高齢者における糖尿病治療薬の使い方

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2017-06-01
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784862701626
電子書籍版: 2017-06-01 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

5,060 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,542 円(税込)

商品紹介

新たに掲げられた「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)」に対して,具体的にどのように対応すべきか。高齢者の糖尿病治療における薬剤処方のポイントは何か。高齢者の特徴を踏まえた適切な血糖コントロール目標値の設定と、そのための糖尿病薬物治療のコツを専門医が簡明に解説。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 本書で特に断りなく用いている主な略語
  • 本書をご覧いただくにあたって
  • 1 高齢者糖尿病の特徴と注意点 : 基本知識
  • 1 - 高齢者糖尿病の特徴
  • 2 - 糖尿病治療におけるフレイルの意義を考える
  • 3 - サルコペニア
  • 4 - 認知機能
  • 5 - ポリファーマシー
  • 6 - 高齢者の低血糖
  • 2 高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方
  • 高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方
  • 3 高齢者糖尿病における経口糖尿病薬の使い方
  • 1 - インスリン分泌促進系
  • SU薬
  • グリニド薬
  • DPP - 4阻害薬
  • 2 - インスリン抵抗性改善系
  • ビグアナイド薬
  • チアゾリジン薬
  • 3 - 糖吸収・排泄調節系
  • α - グルコシダーゼ阻害薬
  • SGLT2阻害薬
  • 4 - GLP - 1受容体作動薬
  • 5 - 高齢者における併用療法
  • DPP - 4阻害薬 + メトホルミン
  • DPP - 4阻害薬 + SU薬 or グリニド薬
  • SGLT2阻害薬を用いた併用
  • 4 高齢者糖尿病におけるインスリン薬の使い方 - 課題と対策 -
  • 1 - 1型糖尿病
  • 2 - 2型糖尿病
  • 5 合併症を有する高齢者糖尿病における糖尿病薬治療
  • 1 - 糖尿病性腎症
  • 2 - 認知症
  • 6 トピックス
  • 1 - 糖尿病とがん
  • 2 - 糖尿病と認知症
  • 3 - 糖尿病と骨折
  • 4 - 心血管イベントに関する糖尿病治療薬の最新のエビデンス
  • 5 - 「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」のインパクト
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1 高齢者糖尿病の特徴と注意点 : 基本知識

P.17 掲載の参考文献
1) 総務省 : 人口推計 (平成28年10月1日現在) 結果の要約 (http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/index.htm)
2) 国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計 (http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/newest04/point.pdf)
3) 「糖尿病」編集委員会 : 糖尿病実態調査の概要 (速報分). 糖尿病 41 : 325-331, 1998
4) 厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室 : 平成14年度糖尿病実態調査, 2003
5) 厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室 : 平成19年国民健康・栄養調査結果の概要, 2008.12
6) 厚生労働省健康局がん対策・健康増進課 : 平成24年国民健康・栄養調査結果の概要, 2013.12
10) 井藤英喜 : 高齢者のエネルギー・糖代謝の特徴. 日本臨牀 74 (増刊号 2) : 529-536, 2016
11) 後藤由夫ほか, 日本臨床内科医会調査研究グループ : 糖尿病性神経障害に関する調査研究 第1報わが国の糖尿病の実態と合併症. 日本臨床内科医会会誌 16 : 167-195, 2001
P.21 掲載の参考文献
P.26 掲載の参考文献
1) 葛谷雅文 : 老年医学におけるSarcopenia & Frailtyの重要性. 日老医誌 46 : 279-285, 2009
2) Cruz-Jentoft AJ et al : Sarcopenia : European consensus on definition and diagnosis : Report of the European Working Group on Sarcopenia in Older People. Age Ageing 39 : 412-423, 2010
3) Chen LK et al : Sarcopenia in Asia : consensus report of the Asian Working Group for Sarcopenia. J Am Med Dir Assoc 15 : 95-101, 2014
4) 葛谷雅文 : サルコペニアの診断・病態・治療. 日老医誌 52 : 343-349, 2015
P.32 掲載の参考文献
1) 厚生労働省HP認知症施策推進総合戦略 (新オレンジプラン) ~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~の概要 (http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12304500-Roukenkyoku-Ninchishougyakutaiboushitaisakusuishinshitsu/01_1.pdf)
4) 櫻井孝 : 高齢者糖尿病の管理 (血糖管理を中心に). 糖尿病 57 : 696-698, 2014
6) Yaffe K et al : Glycosylated hemoglobin level and development of mild cognitive impairment or dementia in older women. J Nutr Health Aging 10 : 293-295, 2006
9) Luchsinger JA et al : Improved diabetes control in the elderly delays global cognitive decline. J Nutr Health Aging 15 : 445-449, 2011
P.37 掲載の参考文献
4) 日本老年医学会編 : 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015, メジカルビュー社, 東京, 2015, pp12-13
10) American Geriatric Society 2012 Beers Criteria Update Expert Panel : American Geriatrics Society updated Beers Criteria for potentially inappropriate medication use in older adults. J Am Geriatr Soc 60 : 616-631, 2012
11) O'Mahony D et al : STOPP/START criteria for potentially inappropriate prescribing in older people : version 2. Age Ageing 44 : 213-218, 2015
12) Kuhn-Thiel AM et al : Consensus validation of the FORTA (Fit fOR The Aged) List : a clinical tool for increasing the appropriateness of pharmacotherapy in the elderly. Drugs Aging 31 : 131-140, 2014
P.44 掲載の参考文献

