大腸癌治療ガイドライン 医師用 2016年版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2016-11-22
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307203616
シリーズ: がん治療ガイドライン
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

1,728 円(税込)

商品紹介

2014年版では、内視鏡治療、腹腔鏡下手術、分子標的治療薬など多岐に渡る治療法における臨床試験や大腸癌研究会プロジェクト研究の成果等を取り入れ、本邦の診療環境に配慮した標準的な治療法を示した。その改訂版となる2016年版では、新たに承認された薬剤の知見を追加し、アルゴリズムを含めた化学療法の解説・分子標的治療薬のCQを大幅改訂。選択肢の増えた化学療法を治療に活かすために必須の情報を提示する。

目次

  • 大腸癌治療ガイドライン 医師用 2016年版

    ―目次―

    総論
     1.目的
     2.使用法
     3.対象
     4.作成法
     5.文献検索法
     6.改訂
     7.公開
     8.一般向けの解説
     9.資金
     10.利益相反
     11.文献
     12.ガイドライン委員会

    各論
     1.Stage0〜StageIII大腸癌の治療方針
      1)内視鏡治療
      2)手術治療
     2.StageIV 大腸癌の治療方針
     3.再発大腸癌の治療方針
     4.血行性転移の治療方針
      1)肝転移の治療方針
      2)肺転移の治療方針
      3)脳転移の治療方針
      4)その他の血行性転移の治療方針
     5.化学療法
      1 )補助化学療法
      2)切除不能進行再発大腸癌に対する化学療法
     6.放射線療法
      1)補助放射線療法
      2)緩和的放射線療法
     7.緩和医療・ケア
     8.大腸癌手術後のサーベイランス
      1)大腸癌根治度A切除後の再発に関するサーベイランス
      2)大腸癌根治度B切除後および再発巣切除後のサーベイランス
      3)異時性多重がんのサーベイランス

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...