KEY WORD 2000-2001 消化管

出版社: 先端医学社
著者:
発行日: 1999-11-10
分野: 臨床医学:内科  >  消化器一般
ISBN: 9784915892899
電子書籍版: 1999-11-10 (第1版第1刷)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,640 円(税込)

商品紹介

進展著しい消化管領域の理解に必須の103項目を精選し、見開き2頁にわたって解説。
最先端の情報をコンパクトに整理できる好評KEY WORDシリーズ。進展著しい医学各領域における基礎から臨床の話題まで最新の動向をいち早く理解するために必要なキーワードを厳選。各分野での第一人者が見開き2頁にわたり平易に解説。トランスレーショナル・リサーチの理解の一助として医師、研究者のみならず、広く医療にかかわる方々の、より正確な知識の把握と整理のための座右の書。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 略語一覧
  • 目次
  • あ行 アカラシア
  • アセトアミノフェン法
  • アポトーシス
  • アラキドン酸カスケード
  • erbB-2遺伝子
  • EBウイルス
  • 萎縮性胃炎
  • 胃上皮化生
  • 胃食道逆流症
  • 胃腺腫
  • 一酸化窒素
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃粘膜微小循環
  • 胃MALTリンパ腫
  • 胃リンパ腫(MALToma以外)
  • H+, K+ - ATPase
  • NSAIDs胃病変
  • APC遺伝子
  • 塩基性線維芽細胞増殖因子
  • エンテログルカゴン
  • O-157
  • か行 潰瘍性大腸炎
  • 過形成ポリープ
  • ガストリン遺伝子
  • 活性酸素
  • 過敏性腸症候群
  • カプサイシン
  • 肝細胞増殖因子
  • 偽膜性腸炎
  • 急性胃粘膜病変
  • 虚血 - 再灌流障害
  • 空胞化サイトトキシン
  • クローン病
  • 血管内皮細胞増殖因子
  • 血小板由来増殖因子
  • 攻撃因子
  • 高周波ポリペクトミー
  • コレチストキニン
  • さ行 サイトカイン
  • サイトトキシン
  • サイトトキシン関連蛋白
  • サイトプロテクション
  • 酸分泌機構
  • シクロオキシゲナーゼ-2
  • シドニー分類
  • 消化管ウイルス感染症
  • 消化管運動機能測定法
  • 消化管運動機能賦活薬
  • 消化管カルチノイド
  • 消化管出血止血法
  • 消化管の栄養因子
  • 消化管ホルモン分泌細胞
  • 消化器疾患と肥満細胞
  • 上皮増殖因子
  • 食道下部括約筋
  • 食道癌
  • 食道ステント
  • 食道バルーン拡張術
  • ストレス潰瘍
  • 接着分子
  • セロトニン
  • 早期胃癌
  • 早期食道癌
  • 早期大腸癌
  • た行 大腸ポリープ
  • 単純性潰瘍
  • ダンピング症候群
  • 超音波内視鏡
  • 腸上皮化生
  • 直腸粘膜脱症候群
  • デノボ型癌
  • トランスジェニックマウス
  • トランスフォーミング増殖因子α
  • トランスフォーミング増殖因子β
  • Trefoil peptide
  • な行 内視鏡的硬化療法
  • 内視鏡的静脈瘤結紮術
  • 内視鏡的粘膜切除
  • 24時間pHモニタリング
  • ニューロテンシン
  • 熱ショック蛋白質
  • Non-ulcer dyspepsia
  • は行 Barrett食道
  • p53遺伝子
  • PCR法とDNAプローブ法
  • ヒスタミン
  • 表在食道癌
  • 腹腔鏡下手術
  • プロスタグランジン
  • プロトンポンプ阻害薬
  • 平滑筋原性腫瘍とGIST
  • ペプシノーゲン遺伝子
  • ペプシノーゲン分泌機構
  • ヘリコバクターピロリ(1)疾患とのかかわり
  • ヘリコバクターピロリ(2)診断
  • ヘリコバクターピロリ(3)治療
  • ヘリコバクターピロリ(4)細胞傷害機序
  • ヘリコバクターピロリ(5)耐性菌
  • 防御因子
  • 防御因子増強薬
  • ま行 Mallory-Weiss(Boerhaave)症候群
  • 迷入膵
  • ら行 ras遺伝子群
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