2 高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方

P.51 掲載の参考文献

3 高齢者糖尿病における経口糖尿病薬の使い方

P.60 掲載の参考文献
3) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group, Gerstein HC et al : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008
4) ADVANCE Collaborative Group, Patel A et al : Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2560-2572, 2008
6) 岩倉敏夫ほか : 糖尿病治療薬による重症低血糖を発症した2型糖尿病患者135人の解析. 糖尿病 55 : 857-865, 2012
7) 池口絵里ほか : 薬物治療中に低血糖をきたし緊急入院となった2型糖尿病患者についての検討. 糖尿病 57 : 235-241, 2014
8) インクレチンの適正使用に関する委員会. インクレチンとSU薬の適正使用について (2010) (日本糖尿病学会のホームページ, http:/www.jds.or.jp)
P.67 掲載の参考文献
4) 日本糖尿病学会編著 : 糖尿病治療ガイド2016-2017, 文光堂, 東京, 2016
16) 種山岳彦ほか : 日本人2型糖尿病患者に対するミチグリニドカルシウム水和物のインスリン製剤との併用療法における有効性および安全性の検討-プラセボを対照とした無作為化二重盲検法による製造販売後臨床試験-. 薬理と治療 44 : 1165-1177, 2016
P.71 掲載の参考文献
1) Arnalich F et al : Gut regulatory peptides and pancreatic beta-cell response to nutritional stimuli in the elderly. J Med 21 : 323-330, 1990
7) Yamane S et al : GLP-1 receptor agonist attenuates endoplasmic reticulum stress-mediated β-cell damage in Akita mice. J Diabetes Investig 2 : 104-110, 2011
17) 日本糖尿病学会ホームページ (http://www.jds.or.jp/)
P.76 掲載の参考文献
8) 加来浩平ほか : 2型糖尿病治療におけるメトホルミンの使用実態に関する観察研究 (MORE study). 糖尿病 49 : 325-331, 2006
P.81 掲載の参考文献
9) Guan Y et al : Thiazolidinediones expand body fluid volume through PPARγ stimulation of ENaCmediated renal salt absorption. Nat Med 11 : 861-866, 2005
12) Caisse nationale de l'assurance maladie, Paris, France. Risk of bladder cancer in people with diabetes treated with pioglitazone in France : a group study on SNIIRAM and PMSI data. (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001hbq8-att/2r9852000001hd4o.pdf)
P.85 掲載の参考文献
1) 大倉毅ほか : α-グルコシダーゼ阻害薬. 日本臨牀 70 (増刊号3) : 614-619, 2012
2) 弘世貴久ほか : α-グルコシダーゼ阻害薬 薬理作用と適応. 糖尿病 第2版, 日本医事新報社, 東京, 2007, p9
3) 中西理沙 : α-グルコシダーゼ阻害薬. 月刊糖尿病 7 (2) : 6-10, 2015
10) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008
P.90 掲載の参考文献
1) 松橋有紀ほか : イプラグリフロジン投与による血糖コントロールと体組成の変化. PROGRESS IN MEDICINE 34 : 1867-1871, 2014
8) FDA Drug Safety Communication : FDA warns that SGLT2 inhibitors for diabetes may result in a serious condition of too much acid in the blood
9) Canagliflozin (Invokana, Invokamet) : Drug Safety Communication - Clinical Trial Results Find Increased Risk of Leg and Foot Amputations
12) 高木秀一ほか : イプラグリフロジン (SGLT2阻害薬) の臨床的効果とBIA 法による体成分変化の検討. PROGRESS IN MEDICINE 34 : 2229-2235, 2014
