おべんきょ抗菌薬

出版社: リーダムハウス
著者:
発行日: 2017-03-01
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784906844135
電子書籍版: 2017-03-01 (初版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,970 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,970 円(税込)

商品紹介

感染管理に携わるすべての人々のための抗菌薬入門書!医療関連感染と抗菌薬の関係性をわかりやすく解説!コーキン博士とハテナちゃんによる講義形式で読みやすく, わかりやすい!

目次

  • 表紙
  • 監修のことば
  • 目次
  • Part 1 臨床で必要な抗菌薬の理解
  • 1 抗菌薬の理解が必要なワケ
  • [1] なぜ医師以外の医療スタッフも抗菌薬の理解が必要か
  • [2] 医療関連感染と抗菌薬治療
  • 2 医師が行う抗菌薬治療のプロセス
  • [1] 臨床診断
  • [2] 微生物学検査 - 培養・グラム染色
  • [3] 初期治療 - エンピリック・セラピー
  • [4] 培養結果の検討
  • [5] 標的治療 - 原因菌を絞った治療
  • 3 臨床で知っておきたい抗菌薬の3要素
  • (1) 抗菌スペクトル
  • [1] 細菌を3つのグループに分ける
  • [2] 広域スペクトルと狭域スペクトル
  • (2) 感受性と耐性
  • [1] 耐性と耐性傾向
  • [2] 感受性・耐性の評価
  • [3] MIC ( 最小発育阻止濃度 )
  • [4] ブレイクポイント
  • [5] アンチバイオグラム
  • [6] 多剤耐性菌について
  • (3) 血中濃度
  • [1] 薬物動態 ( PK ) と薬力学 ( PD )
  • [2] 抗菌薬の濃度依存性と時間依存性
  • [3] 安全性と用量調節
  • 4 抗菌薬療法のバックボーン
  • [1] 抗菌薬はいくつかの系統に分かれている
  • [2] 細菌の増え方
  • [3] 細菌に対する抗菌薬の効き方
  • [4] 選択毒性について
  • Part 2 医療関連感染 vs 抗菌薬
  • 1 カテーテル関連血流感染と抗菌薬
  • [1] カテーテル関連血流感染の概要
  • [2] 初期治療 - エンピリック・セラピー
  • [3] 標的治療
  • 2 カテーテル関連尿路感染と抗菌薬
  • [1] カテーテル関連尿路感染の概要
  • [2] 初期治療 - エンピリック・セラピー
  • [3] 標的治療
  • 3 手術部位感染と抗菌薬
  • [1] SSIの概要
  • [2] SSIに対する抗菌薬予防投与の適応
  • [3] 予防投与する抗菌薬の選択基準
  • [4] 予防投与のタイミングと投与期間
  • [5] 予防投与の投与量
  • [6] SSIの治療
  • 4 人工呼吸器関連肺炎と抗菌薬
  • [1] VAPの概要
  • [2] 初期治療 - エンピリック・セラピー
  • [3] 人工呼吸器関連気管気管支炎 ( VAT )
  • 5 クロストリジウム・ディフィシル感染症と抗菌薬
  • [1] クロストリジウム・ディフィシルとは
  • [2] クロストリジウム・ディフィシル感染症 ( CDI ) の概要
  • [3] 初期治療
  • [4] 再発例の対応
  • 参考文献
  • 巻末資料
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

参考文献

P.104 掲載の参考文献
森澤雄司監修 : おべんきょ病原微生物 (感染管理おべんきょブックス 1), 2014, リーダムハウス
森澤雄司監修 : 感染制御ポケペディア, 2016, リーダムハウス
神谷茂他監訳 : ブラック微生物学 第3版, 2014, 丸善出版
中込治・神谷茂編 : 標準微生物学, 2015, 医学書院
横田健 : Bacteriology & Antibiotics-微生物と抗生物質の基礎知識 第4版, 1994, じほう
日本臨床微生物学会 : 血液培養検査ガイド, 2013
MRSA感染症の治療ガイドライン作成委員会 : MRSA感染症の治療ガイドライン, 日本化学療法学会・日本感染症学会, 2013
CDC : Management of multidrug-resistant organisms in healthcare settings, 2006. http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/guidelines/MDROGuideline2006.pdf
サンフォード感染症治療ガイド 2016 (第46版), ライフサイエンス出版
日本化学療法学会 PK/PD 検討委員会 : 抗菌薬のPK/PDガイドライン. 日本化学療法学会雑誌 Vol. 64 (2) : 139-151, 2016
抗菌薬TDMガイドライン 2015 : 日本化学療法学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会, 日本TDM学会TDMガイドライン策定委員会-抗菌薬領域-
Leonard A. Mermel et al : Clinical Practice Guidlines for the Diagnosis and Management of Intravascular Catheter-Related Infection, 2009, Infectious Disease Society of America (IDSA)
CDC : Guidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infections, 2011. http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/guidelines/bsi-guidelines-2011.pdf
JAID/JSC感染症治療ガイドライン 2015-尿路感染症・男性性器感染症- : 日本感染症学会, 日本化学療法学会 JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会 尿路感染症・男性性器感染症ワーキンググループ
Hooton TM et al : Diagnosis, Prevention, and Treatment of Catheter-associated Urinary Tract Infection in Adults : 2009 International Clinical Practice Guidelines from the Infectious Diseases Society of America (IDSA)
CDC : Guideline for Prevention of Catheter-Associated Urinary Tract Infections, 2009. http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/CAUTI_Guideline2009final.pdf
Andre C. Kalil et al : IDSA guideline, Management of Adults With Hospital-acquired and Ventilator-associated Pneumonia : 2016 Clinical Practice Guidelines by the Infectious Diseases Society of America and the American Thoracic Society. Clinical Infectious Diseases 1-51, 2016
JAID/JSC感染症治療ガイドライン-呼吸器感染症- : 日本感染症学会, 日本化学療法学会JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会 呼吸器感染症WG
術後感染予防抗菌薬適正使用に関するガイドライン作成委員会編 : 術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン, 日本化学療法学会・日本外科感染症学会, 2016
JAID/JSC感染症治療ガイドライン 2015-腸管感染症- : 日本感染症学会, 日本化学療法学会 AID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会 腸管感染症ワーキンググループ

最近チェックした商品履歴

Loading...