あ行 アカラシア

P.11 掲載の参考文献
1) Birgisson S, Richter JE:Achalasia. What's new in diagnosis and treatment? Dig Dis 15:1-27, 1997
P.13 掲載の参考文献
1) Maughan RJ, Heiper JB:Methods for the assessment of gastic emptying in human-an overview. Diabet Med 13:S6-S10, 1996
2) Harasawa S:Gastric emptying in normal subjects and patients with peptic ulcer, A study using the acetaminophen method. Gastroenterol Jpn 14:1-10, 1978
P.15 掲載の参考文献
1) 三浦正幸監修:特集 アポトーシス実行のカスケード-細胞死のシグナル伝達. 細胞工学17:868-928, 1998
2) 平井久丸編:特集 アポトーシス. 医のあゆみ187:283-543, 1998
P.17 掲載の参考文献
P.19 掲載の参考文献
P.21 掲載の参考文献
1) 高田賢蔵:EBウイルスによる腫瘍化の機構. G.I. Res 6:1398-403, 1998
3) Kieff E:Epstein-Barr virus and its replication. In:Fields Virology, ed.by Fields BN, Lippincott-Raven Publishers Philadelphia 1997, pp. 2342-2396
P.23 掲載の参考文献
1) 春間 賢:Helicobacter Pyloriと疾患1 胃炎. 日内会誌 87:826-831, 1998
4) 春間 賢, 鎌田智有, 三原充弘ほか:H. pyloriの除菌と慢性胃炎の経過. 綜合臨床 47:935-945, 1998
P.25 掲載の参考文献
1) 加藤智恵子, 佐藤邦夫, 佐藤俊一:胃上皮化生:領域別症候群シリーズ5 消化管症候群 (上). 別冊日本臨床, 日本臨床社, 大阪, 1994, 688-690
2) 斉田宏, 村上元庸, 北徹:胃上皮化生粘膜におけるHelicobacter pylori感染と十二指腸潰瘍の発生. 日臨 51:145-150, 1993
4) Kozol RA, Dekhne N, Helicobacter pylori and the pathogenesis of duodenal ulcer. Lab Clin Med 124:623-626, 1994
5) Peura DA, Ulcerogenesis:Integrating the Roles of Helicobacter pylori and Acid Secretion In Duodenal Ulcer. Am J Gastroenterol 92:8S-14S, 1997
P.27 掲載の参考文献
P.29 掲載の参考文献
P.31 掲載の参考文献
P.33 掲載の参考文献
1) 中山裕一, 浅木茂, 大原秀一ほか:超音波内視鏡による上部消化管粘膜下腫瘍診断能の検討-新たな良・悪性の鑑別の指標-. Gastroenterol Endosc 33:1999-2010, 1991
2) 浅木茂, 羽鳥重明, 岩渕仁寿ほか:水溶性造影剤局所注入による粘膜下腫瘍診断に関する研究. Gastroenterol Endosc 18:127-143, 1976
3) 浅木茂, 西村敏明, 佐藤彰ほか:純エタノール局注による粘膜下腫瘍生検の新しい試み. Gastroenterol Endosc 26:408-413, 1984
4) 浅木茂:消化器内視鏡治療の現状と展望. Mebio 15:16-25, 1998
P.35 掲載の参考文献
1) 三浦総一郎, 石井裕正, 北島政樹:NSAIDsの胃粘膜微小循環に対する作用. G.I. Res 2:647-653, 1994
2) 土屋雅春, 秋葉保忠, 中村正彦ほか:微小循環と潰瘍. 臨消内科9:905-917, 1994
4) 中村正彦, 秋葉保忠, 井上 淳ほか:微小循環. 消化性潰瘍, 寺野 彰編, 国際医書出版, 東京, 1996, pp. 42-53
P.37 掲載の参考文献
1) Isaacson PG, Norton AJ:Extranodal lymphomas, Churchill Livingstone, Edinburgh, 1994
2) 吉野正, 赤木忠厚:マージナル・ゾーンB細胞と胃 MALTリンパ腫. 病理と臨16 372-378, 1998
3) 服部隆則, 九嶋亮治:Helicobacter Pylori感染と胃 MALToma-病理学的立場から-. G.I. Res 5:574-581, 1997
P.39 掲載の参考文献
1) Isaacson PG, Norton AJ:Extranodal lymphomas, Churchill Livingstone, Edinburgh, 1994
2) 松本繁己, 大津 敦, 吉田茂昭ほか:消化管悪性リンパ腫と全身性悪性リンパ腫とのかかわり-臨床の立場から-消化管悪性リンパ腫1998. 胃と腸33:314-324, 1998
3) 谷田部恭, 中村栄男:マントル細胞リンパ腫とサイクリンD1の過剰発現. 病理と臨16:364-371, 1998
P.41 掲載の参考文献
1) Yamada T:Acid Secretory Processes. Textbook of Gastroenterology second edition, JB Lippincott Co. Philadelphia 1995, pp. 310-312
2) 大澤博之, 菅野健太郎:PPIの薬効薬理. 消化器の臨床1:38-42, 1998
P.43 掲載の参考文献
1) 市川 厚, 根岸 学, 杉本幸彦:プロスタグランディン受容体の構造と機能. 現代医療28:543-566, 1996
2) 木下芳一, 千葉勉:NSAIDsと胃炎. 胃の炎症学, 朝香正博編, メディカルレビュー社, 大阪 1997, pp. 363-377
P.45 掲載の参考文献
3) Ilyas M, Tomlinson IPM:The interactions of APC, E-cadherin and β-catenin in tumor development and progression. J Pathol 182:128-137, 1997
4) O'sullivan MJ, McCarthy TV, Doyle CT:Familial adenomatous polyposis:from bedside to benchside. Am J Clin Pathol 109:521-526, 1998
P.47 掲載の参考文献
1) 神田 滋:FGFの作用と疾患. 細胞増殖因子の作用と疾患, 宮園 浩平編, 羊土社, 東京, 1998, pp. 74-81
2) Forkmann J, Szabo S, Strovroff M et al:Duodenal ulcer; Discovery mechanism and development of angiogenic therapy which accelerates healing. Ann Surg 214:414-425, 1991
P.49 掲載の参考文献
P.51 掲載の参考文献
1) 竹田多恵:全国アンケートにもとづく腸管出血性大腸菌感染症の疫学的分析-特に抗生物質の有効性について. 食衛研48:71-76, 1998
2) 腸管出血性大腸菌感染症の診断治療に関する研究班 (班長・竹田美文) :一次, 二次医療機関のための腸管出血性大腸菌 (O157等) 感染症治療の手引き (改訂版). 日医師会誌118:1085-1092, 1997

