脳卒中片麻痺者に対する歩行リハビリテーション

出版社: メジカルビュー社
著者:
発行日: 2016-12-10
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784758317115
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

6,050 円(税込)

商品紹介

理学療法士が臨床の場で携わる機会の多い「脳卒中片麻痺者の歩行リハ」について詳述した書籍。歩行の神経制御やバイオメカニクスといった基礎的な内容から評価法,トレーニング法といった実践的な内容まで解説している。トレーニング法では急性期,回復期,生活期それぞれの病期別アプローチ法を記載するとともに,装具療法など多様なトレーニング戦略を紹介している。エビデンスも多数交えており,明日からの臨床に役立てられる1冊である。

目次

  • 脳卒中片麻痺者に対する歩行リハビリテーション

    ―目次―

    I 歩行の基礎
     1.正常歩行の神経制御
     2.正常歩行と片麻痺歩行のバイオメカニクス
     3.運動学習理論と歩行トレーニング
     4.装具療法概論

    II 歩行の評価
     1.歩行の基本的評価(ローテク)
     2.歩行の先端的評価(ハイテク)
     3.歩行の力学的評価
     4.装具のチェックアウト

    III 臨床での歩行トレーニング
     1.急性期重度片麻痺例の歩行トレーニング
     2.回復期の歩行トレーニング
     3.生活期(歩行可能例)の歩行トレーニング

    IV 装具療法の理学療法連携
     1.装具療法の連携(急性期から回復期へ)
     2.装具療法の連携(回復期から生活期へ)
     3.装具療法の連携(生活期と行政)
     4.装具にかかわる行政の役割
     5.装具にかかわるネットワークの形成

    V トレーニング戦略
     1.トレッドミルを用いたトレーニング
     2.ニューロモデュレーションを併用した歩行トレーニング
     3.ボツリヌス療法後の歩行トレーニング
     4.ロボットアシスト歩行トレーニング

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...