KEY WORD 1995-96 消化器系

出版社: 先端医学社
著者:
発行日: 1995-11-10
分野: 臨床医学:内科  >  消化器一般
ISBN: 9784915892202
電子書籍版: 1995-11-10 (第1版第1刷)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,242 円(税込)

商品紹介

進展著しい消化器系領域の理解に必須の111項目を精選し、見開き2頁にわたって解説
最先端の情報をコンパクトに整理できる好評KEY WORDシリーズ。進展著しい医学各領域における基礎から臨床の話題まで最新の動向をいち早く理解するために必要なキーワードを厳選。各分野での第一人者が見開き2頁にわたり平易に解説。トランスレーショナル・リサーチの理解の一助として医師、研究者のみならず、広く医療にかかわる方々の、より正確な知識の把握と整理のための座右の書。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 略語一覧
  • 目次
  • IgM型HBc抗体
  • アポトーシス
  • アラキドン酸カスケード
  • アルコール性肝炎
  • RT-PCR法
  • α-フェトプロテイン
  • erbB-2遺伝子
  • Expandable metallic stent
  • 一酸化窒素
  • インターフェロン
  • インターロイキン-1
  • インターロイキン-6
  • インターロイキン-8
  • ウレアーゼ
  • エイコサペンタエン酸
  • X遺伝子
  • NSAIDs起因性消化管粘膜傷害
  • APC遺伝子
  • LECラット
  • 塩基性線維芽細胞増殖因子
  • エンドセリン
  • エンベロプ蛋白
  • 開口分泌
  • 潰瘍治癒の質
  • ガストリン受容体
  • ガストリンプロセシング
  • 家族性大腸ポリポーシス
  • カプサイシン
  • 肝動脈塞栓術
  • 癌遺伝子
  • 癌胎児性抗原
  • 癌糖鎖抗原
  • 癌抑制遺伝子
  • cagA遺伝子
  • 逆流性食道炎
  • 急性胃粘膜病変
  • 経口膵管鏡
  • K-sam遺伝子
  • 経皮的エタノール注入療法
  • 血小板活性化因子
  • 後天性免疫不全症候群
  • コレシストキニン
  • 細胞回転
  • 酸分泌機構
  • CA19-9
  • C型肝炎ウイルスquasispecies
  • C型肝炎ウイルスゲノタイプ
  • C型肝炎ウイルス抗体
  • シクロオキシゲナーゼ
  • 自己免疫性肝炎
  • C-met遺伝子
  • 腫瘍壊死因子
  • 腫瘤形成性慢性膵炎
  • 上皮増殖因子
  • 食道静脈瘤硬化療法
  • 食道早期癌
  • 膵癌の遺伝子診断
  • 膵・胆管合流異常
  • スーパーオキシドジスムターゼ
  • 制限酵素断片長多型
  • 生体肝移植
  • 接着分子
  • ソマトスタチン受容体
  • 蛋白質リン酸化
  • Transforming growth factor-β
  • チトクロームP450
  • 超音波内視鏡
  • DNA診断
  • DCC遺伝子
  • 点突然変異
  • 特発性細菌性腹膜炎
  • トランスジェニックマウス
  • 内視鏡的消化管粘膜切除術
  • 内視鏡的静脈瘤結紮療法
  • 24時間胃内pHモニタリング
  • 熱ショック蛋白質
  • 粘液産生膵腫瘍
  • non-ulcer dyspepsia
  • vacA遺伝子
  • バレット食道
  • 半消化態栄養
  • 非構造蛋白
  • B型肝炎ウイルスキャリア
  • B型肝炎ウイルストランスジェニックマウス
  • B型肝炎ウイルスmutant
  • B型肝炎ワクチン
  • p53遺伝子
  • PCR法とDNAプローブ法
  • ヒスタミンH2ブロッカー
  • 表在食道癌
  • 表面型大腸腫瘍
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術
  • フリーラジカル
  • Pre-S抗原
  • プロスタグランジン
  • プロスタグランジン受容体
  • プロトンポンプ
  • 壁細胞受容体
  • 壁細胞内情報伝達機構
  • ヘテロ接合性消失
  • ヘパリン結合性増殖因子
  • ペプシノーゲン遺伝子
  • ペプシノーゲン分泌機構
  • Helicobacter pylori
  • MALTリンパ腫
  • ムチンコア蛋白
  • 免疫学的便潜血反応
  • ヨーネ病
  • ras遺伝子
  • 旅行者腸炎
  • ロイコトリエン
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

IgM型HBc抗体

P.11 掲載の参考文献
1) 飯野四郎, 市田文弘, 鈴木宏:IgM 型HBc抗体- RIA法とEIA法の比較-. 肝胆膵 11:1143-1155, 1985
