• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  ナーシング・トゥデイ 29/3 2014年6月号

ナーシング・トゥデイ 29/3 2014年6月号

出版社: 日本看護協会出版会
発行日: 2014-05-15
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 09122974
雑誌名:
特集: 病棟から在宅につなぐ緩和ケア
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,760 円(税込)

目次

  • ナーシング・トゥデイ 29/3 2014年6月号

    ―目次―

    特集 病棟から在宅につなぐ緩和ケア

    退院支援と在宅ケアの現状

    退院支援における意思決定支援の重要性

    在宅に移行する際に必要な視点
     (1)一般病棟の看護師が行う退院支援
     (2)ケアの継続性、治療の変更や調整
     (3)院内(病棟・外来・退院調整部署)との連携
        ―理想的なあるべき像  
     (4)退院前カンファレンスをどう企画し運用するか 
     (5)院外(診療所・訪問看護ステーション・ケアマネジャー)との
       連携、介護保険  
     (6)在宅チームで支える緩和ケアの実際
       ―在宅チームが病院看護師に期待すること 

    困難事例の誌上コンサルテーション
     1 症状コントロールが難しいケース
     2 緊急時の対応に不安なケース
     3 家族介護力が低く、地域のインフォーマルサービスを活用し
       在宅療養移行したケース 
     4 治療や療養場所に関する意思決定に支援を要したケース 
     5 在宅チームの受け入れがスムーズにいかない
       (在宅側の窓口が不明瞭な)ケース  
     6 病状が急速に進行し、疼痛やせん妄の症状コントロールが
       十分にできていない患者が退院を強く希望しているケース

    ◆NT座談会・臨床の知へのアプローチ
    ・質的研究を正しく学ぶために―臨床ナースと学生が取り組む
       グラウンデッド・セオリー・アプローチ
     
    ◆連載
    ・インタビュー私の転機 ―選択の時代を生きる
     ここ福島から、放射線の知識を発信

    ・シスター?木の ナースに贈る言葉
     「清潔と清爽はナースの基本的なマナーです」

    ・アセスメント力を高めるフットケア
    「足の筋腱を理解する」

    ・緩和医療の現場で直面する疑問や問題を解決!
     「○×で学ぶ 緩和ケアのエビデンス」

    ・5分でわかる新薬の知識 知っておきたい効果と副作用
     「スーグラ(R)錠/イーフェン(R)バッカル錠」

    ・チームづくりのお悩み相談
     「看護補助者を申し送りに参加させることに
       消極的なメンバーがいます」

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...