• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:内科
  •  > 
  • 精神医学
  •  >  べてる流 女の一生 木林美枝子、小川和加子、そしてときどき吉田さん Re:ベリーオーディナリーピープル 2016

べてる流 女の一生 木林美枝子、小川和加子、そしてときどき吉田さん Re:ベリーオーディナリーピープル 2016

出版社: 中島映像教材出版
発行日: 2016-05-26
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

3,850 円(税込)

商品紹介

木林さんと小川さんは、とても仲のいい友達です。「ニューべてる」のベランダに座って、いつも一緒に煙草を吸います。夕方になると、街の喫茶店に集まって、おしゃべりをします。いろいろな出来事や人の噂で時間をつぶします。いわゆる、「井戸端会議」です。小川さんは、28歳で双極性障害(躁うつ病)を発症し、仲のよかった家族と別れて暮らすようになりました。木林さんは、高校卒業して間もなく、東京に就職していて、統合失調症を発症しました。そして、互いにべてるの家で暮らして、十数年が経ちます。今回は、2人を中心とした“べてるの女たち”の日常の中に、カメラを持ち込みました。彼女たちの「井戸端会議」をのぞき、いや、聞き耳を立ててみましょう。

目次

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...