2) Shimizu, M., Ohyama, M., Takahashi, Y. et al.:Immunoglobulin M antibody against hepatitis B core antigen for the diagnosis of fluminant type B hepatitis. Gastroente rology 84:604-610, 1983
3) 日本消化器病学会, 肝機能研究班:肝疾患における肝炎ウイルスマーカーの選択基準. 日消誌 91:1472-1480, 1994
P.13 掲載の参考文献
1) 田沼靖一:アポトーシス-細胞の生と死-. 東京大学出版会, 東京, 1994
2) 長田重一, 橋本嘉幸, 川井洋二編:アポトーシス-細胞死の機構-. 羊土社, 東京, 1993
P.15 掲載の参考文献
1) Robert, A., Nezamis, J. E., Lancaster, C. et al.:Cytoprotection by prostaglandins in rats. Prevention of gastric necrosis produced by alcohol, HCI, NaOH, hypertonic NaCl, and thermal injury. Gastroenterology 77:433-443, 1979
2) Arakawa, T., Nebiki, H., Uchida, T. et al.:Clinical assessment of quality of ulcer healing-a new approach of endoscopic evaluation-. Eur. J. Gastroenterol. Hepatol. 5 (suppl. 3):S87-S92, 1993
3) Arakawa, T., Watanabe, T., Fukuda, T. et al.:Low doses of indomethacin during initial period of experimental gastric ulcer increases future ulcer recurrence. Gastroenterology 104:A34, 1993
4) Arakawa, T., Watanabe, T., Fukuda, T. et al.:Prostaglandin E1-analogue during initial period of experimental gastric ulcer reverses increase in future ulcer relapse caused by indomethacin. Gastroenterology 106:A41, 1994
P.17 掲載の参考文献
1) 石井裕正:アルコール性肝炎の臨床. 日内会誌79 1049-1053, 1990
2) 高田昭, 奥平雅彦, 太田康幸ほか:アルコール性肝障害に対する新しい診断基準試案の提案. 肝臓 34:888-896, 1993
3) 上野義隆, 森谷晋, 堀江義則ほか:重症アルコール性肝炎. Medicina 31:91-95, 1994
P.19 掲載の参考文献
3) Ausubel, F. M. (ed.):In:Current Protocols in Molecular Biology. 3.7.1. John Wiley & Sons, New York, 1987
5) Cusi, M. G., Valassina, M. et al.:Comparison of M-MLV reverse transcriptase and Tth polymerase activity in RT-PCR of samples with low virus burden. Bio. Techniques 17:1034-1036, 1994
6) Silbert, P.:RT-PCR. In:Methods & Aplications Book 1., CLONETECH Laboratories, Inc., Palo Alto, USA, 1991
P.21 掲載の参考文献
1) 遠藤康夫:AFPの亜型. 肝胆膵14:767-774, 1987
2) 遠藤康夫:肝癌と腫瘍マーカー. 臨牀消化器内科 5:377-388, 1990
3) 遠藤康夫:AFP「これだけは知っておきたい検査のポイント」第5集. Medicina 31:450-451, 1994
P.23 掲載の参考文献
2) Ben-Baruch, N. and Yarden, Y.:Neu differentiation factors:afamily of alternatively spliced neuronal and mesenchymal factors. P. S. EB. M. 206:221-227, 1994
P.25 掲載の参考文献
1) 鐘撞一郎, 吉岡哲也, 打田日出夫ほか:Wallstent を用いた内瘻術. 日本血管造影・Interventional Radiology 研究会機関誌 9:27-32, 1994
P.27 掲載の参考文献
P.29 掲載の参考文献
P.31 掲載の参考文献
1) Melli, M. and Parente, L.:Cytokines and lipocortins in inflammation and differentiation. Prog. Clini. Biol. Res. 349:1990
