遺伝性大腸癌診療ガイドライン 2016年版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2016-11-22
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307203623
シリーズ: がん治療ガイドライン
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,728 円(税込)

商品紹介

遺伝性腫瘍への社会の関心が高まっている。遺伝性大腸癌の診断・治療方針は散発性大腸癌とは異なるが、その情報は一般臨床医に十分には届いているとは言えず、患者は必ずしも適切な診療を受けているとは限らない。本書はこのような状況を背景に作成されたガイドラインの改訂版。大腸癌研究会の多施設共同研究で明らかとなった重要データを盛り込み、より日本の臨床に則した実践ツールとして必携の一冊となっている。

目次

  • 遺伝性大腸癌診療ガイドライン 2016年版

    ―目次―

    総論
     1.目的
     2.使用法
     3.作成法
     4.記載方法
     5.推奨の記載方法
     6.文献検索法
     7.改訂
     8.公開
     9.資金
     10.利益相反
     11.ガイドライン委員会

    各論
    I.家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis:FAP)
     1.概要
     2.診断
      1)診断の流れ
      2)腺腫密度による分類
      3)随伴病変
      4)鑑別を要する疾患・病態
     3.治療
      1)大腸腺腫の治療
      2)大腸癌の治療
      3)大腸切除前に行う大腸外随伴病変に対する検査
     4.術後のサーベイランス
      1)大腸切除後のサーベイランス
      2)大腸外随伴病変に対するサーベイランス
     5.家族(血縁者)への対応

    Clinical Questions

    II.リンチ症候群(Lynch syndrome)
     1 .概要
     2 .診断
      1)診断の流れ
      2)鑑別を要する疾患
     3 .治療
      1 )大腸癌の治療
      2)大腸癌以外の関連腫瘍への対応
     4 .術後のサーベイランス
      1)大腸多発癌のサーベイランスと腺腫の摘除
      2)大腸癌以外の関連腫瘍のサーベイランス
     5 .リンチ症候群であることが確定していない
        大腸癌患者に対するサーベイランス
     6 .遺伝カウンセリングと家族(血縁者)への対応
      1)リンチ症候群であることが確定している患者の家族
        (血縁者)への対応
      2)リンチ症候群が疑われるが、確定診断されていない
        患者の家族(血縁者)への対応

    Clinical Questions
     
    文献
    付録
    I.家系図の書き方・読み方の原則
    II.ゲノムバリアントの記載法
    III.遺伝性大腸癌に関するサポート情報の入手法

    資料
    I.家族性大腸腺腫症
    II.リンチ症候群

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...