周産期医学 Vol.46 2016年増刊号 周産期医学必修知識 第8版

出版社: 東京医学社
発行日: 2016-12-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03869881
雑誌名:
特集: 周産期医学必修知識 第8版
電子書籍版: 2016-12-01
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

14,300 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

14,300 円(税込)

目次

  • 表紙
  • Contents
  • 【産科編】
  • Part I 妊娠前
  • [ 基礎 ]
  • 1 性周期
  • 2 受精・着床
  • [ 臨床 ]
  • 3 性感染症 ( STI / STD )
  • 4 子宮筋腫 ( 妊娠の可否 )
  • 5 葉酸摂取
  • 6 妊娠中の喫煙
  • 7 妊娠中の飲酒
  • 8 不育症 : スクリーニング検査
  • 9 不育症 : ヘパリン療法の適応
  • 10 転座保因カップルへのカウンセリング
  • Part II 妊娠中
  • [ 基礎 ]
  • 11 胎盤の構造, 形成, 機能
  • 12 胎盤性モザイク
  • 13 羊水
  • 14 ヒト絨毛性ゴナドトロピン
  • 15 女性ホルモン, 黄体ホルモン
  • 16 下垂体ホルモン ( プロラクチン )
  • 17 成長因子
  • 18 妊娠とサイトカイン
  • [ 検査 ]
  • 19 妊娠反応
  • 20 着床前診断
  • 21 胎児超音波スクリーニング - 妊娠11~13週
  • 22 胎児超音波スクリーニング - 妊娠中期・末期
  • 23 胎児血流波形検査
  • 24 胎児血診断
  • 25 胎児MRI診断
  • 26 羊水検査と検査前カウンセリング
  • 27 絨毛検査とカウンセリング
  • 28 血清マーカー検査・コンバインド検査
  • 29 母体血を用いた胎児遺伝学的検査
  • 30 羊水量評価法
  • 31 破水の診断方法
  • 32 胎児肺成熟検査法
  • 33 NST, CST ( VAS test含む )
  • 34 BPS
  • 35 胎動数カウントによる胎児アセスメント
  • 36 妊娠中のルーチン血液検査
  • 37 抗リン脂質抗体検査
  • [ 感染 ]
  • 38 先天性サイトメガロウイルス感染
  • 39 トキソプラズマ
  • 40 風疹ウイルス
  • 41 パルボウイルスB19
  • 42 単純ヘルペスウイルスと水痘・帯状疱疹ウイルス
  • 43 B, C型肝炎ウイルス
  • 44 HIV / AIDS
  • 45 成人T細胞白血病ウイルス
  • 46 麻疹と妊娠
  • 47 インフルエンザ
  • 48 クラミジア
  • 49 梅毒
  • 50 結核
  • 51 A群溶血性レンサ球菌感染症
  • 52 B群溶血性レンサ球菌感染症
  • 53 デング熱
  • [ 合併症妊娠 ]
  • 54 心疾患合併妊娠
  • 55 腎疾患合併妊娠
  • 56 甲状腺疾患合併妊娠
  • 57 糖尿病合併妊娠
  • 58 呼吸器疾患合併妊娠 - 気管支喘息合併妊娠
  • 59 消化器疾患合併妊娠
  • 60 血液疾患合併妊娠
  • 61 自己免疫疾患 ( 全身性エリテマトーデス ) 合併妊娠
  • 62 抗リン脂質抗体症候群
  • 63 脳神経疾患合併妊娠
  • 64 精神疾患合併妊娠
  • 65 子宮奇形・筋腫合併妊娠
  • 66 卵巣腫瘍合併妊娠
  • 67 子宮頸がん合併妊娠
  • [ 異常妊娠 ]
  • 68 重症妊娠悪阻
  • 69 異所性妊娠
  • 70 絨毛膜下血腫
  • 71 流産
  • 72 細菌性腟症
  • 73 切迫早産
  • 74 絨毛膜羊膜炎
  • 75 絨毛性疾患
  • 76 妊娠糖尿病
  • 77 妊娠高血圧症候群
  • 78 妊娠性血小板減少症
  • 79 妊娠浮腫
  • 80 妊娠蛋白尿
  • 81 HELLP症候群
  • 82 急性妊娠脂肪肝
  • 83 子癇
  • 84 羊水過多・過少
  • 85 血液型不適合妊娠
  • 86 前置胎盤・癒着胎盤
  • 87 卵膜付着臍帯・前置血管
  • 88 過期妊娠
  • 89 妊娠中のマイナートラブル
  • Part III 分娩・産褥
  • [ 基礎 ]
  • 90 陣痛 ( 分娩 ) 発来機序
  • 91 分娩経過
  • 92 分娩中の胎児心拍数モニタリング
  • 93 オキシトシン
  • 94 プロスタグランジン
  • 95 乳汁分泌機序
  • [ 産科異常・疾患 ]
  • 96 遷延分娩
  • 97 仰臥位低血圧症候群
  • 98 前期破水
  • 99 早産
  • 100 児頭骨盤不均衡
  • 101 骨盤位
  • 102 巨大児
  • 103 回旋異常
  • 104 会陰裂傷
  • 105 弛緩出血
  • 106 頸管裂傷
  • 107 子宮内反症
  • 108 子宮破裂
  • 109 羊水塞栓症
  • 110 常位胎盤早期剥離
  • 111 深部静脈血栓症
  • 112 肺血栓塞栓症
  • 113 産科DIC
  • 114 産科ショック・出血対策
  • 115 産褥熱
  • 116 産褥乳腺炎
  • 117 産褥期の排尿不能, 尿失禁, 尿路感染症
  • 118 周産期精神障害
  • 119 胎盤ポリープの取り扱い
  • [ 産科処置 ]
  • 120 人工妊娠中絶
  • 121 分娩体位
  • 122 分娩誘発と陣痛促進
  • 123 羊水補充療法 ( 人工羊水注入 )
  • 124 吸引・鉗子遂娩術
  • 125 帝王切開
  • 126 会陰切開
  • 127 VBAC
  • 128 双胎の分娩様式・経腔分娩上の注意
  • 129 産科麻酔 ( 帝王切開の麻酔 )
  • 130 麻酔分娩
  • 131 胎盤用手剥離
  • 132 自己血輸血
  • Part IV 胎児
  • [ 基礎 ]
  • 133 胎児の発達・発育 - 初期
  • 134 胎児の発達・発育 - 中後期
  • [ 臨床 ]
  • 135 胎児発育不全
  • 136 胎児異常 - 頭部・頸部
  • 137 胎児異常 - 胸部・腹部
  • 138 胎児異常 - 四肢・腰部
  • 139 胎児機能不全
  • 140 臍帯動脈血液ガス分析
  • 141 分娩時胎児アスフィキシアと脳性麻痺の因果関係の判定基準
  • 142 分娩時・胎児アスフィキシアと新生児脳のMRI所見
  • 143 胎児不整脈
  • 144 胎児死亡
  • 145 胎児水腫
  • 146 Cystic hygroma
  • 147 双胎間輸血症候群 ( TTTS )
  • 148 双胎一児死亡
  • 149 双胎一児発育不全
  • 150 母児間輸血症候群
  • 151 胎児治療
  • 152 臍帯血バンク
  • 153 EXIT ( Ex Utero Intrapartum Treatment ) Procedure
  • 【新生児編】Part V 新生児
  • [ 生理, 発達, 適応と評価 ]
  • 154 在胎期間別出生時体格値
  • 155 新生児成熟度の評価
  • 156 新生児の意識と行動の評価
  • 157 出生直後の新生児の診察
  • 158 ハイリスク新生児
  • 159 胎児・新生児の肺と呼吸の発達
  • 160 胎児・新生児の循環
  • 161 新生児の神経学的発達
  • 162 ビリルビン代謝と新生児黄疸
  • 163 新生児の体温調節
  • 164 胎児, 新生児の消化器の発達 - 新生児の便
  • 165 新生児の栄養と代謝
  • 166 胎児・新生児の腎・泌尿器の発達 - 新生児の尿
  • 167 胎児・新生児の免疫系の発達
  • [ 疾患 ]
  • 168 先天異常 - 総論
  • 169 性染色体異常症
  • 170 常染色体異常症
  • 171 胎児水腫
  • 172 糖尿病母体から出生した児
  • 173 甲状腺機能異常の母体から出生した児
  • 174 自己免疫疾患の母体から出生した児
  • 175 新生児仮死
  • 176 分娩損傷
  • 177 血糖値の異常
  • 178 多血症
  • 179 貧血
  • 180 新生児期の呼吸障害の鑑別
  • 181 呼吸窮迫症候群
  • 182 新生児一過性多呼吸
  • 183 胎便吸引症候群
  • 184 肺エアリーク
  • 185 上気道病変
  • 186 無呼吸発作
  • 187 慢性肺疾患
  • 188 新生児でみられる心疾患
  • 189 新生児遷延性肺高血圧症
  • 190 未熟児動脈管開存症
  • 191 不整脈
  • 192 新生児のショック
  • 193 胎児・新生児の免疫とその異常
  • 194 敗血症・髄膜炎・肺炎
  • 195 GBS感染症
  • 196 大腸菌感染症
  • 197 MRSA感染症
  • 198 結核
  • 199 梅毒感染症
  • 200 日和見感染症
  • 201 リステリア菌感染症
  • 202 インフルエンザ桿菌感染症
  • 203 ウレアプラズマ感染症
  • 204 嫌気性菌感染症
  • 205 クラミジア感染症
  • 206 真菌感染症
  • 207 風疹感染症
  • 208 サイトメガロウイルス感染症
  • 209 先天性トキソプラズマ症
  • 210 ヘルペスウイルス感染症
  • 211 HIV - 1, HTLV - 1感染症
  • 212 ウイルス性肝炎
  • 213 水痘
  • 214 エンテロウイルス感染症
  • 215 コクサッキーウイルス感染症
  • 216 アデノウイルス感染症
  • 217 ヒトパルボウイルス感染症
  • 218 RSウイルス感染症, ヒトメタニューモウイルス感染症
  • 219 新生児神経疾患の症状と診断
  • 220 新生児発作
  • 221 胎児水頭症および先天性水頭症
  • 222 脳の形態異常
  • 223 新生児低酸素性虚血性脳症
  • 224 新生児頭蓋内出血
  • 225 脳室周囲白質軟化症
  • 226 新生児脳梗塞
  • 227 新生児高ビリルビン血症と核黄疸
  • 228 高直接ビリルビン血症
  • 229 母乳性黄疸
  • 230 出血性疾患
  • 231 溶血性疾患
  • 232 双胎間輸血症候群
  • 233 母児間輸血症候群, 胎児母体間出血
  • 234 嘔吐, 腹部膨満, 排便障害の鑑別
  • 235 嚥下協調障害と胃食道逆流症
  • 236 食道閉鎖症
  • 237 肥厚性幽門狭窄症
  • 238 新生児壊死性腸炎
  • 239 腸閉鎖
  • 240 消化管穿孔
  • 241 腸回転異常症
  • 242 ヒルシュスプルング病
  • 243 先天性横隔膜ヘルニア
  • 244 嚢胞性肺疾患
  • 245 気道狭窄
  • 246 胆道閉鎖症
  • 247 臍帯ヘルニア・腹壁破裂
  • 248 鼠径ヘルニア, 臍ヘルニア
  • 249 停留精巣・陰嚢水腫
  • 250 先天性甲状腺機能低下症
  • 251 先天性副腎過形成症
  • 252 性分化疾患
  • 253 尿路系の先天異常
  • 254 新生児尿崩症・SIADH
  • 255 腎不全
  • 256 血中ナトリウム異常症
  • 257 高カリウム血症
  • 258 低カルシウム血症・低マグネシウム血症
  • 259 血中リン異常症
  • 260 高アンモニア血症
  • 261 微量元素欠乏症
  • 262 ビタミン欠乏症
  • 263 離脱症候群
  • 264 新生児寒冷傷害
  • 265 先天性アミノ酸代謝異常症
  • 266 先天性糖質代謝異常症
  • 267 先天性脂質代謝異常症
  • 268 先天性有機酸代謝異常症
