• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:外科
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  泌尿器外科 Vol.30 2017年特別号 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 2017

泌尿器外科 Vol.30 2017年特別号 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 2017

出版社: 医学図書出版
発行日: 2017-04-30
分野: 臨床医学:外科  >  雑誌
ISSN: 09146180
雑誌名:
特集: 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 2017
電子書籍版: 2017-04-30
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,390 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,773 円(税込)

目次

  • 泌尿器外科 Vol.30 2017年特別号
    後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 2017

    ―目次―

    特集 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 2017

    I エッセンシャルアイテム
     1.尿検査
     2.超音波検査
     3.Computed Tomography(CT)
     4.磁気共鳴画像法
     5.尿路造影
     6.内視鏡検査(膀胱鏡)
     7.Urodynamic study(UDS)
     8.内分泌検査
     9.生体検査(前立腺生検,膀胱生検)
     10.処置(上部:腎瘻,尿管ステント)
     11.処置(下部:尿道カテーテル留置,膀胱瘻造設,
       尿道ブジーなどの尿道拡張)
     12.清潔間欠導尿

    II 疾患
     1.副腎疾患
     2.腎細胞癌・腎のう胞
     3.上部尿路上皮癌
     4.膀胱癌
     5.前立腺癌
     6.陰茎腫瘍
     7.精巣腫瘍
     8.尿路結石
     9.尿路感染症(膀胱炎と腎盂腎炎),前立腺炎,精巣上体炎
     10.性感染症(性器クラミジア感染症、淋菌感染症、
       性器ヘルペス)
     11.前立腺肥大症
     12.過活動膀胱
     13.神経因性膀胱 or 神経因性下部尿路機能障害
     14.間質性膀胱炎
     15.夜間頻尿(夜間多尿,睡眠障害)
     16.上部尿路閉塞(腎盂尿管移行部通過障害による先天性水腎症)
     17.膀胱尿管逆流症
     18.尿管異所開口(異所性尿管)・尿管瘤
     19.尿道下裂
     20.夜尿症
     21.停留精巣・陰嚢水腫
     22.包茎・亀頭包皮炎
     23.男性不妊症
     24.Erectiledysfunction(ED)/
       Late-onsethypogonadismsyndrome(LOH症候群)
     25.尿失禁
     26.骨盤臓器脱
     27.腎不全・腎移植
     28.腎血管疾患(腎血管高血圧,腎動脈瘤,腎動静脈ろう,
       nut-cracker症候群)
     29.急性陰?症
     30.外傷・救急医療(腎,膀胱,尿道,精巣)

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I エッセンシャルアイテム

P.6 掲載の参考文献
1) 吉田英昭, 浦信行 : 尿糖 [成人]. 腎・泌尿器疾患診療マニュアル-小児から成人まで, メジカルビュー社, 東京, 2007
2) 血尿診断ガイドライン編集員会編 : 血尿診断ガイドライン 2013. ライフサイエンス出版, 東京, 2013
P.72 掲載の参考文献
1) 「LOH症候群診療ガイドライン」検討ワーキング委員会 : 加齢男性性腺機能低下症候群診療の手引き. じほう, 東京, 2007
P.94 掲載の参考文献
P.104 掲載の参考文献
1) 日本創傷・オストミー・失禁管理学会編 : 平成28年度診療報酬改定「排尿自立指導料」に関する手引き. 照林社, 東京, 2016