か行 潰瘍性大腸炎

P.55 掲載の参考文献
1) Carnelro F, David L, Seruca R et al:Hyperplastic polyposis and diffuse carcinoma of the stomach. A study of a family. Cancer 72:323-329, 1993
P.57 掲載の参考文献
1) 中田裕久, 千葉 勉:GRP, GIP, ガストリン. 臨検 38:195-197, 1994
2) 千葉 勉:GastrinとGastrin 受容体. 日臨54:1083-1086, 1994
3) 千葉 勉:消化管カルチノイド腫瘍に対する新しい考え方. Ther Res 18:2429-2434, 1997
P.59 掲載の参考文献
1) 吉川敏一, 内藤裕二, 近藤元治:活性酸素の基礎と臨床. 日内誌84:1186-1191, 1995
2) 吉川敏一, 藤井貴章, 内藤裕二ほか:酸化ストレスとアポトーシス. 現代医療29:65-71, 1997
3) 吉川敏一, 内藤裕二, 近藤元治:消化管疾患と活性酸素, 一酸化窒素 (NO). Annual Review消化器1997, 中外医学社 東京, 1997, pp. 85-91
P.61 掲載の参考文献
1) Drossman DA, Sandler RS, Mckee DC et al:Bowel patterns among subjects not seeking health care. Use of a questionare to identify a population with bowel dysfunction. Gastroenterology 83:529-534, 1982
2) Thompson WG, Creed F, Drossman DA et al:Functional bowel disease and abdominal pain. Gastroenterol Int 5:75-91, 1992
P.63 掲載の参考文献
1) Szolcsanyi J, Jancso-Gabor:A sensory effects of capsaicin congeners I. Relationship between chemical structure and pain-producing potency of pungent agents. Drug Res 25:1877-1881, 1975
4) Holzer P:Neural injury, repair, and adaptation in the gastrointestinal tract. The elusive action of capsaicin on the vagus nerve. Am J Physiol 275:G8-G13, 1998
P.65 掲載の参考文献
P.67 掲載の参考文献
P.69 掲載の参考文献
1) 寺野 彰, 坂田かおり, 黒沢幸雄:急性胃粘膜病変の新しい概念. 最新内科学体系:消化管疾患, 浅香正博 編 中山書店 東京, 1997, pp. 195-203
2) 矢花 剛, 小林壮光:急性胃粘膜病変. Annual Review消化器1998, 戸田剛太郎編 中外医学社 東京, 1998, pp. 194-198
3) Vane JR:NSAIDs, Cox-2 inhibitors, and the gut. Lancet 346:1105-1106, 1995
P.73 掲載の参考文献
P.75 掲載の参考文献
1) 朝倉 均:炎症性腸疾患の疾患概念. 炎症性腸疾患の臨床 日本メディカルセンター東京, pp. 13-17, 1998
2) 福田能啓:炎症性腸疾患に対する新しい栄養療法. 消化器科15:189-197, 1991
P.79 掲載の参考文献
P.81 掲載の参考文献
2) Eugene DJ:Circulatory Mechanisms of Gastric Mucosal Damage and Protection. Gastroenterology 102:1788-1800, 1992
3) Scheinman JN:NSAIDs, gastro-intestinal injury, and cytoprotection. Gastroenterol Clin North Am 25:279-298, 1996
P.83 掲載の参考文献
1) 常岡健二, 内田隆也:われわれの考案した内視鏡下の胃ポリープ切断採取法-ポリープ切断器及び採取器について-. Gastroenterol Endosc 11:174-184, 1969
2) 浅木 茂:高周波による内視鏡的胃ポリペクトミーの臨床的研究. Gastroenterol Endosc 18:543-556, 1976
3) 浅木茂:消化器内視鏡治療の現状と展望. Mebio 15:16-25, 1998
4) 金子栄蔵, 原田英雄, 春日井達造ほか:消化器内視鏡関連の偶発症に関する第2回全国調査報告-1988年より1992年までの5年間-. Gastroenterol Endosc 37:642-652, 1995
P.85 掲載の参考文献
1) 矢花 剛:消化管ホルモン. NIM Lectures消化器病学 第4版, 戸田剛太郎, 大原毅編, 医学書院, 東京, 1995, pp. 68-91
4) 竹内 正, 松野正紀, 中野 哲ほか:CCK拮抗剤CRI505 (Loxiglumide) の膵炎の急性症状に対する臨床評価-メシル酸ナファモスタットを対照とした二重盲検比較試験. 肝・胆・膵37:703-728, 1998
5) Tanaka Y, Takiguchi S, Funakoshi A et al:Gene structure of rat cholecystokinin type A-receptor. Biochem Biophys Res Commun 231:958-966, 1995
6) 立元一彦:消化管ホルモンの化学と臨床応用. G.I. Res 2:418-425, 1994
7) 船越顕博, 宮坂京子:CCK-A受容体欠損ラットと摂食行動異常. Front Gastroenterol 3:385-395, 1998