14) 中村二郎ほか : -糖尿病の死因に関する委員会報告-アンケート調査による日本人糖尿病の死因- 2001~2010年の10年間, 45,708名での検討-. 糖尿病 59 : 667-684, 2016
15) 春日雅人ほか : 糖尿病と癌に関する委員会報告. 糖尿病 56 : 374-390, 2013
P.97 掲載の参考文献
4) インクレチン (GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬) の適正使用に関する委員会 : インクレチン (GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬) の適正使用に関するRecommendation. 2011年9月29日改訂版
5) Usui R et al : Retrospective analysis of safety and efficacy of insulin-to-liraglutide switch in Japanese type 2 diabetes : A caution against inappropriate use in patients with reduced β-cell function. J Diabetes Investig 4 : 585-594, 2013
6) Usui R et al : Retrospective analysis of safety and efficacy of liraglutide monotherapy and sulfonylureacombination therapy in Japanese type 2 diabetes : Association of remaining β-cell function and achievement of HbA1c target one year after initiation. J Diabetes Complications 29 : 1203-1210, 2015
P.101 掲載の参考文献
P.105 掲載の参考文献
2) Tentolouris N et al : A review of nateglinide in the management of patients with type 2 diabetes. Vasc Health Risk Manag 3 : 797-807, 2007
5) 「インクレチン (GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬) の適正使用に関する委員会」から. 日本糖尿病学会 (http://www.jds.or.jp/)
7) 加来浩平ほか : α-グルコシダーゼ阻害薬. 糖尿病治療のニューパラダイム第2巻, 薬物療法の実践~血糖降下薬を中心に~ , 医薬ジャーナル社, 大阪, 2014, pp37-44
P.113 掲載の参考文献
1) 井藤英喜 : 超少子高齢社会と糖尿病診療. 月刊糖尿病 6 : 8-14, 2014
2) 高齢者糖尿病の治療向上のための日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会 : 高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について, 日本糖尿病学会ホームページ (http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=66)
3) 糖尿病治療ガイド2014-2015, 文光堂, 東京, 2014, p29
4) SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会 : SGLT2阻害薬の適正使用に関する Recommendation, 策定 : 2014年6月13日, 改訂 (第1回) : 2014年8月29日, 改訂 (第2回) : 2016年5月12日. (http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/recommendation_SGLT2.pdf)
6) 吉田茂ほか : 高齢者2型糖尿病に対するダパグリフロジンの安全性および有効性の検討-ダパグリフロジン特定使用成績調査結果の中間報告-. 薬理と治療 44 : 347-370, 2016
7) 山倉朋子ほか : 高齢2型糖尿病患者におけるカナグリフロジンの特定使用成績調査 (中間報告) -高齢者の特性をふまえて-. 薬理と治療 44 : 1281-1294, 2016
8) 清野裕, 黒瀬健 : SGLT2阻害薬の臨床データをみる-臨床治験データより-. SGLT2阻害薬のすべて, 先端医学社, 東京, 2014, pp42-52
10) Fitchett D et al; EMPA-REG OUTCOMER trial investigators : Heart failure outcomes with empagliflozin in patients with type 2 diabetes at high cardiovascular risk : results of the EMPA-REG OUTCOMER trial. Eur Heart J 37 : 1526-1534, 2016
12) 竹田孔明, 谷澤幸生 : 作用の違いから併用の可能性と有用性を探る. SGLT2阻害薬のすべて, 先端医学社, 東京, 2014, pp118-125
14) 森豊 : SGLT2阻害薬の位置づけと具体的な使われ方. 医療スタッフのための糖尿病情報BOX&Net., No.42, 2014

