肝生検マニュアル

出版社: 癌と化学療法社
著者:
発行日: 1993-03-15
分野: 臨床医学:内科  >  肝/胆/膵
ISBN: 9784906225248
電子書籍版: 1993-03-15 (初版)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,068 円(税込)

商品紹介

著者の多年の経験に基づいたもので、一般臨床医家のみならず、消化器病をめざす研修医ならびに学生には好適な書物。

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 目次
  • はじめに
  • 肝生検法
  • 肝生検チェックリスト
  • 針の型別による経皮肝生検の合併症
  • 肝生検手技
  • 付録 C型肝炎のインターフェロン療法
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

肝生検法

P.16 掲載の参考文献
1) 上野文昭 : 肝生検法. Medicina 23:2446-2449, 1986.
2) 渡辺精四郎, 鎌野周平, 西岡幹夫 : 肝機能検査による肝病態の把握, 肝組織検査所見との対比. Modern physician 8:462-463, 1988.
3) 打越敏之 : 肝生検における慢性アルコール性肝障害の診断とその鑑別. 病理と臨床 3:520-521, 1985.
5) Conn, H. O.: Liver biopsy in exrahepatic biliary obstruction and in other contraindicated disorders. Gastroenterology 68:817-821, 1975.
6) 渡辺精四郎 : 肝疾患の診断. 宇摩医師会報 72:4-8, 1991.
7) 谷川久一, 真島康雄, 安部弘彦 : 特集 肝細胞類似病変. 肝胆膵 13:55-60, 1986.
8) Thomas, J.V.S., M.D., Bruce, S.C., M.D., H.B.W., M.D.: Atlas of Bedside procedures. Medical Science International PP. 313-320, 1983.
9) 島田宜浩, 網岡 忠 : 腹腔鏡検査と目標生検による流行性肝炎の研究, 第1編, 手技に関する問題. 最新醫學 15:1077-1083, 1960.
10) 木村道夫, 大藤正夫, 土屋幸浩・他:超音波映像下穿刺による限局性肝疾患の診断. 日消病会誌 79:45-52, 1982.
11) Conn, H. O.: Intrahepatic hematoma after liver biopsy. Gastroenterology 67:375-379, 1974.
12) Piccinino, F., Sagnelli, E., Pasquale, G. et al.: Complications following percutaneous liver biopsy. A Multicentre retrospective study on 68276 biopsy. J. Hepatol. 2:165-173, 1986.
14) Brambs, H. J., Spamer, C., Wimmer, B. et al.: Histological diagnosis of liver hemangiomas using ultrasound-guided fine needle biopsy. Hepato-Gastroenterol. 32:284-287, 1985.
17) 太田康幸 : 慢性肝炎の病理と分類. 臨床医 17:1078-1084, 1986.
18) 太田康幸 : 亜小葉性肝壊死を伴う慢性肝炎 -欧米における活動性慢性肝障害との比較-. 第8回犬山シンポジウム, 中外医学社, 1976, pp. 160-165.

付録 C型肝炎のインターフェロン療法

P.33 掲載の参考文献
1) 西岡幹夫 : C型肝炎の手引き. 癌と化学療法社, 1992.
2) 上硲俊法, 足立幸彦, 籾井万里・他:C型慢性肝炎に対するインターフェロン(IFN)治療中に発症した間質性肺炎. 日本消化器病学会誌 89:1851, 1992.
3) 国分正恵, 渡辺 茂, 関根健司・他:潜在的合併症によるIFN療法を中止したC型慢性肝炎例の臨床的検討. 日本消化器病学会誌 89:1852, 1992.
4) 岩田滉一郎, 中尾國明, 金井弘一:インターフェロン療法抵抗性C型慢性肝炎. 臨牀消化器内科 7:2059-2064, 1992.
5) 熊田博光, 池田健次, 茶山一彰・他:慢性肝炎の診断と治療. p87 自然科学社 1991.
6) 岡本宏明 : C型肝炎ウイルスの遺伝子型の検出とその意義. 肝胆膵 25:955-964, 1992.
7) 赤羽賢浩 : C型慢性肝炎のIFN治療効果に関するウイルス側の要因. 日本消化器病学会誌 89:1667, 1992.
8) 高瀬修二郎 : C型肝炎におけるインターフェロンの治療効果 -HCVの型との関連を中心に-. 日本消化器病学会誌 89:1668, 1992.

最近チェックした商品履歴

Loading...