さ行 サイトカイン

P.87 掲載の参考文献
1) 宮園浩平, 菅村和夫:サイトカイン・増殖因子, 羊土社, 東京, 1995
2) 宮坂信之:炎症のメカニズム. 胃の炎症学, 浅香正博編, メディカルレビュー社, 大阪, 1997, pp. 3-14
P.89 掲載の参考文献
1) Sears CL, Guerrant RL, Kaper JB:Enteric Bacterial Toxins. Infections of the Gastrointestinal Tract, Raven Press, New York, 1995, pp. 617-634
2) 辻 孝雄:細菌蛋白毒素. 医系微生物学[第2版], 加藤延夫編, 朝倉書店, 東京, 1996, pp. 59-68
3) 高橋信一, 増淵尚子, 二宮英彦ほか:Helicobacter pyloriの病原機序. ヘリコバクター・ピロリ-最新知見からの報告-, 原澤 茂, 高橋信一編, 医薬ジャーナル社 大阪, 1996, pp. 37-50
P.91 掲載の参考文献
1) Xiang Z, Censini S, Bayeli PF et al:Analysis of expression of CagA and VacA virulence factors in 43 strains of Helicobacter pylon reveals that clinical isolates can be divided into two major types and that CagA is not necessary for expression of the vaculating cytotoxin. Infect Immun 63:94-98, 1995
P.93 掲載の参考文献
1) Robert A, Nezamis JE, Lancaster C et al:Cytoprotection by prostaglandins in rats. Prevention of gastric necrosis produced by alcohol, HCL, Na0H, hypertonic NaCl, and thermal injury. Gastroenterology 77:433-443, 1979
2) 小林絢三:胃粘膜防御機構研究のあゆみと展望. 胃粘膜防御の仕組み-あゆみと展望-, 竹本忠良編, 医歯薬 出版, 東京, 1998, pp. 1-10
3) Arakawa T, Nakamura H, Yamada H et al:Protection of gastric surface epithelial cells of rats by 16, 16-dimethyl prostaglandin E2 and sofalcone a synthetic flavonoid derivative of sophoradin against ethanol. Digestion 41:61-67, 1988
5) Arakawa T, Fukuda T, Kobayashikj et al:Prostaglandin-induced protection of cultured rat gastric cells against ethanol is inhibited by a microtubule inhibitor. Digestion 57:41-46, 1996
P.95 掲載の参考文献
1) 菅野健太郎, 福嶋康之:胃酸分泌機構. Annual Review消化器1997, 中外医学社, 東京, 1997, pp. 68-74
2) 朝原正京, 千葉 勉:酸分泌機構. 消化性潰瘍治療薬のすべて, 先端医学社, 東京, 1997, pp. 64-72
3) 池田みどり, 白鳥敬子:胃液, 膵液, 胆汁分泌と消化管ホルモン. 別冊・医学のあゆみ消化器疾患-state of arts-2, 医歯薬出版, 東京, 1998, pp. 17-20
P.97 掲載の参考文献
1) 坂本長逸:シクロオキシゲナーゼ. G. I. Res 4:461-467, 1996
2) 山本尚三:生合成酵素について. 現代医療27:1825-1837, 1995
3) 寺野 彰, 平石秀幸:消化性潰瘍予防とCOX-2選択的 NSAIDs. 現代医療31:281-284, 1998
P.99 掲載の参考文献
P.101 掲載の参考文献
1) Shaw RD:Viral Enteritis. In:Intra-abdominal infections, hepatitis, and gastroenteritis (Atlas of Infectious Diseases:Volume VII), ed. by Mandell GL, Current Medicine Inc, Philadelphia 1996, 5. 1-5. 11
2) 高田賢蔵, 江川直人, 柴田 (真貝) 美香ほか:特集/消化管ウイルス感染症. G. I. Res 5:421-469, 1997
3) 千葉峻三:ロタウイルス. ウイルス感染症の臨床と病理, 青山友三, 南谷幹夫, 倉田 毅編, 医学書院, 東京, 1991, pp. 197-199
P.103 掲載の参考文献
1) Maughan RJ, Leiper JB:Methods for assessment of gastric emptying in human an overview. Diabet Med 13:S6-S10, 1996