2) 羽室淳爾:インターロイキン・ネットワーク-生体防御の分子機構-. 講談社サイエンティフィク, 東京, 1992, pp.208-230
3) 小林芳郎:インターロイキン1. サイトカイン, 大沢利昭編, 東京化学同人, 東京, 1990, pp.1-12
P.33 掲載の参考文献
1) Kishimoto, T.:The biology of interleukin-6. Blood 74:1-10, 1989
2) 平野俊夫:サイトカイン研究の現状と展望-IL-6をめぐって-. 医科学出版社, 東京, 1994, pp. 1-66
3) 小川道雄:サイトカインと外科. 医科学出版社, 東兄, 1994, pp. 1-47
P.35 掲載の参考文献
1) 松島網治:IL-8. サイトカイン94-基礎から最新情報まで. 笠倉新平編, 日本医学館, 東京, 1994, pp. 88-93
2) 野村英城, 松島網治:好中球走化性・活性化サイトカイン, IL-8. のレセプター構造とシグナル伝達機構実験医学 10 (suppl):235-239, 1992
3) Hebert, C. A. and Bakev, J. B.:Interleukin 8-a review. Cancer Invest. 11:743-50, 1993
P.37 掲載の参考文献
1) 小橋恭一:HP.のウレアーゼ活性とアンモニアによる組織障害. 臨牀消化器内科 8:489-494, 1993
2) Lee, A., Fox,J. and Hazell, S.:Pathogenicity of Helicobacter pylori:a perspective. Infect. Immun. 61:1601-1610, 1993
P.39 掲載の参考文献
1) プロスタグランジンの生化学. 基礎と実験, 室田誠逸編, 東京化学同人, 東京, 1982, pp. 10-17
2) ハーバー生化学. 上代淑人監訳, 丸善, 東京, 1994, pp. 252-256
P.41 掲載の参考文献
P.43 掲載の参考文献
1) 太田慎一, 寺野彰, 高橋盛男ほか:非ステロイド系薬剤に起因する消化管粘膜障害. 臨床成人病 23:1059-1064, 1933
2) Wallace, J. L. et al. Gastric ulceration induced by NSAIDs is a neutrophil-dependent process. Am. J Physiol. 259:G462-467, 1991
3) Masterrer,J. L., Zweitel, B. S., Manning, P. T. et al.:Selective inhibition of inducible cyclooxygenase 2 in vivo is anti inflammatory and non ulcerogenic. Proc. Natl. Acad. Sci. 91:3228-3231, 1994
P.45 掲載の参考文献
3) Miyoshi, Y., Ando, H., Nagase, H. et al.:Germ-line mutations of the APC gene in 53 familial
4) Miyoshi, Y., Nagase, H., Ando, H., et al.:Somatic mutations of the APC gene in colorectal tumors:mutation cluster region in the APC gene. Hum. Mol. Genet. 1:229-233, 1992
adenomatous polyposis patients. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 89:4452-4456, 1992
P.47 掲載の参考文献
P.49 掲載の参考文献
P.51 掲載の参考文献
2) Wallace, J. L., Girio, G.,INucci, G.D. et al.:Endothelin has potent ulcerogenic and vasoconstrictor actions in the stomach. Am. J. Physiol. 259:G661-G666, 1989
3) 秋本真寿美, 重本六男, 横山泉ほか:内皮細胞由来血管収縮因子-endothelin のラット胃粘膜血流量への影響-. 日消誌 86:2627, 1989
P.53 掲載の参考文献
3) Kato, N., Sekiya, H., Ootsuyama, Y. et al.:Humoral immune response to hypervariable region 1 of the putative envelope glycoprotein (gp 70) of hepatitis C virus. J. Virol. 67:3923-3930, 1993

開口分泌

P.55 掲載の参考文献
2) 峠千礼ほか:ペプシノーゲン (PG) 分泌における開口放出と細胞内 Ca2+ 動態. Prog. Med. 14:2694-2697, 1994
