あなたも名医! Phaseで見極める!小児と成人の上気道感染症

出版社: 日本医事新報社
著者:
発行日: 2017-02-25
分野: 臨床医学:外科  >  耳鼻咽喉/頭頸部
ISBN: 9784784964482
シリーズ: Jmedmook
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,780 円(税込)

「上気道感染症の診かた&治しかた」について基本も押さえ日常診療でも超お役立ちで使える1冊!

目次

  • あなたも名医! Phaseで見極める!小児と成人の上気道感染症

    ―目次―

    Chapter 1 根拠を持って戦略(Strategy)を決めよう!
     1 根拠を持って上気道感染症を診よう!
     2 上気道の解剖を知るべし!

    Chapter 2 上気道感染症に関わる微生物(Bacterium)
          について語ろう!
     1 肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae
     2 インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae
     3 モラクセラ・カタラーリス Moraxella catarrhalis
     4 A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌) Streptococcus pyogenes
     5 嫌気性菌 Peptostreptococcus属,Fusobacterium属,
       Prevotella属,Bacteroides属

    Chapter 3 上気道感染症に関わるワクチン(Vaccine)
          について語ろう!
     1 肺炎球菌ワクチン
     2 インフルエンザ菌ワクチン

    Chapter 4 上気道感染症に関わる経口抗菌薬(Drugs)
          について語ろう!
     1 抗菌薬という武器を使いこなすために─PK/PDについて語ろう!
     2 経口ペニシリン系抗菌薬という名の武器の使い方
     3 経口セフェム系抗菌薬という名の武器の使い方
     4 経口マクロライド&リンコマイシン系抗菌薬という名の
       武器の使い方
     5 経口キノロン系抗菌薬という名の武器の使い方

    Chapter 5 PK/PD理論から戦略(Strategy)について語ろう!
     1 A群β溶連菌 vs PCV & PCG & AMPC & CDTR-PI
     2 肺炎球菌 vs PCV & PCG & AMPC & CDTR-PI
     3 インフルエンザ菌 vs AMPC & CDTR-PI

    Chapter 6 急性中耳炎の診断(Diagnosis)について語ろう!
     1 その耳痛は本当に中耳炎か?
     2 その中耳炎には本当に抗菌薬が必要か?
       ─抗菌薬処方phaseを見極める!90%はいらない
     3 抗菌薬処方phaseには,どの武器がベストか?
     4 その中耳炎には本当に抗菌薬入り点耳薬が必要か?
     5 その中耳炎には本当に外科的ドレナージ,消毒・
       ガーゼ挿入が必要か?
     6 中耳炎症例トレーニング
     7 外耳道炎・鼓膜炎の治療法は?

    Chapter 7 急性鼻副鼻腔炎の診断(Diagnosis)について語ろう!
     1 その鼻汁・鼻閉は本当に鼻副鼻腔炎か?
     2 その鼻副鼻腔炎には本当に抗菌薬が必要か?
       ─抗菌薬処方phaseを見極める!90%はいらない
     3 抗菌薬処方phaseには,どの武器がベストか?
     4 鼻副鼻腔炎の重症合併症は?
     5 急性鼻副鼻腔炎由来の結膜炎の治療法は?
     6 その鼻副鼻腔炎には本当にネブライザーが必要か?
     7 鼻副鼻腔炎症例トレーニング

    Chapter 8 急性咽頭炎の診断(Diagnosis)について語ろう!
     1 その咽頭痛は本当に溶連菌性咽頭炎か?
     2 溶連菌性咽頭炎には,どの武器がベストか?
     3 溶連菌と鑑別すべき咽頭炎
     4 命に関わる細菌性咽頭炎─killer sore throat

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...