  • 269 新生児骨系統疾患の画像所見
  • 270 新生児斜頸
  • 271 先天性股関節脱臼 ( 発育性股関節脱臼 )
  • 272 先天性内反足と外反足
  • 273 手足の先天異常
  • 274 新生児皮膚疾患
  • 275 口唇裂・口蓋裂の治療法
  • 276 舌小帯短縮症
  • 277 眼異常
  • 278 聴力異常
  • 279 乳幼児突然死症候群 ( SIDS )
  • [ 未熟児 ]
  • 280 早産児の出生時管理
  • 281 早産児のearly aggressive nutrition
  • 282 強化母乳栄養
  • 283 未熟児貧血
  • 284 未熟児くる病
  • 285 未熟児の感染症
  • 286 未熟児網膜症
  • 287 早産低出生体重児の精神運動発育
  • 288 低出生体重児の身体発育
  • 289 低出生体重児の長期予後
  • [ 母乳と栄養 ]
  • 290 母乳と免疫
  • 291 母乳分泌の生理とホルモン
  • 292 母乳の成分
  • 293 母乳バンク
  • 294 ハイリスク新生児と母乳哺育
  • 295 母乳と薬剤
  • 296 人工栄養と混合栄養
  • 297 哺乳の発達と哺乳障害
  • 298 新生児・乳児消化管アレルギー
  • [ 検査・モニタリング ]
  • 299 呼吸心拍モニターと血圧測定
  • 300 経皮酸素・炭酸ガス分圧モニター
  • 301 パルスオキシメーター
  • 302 カプノメーター
  • 303 血液ガス検査
  • 304 呼吸機能検査
  • 305 黄疸の検査
  • 306 気管支ファイバースコピー
  • 307 頭蓋内病変の頭部超音波診断
  • 308 脳血流測定
  • 309 心エコー検査
  • 310 腹部エコー検査
  • 311 新生児のCT診断
  • 312 新生児のMRI
  • 313 新生児脳波
  • 314 聴性脳幹反応
  • 315 頭部近赤外光モニター
  • 316 臍帯血採取
  • [ 治療技術 ]
  • 317 未熟児・新生児の蘇生法
  • 318 胎盤血輸血
  • 319 臍帯血幹細胞
  • 320 新生児のエリスロポエチン療法
  • 321 低体温療法
  • 322 新生児の鎮静・鎮痛
  • 323 新生児の輸液療法
  • 324 血管カテーテル留置法
  • 325 新生児の人工換気療法
  • 326 呼吸器回路の加温加湿法
  • 327 サーファクタント補充療法
  • 328 ECMO
  • 329 NO吸入療法
  • 330 心不全の治療 ( 循環作動薬 )
  • 331 呼吸器理学療法
  • 332 新生児の透析
  • 333 プロバイオティクス, プレバイオティクス
  • 334 光線療法
  • 335 交換輸血
  • 336 新生児輸血療法
  • 337 新生児の抗菌薬選択
  • 338 抗痙攣薬の使用法
  • 339 未熟児・新生児の感染対策
  • 340 先天性感染に対する病院感染防止対策
  • 341 体温管理
  • 342 新生児の在宅ケア
  • 343 在宅酸素療法
  • 344 ディベロップメンタルケア
  • 345 新生児搬送
  • 346 心理検査 - 発達・認知機能検査を中心に
  • 【母子保健編】Part VI 母子保健
  • 347 家族観の変貌
  • 348 周産期の性教育
  • 349 青少年の性行動
  • 350 遺伝カウンセリング
  • 351 母体保護法・人工妊娠中絶
  • 352 働く女性の母性管理
  • 353 周産期の福祉
  • 354 妊娠中, 授乳中の薬の使い方
  • 355 予防接種 - 産科
  • 356 予防接種 - 新生児科
  • 357 妊娠中の嗜好品
  • 358 妊婦スポーツ ( 運動 )
  • 359 妊婦と歯科保健
  • 360 妊婦の体重管理
  • 361 母子保健とDOHaD
  • 362 妊娠と肥満・やせ
  • 363 若年出産と高年出産
  • 364 里帰り分娩の最近の動向と問題点
  • 365 未受診妊婦 - 影響と対策
  • 366 妊産褥婦死亡
  • 367 妊産褥婦死亡報告事業
  • 368 周産期死亡
  • 369 母体搬送とハイリスク妊娠
  • 370 産科医療補償制度
  • 371 先天性代謝疾患のマス・スクリーニング
  • 372 新生児の聴覚スクリーニング
  • 373 新生児へのビタミンK投与
  • 374 B型肝炎ウイルス母子感染予防
  • 375 周産期医療システム - 産科
  • 376 周産期医療体制 - 新生児科
  • 377 親子相互作用
  • 378 子どもの虐待
  • 379 周産期のエモーショナルサポート
  • 380 胎児・新生児の異常とその告知
  • 381 環境汚染と周産期
  • 382 早産低出生体重児の成人期の予後
  • 383 多胎育児の問題点と対策
  • 384 プレネイタルビジット
  • 385 ハイリスク新生児のフォローアップ
  • 386 子育て支援
  • 387 チャイルドシート
  • 【資料統計・用語編】Part VII 資料統計・用語
  • 388 母子保健統計
  • 389 妊婦の基準値
  • 390 新生児の正常値
  • 391 新生児の薬物療法と薬用量
  • 392 妊娠・周産期に関する用語
  • 393 新生児・未熟児に関する用語
  • Key words
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【産科編】

P.3 掲載の参考文献
1) Baker TG : A quantitative and cytological study of germ cells in human ovaries. Proc R Soc Lond B Biol Sci 158 : 417-433, 1963
3) 森田峰人, 片桐由起子 : 性周期. 周産期医学 41 (増刊) : 2-3, 2011
P.9 掲載の参考文献
3) Lefi'evre L, Conner SJ, Salpekar A, et al : Four zona pellucida glycoproteins are expressed in the human. Hum Reprod 19 : 1580-1586, 2004
P.14 掲載の参考文献
引用文献 1) 日本性感染症学会会則 日性感染症会誌 20 (1) : 211-212, 2009
引用文献 2) 国立感染症研究所感染症情報センター : 病原微生物検出情報性感染症2007年現在. IASR 29 : 9, 2008 (http://idsc.nih.go.jp/iasr/29/343/inx343-j.html (2016年5月21日アクセス))
引用文献 3) 国立感染症研究所感染症情報センター : 感染症発生動向調査年別報告数 (http://idsc.nih.go.jp/idwr/ydata/report-Ja.html (2016年5月21日アクセス))
引用文献 4) 厚生労働省エイズ動向委員会 : エイズ発生動向年報 (http://api-net.jfap.or.jp/status/(2016年5月21日アクセス))
引用文献 5) 厚生労働省/国立感染症研究所 : 性感染症について. 感染症発生動向調査感染症週報 13 : 15, 6-8, 2011
引用文献 6) 性の健康医学財団 性感染症の現状 (http://www.jfsim.org/性感染症とは/性感染症の現状 (2016年5月21日アクセス))
引用文献 7) Suzuki S, Sekizawa A, Tanaka M, et al : Current Status of Condylomata Acuminata in Japanese Pregnant Women. Jpn J Infect Dis [Epub ahead of print], 2016
参考文献 1) Suzuki S, Tanaka M, Matsuda H, et al : Current Status of the Screening of Chlamydia trachomatis Infection Among Japanese Pregnant Women. J Clin Med Res 7 (7) : 582-584, 2015
P.17 掲載の参考文献
3) Buttram VC Jr, et al : Uterine leiomyomata : Etiology, Symptomatology, and management. Fertil Steril 36 : 433-445, 1981
9) 吉野修, 他 : 不妊症と子宮筋腫. 産婦の実際 63 : 1387-1391, 2014
10) 平松祐司 : 子宮筋腫合併妊娠の管理. 子宮筋腫の臨床, 第1版 メジカルビュー社, 東京, pp227-235, 2008
12) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp274-275, 2014
13) 平松祐司, 他 : 妊婦の子宮筋腫. 臨婦産 69 : 918-924, 2015
14) 日本産科婦人科学会 : 平成18年度生殖・内分泌委員会報告. 日産婦誌 59 (6) : 1142-1147, 2007
P.19 掲載の参考文献
1) 高橋恒男 : 葉酸摂取. 周産期医学 41 (増刊) : 16-17, 2011
2) 福岡秀興 : 胎生期・新生児期における精神疾患及び発達障害の素因形成. 脳と発達 47 : 230-232, 2015
3) MRC Vitamin Study Research Group : Prevention of neural tube defects : results of the Medical Research Council Vitamin Study. Lancet 338 : 131-137, 1991
5) Berry RJ, Li Z, Erickson JD, et al : Prevention of neural tube defects with folic acid in China. N Engl J Med 341 : 1485-1490, 1999
6) 石川浩史 : 妊娠と栄養・代謝 妊娠中の適切な栄養管理をめざして妊娠女性・若年女性における葉酸栄養状況とその効果に関する研究. 日産婦誌 58 (9) : 1519-1526, 2006
7) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : CQ105 神経管閉鎖障害と葉酸の関係について説明を求められたら? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014 : pp78-80, 2014
9) 石川浩史, 平原史樹 : 葉酸がいいと聞きましたが, とりすぎるとよくないのですか? 周産期医学 42 (増刊) : 14-15, 2012
P.21 掲載の参考文献
8) 田中哲郎 : 乳幼児死亡の防止に関する研究. 平成9年度厚生省心身障害研究報告書, 1998
11) Obel C, Zhu JL, Olsen J, et al : The risk of attention deficit hyperactivity disorder in children exposed to maternal smoking during Pregnancy-a reexamination using asibling design. J Child Psychol Psychiatry 2015 ; Oct 28. Doi : 10.1111/jcpp. 12478.
14) Kyrklund-Blomberg NB, Hu J, Gennser G : Chronic effects of maternal smoking on pulse waves in the fetal aorta. J Matern Fetal Neonatal med 19 : 495-501, 2006