II 疾患

P.120 掲載の参考文献
1) 日本内分泌学会刊行委員会編 : 日本内分泌学会臨床重要課題「わが国の原発性アルドステロン症の診療に関するコンセンサス・ステートメント」. 日本内分泌学会誌 92 : Suppl, 2016
2) 成瀬光栄 : もっとわかりやすい原発性アルドステロン症診療マニュアル. 診断と治療社, 東京, 2009
3) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会編 : 高血圧治療ガイドライン 2014, ライフサイエンス出版, 東京, 2014
4) 日本内分泌学会刊行委員会 : 日本内分泌学会臨床重要課題「原発性アルドステロン症の診断治療ガイドライン-2009-」. 日本内分泌学会誌 86 : Suppl, 1-19, 2010
5) 平田結喜緒, 成瀬光栄 : クッシング症候群診療マニュアル改訂第2版. 診断と治療社, 東京, 2015
6) 日本泌尿器内視鏡学会編 : 泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン. pp.3-14, 2014
7) 医療情報科学研究所 : 病気がみえる vol.3 糖尿病・代謝・内分泌. メディックメディア, 東京, 2012
8) 成瀬光栄, 平田結喜緒, 田辺晶代, 他 : 褐色細胞腫診療マニュアル改訂第2版. 診断と治療社, 東京, 2012
9) 市川智彦, 伊藤晴夫 : 副腎癌. 日本臨床 59 : 93-400, 2001
10) Weiss LM, Giordano TJ, Bertagna X, et al : Adrenal cortical carcinoma. DeLellis RA, Lloyd RV, Heitz PU, et al. (eds), Pathology and Genetics of Tumors of Endocrine Organs. World Health Organization Classification of Tumors. IARCPress, Lyon, pp.139-142, 2004
P.135 掲載の参考文献
1) McLaughlin JK, Silverman DT, Hsing AW, et al : Cigarette smoking and cancers of the renal pelvis and ureter. Cancer Res 52 : 254-257, 1992
2) 日本泌尿器科学会編 : 腎盂・尿管癌診療ガイドライン 2014年版. メディカルレビュー社, 東京, 2014
P.148 掲載の参考文献
P.171 掲載の参考文献
1) 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ (1975年~2010年) : 地域がん登録全国推計値, 国立がん研究センターがん対策情報センター
2) 雑賀公美子, 松田智大, 祖父江友孝 : 日本のがん罹患の将来推計. がん・統計白書 2012. 篠原出版, 東京, pp.63-81, 2012
3) 地域がん登録全国推計によるがん死亡データ (1958年~2013年) : 地域がん登録全国推計値, 国立がん研究センターがん対策情報センター
4) 松井博, 鈴木和浩 : 前立腺がんの疫学─罹患率・死亡率. 臨牀と研究 92 : 533-537, 2015
5) 日本泌尿器科学会編 : 前立腺がん検診ガイドライン 2010年増補版. 金原出版, 東京, pp.6-10, 2009
6) 日本泌尿器科学会編 : 前立腺癌診療ガイドライン 2012版. 第2版, 金原出版, 東京, 2012
7) UICC日本委員会TNM委員会 : TNM悪性腫瘍の分類日本語版. 第7版, 金原出版, 東京, 2010
8) 日本泌尿器科学会, 日本病理学会, 日本医学放射線学会編 : 前立腺癌取扱い規約. 第4版, 金原出版, 東京, 2010
10) 鈴木啓悦 : 前立腺癌のリスク分類-治療前PSA値, 前立腺生検所見などの意義と考え方. 臨床放射線別冊・前立腺癌放射線治療のすべて-局所限局前立腺癌を中心に, pp.85-98, 2006
36) (財) 前立腺研究財団編 : 前立腺がん検診テキスト
P.181 掲載の参考文献
3) Sufrin G and Huben R : Benign and malignant lesions of the penis. In : Adult and Pediatric Urology, 2nd, Gillenwater JY (Ed), Year Book Medical Publisher, Chicago, 1991
5) Sobin LH, Gospodariwics M and Wittekind C (eds) : TNM Classification of Malignant Tumours. UICC International Union Against Cancer 7th edition, Willy-Blackwell, pp.239-242, 2009
8) 米瀬淳二 : 陰茎がんにおける鼠径リンパ節転移の診断治療. 泌外 25 : 1963-1968, 2012
9) 国立感染症研究所ホームページ : http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/428-condyloma-intro.html
P.196 掲載の参考文献
P.207 掲載の参考文献
2) 日本泌尿器科学会, 日本泌尿器内視鏡学会, 日本尿路結石症学会編 : 尿路結石症診療ガイドライン 第2版. 金原出版, 東京, 2013
P.223 掲載の参考文献
1) 一般社団法人日本感染症学会, 公益社団法人日本化学療法学会, JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 他 : JAID/JSC感染症治療ガイドライン 2015-尿路感染症・男性性器感染症-.
2) 日本性感染症学会 : 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016. 日本性感染症学会誌 27 : 2016
P.232 掲載の参考文献
2) 田中正利, 霜島正浩, 雑賀威, 他 : 日本全国から分離された淋菌の抗菌薬感受性に関する調査. 感染症学雑誌 85 : 360-365, 2011
3) 日本性感染症学会 : 性感染症診断・治療ガイドライン 2016. 日本性感染症学会誌 27 (Suppl) : 2016