4 高齢者糖尿病におけるインスリン薬の使い方 - 課題と対策 -

P.122 掲載の参考文献
1) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group, Gerstein HC et al : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008
2) ADVANCE Collaborative Group, Patel A et al : Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2560-2572, 2008
4) 田中昌一郎ほか : 緩徐進行1型糖尿病 (slowly progressive insulin-dependent diabetes mellitus : SPIDDM) の臨床的特徴-日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会緩徐進行1型糖尿病分科会報告 (第一報) -. 糖尿病 54 : 65-75, 2011
8) Zhao Y et al : Dipeptidyl peptidase 4 inhibitor sitagliptin maintains β-cell function in patients with recentonset latent autoimmune diabetes in adults : one year prospective study. J Clin Endocrinol Metab 99 : E876-E880, 2014
P.131 掲載の参考文献
2) 高齢者糖尿病の治療向上のための日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会 : 高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について (http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=66)
8) Pathak RD et al : Severe Hypoglycemia Requiring Medical Intervention in a Large Cohort of Adults With Diabetes Receiving Care in U.S. Integrated Health Care Delivery Systems : 2005-2011. Diabetes Care 39 : 363-370, 2016

5 合併症を有する高齢者糖尿病における糖尿病薬治療

P.139 掲載の参考文献
1) (社) 日本透析医学会 統計調査委員会 : 図説 我が国の慢性透析療法の現況, 2015
2) 糖尿病性腎症合同委員会 : 糖尿病性腎症病期分類の改訂について, 2013 (http://www.jsn.or.jp/academicinfo/ckd/dm_nephro.pdf)
5) 日本腎臓学会編 : CKD診療ガイド2012, 東京医学社, 2012
10) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008
11) ビグアナイド薬の適正使用に関する委員会 : メトホルミンの適正使用に関するRecommendation, 日本糖尿病学会, 2016
P.144 掲載の参考文献
2) 日本糖尿病学会編著 : 糖尿病治療ガイド2016-2017, 文光堂, 東京, 2016, pp97-98

6 トピックス

P.151 掲載の参考文献
5) 糖尿病と癌に関する委員会 : 糖尿病と癌に関する委員会報告. 糖尿病 56 : 374-390, 2013
11) 糖尿病と癌に関する委員会 : 糖尿病と癌に関する委員会報告 第2報. 糖尿病 59 : 174-177, 2016
22) 厚生労働省 : がん検診について. (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/gan_kenshin01.pdf), 2013
P.156 掲載の参考文献
6) Fernandez-Gamba A et al : Insulin-degrading enzyme : structure-function relationship and its possible roles in health and disease. Curr Pharm Des 15 : 3644-3655, 2009
13) Bomfim TR et al : An anti-diabetes agent protects the mouse brain from defective insulin signaling caused by Alzheimer's disease-associated A β oligomers. J Clin Invest 122 : 1339-1353, 2012
P.162 掲載の参考文献
2) Yamamoto M et al : Diabetic patients have an increased risk of vertebral fractures independent of BMD or diabetic complications. J Bone Miner Res 24 : 702-709, 2009
4) Starup-Linde J et al : Biochemical markers of bone turnover in diabetes patients-a meta-analysis, and a methodological study on the effects of glucose on bone markers. Osteoporos Int 25 : 1697-1708, 2014
20) 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版, 2015, pp.130-131
P.172 掲載の参考文献
2) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group, Gerstein HC et al : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008
6) Kim M et al : GLP-1 receptor activation and Epac2 link atrial natriuretic peptide secretion to control of blood pressure. Nat Med 19 : 567-575, 2013
9) Marso SP et al; LEADER Steering Committee; LEADER Trial Investigators : Liraglutide and Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes. N Engl J Med 375 : 311-322, 2016
P.177 掲載の参考文献
1) 鳥羽研二ほか : 薬剤起因性疾患. 日老医誌 36 : 181-185, 1999
4) American Geriatrics Society 2015 Beers Criteria Update Expert Panel : American Geriatrics Society 2015 Updated Beers Criteria for Potentially Inappropriate Medication Use in Older Adults. J Am Geriatr Soc 63 : 2227-2246, 2015
5) O'Mahony D et al : STOPP/START criteria for potentially inappropriate prescribing in older people : version 2. Age Ageing 44 : 213-218, 2015
6) 日本老年医学会, 日本医療研究開発機構研究費「高齢者の薬物治療の安全性に関する研究」研究班編 : 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015, メジカルビュー社, 東京, 2015

最近チェックした商品履歴

Loading...