免疫ペディア

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2017-07-01
分野: 基礎医学  >  免疫/血清
ISBN: 9784758120807
電子書籍版: 2017-07-01 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,270 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

6,270 円(税込)

商品紹介

複雑な免疫学を体系的に解説!ビジュアライズされた紙面と豊富なイラストですぐに理解!免疫学の基礎から,がん免疫・腸内細菌など注目の話題までしっかり網羅!河本宏先生描下ろしイラストの表紙が目印です.

目次

  • 免疫ペディア

    ―目次―

    1章 免疫細胞の種類と分化
    2章 自然免疫
    3章 粘膜免疫と腸内細菌叢
    4章 獲得免疫
    5章 アレルギー
    6章 自己免疫疾患
    7章 免疫不全
    8章 がん免疫
    9章 移植免疫
    10章 ワクチン

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序章

P.36 掲載の参考文献
1) Katz DH, et al : Proc Natl Acad Sci USA, 70 : 2624-2628, 1973

1章 免疫細胞の種類と分化

P.48 掲載の参考文献
2) 「はじめの一歩は絵で学ぶ 免疫学」 (田中稔之/著), じほう, 2016
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」 (Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.51 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」 (Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.54 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」 (Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
Kitamura Y, et al : Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci, 83 : 164-174, 2007
Saito H, et al : Allergol Int, 62 : 3-12, 2013
P.57 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds) Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」(Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.60 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」 (Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.63 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」 (Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.65 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」 (Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.69 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」(Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
「はじめの一歩は絵で学ぶ 免疫学」 (田中稔之/著), じほう, 2016
P.72 掲載の参考文献
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
「免疫 感染症と炎症性疾患における免疫応答」 (笹月健彦/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009
P.74 掲載の参考文献
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
「免疫 感染症と炎症性疾患における免疫応答」 (笹月健彦/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009
P.77 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」 (Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」(Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
P.80 掲載の参考文献
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「分子細胞免疫学 原著第7版」 (松島綱治, 他/監訳), エルゼビア・ジャパン, 2014
「免疫 感染症と炎症性疾患における免疫応答」 (笹月健彦/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009
P.82 掲載の参考文献

2章 自然免疫

P.87 掲載の参考文献
1) Zasloff M : Proc Natl Acad Sci USA, 84 : 5449-5453, 1987
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
P.90 掲載の参考文献
P.92 掲載の参考文献
P.94 掲載の参考文献
P.96 掲載の参考文献
1) Warrington R, et al : Allergy Asthma Clin Immunol, 7 Suppl 1 : S1, 2011
P.98 掲載の参考文献
1) Turk JL : Int J Exp Pathol, 75 : 385-395, 1994
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「Brief History of vision and Ocular Medicine」 (W. H. Vogel, et al, eds), Kugler Publications, 2009
「Concise Pathology 3rd edition」 (Chandrasoma P, et al, eds), McGraw-Hill Publishing, 1997
P.100 掲載の参考文献
P.102 掲載の参考文献
P.105 掲載の参考文献
P.107 掲載の参考文献
P.109 掲載の参考文献
P.112 掲載の参考文献
P.114 掲載の参考文献
P.116 掲載の参考文献

3章 粘膜免疫と腸内細菌叢

P.121 掲載の参考文献
「臨床粘膜免疫学」(清野宏/編), シナジー, 2010
P.124 掲載の参考文献
1) Johansson ME, et al : Proc Natl Acad Sci USA, 105 : 15064-15069, 2008
「臨床粘膜免疫学」 (清野宏/編), シナジー, 2010
P.127 掲載の参考文献
1) Ayabe T, et al : Nat Immunol, 1 : 113-118, 2000
「臨床粘膜免疫学」 (清野宏/編), シナジー, 2010
P.129 掲載の参考文献
P.131 掲載の参考文献
P.133 掲載の参考文献
P.136 掲載の参考文献
「常在細菌叢が操るヒトの健康と疾患 実験医学増刊 Vol.32 No.5」 (大野博司, 他/編), 羊土社, 2014
「腸を鍛える-腸内細菌と腸内フローラ」 (光岡知足/著), 祥伝社, 2015
P.139 掲載の参考文献

