救急・集中治療 29/7・8 2017年 抗菌薬

出版社: 総合医学社
発行日: 2017-07-20
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 13460935
雑誌名:
特集: 抗菌薬―その常識は正しいか?―
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,160 円(税込)

目次

  • 救急・集中治療 29/7・8 2017年 抗菌薬

    ―目次―

    特集 抗菌薬―その常識は正しいか?―

    I 抗菌薬の選択─その常識は正しいか?─
     深部膿瘍,壊死性筋膜炎に対して
      クリンダマイシンを投与すべきか?
     ブドウ球菌の感染性心内膜炎にアミノグリコシドを併用すべきか?
     アンピシリンに感受性のある黄色ブドウ球菌感染症に対する
      標的治療はアンピシリンか? セファゾリンか?
     レジオネラ肺炎に対する抗菌薬はキノロンか,マクロライドか,
      併用か?
     重症市中肺炎にマクロライドは併用すべきか?
     Enterobacterに対して第3世代セファロスポリン系抗菌薬は
      使えないか?
     Acinetobacterに対する抗菌薬は何を選択するか?
     ESBL産生腸内細菌科に対して,タゾバクタム/ピペラシリンや
      セフメタゾール,フロモキセフは使えないか?
     汎発性腹膜炎や尿路感染症の経験的治療で腸球菌は
      必ずカバーすべきか?
     汎発性腹膜炎の経験的治療で緑膿菌やESBL産生菌は
      カバーすべきか?
     黄色ブドウ球菌(MSSA,MRSA)による
      敗血症性中枢神経系播種に対する抗菌薬選択は?
     重症感染症への経験的治療はカルバペネムでよいのか?
     重症急性膵炎に対してカルバペネムの予防投与は必要か?
     緑膿菌感染症に対する標的治療は何がよいのか?
     ICUでアミノグリコシドを使用する機会はあるのか?
     緑膿菌あるいは敗血症性ショックではどうなのか?
      もしも使用する場合,トラフ値とピーク値両方の測定は必要か?
     培養陰性の敗血症性ショックに対して,経験的治療の継続
      あるいは中止判断はどうすればよいか?
     誤嚥性肺炎にはスルバクタム/アンピシリンでよいのか?
     スルバクタム・アンピシリンの適正使用とは?
     アンピシリンとの使い分けは?
     開胸管理中あるいはECMO中の予防的抗菌薬投与は必要か?
     脳炎疑いには経験的にアシクロビルを使うべきか?
     MRSA鼻腔保菌は本当にMRSA感染症のリスクファクターなのか?

    II 使用法・評価など─その常識は正しいか?─
     βラクタム系抗菌薬やバンコマイシンの持続投与は有効なのか?
     1週間以上抗菌薬治療が必要な感染症には何があるか?
     菌血症に対する抗菌薬投与期間は一律2週間必要か?
     バンコマイシンのトラフ値は15?20μg/mLを維持すべきか?
     ローディングは必要か?
     de-escalationって本当にできるのか?
     できる条件があるとすれば何か?
     “念のため”抗菌薬を使いたがる医師に対して,
      どう指導したらよいか?
     熱やWBCやCRPが下がりきらないから抗菌薬がやめられないという
      医師に対して,どのように対処すればよいか?
     メロペネムが“強力”で,これを使っておけば“安心”だという
      医師にどのように介入するべきか?
     β-D-グルカンが高いから抗真菌薬を投与したいという
      医師に対して,どのように対処すればよいか?
     術中3時間ごとに抗菌薬を追加投与すべきか?
     10時間を超える長時間手術ならどうするか?

    III 検査・副作用など─その常識は正しいか?─
     CRP,PCT,プレセプシンを同時に測定する意義はあるか?
     抗菌薬と中枢神経副作用との関連は?
     血液培養採取における落とし穴は?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...