P.23 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 「妊産婦のための食生活指針」の策定について (www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0201-3a.html. (2015年11月20日アクセス))
2) 田中晴美, 高島敬忠, 馬場一雄, 他 : わが国における胎児性アルコール症候群. 日本医事新報 2897 : 27-30, 1979
3) Tanaka H : Brain dysfunction in fetal alcohol syndrome and fetal alcohol effects : experimental and epidemiological studies. In Seki T ed : Brain Damage Associated with Prenatally Environmental Factors. Proceedings of the 6th International Symposium on Developmental Disabilities, The Japanese Organizing Committee of the 6th International Symposium on Developmental Disabilities, Tokyo, pp75-83, 1994
4) 田中晴美 : 日本における母親の飲酒による子どもの異常の現状. 日本医事新報 3714 : 45-49, 1995
5) O'Leary CM, Jacoby PJ, Bartu A, et al : Maternal alcohol use and sudden infant death syndrome and infant mortality excluding SIDS. Pediatrics 131 : e770-778, 2013
8) 新美洋一 : 妊娠中の飲酒. 周産期医学 41 (増刊) : 20-22, 2011
9) Pregnancy and alcohol : occasional, light drinking may be safe. Prescrire Int 21 : 44-50, 2012
10) 高島敬忠, 他 : わが国にみられた胎児性アルコール症候群の一家族例. アルコール研究 13 : 102, 1978
P.26 掲載の参考文献
1) 齋藤滋, 杉浦真弓, 丸山哲夫, 他 : 不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究班を基にした不育症管理に関する提言. 平成20~22年度厚生労働科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤事業 2011
2) Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine : Evaluation and treatment of recurrent pregnancy loss : a committee opinion. Fertil Steril 98 : 1103-1111, 2012
8) 荒田尚子 : 甲状腺機能低下症と流早産. 産婦の実際 64 : 733-8, 2015
11) 濱崎直孝 : 日本人特有の血栓性素因-プロテインS, プロテインC分子異常-. 血栓止血誌 17 : 136-143, 2006
P.31 掲載の参考文献
8) Sugiura-Ogasawara M, Atsumi T, Yamada H, et al : Realworld practice of obstetricians in respect of assays for antiphospholipid antibodies. Modern Rheumatology 30 : 1-22, 2015
10) Gris JC, Quere I, Sanmarco M, et al : Antiphospholipid and antiprotein syndromes in non-thrombotic, non-autoimmune women with unexplained recurrent primary early foetal loss. The Nimes Obstetricians and Haematologists Study--NOHA. Thromb Haemost 84 : 228-236, 2000
18) Asano E, Ebara T, Yamada-Namikawa C, et al : Genotyping analysis for the 46 C/T polymorphism of coagulation factor XII and the involvement of factor XII activity in patients with recurrent pregnancy loss. PLoS ONE 9 (12) : e114452
P.33 掲載の参考文献
P.37 掲載の参考文献
P.39 掲載の参考文献
P.43 掲載の参考文献
1) 海野信也 : 羊水循環と制御のしくみ. 臨婦産 52 : 1236-1239, 1998
2) Gilbert WM, Brace RA : The missing link in amniotic fluid volume regulation : intramembranous absorption. Obstet Gynecol 74 : 748-754, 1989
3) 山本樹生 : 妊娠の生理, 胎児付属物, 羊水. 岡井崇, 綾部琢哉編 : 標準産科婦人科学 第4版, 医学書院, 東京, p312, 2014
6) Mam SE, Nijland MJ, Ross MG : Mathematics modeling of human amniotic fluid dynamics. Am J Obstet Gynecol 175 : 937-944, 1996
7) Gilbert WM, Moore TR, Brace RA : Amniotic fluid volume dynamics. Fetal Medicine Review 3 : 89-104, 1991
10) Phelan JP, Smith CV, Small M : Amniotic fluid volume assessment with the four-quadant technique at 36-42 weeks gestation. J Reprod Med 32 : 540-542, 1987
11) Carlson DE, Platt LD, Medearis AL, et al : Quantifiable polyhydramnios : diagnosis and management. Obste Gynecol 75 : 989-993, 1990
12) 金山尚裕, 竹内欽哉 : 羊水の生理, 胎児付属物の発達と変化, 妊娠の生理. 武谷雄二編 : 新女性医学大系 22 正常妊娠, 中山書店, 東京, pp92-99, 2001
P.47 掲載の参考文献
2) 日本産科婦人科学会/日本病理学会編 : 絨毛性疾患取扱い規約 第3版, 金原出版, pp57-65, 2011
3) 三浦清徳, 増崎英明 : hCGの種類と測定法の問題点. 臨婦産 66 : 654-662, 2012
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp114-118, 2014
P.55 掲載の参考文献
1) Steherin D, Varmus HE, Bishop IM, et al : DNA related to the transforming gene (s) of avian sarcoma viruses is present in normal avian DNA. Nature 260 : 170-173, 1976
3) 岩下光利 : IGF受容体とIGF結合蛋白 (IGFBP). 発生と成長因子・ホルモンホルモンの分子生物学 6, 学会出版センター, 東京, pp25-40, 1996
4) Hosenlopp P, Segovia B, Lassarre C, et al : Evidence of enzymatic degradation of insulin-like growth factor binding proteins in the "150K" complex during pregnancy. J Clin Endocrinol Metab 71 : 797-805, 1990
5) Iwashita M, Kobayashi M, Matsuo A, et al : Feto-maternal interaction of IGF-I and its binding Proteins in fetal growth. Early Human Develop 29 : 187-191, 1991
P.58 掲載の参考文献
5) Hanna J, Wohl DG, Mandelboim O, et al : Decidual NK cells regulate key developmental processes at the human fetal-maternal interface. Nat Med 12 : 1065-1074, 2006
10) Gomaa MF, Naguib AH, Swedan KH, et al : Serum tumor necrosis factor-α level and uterine artery Doppler indices at 11-13 weeks' gestation for preeclampsia screening in low-risk pregnancies : a prospective observational study. J Reprod Immunol 109 : 31-35, 2015
12) Santner-Nanan B, Peek MJ, Khanam R, et al : Systemic increase in the ratio between Foxp3+and IL-17-produccing CD4+ T cells in healthy pregnancy but not in preeclampsia. J Immunol 183 : 7023-7030, 2009
P.61 掲載の参考文献
1) 山崎峰夫 : 〔胎盤機能シリーズ〕hCG, hPL, PRLの構造, 生理作用, 分泌調節およびその意義. 日産婦誌 52 : (N-31-N-34), 2000
2) 日本産科婦人科学会編 : 産婦人科研修の必修知識 2013, 東京, 2013
3) Cunningham FG, et al : Williams Obstetrics, 23rd ed, McGraw Hill Medical publishing division, New York, pp62-64, 2010
4) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編 2014, 東京, pp123-124, 2014
5) 岩原由樹, 久保田俊郎 : hCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン). Medicina 52 : 378-379, 2015
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 東京, pp114-118, 2014
7) 中塚幹也 : 生化学的妊娠と不育症. 産婦の実際 64 : 791-795, 2015
P.64 掲載の参考文献