4章 獲得免疫

P.145 掲載の参考文献
P.147 掲載の参考文献
P.150 掲載の参考文献
P.153 掲載の参考文献
P.156 掲載の参考文献
2) Kabat EA, et al : J Biol Chem, 252 : 6609-6616, 1977
3) Segal DM, et al : Proc Natl Acad Sci USA, 71 : 4298-4302, 1974
P.159 掲載の参考文献
原博満 : 「免疫学コア講義 第3版」, pp52-58, 南山堂, 2012
P.162 掲載の参考文献
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」(Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
「Cellular and Molecular Immunology, 8th Edition」(Abbas AK, et al, eds), Saunders, 2014
P.165 掲載の参考文献
原博満 : T細胞抗原受容体とシグナル伝達.「免疫学コア講義 第3版」(熊ノ郷淳, 他/編), pp52-58, 南山堂, 2012
「もっとよくわかる! 免疫学」(河本宏/著), 羊土社, 2011
P.167 掲載の参考文献
P.169 掲載の参考文献
P.175 掲載の参考文献
P.177 掲載の参考文献
P.179 掲載の参考文献

5章 アレルギー

P.187 掲載の参考文献
1) 「Clinical Aspects of Immunology」 (P G H Gell, et al, eds), Blackwell Scientific, 1963
P.189 掲載の参考文献
「アレルギー疾患の免疫機構 実験医学増刊 Vol.27 No.20」 (中西憲司, 他/編), 羊土社, 2009
「アナフィラキシーガイドライン」 (日本アレルギー学会/監), 日本アレルギー学会, 2014
「重篤副作用疾患別対応マニュアル アナフィラキシー」, 2008 (http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1h01.pdf)
P.191 掲載の参考文献
「臨床粘膜免疫学」(清野宏/編), シナジー, 2010
「Janeway's Immunobiology, 9th Edition」(Murphy K, et al, eds), Garland Science, 2016
P.193 掲載の参考文献
1) 中川武正 : アレルギー治療薬 (概要). 治療薬マニュアル 2015 電子版, 医学書院, 2015
3) 「喘息予防・管理ガイドライン 2015」 (日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会/編), 協和企画, 2015
P.195 掲載の参考文献
「Glucocorticoid Signaling From Molecules to Mice to Man」 (Wang JC, et al, eds), Springer, 2015
副腎皮質ステロイド類及び副腎皮質の薬理学. 「グッドマン・ギルマン薬理書 第12版」 (高折修二, 他/監訳), pp1550-1587, 廣川書店, 2013
P.198 掲載の参考文献
1) アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン (第2版). 日本眼科学会雑誌, 114 : 829-870, 2010
2) 「鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版」 (鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会/編), ライフ・サイエンス, 2015
「臨床アレルギー学 改訂第3版」 (宮本昭正/監), 南江堂, 2007
「免疫学コア講義 第3版」 (熊ノ郷淳, 他/編), 南山堂, 2012
P.200 掲載の参考文献
「喘息予防・管理ガイドライン 2015」 (日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会/編), 協和企画, 2015
P.202 掲載の参考文献
P.205 掲載の参考文献
P.208 掲載の参考文献
「自己免疫性溶血性貧血 診療の参照ガイド (平成25年度改訂版) 」 (http://zoketsushogaihan.com/file/guideline_H25/5.pdf), 2013
亀崎豊実 : 自己免疫性溶血性貧血の分子病態. 臨床血液, 56 : 846-854, 2015
「Harrison's Principles of Internal Medicine, 19th Edition」 (Fauci AS, et al, eds), McGraw-Hill Professional, 2015
「The Autoimmune Diseases, 5th Edition」 (Mackay IR, et al, eds), Academic Press, 2013
「Nathan and Oski's Hematology and Oncology of Infancy and Childhood, 8th Edition」 (Orkin SH, et al, eds), pp411-430, Saunders, 2014
P.210 掲載の参考文献
1) 眞鍋俊, 他 : 糸球体腎炎の免疫学的多様性, 日本腎臓学会誌, 58 : 614-621, 2016
5) 「Robbins Basic Pathology, 8th Edition」 (Kumar V, et al, eds), pp545, Elsevier, 2007
P.212 掲載の参考文献
P.214 掲載の参考文献