3) 齋藤栄一ほか:主細胞内ミオシン分子動態のペプシノーゲン分泌機構に果たす役割. Prog. Med. 14:2687-2693, 1994
P.57 掲載の参考文献
1) Arakawa. T., Nebiki, H., Uchida, T. et al.:Clinical assessment of quality of ulcer healing-a new approach of endoscopic evaluation-. Eur. J. Gastroenterol. Hepatol. 5 (suppl. 3):S87-S92, 1993
2) O'Keefe, S. J. D., Spitaels, J. M., Mannion, G. et al.:Misoprostol, a synthetic prostaglandin E1analogue, in the treatment of duodenal ulcers, S. Afr. Med. J. 67:321-324, 1985
3) 小林絢三:潰瘍治癒の質 (QOUH), 医学辞典. Physi. 2:50-51, 1993
4) Arakawa, T., Watanabe, T., Fukuda, T. et al.:Low doses of indomethacin during initial period of experimental gastric ulcer increases future ulcer recurrence. Gastroenterology 104:A34, 1993
P.59 掲載の参考文献
1) 木下芳一, 千葉勉:胃粘膜のガストリン受容体. G. I. Research 1:39-45, 1993
P.61 掲載の参考文献
1) 篠村恭久:ガストリンのプロセシングと胃疾患. Mebio 9:49-54, 1992
2) 菅野健太郎:ガストリン遺伝子の構造と機能. 実験医学 8:42-46, 1990
3) 姫野誠一, 假家良則, 東本好文ほか:ガストリン-ヒト遺伝子, プロセシング, 分解産物-. 日本臨牀 47:139-144, 1989
P.65 掲載の参考文献
1) Maggi, C. A.:Capsaicin-sensitive nerves in the gastrointestinal tract. Arch. Int. Pharmacodyn. Ther. 303:157-166, 1990
2) Holzer, P.:Capsaicin:cellular targets, mechanisms of action, and selectivity for thin sensory neurons. Pharmacol. Rev. 43:143-195, 1991
P.67 掲載の参考文献
1) 岸和史, 山田龍作, 園村哲郎ほか:切除不能肝細胞癌に対する治療法選択と成績-TAEを中心に-. 肝胆膵 29:377-386, 1994
2) 池田健次:肝癌に対する Interventional Radiology-TAE と SMANCS-. 医学のあゆみ 171:1145-1149, 1994
3) 市田隆文, 伊藤信市, 佐藤知巳ほか:肝細胞癌に対するTAE療法の進歩. 内科75:193-198, 1995
P.69 掲載の参考文献
2) Bos, J. L.:Ras oncogenes in human cancer;a review. Cancer Res. 49:4682-4689, 1989
3) 田矢洋一:G1 サイクリンは癌化シグナルの統一ターゲットか. 実験医学12:1580-1586, 1994
P.71 掲載の参考文献
1) 及川信三, 中里紘:接着分子としてのCEA. 細胞接着分子と疾患, 羊土社, 東京, 1994, pp.70-88
2) 島野高志:腫瘍マーカー. ビジュアル消化器外科マニュアル, 日本臨牀社, 東京, 1994, pp.110-117
P.73 掲載の参考文献
1) 神奈木玲児:糖鎖抗原とがんの浸潤, 転移. 最新医学48:1909-1932, 1993
3) 渡辺由美子, 佐内豊:糖鎖の癌性変化. 臨床検査 39:59-65, 1995
P.75 掲載の参考文献
1) Sano, T., Tsujino, T., Yoshida, K. et al.:Frequent loss of heterozygosity on chromosomes 1q, 5q and 17p in human gastric carcinomas. Cancer Res. 51:2926-2931, 1991
2) 三好康雄, 中村祐輔:大腸癌の発生, 進展に関連した癌抑制遺伝子. 実験医学 10:100-106, 1992
3) 関谷千尋, 藤本佳範:肝癌と癌抑制遺伝子. 最新医学 47:33-40, 1992
P.77 掲載の参考文献
1) Figura, N., Guglielmetti, P., Rossolini, A. et al.:Cytotoxin production by Campylobacter pylori strains isolated from patients with peptic ulcers and from patients with chronic gastritis only. J. Clin. Microbiol. 27:225-226, 1989