4) Practice Committee of the American Society for Reproductive M : Evaluation and treatment of recurrent pregnancy loss : a committee opinion. Fertil Steril 98 : 1103-1111, 2012
P.70 掲載の参考文献
8) Malone FD, Ball RH, D'Alton ME, et al : First-trimester septated cystic hygroma : prevalence, natural history, and pediatric outcome. Obstet Gynecol 106 : 288-294, 2005
9) Abu-Rustum RS, Ziade ME Abu-Rustum SE : Learning curve and factors influencing the feasibility of performing fetal echocardiography at the time of the first-trimester scan. J Ultrasound Med 30 : 695-700, 2011
12) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, p89, 2014
P.74 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 日本産科婦人科学会, 2014
2) 塚原優己, 左合治彦 : 国立成育医療研究センター産科実践ガイド : EBMに基づく成育診療サマリー, 改訂第2版, 診断と治療社, 東京, 2014
4) 日本超音波医学会平成14・15年度 用語・診断基準委員会 : 超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値 2003年. 超音波医学 30 : 415-438, 2003
P.77 掲載の参考文献
P.79 掲載の参考文献
P.82 掲載の参考文献
6) American College of Radiology (http://www.acr.org/~/media/ACR/Documents/PGTS/guidelines/MRI_Fetal.pdf (2016年2月26日アクセス))
7) ACOG Committee on Obstetric Practice. : ACOG Committee Opinion. Number 299, September 2004. Guidelines for diagnostic imaging during pregnancy. Obstet Gynecol 104 : 647-651, 2004
P.84 掲載の参考文献
1) 日本医学会編 : 医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン, 2011
2) 日本産科婦人科学会編 : 出生前に行われる検査および診断に関する見解, 2011
4) 遺伝医学関連学会編 : 遺伝学的検査に関するガイドライン, 2003
P.87 掲載の参考文献
P.90 掲載の参考文献
P.94 掲載の参考文献
5) Zimmermam B, Hill M, Gemelos G, et al : Noninvasive prenatal aneuploidy testing of chromosomes 13, 18, 21, X, and Y, using targeted sequencing of polymorphic loci. Prenat Diagn 32 (13) : 1233-1241, 2012
P.96 掲載の参考文献
P.98 掲載の参考文献
8) Liang DK, Qi HB, Jia XY, et al : Comparative study of placental α-microglobulin-1, insulin-like growth factor binding protein-1 and nitrazine test to diagnose premature rupture of membranes : a randomized controlled trial. J Obstet Gynaecol Res 40 (6) : 1555, 2014
9) 久保田武美, 菊池盤, 竹内久彌 : Insulin-like growth factor binding preotein-1 (IGFBP-1) 検出試薬の破水診断における臨床的検討. 産婦の世界 50 (8) : 633-635, 1998
10) 川崎薫, 堀川直城, 森本明美, 他 : 出血を伴う症例の破水診断でのヒトインスリン様成長因子結合タンパク1型 (IGFBP-1) 定性検査の有効性について. 現代産婦人科 57 (2) : 72, 2008
P.101 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献
3) Lee CY, Di Loreto PC, O'Lane JM : A study of fetal heart rate acceleration patterns. Obstet Gynecol 45 : 142-146, 1975
8) ACOG : Practice bulletin no. 116 : Management of intrapartum fetal heart rate tracing. Obstet Gynecol 116 : 1232-1240, 2010
9) Pose SV, Castillo JB, Mora-Rojas EO, et al : Test of fetal tolerance to induced uterine contractions for the diagnosis of chronic distress. In Perinatal Factors Affecting Human Development, Pan Am Health Organization, Scientific Publication no. 185, P96, 1969
10) Hon EH, Quilligan EJ : The classification of fetal heart rate. II. A revised working classification. Conn Med 31 : 779-784, 1967
11) 日本産科婦人科学会周産期委員会 胎児機能不全診断基準の妥当性検討に関する小委員会「胎児心拍数図の用語及び定義」改定案の提案. 日産婦誌 65 : 1398, 2013
P.107 掲載の参考文献
6) Patric J, Campbell K, Carmichael L, et al : Patterns of gross fetal body movements over 24-hour observation intervals during the last 10 weeks of pregnancy. Am J Obstet Gynecol 142 : 363-371, 1982
7) Phelan JP, Smith CV, Broussard P, et al : Amniotic fluid volume assessment with the four-quadrant technique at 36-42 weeks' gestation. J Reprod Med 32 : 540-542, 1987
9) Manning FA : Fetal biophysical profile scoring. In Manning FA ed. : Fetal Medicine, Appleton & Lange, Norwalk, Connecticut, pp221-306, 1995
P.111 掲載の参考文献
6) 日本産科婦人科学会/日本産科婦人科医会編 : CQ007「胎動回数減少」を主訴に受診した妊婦に対しては? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp33-35, 2014
7) Matsubara S, Kuwata T : Education/information may be necessary to decreased fetal movement especially "at term" (comment) BMC Pregnancy and Childbirth 2009 : 9 ; on line, 24 August 2009 (http://www.biomedcentral.com/1471-2393/9/32/comments#363667)
10) 桑田知之, 松原茂樹 : 胎動減少と胎児病-胎児急性腹症-. ペリネイタルケア 29 : 978-981, 2010
13) 桑田知之, 松原茂樹 : 胎動減少を見逃すべからず. 周産期医学 45 (増刊) : 249-252, 2015
P.113 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
2) American Academy of Pediatrics and American College of Obstetrics and Gynecologists : Guideline for Practice for Perinatal Care 7th ed, 2012
3) 平成25年度厚生労働科学研究補助金エイズ対策事業「HIV母子感染の疫学調査と予防対策および女性・小児感染者支援に関する研究班」編 : HIV母児感染予防対策マニュアル 第7版 (http://api-net.jfap.or.jp/library/guideLine/boshi/images/H25_manual.pdf)
P.117 掲載の参考文献
2) 大友耕太郎, 渥美達也 : 抗リン脂質抗体測定の意義. 日本臨床免疫学会会誌 36 (2) 163-70, 2013
6) Sugi T, McIntyre JA : Autoantibodies to phosphatidylethanolamine (PE) recognize a kininogen-PE complex. Blood 86 : 3083-3089, 1995
7) 齊藤滋, 杉浦真弓, 田中忠夫, 他 : 本邦における不育症のリスク因子とその予後に関する研究. 日本周産期・新生児医学会雑誌 45 (4) : 1144-1148, 2009
11) 杉浦真弓 : 抗リン脂質抗体症候群. 周産期医学 40 (7) : 1133-1136, 2010
14) Blanco-Molina A, Trujillo-Santos J, Criado J, et al : Venous thromboembolism during pregnancy or postpartum : findings from the RIETE Registry. Thromb. Haemost 97 : 186-190, 2007
P.119 掲載の参考文献
1) 武田直人, 他 : 成人におけるサイトメガロウイルス抗体陽性率とサイトメガロウイルス単核球症に関する研究. 感染症誌 75 : 775-779, 2001
3) 母子感染の実態把握及び検査・治療に関する研究班 : サイトメガロウイルス妊娠管理マニュアル. 日産婦誌 66 : 付録, 2014
5) Kimberlin DW, Jester PM, S6nchez PJ, et al : Valganciclovir for symptomatic congenital cytomegalovirus disease. N Engl J Med 372 : 933-943, 2015
6) 古谷野伸, 他 : 全新生児を対象とした先天性サイトメガロウイルス (CMV) 感染スクリーニング体制の構築に向けたパイロット調査と感染児臨床像の解析エビデンスに基づく治療指針の基盤策定. 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業平成22年度総括・分担研究報告書, 2011