6章 自己免疫疾患

P.219 掲載の参考文献
1) 新田剛, 他 : 中枢性トレランスと自己免疫疾患. 日本臨床免疫学会会誌, 29 : 8-15, 2006
3) Zhang J, et al : Cell Mol Immunol, 1 : 186-192, 2004
P.222 掲載の参考文献
3) 大田俊行 : モダンメディア, 53 : 208-212, 2007
4) 西村勝治, 他 : 総合病院精神医学, 23 : 42-51, 2011
5) 永田一真, 他 : 日本呼吸器学会誌, 49 : 30-36, 2011
「免疫生物学 原書第7版」 (笹月健彦/監訳), 南江堂, 2010
「カラー図解 臨床に役立つ免疫学」 (奥村康, 他/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2006
「リウマチ病学テキスト 改訂第2版」 (日本リウマチ財団教育研修委員会, 他/編), 診断と治療社, 2016
P.225 掲載の参考文献
2) Tan EM, et al : Arthritis Rheum, 25 : 1271-1277, 1982
「Dubois' Lupus Erythematosus and Related Syndromes, 8th Edition」 (Wallace DJ, et al, eds), Saunders, 2012
「リウマチ病学テキスト 改訂第2版」 (日本リウマチ財団教育研修委員会, 他/編), 診断と治療社, 2016
「全身性エリテマトーデス臨床マニュアル 第2版」 (橋本博史/著), 日本医事新報社, 2012
大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学 免疫疾患の治療 (http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/lab_2/page4/page4-0.html)
P.227 掲載の参考文献
P.229 掲載の参考文献
P.231 掲載の参考文献
P.233 掲載の参考文献
P.235 掲載の参考文献
P.237 掲載の参考文献
「バセドウ病治療ガイドライン 2011」 (日本甲状腺学会/編), 南江堂, 2011
廣松雄治 : Basedow病眼症 . 日本内科学会雑誌, 99 : 755-762, 2010
P.239 掲載の参考文献
網野信行, 他 : 甲状腺疾患の診断ガイドライン. 内科, 100 : 801-805, 2007
P.241 掲載の参考文献
「疾患モデルの作製と利用 免疫疾患」 (岩倉洋一郎, 他/編), エル・アイ・シー, 2011
「完全版マウス・ラット疾患モデル活用ハンドブック」 (秋山徹, 他/編), 羊土社, 2010
P.243 掲載の参考文献

7章 免疫不全

P.250 掲載の参考文献
P.252 掲載の参考文献
2) AIDS (後天性免疫不全症候群) とは (http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/400-aids-intro.html)
「医系免疫学 14版」 (矢田純一/著), 中外医学社, 2016
「臨床医のための免疫キーワード 100」 (矢田純一/著), 日本医事新報社, 2013
P.255 掲載の参考文献
P.257 掲載の参考文献
P.259 掲載の参考文献
「医系免疫学 14版」 (矢田純一/著), 中外医学社, 2016
「Primary Immunodeficiency Diseases : A Molecular and Genetic Approach 3rd Edition」(Ochs HD, et al, eds), Oxford University Press, 2013
有賀正, 他 : 補体欠損症.「免疫症候群 III 第2版」(宮坂信之/監), pp834-916, 日本臨牀社, 2016
P.261 掲載の参考文献
小林正夫, 他 : 先天性食細胞機能不全症及び欠損症.「免疫症候群 III 第2版」 (宮坂信之/監), pp558-666, 日本臨牀社, 2016
P.264 掲載の参考文献
1) McDermott MF, et al : Cell, 97 : 133-144, 1999
右田清志, 他 : 自己炎症性疾患.「 免疫症候群 III 第2版」 (宮坂信之/監), pp775-833, 日本臨牀社, 2016
「医系免疫学 14版」 (矢田純一/著), 中外医学社, 2016

