• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  ナーシング・トゥデイ 29/5 2014年10月号

ナーシング・トゥデイ 29/5 2014年10月号

出版社: 日本看護協会出版会
発行日: 2014-09-15
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 09122974
雑誌名:
特集: 糖尿病ケア インシデント防止への取り組みと連携
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,728 円(税込)

目次

  • ナーシング・トゥデイ 29/5 2014年10月号

    ―目次―

    特集 糖尿病ケア インシデント防止への取り組みと連携

    糖尿病領域における医療安全についての現状と課題
     
    〈安全に効果的にインスリン療法を継続するために〉

      「安全」という共通の価値観を次代につなぐ
       ―基礎教育と臨床現場の相互理解を通して
      継続教育における医療安全に対する取り組みと課題
      インスリン関連インシデントへの取り組み
       ―医療安全管理部との連携 柏本佐智子
      インスリン注射に関するインシデントへの取り組み
       ―糖尿病チームにおける連携
      在宅における糖尿病領域のインシデント対応
       ―訪問看護の立場から在宅糖尿病療養者の支援に
        ひそむリスクを考える
      在宅での安全なインスリン治療継続への取り組み
       ―クリニカルパスを活用したインスリン導入患者への
        サポートシステムづくり

    〈困難事例の誌上コンサルテーション〉
      1 指示のないインスリン注射を実施する
        インシデントが生じたケース
        (病棟看護師からのコンサルテーション)
      2 禁食から食事開始によるインスリン投与法の変更に伴い
        インシデントが生じたケース
        (病棟師長からのコンサルテーション)
      3 飲酒によって重症低血糖を繰り返し起こしたケース
        (病棟看護師からのコンサルテーション)
      4 インスリン自己注射ができなくなり高血糖を来したケース
        (訪問看護師からのコンサルテーション)

    ◆NT座談会・臨床の知へのアプローチ
     糖尿病看護のベストプラクティス―インスリン療法を行う
      患者へのケアを安全に実施するために 

    ◆トピックス
    「新たな基準範囲」(日本人間ドック学会・健康保険組合連合会)を
      巡る一連の報道から
      ナースが学ぶポイントとは

    ◆連載
     ・インタビュー私の転機 ―選択の時代を生きる
      「一つひとつの任務を全うしていく」
     ・シスター?木の ナースに贈る言葉
      「あなたがおられなかったら、私はここにいません」
     ・緩和医療の現場で直面する疑問や問題を解決!
      「○×で学ぶ 緩和ケアのエビデンス」
     ・アセスメント力を高めるフットケア
      「足の神経を理解する」
     ・看護・医療の動向を今すぐチェック! ぐるっとDATA
      「統計発表の真底にあるものを見る」
     ・5分でわかる新薬の知識 知っておきたい効果と副作用
      「ザルティア(R)錠/テノゼット(R)錠」
     ・チームづくりのお悩み相談
      「メンバーに“あの人と一緒だと苦労する”と
        ラベルを貼る人がいて、チームが嫌な雰囲気です」
     ・インフォメーション
     ・読者からの手紙/新刊Books

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...