3) 原澤 茂:消化管運動異常. 最新内科学大系プログレス8, 中山書店, 東京, 1997, pp. 39-52
P.105 掲載の参考文献
P.107 掲載の参考文献
1) 西倉 健, 渡辺英伸:消化管カルチノイドの病理. 別冊 医学のあゆみ消化器疾患-state of arts-2, 医歯薬 出版 東京, 1998, pp. 398
2) 小林一雄, 吉雄敏文:消化管カルチノイドの臨床. 別冊 医学のあゆみ消化器疾患-state of arts-2, 医歯薬 出版 東京, 1998, pp. 402
3) 小越和栄:消化管カルチノイド. 別冊 医学のあゆみ消化器疾患-state of arts-1 胃・腸 医歯薬出版 東 京, 1993, pp. 374
P.109 掲載の参考文献
1) 浅木 茂, 西村敏明, 岩井修一ほか:消化管出血に対する組織固定法-99.5%エタノール局注止血の試み-. Gastroenterol Endosc 23:792-799, 1981
2) 浅木 茂, 西村敏明, 佐藤 彰ほか:上部消化管大量出血に対する治療的緊急内視鏡検査. 消外5:480-488, 1982
3) 浅木 茂, 西村敏明, 佐藤 彰ほか:消化管出血に対する内視鏡的止血法の止血機序とその位置づけ. Gastroenterol Endosc 26:2279-2284, 1984
4) 浅木 茂:消化器内視鏡治療の現状と展望. Mebio 15:16-25, 1998
P.111 掲載の参考文献
1) Johnson LR, McCormack SA:Regulation of gastrointestinal mucosal growth. Physiology of the gastrointestinal tract 3rd edition, Raven Press, New York, 1994, pp. 611-641
P.115 掲載の参考文献
1) Castro GA, Powell DW:The physiology of the mucosal immune system and immune-mediated responses in the gastrointestinal tract. In:Physiology of the gastrointestinal tract 3rd edition, Raven Press, New York, 1994, pp. 709-750
P.117 掲載の参考文献
2) Uribe JM. Barrett KE:Non mitogenic actions of growth factors:An integrated view of their role in intestinal physiology and pathophysiology. Gastroenterotogy 112:255-268, 1997
3) 城卓志, 伊藤誠:EGFの構造と機能. 別冊・医学のあゆみ 消化器疾患-state of arts-1 胃・腸, 玉熊正悦, 望月英隆編, 医歯薬出版, 東京, 1998, pp.42-44
P.119 掲載の参考文献
P.123 掲載の参考文献
1) 田中健寛:二消化器疾患に対するIVR. 消化管供窄, ステント. 消病セミナー70:1-9, 1998
2) 近森文夫, 渋谷 進, 高瀬靖広:消化器外科領域におけるメタリックステント. 食道疾患に対するメタリックステント, 食道狭窄に対するSEMS挿入による治療. 臨外52:1395-1398, 1997
P.124 掲載の参考文献
1) 菱川悦男, 神津照雄, 田中 元ほか:いまできる消化器内視鏡治療, 食道狭窄 (良性) の拡張術. クリニカ 22:349-352, 1995
2) 石橋潤一:消化器疾患の内視鏡治療, 消化管狭窄の解除. Mebio 15:140-147, 1998
P.127 掲載の参考文献
1) 並木正義:ストレスと消化性潰瘍. 臨成人病18:1207-1213, 1988
2) 鈴木秀和, 三浦総一郎, 末松 誠ほか:ストレスによる消化器の微小循環障害. 消化器科18:173-179, 1994
3) 千葉 勉, 横山光宏:震災後にみられた内科系疾患の状況-ストレス起因性疾患を中心に-. 厚生の指標 42:17-23, 1995
4) 芝山幸久, 筒井末春:消化性潰瘍. 臨消内科13:1727-1734, 1998
P.129 掲載の参考文献
1) 木村裕一, 矢花 剛, 杉山敏郎:接着分子. KEY WORD1995-1996消化器系, 先端医学社, 東京, 1995, pp. 132-134
2) 北村 諭編:接着分子の基礎と臨床-最近のトピックス. 医歯薬出版 東京, 1996
3) 月田承一郎編:細胞接着分子の生物学, 中山書店, 東京, 1995
4) 特集-細胞接着分子. G. I. Res 2:153-228, 1994
P.133 掲載の参考文献
P.135 掲載の参考文献
1) 食道癌取扱い規約 (第9版), 金原出版, 東京, 1999
2) 門馬久美子, 吉田 操, 山田義也ほか:食道粘膜癌の内視鏡診断, 深達度亜分類を用いた深達度診断の検討. 胃と腸29:327-340, 1994
3) 門馬久美子, 榊 信廣, 吉田 操:食道粘膜癌の内視鏡的治療-内視鏡的粘膜切除 (mucosectomy) を中心に. 消内視鏡2:501-506, 1990
P.137 掲載の参考文献
1) 大腸癌研究会編:大腸癌取扱い規約 (改訂第6版), 金原出版, 東京, 1998
3) 正木忠彦, 古川陽一, 武藤徹一郎:大腸腫瘍の自然史. 胃と腸31:1649-1652, 1996

