompson & Thompson Genetics in Medicine. 5th ed. Philadelphia : W. B. Saunders, 2001
2) Jones KL. Smith's Recognizable Patterns of Human Malformation. 5th ed. Philadelphia : W. B. Saunders, 1997.

最近チェックした商品履歴

Loading...