4) 作間俊治, 塚本春寿 : 尿閉を併発した男性性器ヘルペスの1例. 泌外 16 : 717-719, 2003
P.253 掲載の参考文献
1) 日本排尿機能学会過活動膀胱診療ガイドライン作成委員会編 : 過活動膀胱診療ガイドライン 第2版. リッチヒルメディカル, 東京, 2015
P.268 掲載の参考文献
1) 日本排尿機能学会, 日本脊髄障害医学会, 脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン作成委員会編 : 脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン. リッチヒルメディカル, 東京, pp. 12, 2011
P.278 掲載の参考文献
P.284 掲載の参考文献
10) 鈴木俊明, 東治人, 金原裕則, 他 : 冬季における温暖な寝室温度が夜間排尿に及ぼす影響. 日本排尿機能学会誌 24 : 159, 2013
20) Aoki Y, Matsuta Y, Okada M, et al : Nocturia Is Associated with the Incidence of Metabolic Syndrome : A Four-Year Longitudinal Study in Japanese Men and Women. Neurourology and Urodynamics 32 : 901-902, 2013
22) 内村直尚 : 夜間頻尿を呈する不眠への治療 (薬物療法, 非薬物療法). Progress in Medicine 36 : 51-55, 2016
P.299 掲載の参考文献
1) 日本小児泌尿器科学会編 : 小児先天性水腎症 (腎盂尿管移行部通過障害) 診療手引き. 日小児泌会誌 25 : 1-76, 2016
P.312 掲載の参考文献
1) 日本小児泌尿器科学会小児膀胱尿管逆流 (VUR) 診療手引き作成委員会 : 小児膀胱尿管逆流 (VUR) 診療手引き 2016. 日小児泌会誌 25 : 47, 2016
2) Medical versus surgical treatment of primary vesicoureteral reflux : report of the International Reflux Study Committee. Pediatrics 67 : 392, 1981
3) 赤座英之, 高橋悟, 原勲, 他 : 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患アトラス. 泌外 28 : 2015
P.336 掲載の参考文献
1) 日本夜尿症学会 : 夜尿症診療ガイドライン 2016. 診断と治療社, 東京, 2016
3) 河内明宏, 渡辺泱, 中川修一, 他 : 正常児および夜尿児の膀胱容量・夜間尿量および夜間の排尿行動に関する調査研究. 日泌尿会誌 84 : 1811-1820, 1993
6) 相川務 : 水負荷試験の結果から夕食後の水分制限の妥当性を探る. 夜尿症研究 12 : 45-49, 2007
7) 河内明宏, 今田直樹, 田中善之, 他 : I型夜尿症患者の治癒過程における夜尿時膀胱容量の変化. 夜尿症研究 2 : 51-53, 1997
10) 帆足英一, 日比逸郎, 前川喜平, 他 : 夜尿症に対する酢酸デスモプレシン (KW-8008) の臨床評価. 基礎と臨床 29 : 4219-4257, 1995
11) 帆足英一, 赤司俊二, 相川務, 他 : 酢酸デスモプレシン (KW-8008) の「夜間尿浸透圧低下型」夜尿症に対する臨床評価-プラセボを対照薬とした二重盲検比較試験-. 小児科臨床 56 : 2003-2005, 2003
14) 横井茂夫 : 塩酸オキシブチニン-第IV相試験-. Therapeutic Research 16 : 635-637, 1995
15) Lovering JS, Tallett SE and McKendry JBJ : Oxybutynin efficacy in the treatment of primary enuresis. Pediatrics 82 : 104-106, 1988
16) 河内明宏, 津ヶ谷正行, 相川務, 他 : 日本夜尿症学会-夜尿症診療のガイドライン. 夜尿症研究 10 : 5-13, 2005
P.359 掲載の参考文献
1) 吉野薫, 渡邉仁人, 福井真二 : 包茎の包皮は剥いたほうがよいのですか. 小児科診療 75 : 2089-2092, 2012
2) AMK Rickwood : Jenny Walker Is Phimosis Overdiagnosed in Boys and Are Too Many Circumcisions Performed in Consequence? Annals of the Royal College of Surgeons of England 71 : 275-277, 1989
4) 岩室紳也, 伊藤博之, 鈴木正泰 : 小児包茎に手術適応はない. 日本小児泌尿器科学会雑誌 17 : 42-42, 2008
5) 住友健三, 吉弘悟, 松村正文 : 小児包茎に対するステロイド軟膏を用いた保存的治療法. 小児科臨床 64 : 1158-1163, 2011
6) 村松真樹, 松井善一, 佐藤裕之, 他 : 小児包茎治療の臨床的検討. 日小児泌会誌 19 : 27-30, 2010
7) 久米春喜, 北村唯一 : 嵌頓包茎の手術. 泌外 21 : 722-723, 2008
8) 武田明久, 河田幸道 : 小児亀頭包皮炎の臨床的検討. 泌外 19 : 434, 2006
9) 南正明, 松井秀之, 立野一郎, 他 : 亀頭包皮炎患者由来Streptococcus pyogenesの解析. 日本細菌学雑誌 64 : 206-206, 2009
10) 深谷徹, 大河原章 : 陰茎の固定薬疹. 皮膚病診療 10 : 137-140, 1988
11) 槇泉, 山本達雄, 浅井俊弥, 他 : 限局性形質性細菌性亀頭包皮炎. 皮膚病診療 10 : 169-172, 1988
P.366 掲載の参考文献
1) Comhaire FH : Male Infertility : Clinical investigation, Cause Evaluation and Treatment. Chapman & Hall Medical, London, 1996