た行 大腸ポリープ

P.139 掲載の参考文献
1) 鋸歯状腺腫 (serrated adenoma) とその周辺. 胃と腸 33:1998
P.141 掲載の参考文献
1) 太田玉紀, 渡辺英伸, 味岡洋一ほか:腸型Behget病と腸simple ulcerの病理形態像の推移. 胃と腸27:276, 1992
2) 多田正大, 大塚弘友, 清水誠治ほか:単純性潰瘍の疾患概念とその臨床. 臨消内科10:1657, 1995
3) 杉田 昭, 福島恒男:小腸の単純性潰瘍. 別冊・医学のあゆみ 消化器疾患-state of arts-1 胃・腸, 医歯薬出版, 東京, 1993, pp. 371
P.143 掲載の参考文献
P.145 掲載の参考文献
1) 両角敦朗, 藤野雅之:超音波内視鏡検査 (EUC) の現況と展望. 消内視鏡9:585-590, 1997
2) 木田光広, 渡辺摩也, 菅野聡ほか:胃癌の超音波内視鏡診断の進歩. 消内視鏡9:601-608, 1997
3) 木村克巳, 藤田直孝, 野田 裕ほか:担嚢隆起性病変のEUS診断. 消内視鏡9:631-638, 1997
4) 玉田喜一, 上野規男, 富山 剛ほか:IDUSによる胆管癌進展度診断の考え方および治療法の選択. 消内視鏡 9:639-652, 1997
5) 安田健治朗, 中島正継, 趙 栄済ほか:EUSによる膵癌の診断. 消内視鏡9:655-600, 1997
6) 超音波内視鏡の新しい展開. Gastroenterol Endosc 40:1589-1592, 1998
P.147 掲載の参考文献
P.149 掲載の参考文献
2) Costalat G, Garrigues JM, Alquier Y et al:Solitary rectal ulcer syndrome:clinical features clinical course and treatment. Apropos of 22 cases. Ann Chir 44:807-816, 1990
P.151 掲載の参考文献
P.153 掲載の参考文献
P.155 掲載の参考文献
P.157 掲載の参考文献
2) Reiss M, Transforming growth factor-beta and cancer a love-hate relationship? Oncol Res 9:447-457, 1997
3) 竹之下誠一, 荻原弘一:Smadの異常と癌. 実験医 16:89C-895, 1998
P.159 掲載の参考文献
1) 寺野 彰編:消化管組織におけるTrefoil peptideとその意義. 消化管'98, メディカルビュー社, 東京, 1998, pp. 12-18
2) 寺野 彰, 坂田かおり, 平石秀幸:pS2と消化管疾患. Annual Review消化器1999, 戸田剛太郎ほか編, 中外 医学社, 東京, pp. 12-18, 1999