P.123 掲載の参考文献
2) Khin-Sane-Win, Matsumura T, Kumagai S, et al : Prevalence of antibody to Toxoplasma gondii in Hyogo prefecture, Japan : comparison at a 10-year interval. Kobe J Med Sci 43 : 159-168, 1997
3) 西川鑑, 両坂美和, 山田秀人, 他 : 北海道における妊婦のトキソプラズマ抗体保有率. 北海道産科婦人科学会会誌 51 : 20-22, 2007
4) Hide G, Gerwash O, Morley EK, et al : Does vertical transmission contribute to the prevalence of toxoplasmosis? Parassitologia 49 (4) : 223-226, 2007
5) Tenter AM, Heckeroth AR, Weiss LM : Tbxoplasma gondii : from animal to humans. Int J Parasitol 30 (12-13) : 1217-1258, 2000
7) Ortiz-Alegria LB, Caballero-Prtega H, Canedo-Solares I, et al : Congenital toxoplasmosis : candidate host immune genes relevant for vertical transmission and pathogenesis. Genes immun 11 (5) : 363-373, 2010
9) Bessieres MH, Berrebi A, Cassaing S, et al : Diagnosis of congenital toxoplasmosis : prenatal and neonatal evaluation of methods used in Toulouse University Hospital and incidence of congenital toxoplasmosis. Mern Inst Oswaldo Cruz 104 (2) : 389-392, 2009
P.126 掲載の参考文献
2) 羽間夕紀子, 杉原弥香, 佐野力哉, 他 : 妊婦の風疹抗体価保有率と公的補助介入によるワクチン接種率の変化に関する検討. 現代産婦人科 63 (1) : 135-138, 2014
P.128 掲載の参考文献
3) Valeur-Jensen AK, Pedersen CB, Westergaard T, et al : Risk factors for parvovirus B19 infection in pregnancy. J Am Med Assoc 281 : 1099-1105, 1999
4) Kroes ACM : Parvoviruses. Cohen J, Powderly WG, Opal SM (eds) : Infectious diseases, 3rd edn, Mosby Elsevier, London, 2010
10) Fairley CK, Smoleniec JS, Caul OE, et al : Observational study of effect of intrauterine transfusions on outcome of fetal hydrops after parvovirus B19 infection. Lancet 346 : 1335-1337, 1995
14) Cunningham F, Leveno K, Bloom S, et al : Infectious disease. Fried A, Boyle PJ, eds : Williams Obstetrics, 24th ed, McGraw-Hill Medical, 2014
P.131 掲載の参考文献
5) 森島恒雄, 庄司紘史 : 新生児ヘルペス, 単純ヘルペス脳炎. 新村眞人, 山西弘一編 : ヘルペスウイルス感染症, 臨床医薬研究協会, pp144-151, 1996
6) ACOG Committee on Practice Bulletins : ACOG Practice Bulletin, Clinical Management Guidelines for Obstetrician-Gynecologists. No. 82 June 2007. Management of herpes in pregnancy. Obstet Gynecol 109 : 1489-1498, 2007
8) Royal College of Obstetricians and Gynecologists : Management of genital herpes in pregnancy. RCOG Greentop Guideline No. 30, 2014
P.134 掲載の参考文献
4) 日本小児科学会 : B型肝炎ウイルス母子感染予防のための新しい指針 (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/HBV20131218.pdf (2016年2月28日アクセス))
5) 大戸斉 : C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究-3年間のまとめ, C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究. 平成17年度~19年度総合研究報告書, pp1-18, 2008
6) 厚生労働科学研究費補助金「肝炎等克服緊急対策研究事業」C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究班 : C型肝炎ウイルス (HCV) キャリア妊婦とその出生児の管理指導指針 (平成16年12月). 日小児会誌 109 : 78-79, 2005〔http://www.vhfj.or.jp/06.qanda/pdfdir/HCV_guideline_050531.pdf (2016年2月28日アクセス))
8) 久保隆彦 : HCV母子感染防止のための分娩方法についての文献的考察. C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究. 平成17年度総括・分担研究報告書, pp107-112, 2006
P.137 掲載の参考文献
1) 厚生労働省エイズ動向委員会 (http://api-net.jfap.or.jp/status/2015/15nenpo/h27gaiyo.pdf (2016年7月17日アクセス))
2) HIV母子感染の疫学調査と予防対策および喜多小児・女性感染者支援に関する研究. 厚生労働省科学研究補助金エイズ研究対策事業 平成24年度~平成26年度総合研究報告書. pp23-105, 2015
3) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp322-324, 2014
4) 平成25年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「HIV母子感染の疫学調査と予防対策および女性・小児感染者支援に関する研究」班 : HIV母子感染予防対策マニュアル 第7版, pp39-48, 2014
P.139 掲載の参考文献
1) 森内浩幸 : HTLV-1母子感染予防対策保健指導マニュアル (改訂版). 平成22年度厚生労働科学特別研究事業「ヒトT細胞白血病ウイルス-1型 (HTLV-1) 母子感染予防のための保健指導の標準化に関する研究」, 厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課, 2011 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken16/d1/05.pdf (2015年9月7日アクセス))
2) 鈴木俊治 : HTLV-1母子感染予防 (適切な新生児栄養方法の選択のために). 日本産婦人科医会記者懇談会, 平成25年4月 (http://www.jaog.or.jp/a11/document/64_130410.pdf (2015年9月7日アクセス))
P.141 掲載の参考文献
1) Tatsuo H, Ono N, Tanaka K, et al : SLAM (CDw 150) is a cellular receptor for measles virus. Nature 406 : 893-897, 2000
2) Eberhart-Phillips JE, Frederick PD, Baron RC, et al : Measles in pregnancy : Adescriptive study of 58 cases. Obstet Gynecol 82 (5) : 797-801, 1993
P.143 掲載の参考文献
3) Mullooly JP, Barker WH, Nolan TF Jr : Risk of acute respiratory disease among Pregnant women during influenza A epidemics. Public Health Re 101 : 205-211, 1986
5) ANZIC Influenza Investigators and Australasian Maternity Outcomes Surveillance System : Critical illness due to 2009 A/H1N1 influenza in pregnant and postpartum women : population based cohort study. BMJ 340 : c1279, 2010
7) Yamada T, Yamada T, Saito T, et al : No maternal mortality from pandemic (H1N1) 2009 occurred in Japan. BMJ 2010 Aug 6. (http://www.bmj.com/cgi/eletters/340/mar18_3/c1279)
9) WHO position paper November 2012. Vaccines against influenza. (http://www.who.int/immunization/position_papers/PP_influenza_november2012_summary.pdf#search='Vaccines+against+influenza+WHO+position+paper+2012' (2015年9月17日アクセス))
11) Fiore AE, Uyeki TM, Broder K, et al ; Centers for Disease Control and Prevention (CDC) : Prevention and control of influenza with vaccines : recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR Recomm Rep 59 (RR-8) : 1-62, 2010
12) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp54-57, 2014
16) Center for Disease Control and Prevention : Fluview. 2014-2015 influenza season week 53 ending January 3, 2015. Atlanta, GA : US Department of Health and H (http://www.cdc.gov/flu/weekly.)