2) Cover, T., Dooley, C. P. and Blaser, M. J.:Characterization of and human serologic response to proteins in Helicobacter pylori broth culture supernatants with vacuolizing cytotoxin activity. Infect. immun. 58:603-610, 1990
4) Tummuru, M. R., Cover, T. L. and Blaser, M. J.:Mutation of the cytotoxin associated cag A gene does not affect the vacuolating cytotoxin activity of He licobacter pylori. Infect. Immun. 62:2609-2613, 1994
P.79 掲載の参考文献
1) 食道疾患研究会編:食道炎の診断基準, 金原出版, 東京, 1978, p.1
2) Savary, M. and Miller, G.:The Esophagus, Handbook and Atlas of Endoscopy. ed. by Gassmann, A. G., Solothurn, 1978,p. 135
3) 遠藤光夫, 河野辰幸, 中村重徳:逆流性食道炎の内視鏡的分類. 臨牀消化器内科 9:1703-1708, 1994
P.81 掲載の参考文献
1) 木村健, 酒井秀朗, 吉田行雄ほか:胃炎の診断基準・病型分類. 内科 55:1052-1057, 1985
2) 木村健, 吉田行雄, 橋本実:急性胃粘膜病変の診断. 臨牀消化器内科 3:1397-1406, 1988
3) 木平健, 木村健, 吉田行雄ほか:内視鏡でみる AGML症例. 消化器内視鏡 6:540-543, 1994
P.83 掲載の参考文献
1) 土岐文武, 佐上俊和:経口的膵管内視鏡. 竹内正編, 膵臓病学, 南江堂, 東京, 1993. pp.283-292
2) 宮川宏之, 村島義男, 須賀俊博ほか:膵疾患への内視鏡的アプローチ-膵管鏡 (PMPS)-. 腹部画像診断 14:300-306, 1994
3) 早田邦康, 柴藤和久, 山中桓夫ほか:各種膵疾患に対する膵管鏡所見. 腹部画像診断 14:307-312, 1994
P.85 掲載の参考文献
2) 加藤勝, 寺田雅昭:胃癌で増幅している K-sam 遺伝子. 遺伝子からみた癌の病態と診断, 羊土社, 東京, 1992, pp. 110-119
3) 加藤勝:K-sam遺伝子. 臨床医 20:533, 1994
4) 加藤勝:胃癌における複数遺伝子変化. BIO CIinica 9:745-747, 1994
P.87 掲載の参考文献
2) Shiina, S. and Niwa, Y.:Percutaneous ethanol injection therapy in the treatment of liver neoplasms. In:Current Techniques in Interventional Radiology. Current Medicine, Philadelphia, 1994, pp3, 1-3, 14
3) 椎名秀一朗, 丹羽泰郎:肝細胞癌に対する経皮的エタノール注入療法. 日消誌 91:821-828, 1994
P.89 掲載の参考文献
1) Wallace, J. L.:Lipid mediators of inflammation in gastric ulcer. Am. J. Pysiol. 258:G1-G11, 1990
3) Pinckard, R. N.:Biology of disease. PAF molecular heterogeneity:pathobiological implications. Lav. Invest. 69:639-650, 1993
P.91 掲載の参考文献
1) WHO:Weekly Epidemiological Record 69:273-275, 1994
2) The Italian Seroconversion Study:Disease progression and early predictors of AIDS in HIV-seroconverted injecting drug users. AIDS 6:421-426, 1992
P.93 掲載の参考文献
1) 宮坂京子:CCK-releasing peptide. 肝胆膵 27:961-964, 1993
2) 池井聡小川道雄:コレシストキニン. 臨床検査 35:1071-1075, 1991
3) 小林絢三, 中村幹男, 岩田康博:コレシストキニン・パンクレオザイミン. 日本臨牀 48:27-29, 1990

細胞回転

P.97 掲載の参考文献
1) 菅野健太郎:プロトンポンプの機能とその阻害剤の作用機序. カレントテラピー 12:1916-1919, 1994