な行 内視鏡的硬化療法

P.161 掲載の参考文献
1) 小原勝敏, 豊永 純, 幕内博康:食道静脈瘤硬化療法ガイドライン (案). Gastroenterol Endosc 35:211-214, 1993
2) 小原勝敏, 粕川禮司:食道胃静脈瘤治療の進歩. 最新内科学大系プログレス8 消化管疾患 中山書店 東京 1997, pp. 99-113
3) 小原勝敏:(総説) 食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法. 日外科系連会誌22:141-147, 1997
P.163 掲載の参考文献
1) 山本 学, 鈴木博昭:内視鏡的静脈瘤結紮術の手技と成績. 臨外49:411-417, 1994
2) 小原勝敏, 江尻 豊, 粕川禮司:硬化療法と結紮術の併用療法. :消化器治療内視鏡の基本手技, 藤田力也 編著, 金原出版, 東京, 1996, pp. 145-158
P.165 掲載の参考文献
1) 多田正弘:安全な内視鏡的粘膜切除術, 通常おこなわれる一般的な方法. 臨消内科13:1213-1217, 1998
2) 幕内博康, 島田英雄, 千野 修ほか:食道癌治療のトピックス. 食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術. 臨外 52:1279-1284, 1997
3) 三隅厚信, 本明宜彦:胃内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の現況-特にその位置づけと問題点-. Gastroenterol Endosc 40:1947-1956, 1998
P.167 掲載の参考文献
P.169 掲載の参考文献
1) Shulkes A:Neurotensin Gut peptides. In:Biochemistry and physiology, Raven Press, New York, 1993, pp. 341-370
2) Walsh J H:Neurotensin. In:Physiology of the gastrointestinal tract, Raven Press, New York, 1994, pp. 106-114
P.171 掲載の参考文献
P.173 掲載の参考文献
1) Taley NJ, Colin-Jones DG, Koch KL et al:Functional dyspepsia A classification with guidelines for diagnosis and management. Gastroenterol Int 4:145-160, 1991
3) 高安博之, 原澤 茂, 白井孝之ほか:Non-ulcer dypepsia患者における胃生理機能およびHelicobacter Pyloriに関する検討. 日消会誌90:743-753,1993
4) 原澤 茂:NUDの定義・概念の変遷と疫学. 消化器科 26:573-581, 1998

は行 Barrett食道

P.175 掲載の参考文献
1) 幕内博康:Barrett食道の診断と治療-Review-. 消内視鏡9:879-889, 1997
2) 星原芳雄, 小暮 喬:Barrett上皮の内視鏡診断. 消内視鏡9:897-901, 1997
3) 河野辰幸, 永井 鑑, 井上晴洋ほか:Barrett食道の生検診断. 消内視鏡9:903-910, 1997
4) 関口利和:Barrett食道アンケート調査の結果. クリニカ19:397-399, 1992
5) 西 隆之, 幕内博康, 田島英雄ほか:食道の前癌病変 (1) 逆流性食道炎 (Barrett食道). 臨消内科13:715-722, 1998
6) 坂口文秋:バレット食道の発生および生物学的特性に関する研究. Gastroenterol Endosc 40:139-149, 1998
P.177 掲載の参考文献
P.179 掲載の参考文献
P.181 掲載の参考文献
2) 中村正彦, 井上 淳, 伊藤 貴ほか:ヒスタミンレセプターの消化管における分布に関連して. G. I. Res 2:470-481, 1994
P.183 掲載の参考文献
1) 中山恒明, 羽生富士夫, 岩塚迪雄ほか:食道における早期癌の概念. 外科10:1015-1018, 1968
2) 遠藤光夫:内視鏡検査からみた食道癌の早期診断. 癌の臨21:1084-1089, 1975
3) 食道疾患研究会:臨床・病理 食道癌取扱い規約, 金原出版, 東京, 1992, pp. 6-35
4) 細井薫三, 菊地好子, 平塚 伸ほか:間接食道集検における早期食道癌の拾い上げ. 胃と腸32:1289-1297, 1997
5) 八巻悟郎, 大倉康男, 長浜隆司ほか:m3, sm1食道癌のX線診断. 胃と腸33:949-968, 1998
6) 星原芳雄, 山本 敬, 橋本光代ほか:m3, sm1食道癌の内視鏡診断. 胃と腸33:961-968, 1998
7) 吉田 操, 門馬久美子, 加藤久人ほか:早期食道癌の診断-内視鏡診断, 色素法による深達度診断. 臨消内科12:1713-1718, 1997
9) 幕内博康, 島田英雄, 千野 修ほか:m3, sm1食道癌に対するEMRの可能性. 胃と腸33:993-1002, 1998
10) 藤田博正, 末吉 普, 山名秀明ほか:外科の立場からみたm3, sm1食道癌. 胃と腸33:1003-1010, 1998
P.185 掲載の参考文献
1) 北島政樹編:内視鏡下外科手術の現況, へるす出版, 東京, 1996
2) MacFadyen BJ Jr, Ponsky JL ed:Operative laparoscopy and thoracoscopy Lippincott-Raven, Philadelphia, 1996
P.187 掲載の参考文献
1) 寺野 彰, 坂田かおり, 黒沼幸雄ほか:急性胃粘膜病変の新しい概念. 最新内科学体系-プログレス8, 中山書店, 東京, 1997, pp. 195-202
2) 寺野 彰:胃粘膜防御-プロスタグランジンを中心に-. 消化器セミナー68, へるす出版, 東京, 1997, pp. 51-61
3) 木下芳一, 千葉 勉:プロスタグランジンレセプター. G. I. Res 4:453-459, 1996
P.189 掲載の参考文献
1) 菅野健太郎:プロトンポンプインヒビターによる潰瘍治療の現状と展望. 消化性潰瘍治療薬のすべて, 浅香 正博, 千葉 勉編, 先端医学社, 東京, 1997, pp. 118-124
2) 加藤元嗣, 目良清美, 小松嘉人ほか:H. pylori除菌療法におけるPPI. 消化管の臨1 68-74 1998
P.191 掲載の参考文献
P.193 掲載の参考文献
P.195 掲載の参考文献
P.197 掲載の参考文献
2) 日本消化器病学会Helicobacter pylori治験検討委員会:Helicobacter pylori治験ガイドライン. 日消誌96:199-207, 1999
P.199 掲載の参考文献
1) 加藤元嗣, 目良清美, 石塚 淳ほか:H. pyloriの診断と除菌判定. 消内視鏡10:957-964, 1998
2) 日本消化器病学会Helicobacter Pylori治験検討委員会:Helicobacter Pylori治験ガイドライン. 日消病会誌96:199-207, 1999
P.201 掲載の参考文献
P.203 掲載の参考文献
1) 杉山敏郎:Helicobacter Pyloriの胃粘膜傷害機序. 消化器疾患:最新内科学大系, 中山書店, 東京, 1997, pp. 131-142
P.205 掲載の参考文献
1) Debets-Ossenkopp YJ, Sparrius M, Kusters JG et al:Mechanism of clarithromycin resistance in clinical isolates of Helicobacter pylori. FEMS Microbiol Lett 142:37-42, 1996
2) Versalovic J, Shortridge D, Kibler K et al:Mutation in 23S-rRNA are associated with clarithromycin resistance in Helicobacter pylori. Antimicrob Agents Chemother 40:477-480, 1996
3) Stone GG, Shortridge D, Versalovic J et al:APCR-oligonucleotide ligation assay to determine the prevalence of 23S-rRNA gene mutation in clarithromycin resistant Helicobacter pylori. Antimicrob Agents Chemother 41:712-714, 1997
5) Adamec RJ, Suerbaum S, Pfaffenbach B et al:Primary and acquired Helicobacter pylori resistance to clarithromycin metronidazole and amoxicillin-influence on treatment outcome. Am J Gastroenterol 93:386-389, 1998
P.207 掲載の参考文献
1) Peura DA:Ulcerogenesis integrating the roles of Helicobacter pylori and acid secretion in duodenal ulcer. Am J Gastroenterol 92:8-16, 1997
2) 寺野彰, 平石秀幸, 石田基雄ほか:消化性潰瘍, 診断と治療の進歩, 防御因子の役割. 日内会誌84:9-13, 1995
3) 城 卓志, 佐々木誠, 土田研司ほか:消化管微小循環と補体の制御. 血管内皮8:47-53, 1998
P.209 掲載の参考文献
1) 寺野 彰, 平石秀幸, 島田忠人:防御系薬剤による治療-総論-. 消化性潰瘍治療薬のすべて, 浅香正博, 千葉 勉編, 先端医学社, 東京, 1997 pp. 176-182
2) 西元寺克禮:胃炎・消化性潰瘍の治療. 外科治療 76:311-318, 1997
3) 安海義曜, 西元寺克禮:粘膜防御因子増強剤の意義.-消化性潰瘍-臨床と基礎9:49-60, 1990
4) 名尾良憲:防御因子増強薬. 実地臨床における消化管用薬剤と使い方, 名尾良憲編, 南山堂, 東京, 1995, pp. 227-276