19) 日本小児科学会 : 2010-2011シーズンの出生後早期の新生児に対するインフルエンザ対策案 (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/influenza_5_101227.pdf)
P.147 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 性感染症報告数. 感染症報告数 (URL : http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html) (2016年2月29日アクセス)
3) 日本性感染症学会 : 性感染症診断・治療ガイドライン 2011, 2011
4) 野口靖之 : 妊婦クラミジア子宮頸管炎に対する対応. 日本産婦人科・新生児血液学会誌 22 (2) : 75-80, 2013
6) 藤原葉一郎 : 女性と感染症Up to Date : クラミジア感染症の診断と治療. 産科と婦人科 81 (4) : 435-440, 2014
8) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
P.150 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所, 厚生労働省健康局結核感染症課 : 病原微生物検出情報 (月報) 36 (2) (No. 420), 2015
2) Addressing Health Risks of Noncoital Sexual Activity. ACOG Committee opinion Number 582, 2013
3) 疾患別診断と治療-梅毒-性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日性感染症会誌 22 (1) : 51-54, 2013
4) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : CQ613妊娠中の梅毒スクリーニングと感染例の取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp331-335, 2014
5) 国立感染症研究所 : 本邦における先天梅毒発生予防に向けて-感染症発生動向調査報告症例におけるリスク因子の検討-. IASR 34 : 113-114, 2013
P.152 掲載の参考文献
1) 鈴木克洋編 : 肺結核 (症), 南江堂, 東京, 2015
2) 結核予防会編 : 結核の統計 2011, 2011
3) 日本結核病学会編 : 結核診療ガイドライン改訂第2版, 南江堂, 東京, 2012
5) 日本結核病学会治療委員会 : 「結核医療の基準」の見直し-2008年. 結核 83 : 529-535, 2008
P.154 掲載の参考文献
1) 清水可方, 大山晃弘, 笠間和典, 他 : A群溶血性連鎖球菌によるtoxic shock like syndromeの1例. 感染症誌 67 : 236-239, 1993
2) 宇田川秀雄, 清水可方, 中田博一, 他 : A群溶連菌の激烈な敗血症により双胎胎児と母体が突然死亡した症例. 感染症誌 67 : 1219-1222, 1993
3) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編・監 : CQ506 稀な予後不良合併症は? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, 日本産科婦人科学会, 東京, pp285-288, 2014
6) 宇田川秀雄 : 周産期感染症各論・A群レンサ球菌. 産婦の実際 55 : 363-370, 2006
P.157 掲載の参考文献
1) 日本産婦人科学会/日本産婦人科医会編. CQ603 B群溶血性連鎖球菌 (GBS) 保菌診断と取り扱いは? 産科診療ガイドライン産科編 2014, pp295-297, 2014
3) 松原康策 : 早発型・遅発型B群連鎖球菌感染症. 日本臨牀 感染症症候群 (第2版) 下 新領域別症候群シリーズ No. 25, 日本臨牀社, 大阪, pp712-716, 2013
5) Alvarez JR, Williams SF, Ganesh VL, et al : Duration of antimicrobial prophylaxis for group B streptococcus in patients with preterm premature rupture of membranes who are not in labor. Am J Obstet Gynecol 197 (4) : 390. e1-4, 2007
6) Verani JR, McGee L, Schrag SJ : Division of Bacterial Diseases, National Center for Immunization and Respiratory Diseases, Centers for Disease Control and Prevention (CDC) : Prevention of perinatal group B streptococcal disease-revised guidelines from CDC. MMWR Recomm Rep 59 (RR-10) : 1-36, 2010
7) Boyer KM, Gotoff SP : Prevention of early-onset neonatal group B streptococcal disease with selective intrapartum chemoprophylaxis. N Engl J Med 314 (26) : 1665-1669, 1986
8) The UK Royal College of Obstetricians and Gynaecologists : The prevention of early-onset neonatal group B streptococcal disease. Green-Top Guideline, No. 36, 2nd ed, 2012
P.160 掲載の参考文献
1) 岩渕千太郎 : デング熱, デング出血熱, デングショック症候群. 小児内科 46 : 1049-1053, 2014
2) 厚生労働省 : デング熱診療ガイドライン (第1版). (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dl/20140916-02.pdf)
3) 貫井陽子 : 蚊が媒介する感染症 1) デング熱. 感染症内科 2 (2) : 135-139, 2014
4) 高崎智彦 : デング熱とは. 国立感染症研究所, 2014 (http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/238-dengueinfo.html)
5) 国立感染症研究所 : デング熱・デング出血熱 2011~2014年. IASR 36 (3) : 136, 2015
6) 森田公一 : デング熱. 臨と研 90 (12) : 1674-1678, 2013
7) 長谷部太 : デング熱, 日本脳炎, ウエストナイル熱. 臨と微生物 41 (1) : 65-71, 2014
8) 高松由基, 森田公一 : デング熱ワクチン. 臨と微生物 41 (6) : 763-770, 2014
P.163 掲載の参考文献
P.167 掲載の参考文献
2) Faundes A, Bricola-Filho M, Pinto e Silva JL : Dilatation of the urinary tract during Pregnancy : proposal of a curve of maximal caliceal diameter by gestational age. Am J Obstet Gynecol 178 : 1082-1086, 1998
4) Bentley-Lewis R, Graves SW, Seely EW : The reninaldosterone response to stimulation and suppression during normal pregnancy. Hypertens Pregnancy 24 : 1-16, 2005
9) 日本妊娠高血圧学会編 : 妊娠高血圧症候群の診療指針 2015, メジカルビュー社, pp120-130, 2015
10) 日本腎臓学会編 : 腎疾患患者の妊娠-診療の手引き-, 東京医学社, pp19-33, 2007
11) Davison AM, Baylis C : Pregnancy in patients with underlying renal disease. In Davison AM, Cameron JS, GrUnfeld J-P, et al eds : Oxford Textbook of Clinical Nephrology, 2nd ed, Oxford University Press, Oxford, pp2327-2348, 1998
P.169 掲載の参考文献
P.172 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病・妊娠学会編 : 妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル, メジカルビュー社, 東京, pp39-41, 2015
4) 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, 日本産科婦人科学会, pp24-28, 2014
P.176 掲載の参考文献
2) 一般社団法人日本アレルギー学会 : 喘息予防・管理ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
6) Kallen B, Rydhstroem H, Aberg A : Asthma during pregnancy-a population based study. Eur J Epidem 16 : 167-171, 2000
P.179 掲載の参考文献
3) Creasy RK, Resnik R, Iams JD, et al : Creasy and Resnik's maternal-fetal medicine : principles and practice, 7th ed, Saunders, Philadelphia, 2013
4) Briggs GG, Freeman RK, Yaffe SJ : Drugs in pregnancy and lactation : areference guide to fetal and neonatal risk, 10th ed, Lippincott Williams&Wilkins, Pennsylvania, 2015
6) Kallen BA : Use of omeprazole during pregnancy--no hazard demonstrated in 955 infants exposed during pregnancy. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 96 : 63-68, 2001
7) Cunningham FG, Leveno KJ, Bloom SL, et al : Williams obstetrics, 24th ed, p1078, McGraw Hill, New York, 2014
8) Mazze RI, Kallen B : Appendectomy durirtg pregnancy : a Swedish registry study of 778 cases. Obstet Gynecol 77 : 835-840, 1991
22) Bortoli A, Pedersen N, Duricova D, et al : Pregnancy outcome in inflammatory bowel disease : prospective European case-control ECCO-EpiCom stydy., 2003-2006. Aliment Pharmacol Ther 34 : 724-734, 2011
24) O'Toole A, Nwanne O, Tomlinson T : Inflammatory bowel disease increases risk of adverse pregnancy outcomes : a meta-analysis. Dig Dis Sci 60 : 2750-2761, 2015
P.183 掲載の参考文献
P.185 掲載の参考文献
2) Petri M, Orbai AM, Alarcon GS, et al : Derivation and varidation of the systemic lupus international collaborating clinics classification criteria for systemic lupus erythematosus. Arthritis Rheum 64 : 2677-2686, 2012
3) 橋本博 : SLEと妊娠臨床免疫 15 : 215-221, 1983