2) World Health Organization : WHO laboratory manual for the examination and processing of human semen. 5th ed, pp.224, 2010
P.388 掲載の参考文献
2) 日本排尿機能学会, 過活動膀胱診療ガイドライン作成委員会編 : 過活動膀胱診療ガイドライン [第2版]. リッチヒルメディカル, 東京, 2015
3) 日本排尿機能学会, 女性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会編 : 女性下部尿路症状診療ガイドライン. リッチヒルメディカル, 東京, 2013
P.399 掲載の参考文献
3) 総務省統計局 : 人口推計-平成29年1月報-. 2017
5) 日本排尿機能学会男性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会編 : 男性下部尿路症状診療ガイドライン. ブラックウェルパブリッシング, 東京, 2008
6) 日本排尿機能学会女性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会編 : 女性下部尿路症状診療ガイドライン. リッチヒルメディカル, 東京, 2013
8) 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班 : 女性尿失禁診療ガイドライン. EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン, じほう, 東京, 2004
10) Debodinance P, Berrocal J, Clave H, et al : Changing attitudes on the surgical treatment of urogenital prolapse : birth of the tension-free vaginal mesh. J Gynecol Obstet Biol Reprod (Paris) 33 : 577-588, 2004
11) 高橋悟編 : 新Urologic Surgeryシリーズ 5 尿失禁と骨盤臓器脱の手術. メジカルビュー社, 東京, 2010
P.410 掲載の参考文献
1) 日本移植学会 factbook 2016 http://www.asas.or.jp/jst/pro/pro8.html
2) 山縣邦弘編 : 腎障害進展予防と腎代替療法への移行. CKDステージG3b~5 診療ガイドライン 2015, 東京医学社, 東京, pp.123-141, 2015
3) 日本臓器移植ネットワーク https://www.jotnw.or.jp/transplant/entry.html
4) 日本臨床腎移植学会ガイドライン http://www.jscrt.jp/guideline/
5) 日本TDM学会・日本移植学会編 : 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン [臓器移植編] 2014. 金原出版株式会社, 東京, 2014
6) 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会編 : 腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 2011. 日本医学館, 東京, 2011
7) 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会編 : 腎移植後サイトメガロウイルス感染症の診療ガイドライン 2011. 日本医学館, 東京, 2011
P.421 掲載の参考文献
11) Marcantoni C, Zanoli L, Rastelli S, et al : Stenting of renal artery stenosis in coronary artery disease (RAS-CAD) study : a prospective, randomized trial. Journal of Nephrology 22 : 13-16, 2009
19) Dzsinich C, Gloviczki P, McKusick MA, et al : Surgical management of renal artery aneurysm. Cardiovascular surgery 1 : 243-247, 1993
40) 田邉一成 : 泌尿器科手術における血管外科. メジカルビュー社, 東京, 2015
P.434 掲載の参考文献
P.445 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会 : 腎外傷診療ガイドライン 2016年版. 金原出版, 東京, 2016
2) 日本外傷学会 : 日本外傷学会臓器損傷分類 2008, http://www.jast-hp.org/archive/sonsyoubunruilist.pdf (accessed 2016-12-7)
3) 中島洋介, 北野光秀, 吉井宏 : 鈍的腎外傷の評価と治療方針について. 泌外 21 : 147-154, 2008
4) 日本泌尿器科学会 : 外傷・救急医療 泌尿器科外傷 I. 腎外傷・尿管外傷. 日本泌尿器科学会 2015年卒後教育テキスト 20 : 167-175, 2015
6) 日本泌尿器科学会 : 外傷・救急医療 尿路性器外傷治療の実際 II. 膀胱・尿道損傷. 日本泌尿器科学会 2005年卒後・生涯教育テキスト 10 : 68-72, 2005
7) 日本外傷学会外傷専門診療ガイドライン編集委員会編 : 外傷専門診療ガイドラインJETEC. へるす出版, 東京, 2014
8) Summerton DJ, Djakovic N, Kitrey ND, et al : Guidelines on Urological Trauma. European Association of Urology, pp. 62-64, 2014 https://uroweb.org/wp-content/uploads/24-Urological-Trauma_LR.pdf (accessed 2016-12-7)
9) 入澤千晶, 加藤弘彰 : 陰茎折傷の6例-本邦282例の臨床的観察-. 泌紀 31 : 1477-1482, 1985

最近チェックした商品履歴

Loading...