臨床・病理 肺癌取扱い規約 第8版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2017-01-01
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307203661
シリーズ: がん取扱い規約
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

7,370 円(税込)

商品紹介

6年振りの改訂。2015年に改訂されたWHO組織分類を踏まえ、病理診断・細胞診の項が改訂し図譜も刷新した。病理診断では「切り出しマニュアル」が追記された。また、2017年1月より施行されるUICC-TNM分類(第8版)ではT因子に大きな変更があるため、TNM分類の項にてその最新分類にも触れた。画像診断分類・手術記載・気管支鏡診断・治療効果判定・肺がん検診の各領域も見直され、肺癌診療に役立つ充実の改訂内容となっている。

目次

  • 臨床・病理 肺癌取扱い規約 第8版

    ―目次―

    1.TNM分類
     はじめに
     I.TNM分類(2017)
     II.TNM分類・補足

    2.画像診断分類
     I.cTNM分類を行うための画像診断指針
     II.胸部CTの撮影指針
     III.記載の実際
     IV.cTis-cT1cのCT図譜
     V.リンパ節部位のCT読影基準
     VI.リンパ節部位CT読影の実際
     VII.画像所見と分類
     VIII.画像所見表現の実例

    3.肺癌手術記載
     I.肺癌手術記載

    4.病理診断
     I.組織分類の方針
     II.分類表
     III.肺癌の生検診断
     IV.切り出しマニュアル
     V.定義と解説
     VI.病理記載

    5.細胞診
     緒言
     I.検査方法
     II.成績の報告と細胞判定基準

    6.気管支鏡診断
     I.気管支分岐と分岐次数について
     II.正常気管支鏡所見
     III.非早期肺癌の内視鏡所見分類
     IV.早期肺癌の内視鏡的診断基準および内視鏡所見
     V.画像強調内視鏡
     VI.EBUS(気管支腔内超音波断層法)

    7.RECISTガイドラインを用いた胸部悪性腫瘍の治療効果判定の手引き
     はじめに
     I.目的と対象
     II.治療効果判定規準

    8.原発性肺腫瘍の治療効果の組織学的判定基準
     I.原発性肺腫瘍の治療効果の組織学的判定基準

    9.肺がん検診の手引き
      ―標準的な検診方法・精密検査手順・精度管理―
     はじめに
     I.胸部X線検査と高危険群に対する喀痰細胞診併用法
     II.低線量CT肺がん検診
     III.有効性評価研究の現状

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...