5) Bombardier C, Gladmann DD, Urowitz MB, et al : Derivation of the SLEDAI. A disease activity index for lupus patients. The committee on prognosis studies in SLE. Arthritis Rheum 35 : 630-640, 1992
6) Ruis-Irastorza G, Lima F, Alves J, et al : Increased rate of lupus flare during pregnancy and the puerperium : a prospective study of 78 pegnancies. Br J Rheumatol 35 (2) : 133-138, 1996
P.189 掲載の参考文献
8) Ichikawa G, Yamamoto T, Chishima E et al : Effects of anti-β2-glycoprotein I antibody on PIGF, VEGF and sVEGRFI production from cultured choriocarcinoma cell line. J Obstet Gynaecol Res 37 : 1076-1083, 2111
15) Branch DW, Silver RM, Blackwell JL, et al : Outcome of treated pregnancies in women with antiphospholipid syndrome : an update of the Utah experience. Obstet Gynecol 80 : 614-620, 1992
P.192 掲載の参考文献
1) 日本神経学会・日本頭痛学会監修/慢性頭痛の診療ガイドライン作成委員会編集 : 慢性頭痛の診療ガイドライン 2013, 医学書院, 東京, 2013
2) 日本神経学会監修/てんかん治療ガイドライン作成委員会編集 : てんかん治療ガイドライン 2010, 医学書院, 東京2010
3) 日本産婦人科医会医療安全委員会厚生労働科学研究費補助金 (地域医療基盤開発推進研究事業) 池田班監修 : 日本の妊産婦を救うために 2015, 東京医学社, 東京, 2015
4) 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服事業ウイリス動脈輪閉塞症における病態・治療に関する研究班 : もやもや病 (ウイリス動脈輪閉塞症) 診断・治療ガイドライン. 脳卒中の外科 37 : 321-337, 2009
5) 高橋淳, 他 : もやもや病罹患女性の妊娠・分娩に関する全国産科施設および患者女性へのアンケート調査. 脳神経外科ジャーナル 18 (5) : 367-375, 2009
7) 日本脳ドッグ学会 脳ドッグの新ガイドライン作成委員会編 : 脳ドッグのガイドライン 2014 改定・第4版, 響文社, 北海道, 2014
P.195 掲載の参考文献
2) 倉澤健太郎, 高橋雄一, 高橋恒男 : 精神疾患合併妊娠の急性期医療. 周産期医学 44 (7) : 911-916, 2014
3) 石崎潤子, 三村將 : 女性特有のうつ病. 産婦人科治療 101 (4) : 368-374, 2010
4) 小澤千恵 : メンタル面のハイリスク妊婦スクリーニング. 周産期医学 44 (7) : 897-910, 2014
6) 内田貴光, 五十嵐友里, 堀川直史 : 妊娠中のメンタルヘルスパニック障害. 周産期医学 44 (7) : 923-926, 2014
7) 渡邉央美 : 向精神薬の催奇形性・胎児毒性に関する近年の国際的評価. 精神神経学雑誌 116 (12) 1996-1004, 2014
8) 山下晋 : 妊婦・授乳婦への薬剤投与時の注意 第6版, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2007
9) Briggs GG, Freeman RK, Yaffe SJ : Drugs in Pregnancy and Lactation, 9th ed, Williams and Wilkins, Baltimore, 2011
10) 渡邉央美 : 妊娠中のメンタルヘルス向精神薬と授乳. 周産期医学 44 (7) : 939-943, 2014
P.198 掲載の参考文献
1) The American Fertility Society : The American Fertility Society classifications of adnexal adhesions, distal tubal occlusion, tubal occlusion secondary to tubal ligation, tubal pregnancies, mUllerian anomalies and intrauterine achesions. Fertil Steril 49 : 944-955, 1988
2) Nahum GG : Uterine anomalies. How common are they, and what is their distribution among subtypes? J Report Med 43 (10) : 877, 1998
3) Woodward PJ, et al : section 16. Diagnostic Imaging : Obstetrics, 2nd ed, Lippincott Williams&Wilkins, Philadelphia pp20-23, 2011
5) 大場隆他 : 子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮奇形と早産. 産と婦 81 (1) : 47-50, 2014
6) Woodward PJ, et al : section 16. Diagnostic Imaging : Obstetrics, 2nd ed, Lippincott Williams&Wilkins, Philadelphia pp16-19, 2011
7) Laulghlin SK, et al : Prevalence of uterine leiomyomas in thc first trimester of pregnancy : an ultrasoundscreening study. Obstct Gynecol 113 : 630-635, 2009
P.200 掲載の参考文献
3) ACR Committee on Drugs and Contrast Media : ACR manual on contrast media, Version 10. 1, 2015
4) 万代昌紀, 小西郁生 : 妊娠中に発見された悪性卵巣腫瘍の取り扱い. 産婦の実際 57 : 651-656, 2008
5) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 妊娠初期の付属器腫瘤の取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp281-283, 2014
6) Lee GS, Hur SY. Shin JC, et al : Elective vs. conservative management of ovarian tumors in pregrtancy. Int J Gynaecol 0bstet 85 : 250-254, 2004
7) Cunningham FG, Leveno KJ, Bloom S, et al : Williams Obstetrics, 24th ed, McGraw-Hill, New York, pp1227-1228, 2014
P.203 掲載の参考文献
1) 日本婦人科腫瘍学会編 : 妊娠合併子宮頸癌の治療. 子宮頸癌治療ガイドライン 2011, 金原出版, 東京, pp154-164, 2011
2) Williams Obstetrics, 24th ed, McGraw Hill, New York, pp1222-1224, 2014
4) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 子宮頸部細胞診の適切な採取法は? 産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編 2014. pp34-37, 2014
6) The 2007 Recommendations of the International Commission on Radiological Protection. ICRP Publication lO3. Ann. ICRP, 2007
7) ACR Committee on Drugs and Contrast Media : ACR manual on contrast media. Version 10. 1, 2015
8) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 妊娠初期の子宮頸部細胞診異常の取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp276-278, 2014
P.207 掲載の参考文献
1) Nausea and vomiting of pregnancy. ACOG Practice Bulletin number 153. Obstet Gynecol 126 : e12-24, 2015
4) Matthews A, Dowswell T, Haas DM, et al : Interventions for nausea and vomiting in early pregnancy. Cochrane Database Syst Rev : CD007575, 2010
10) Czeizel AE, Dudas I, Fritz G, et al : The effect of periconceptional multivitamin-mineral supplementation on vertigo, nausea and vomiting in the first trimester of pregnancy. Arch Gynecol Obstet 251 : 181-185, 1992
12) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp10-14, 2014
P.210 掲載の参考文献
1) Ectopic pregnancyの日本語訳についての統一見解. 日本産科婦人科学会平成21年12月12日
2) 産科婦人科用語集・用語解説集 改訂第3版 2013年4月発行
3) 岩崎寛和 : 現代の産婦人科学, 金原出版, 東京, 1984
4) 日本産科婦人科学会 : 専攻医教育プログラム 2 異所性妊娠2014年4月17日
5) 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, 日本産科婦人科学会, 東京, 2014
7) Varma R, Gupta J : Tubal ectopic pregnancy. BMJ Clin Evid pii : 1406, 2009
8) Yuen PM, Rogers MS, Chang A : A review of laparoscopy and laparotomy in the management of tubal pregnancy. Hong Kong Med I 3 (2) : 153-157, 1997
9) 日本産科婦人科内視鏡学会 : 卵管妊娠に対する腹腔鏡下手術のガイドライン, 2007
P.212 掲載の参考文献
7) 桑原慶充 : 絨毛膜下血腫. 周産期医学 41 (増刊) : 213-214, 2011
10) 佐世正勝, 三輪一知郎 : 絨毛膜下血腫. 周産期医学 36 (増刊) : 190-191, 2006
17) Mantoni M : Ultrasound signs in threatened abortion and their prognostic significance. Obstet Gynecol 65 (4) : 471-475, 1985
P.216 掲載の参考文献
2) 日本産科婦人科学会編 : 産婦人科研修の必修知識 2013, 2013
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
9) 福原健, 山本彩加, 池田真規子, 他 : 当院における超早産予防のとりくみ-妊娠12~27週の切迫流早産入院症例の治療成績の検討-. 現代産婦人科 63 : 231-236, 2014
P.219 掲載の参考文献
1) Hillier SL, Nugent RP, Eschenbach DA, et al : Association between bacterial vaginosis and preterm delivery of a low-birth-weight infant. The Vaginal Infections and Prematurity Study Group. N Engl J Med 333 (26) : 1737-1742, 1995
2) 日本産科婦人科学会. 周産期委員会報告. 日産婦会誌 62 : 1520, 2010