ま行 Mallory-Weiss(Boerhaave)症候群

P.211 掲載の参考文献
2) 椎名泰文, 三輪 剛:Mallory-Weiss (Boerhaave) 症候群. 日内会誌83:1259-1262, 1994
3) 長谷部哲理, 原澤 茂:噴門部領域の急性病変. 胃と腸32:1183-1188, 1997
P.213 掲載の参考文献
1) 浅木 茂:消化管粘膜下腫瘍の実態:消化管粘膜下腫瘍, 後藤由夫, 佐藤寿雄監修, 診療新社, 大阪, 1987, pp. 127-134
2) 浅木 茂, 羽鳥重明, 岩渕仁寿ほか:水溶性造影剤局所注入による粘膜下腫瘍診断に関する研究. Gastroenterol Endosc 18:127-143, 1976
3) 浅木 茂, 山口典男, 佐々木浩ほか:胃迷入膵例の形態と機能:消化管粘膜下腫瘍, 後藤由夫, 佐藤寿雄監修, 診療新社, 大阪, 1987, pp. 141

ら行 ras遺伝子群

P.215 掲載の参考文献
1) Donald V, Voet JG:Ras is Activated by Receptor Tyrosine Kinase Via a Grb2-Sos Adaptor Complex:Biochemistry second edition, John Willy & Sons, Inc, New York, 1995 pp. 1284-1285
2) 一井重利, 宇都宮譲二:分子腫瘍学からみた消化器癌の多段階発癌. 日臨54:1072-1077, 1996

最近チェックした商品履歴

Loading...