8章 がん免疫

P.269 掲載の参考文献
2) Sahin U, et al : Proc Natl Acad Sci USA, 92 : 11810-11813, 1995
「がん免疫療法 腫瘍免疫学の最新知見から治療法のアップデートまで 実験医学増刊 Vol.34 No.12」 (河上裕/編), 羊土社, 2016
P.272 掲載の参考文献
P.274 掲載の参考文献
2) Inaba K, et al : Proc Natl Acad Sci USA, 80 : 6041-6045, 1983
3) Inaba K, et al : J Exp Med, 176 : 1693-1702, 1992
5) Nestle FO, et al : Nat Med, 4 : 328-332, 1998
P.277 掲載の参考文献
P.279 掲載の参考文献
P.281 掲載の参考文献
P.283 掲載の参考文献

9章 移植免疫

P.289 掲載の参考文献
3) Brown JH, et al : Nature, 364 : 33-39, 1993
5) Lemmonier F, et al : Proc Natl Acad Sci USA, 74 : 1229-1233, 1977
P.293 掲載の参考文献
P.295 掲載の参考文献
2) Via CS, et al : J Immunol, 139 : 1840-1849, 1987
P.298 掲載の参考文献
1) Starzl TE : J Am Coll Surg, 180 : 332-336, 1995
2) 「Immunology, Immunopathology and Immunity」 (Sell S, et al, eds), pp655-686, Elsevier, 1987
3) 落合武徳, 他 : 肝移植の進歩と免疫抑制剤の貢献. 病態生理, 12 : 251-255, 1993

10章 ワクチン

P.304 掲載の参考文献
1) 「ワクチンの基礎 ワクチン類の製造から流通まで 2016」 (日本ワクチン産業協会PR委員会・編集委員会/編), 日本ワクチン産業協会, 2016
「エッセンシャル免疫学 第3版」 (笹月健彦/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2016
P.307 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所 予防接種情報 (http://www.nih.go.jp/niid/ja/vaccine-j.html)
2) 日本ワクチン産業協会 予防接種従事者の方へ (http://www.wakutin.or.jp/medical/index.html)
3) 小児に対するワクチンの筋肉内接種法について, 2015 (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/20150519_kinnnikunaisesshu.pdf)
4) 日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールの変更点, 2016 (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf)
5) 日本小児科学会 日本脳炎罹患リスクの高い者に対する生後6か月からの日本脳炎ワクチンの推奨について, 2016 (http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=207)
「予防接種ガイドライン」(予防接種ガイドライン等検討委員会/監), 予防接種リサーチセンター, 2016
P.309 掲載の参考文献
「アジュバント開発研究の新展開」 (石井健, 他/著), シーエムシー出版, 2011
「感染症 いま何が起きているのか 基礎研究,臨床から国際支援まで 実験医学増刊 Vol.33 No.17」 (嘉糠洋陸, 他/編), 羊土社, 2015
P.311 掲載の参考文献
1) ACIP votes down use of LAIV for 2016-2017 flu season, 2016 (http://www.cdc.gov/media/releases/2016/s0622-laiv-flu.html)
「がん免疫療法 腫瘍免疫学の最新知見から治療法のアップデートまで 実験医学増刊 Vol.34 No.12」 (河上裕/編), 羊土社, 2016
「感染症を "侵入口" で討つ ヒト粘膜免疫と粘膜ワクチン実験医学 Vol.34 No.13」 (長谷川秀樹/企画), 羊土社, 2016

最近チェックした商品履歴

Loading...