3) Taylor-Robinson D, Hay PE : The pathogenesis of the clinical signs of bacterial vaginosis and possible reasons for its occurrence. Int J STD&AIDS 8 : 35-37, 1997
5) Nugent RP, Krohn MA, Hillier SL : Reliability of diagnosing bacterial vaginosis is improved by a standardized method of gram stain interpretation. J Clin Microbiol 29 : 297-301, 1991
7) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
8) McDonald HM, Brocklehurst P, Gordon A : Antibiotics for treating bacterial vaginosis in pregnancy. Cochrane Database Syst Rev 24 : CD000262, 2007
10) 齊藤滋他 : 周産期委員会報告. 日産婦会誌 61 (7) : 1543-1557, 2009
11) 島野敏司 : 周産期医療とinflammatory response細菌性腔症, 周産期医学 39 : 681-690, 2009
13) Mastromarino P, Vitali B, Mosca L : Bacterial vaginosis : a review on clinical trials with probiotics. New Microbiol 36 : 229-238, 2013
15) Otsuki K, Imai N : Effects of lactoferrin in six patients with refractory bacterial vaginosis. Biochem Cell Biol, in press
P.223 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編 : 産科婦人科用語集・用語解説集改訂第2版, 金原出版, 東京, 2008
2) 母子保健の主なる統計平成26年度刊行, 母子保健事業団, 2015
3) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科ガイドライン産科編 2014, 2014
6) 松田義雄 : わが国の大規模case-control studyの成績からみた早産の予防戦略. 産婦実際 55 : 17-22, 2006
8) Peaceman AM, et al : Fetal fibronectin as a predictor of preterm birth in patients with symptoms : a multicenter trial. Am J Obstet Gynecol 177 : 13-18, 1997
11) Fonseca EB, et al : Fetal medicine foundation second trimester screening group. N Engl J Med 357 : 462-467, 2007
12) 金山尚裕 : ウリナスタチン. 岩下光利監修 : 切迫早産の診断と治療, メディカルレビュー社, 大阪, 2008
13) Goya M, et al : Cervical pessary in pregnant women with a short cervix (PECEP) : an open-label randomised controlled trial. Lancet 380 : 1800-1806, 2012
14) Nicolaides KH, et al : A randomized trial of a cervical pessary to prevent preterm singleton birth. N Engl J Med 374 : 1044-1052, 2016
P.225 掲載の参考文献
3) Blanc WA : Pathology of the placenta, membranes, and umbilical cord in bacterial, fungal, and viral infections in man. Naeye RL (ed) : Perinatal disease, Williams&Wilkins, Baltimore, pp67-132, 1981
4) Hoeven KH, et al : Clinical significance of increasing histologic severity of acute inflammation in the fetal membranes and umbilical cord. Pediat Pathol Lab Med 16 : 731-744, 1996
P.228 掲載の参考文献
P.230 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会 : 妊娠糖尿病とは? 日本糖尿病・妊娠学会編 : 妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル, メジカルビュー社, 東京, pp39-41, 2015
2) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : CQ005-1 妊婦の耐糖能検査は? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2015, pp19-23, 2015
3) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : CQ005-2 妊娠糖尿病 (GDM), 妊娠時に診断された明らかな糖尿病, ならびに糖尿病 (DM) 合併妊娠の管理・分娩は? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2015, pp24-28, 2015
4) 増山寿 : 妊婦の糖尿病. 山□徹, 北原光夫, 福井次矢総編集 : 今日の治療指針 2013, 医学書院, 東京, pp647-648, 2013
5) Bellamy L, Casas JP, Hingorani AD, et al : Type 2 diabetes mellitus after gestational diabetes : a systematic review and meta-analysis. Lancet 2373 (9677) : 1773-1779, 2009
6) 中林正雄, 清水一紀, 平松祐司, 他 : 多施設における妊娠糖尿病の新しい診断基準を用いた臨床統計. 糖尿病と妊娠 11 : 85-92, 2011
8) 増山寿 : 産後の管理 10. 妊娠糖尿病患者が次回妊娠で妊娠糖尿病を繰り返す頻度は? 糖代謝異常合併妊娠取り扱いマニュアル, メジカルビュー社, 東京, pp167-168, 2015
P.235 掲載の参考文献
1) 山本樹生 : 妊娠高血圧症侯群. Newエッセンシャル産科学・婦人科学 第3版, 医歯薬出版, 東京, pp392-397, 2004
2) 日本妊娠高血圧学会編 : 妊娠高血圧症候群の治療指針 2015 Best Practice Guide 2015, メジカルビュー社, 東京, 2015
7) 小林祐介 : AT1-AAと妊娠高血圧症候群. 周産期医学 44 : 1445-1450, 2014
9) National Collaborating Center for Women's and Children's Health. (ed) : Hypertension in pregnancy : the management of hypertensive disorders during pregnancy. NICE Clinical Guideline, National Institute for Health and Clinical Excellence (NICE), London, 2011
10) Rutherford SE, Phelan JP, Smith CV, et al : The fourquadrant assessment of amniotic fluid volume : an adjunct to antepartum fetal heart rate testing. Obstet Gynecol 70 (3 Pt 1) : 353-356, 1987
P.237 掲載の参考文献
1) The American College of Obstetricians&Gynecologists : ACOG Practice Bulletin No. 6 Thrombocytopenia in pregnancy. (www.acog.org/-/media/Practice-Bulle-tins/Committee-on-Practice-Bulletins-Obstetrics/pb006.pdf?dmc=1&ts=20160119T0042068928 (2015年11月19日アクセス))
7) George JN, Woolf SH, Raskob GE. et al : Idiopathic thrombocytopenic purpura : a practice guideline developed by explicit methods for the American Society of Hematology. Blood 88 : 3, 1996
P.240 掲載の参考文献
1) 本多洋 : 妊娠中毒症の疫学. 産婦の世界 32 : 13-19, 1980
2) 竹田善治, 安達知子 : 体重増加・浮腫の意義について. 日本妊娠高血圧学会雑誌 17 : 33-36, 2009
4) 根木玲子 : 産科疾患と浮腫. 成人病と生活習慣病 43 : 561-567, 2013
P.242 掲載の参考文献
1) 日本妊娠高血圧学会編 : 妊娠高血圧症候群の診療指針 2015, メジカルビュー社, 東京, 2015
4) Chiba K, Yamada T, Kawaguchi S, et al : Clinical significance of proteinuria determined with dipstick test, edema, and weekly weight gain ≧500 g at antenatal visit. Pregnancy Hypertens 3 (3) : 161-165, 2013
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
7) 草薙康城, 片山富博, 伊藤昌春 : 日産婦周産期登録からみた妊娠蛋白尿症例の周産期予後について. 腎と透析 61 (5) : 701-706, 2006
8) 山崎峰夫 : 浮腫・妊娠蛋白尿の解釈と対応. 周産期医学 44 (11) : 1455-1459, 2014
P.245 掲載の参考文献
6) 森川守, 他 : 妊娠性血小板減少症 (gestational thrombocytopenia) の臨床的意義. 日本産婦人科・新生児血液学会誌 19 : 19-25, 2010
7) National Collaborating Centre for Women's and Children's Health : Hypertension in pregnancy : the management of hypertensive disorders during pregnancy. NICE Clinical Guideline, January 2011
9) Woudstra DM, Chamdra S, Hotmeyr GJ, et al : Corticosteroids for HELLP (hemolysis, elevated liver enzymes, low platelets) syndrome in pregnanc) T. Cochrane Database Syst Rev (9), CD008148, 2010
9) 金山尚裕 : 症例から学ぶ-ハイリスク妊娠への対応 I. 重症妊娠高血圧症候群の重篤な合併症予防対策 3, 子癇の予防と発作時の対応. 日産婦誌 63 : N266-N269, 2011
P.248 掲載の参考文献
P.250 掲載の参考文献
1) 福家信二 : 母体救急疾患と集中管理. 村田雄二編 : 産科合併症, メディカ出版, 大阪, pp325-327, 2006
2) 大野泰正 : 子癇. 周産期医学 41 : 245-247, 2011
3) 平松祐司 : 子癇. 周産期医学 36 : 237-238, 2006
5) 山本樹生, 仲尾岳大, 小林祐介 : 腎疾患に対する薬剤の使用方法, 妊娠高血圧症候群. 腎と透析 74 (増刊), 241-244, 2013
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : CQ309-2 子癇の予防と対応については? 産婦人科診療ガイドライン 産科編 2014, pp173-177, 2014
P.253 掲載の参考文献
1) Gilbert WM, Moore TR, Brace RA : Amniotic fluid volume dynamics. Fetal Med Rev 3 : 89-104, 1991