2) 菅野健太郎:壁細胞内情報伝達機構. Medicina 30:1610-1614, 1993
3) 菅野健太郎:酸分泌活動に関わる内的環境. 胃形態とその機能, 川井啓市編, 医学書院, 東京, 1994, pp. 138-145
P.99 掲載の参考文献
2) 本間達二, 小口寿夫:Carbohydrate antigen CA19-9. 腫瘍マーカーハンドブック, 石井勝編, サイエンスフオーラム, 東京, 1985, pp. 226-237
P.101 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献
1) 小原道法, 小原恭子:C型肝炎ウイルスの分子生物学-subtype と translation に重点をおいて-. 最新医学 48:2163-2169, 1993
2) 武田清, 宮崎由規, 相野田孝雄ほか:C型肝炎ウイルスのゲノタイプと治療反応性. 診断と治療 82:1968-1971, 1994
3) 岡本宏明:C型肝炎ウイルスの遺伝子型-分類とその臨床的意義-. 医学のあゆみ 171:994-998, 1994
P.105 掲載の参考文献
1) 日野邦彦, 下田和美, 丹羽博文:HCV抗体測定-その有用性と問題点-. C型肝炎 up date, 鈴木宏, 古田精一編, 中外医学社, 東京, 1993, pp.31-49
2) 吉原みな子:C型ウイルス肝炎測定法. 最新医学 48:2205-2211, 1993
3) 細井仁, 永山亮造, 若島将伸ほか:C型肝炎ウイルス感染の診断-ウイルスマーカーを中心に-. 診断と治療 82:1903-1908, 1994
P.107 掲載の参考文献
1) William, L. S. and Lawrence, J. M.:Prostaglandin endoperoxide synthase:structure and catalysis. Biochim. Biophys. Acta 1083:1-17, 1991
2) David, L. D.:Prostaglandin endoperoxide synthase:regulation of enzyme expression. Biochim. Biophys. Acta 1083:121-134, 1991
3) William, L S., Thomas, E. E., Richard, J. et al.:Tyrosyl radicals and their role in hydroperoxide-dependent activation and inactivation of prostaglandin endoperoxide synthase. Biochemistry 31:3-7, 1992
P.109 掲載の参考文献
P.111 掲載の参考文献
1) 岡野幸雄, 野沢義則:c-MET/HGFレセプターとその細胞内情報伝達機構. 実験医学11:1130-1136, 1993
2) Nakamura, T.:Structure and function of hepatocyte growth factor. Prog. Growth Factor Res. 3:67-85, 1991
P.113 掲載の参考文献
1) Dinarello, C. A.:Role of interleukin-1 and tumor necrosis factor in systemic responses to infection and inflammation. In:Inflammation, Basic Principles and Clinical Correlates, second edition. Raven Press, New York, 1992, pp.211-232
2) 若林剛:TNF結合蛋白 (可溶性TNF受容体) の基礎と臨床. 侵襲と免疫 6:3-10, 1993
P.115 掲載の参考文献
1) 石井兼央:慢性膵炎の診断. 日本医事新報 2348:3-11, 1969
2) 篠崎正美, 税所宏光, 時長一元ほか:超音波所見からみた腫瘤形成型膵炎, 特に画像推移と臨床病態との関連について. Jpn. J. Med. Ultrasonics 14:189-198, 1987
3) 黒田慧, 八幡和彦:腫瘤形成性膵炎. 肝胆膵 17:1191-1198, 1988
P.117 掲載の参考文献
1) Carpenter, G. and Cohen, S.:Epidermal growth factor. J. Biol. Chem. 81:7709-7712, 1990
2) 伊藤誠:胃粘膜防御機構-上皮細胞成長 (増殖) 因子 (EGF)-. 最新内科学大系 41, 消化管疾患-胃炎-, 中山書店, 東京, 1993, pp. 81-91
3) 東山繁樹, 谷口直之:ヘパリン結合性EGF様増殖因子-その分子構造, 機能, 病態との関わり-. 現代医療 26:91-97, 1994
P.119 掲載の参考文献
2) 高橋靖広, 岩崎洋治, 南風原英生ほか:内視鏡的食道静脈瘤治療-とくに手技について-. Prog. Dig. Endosc. 12:105-108, 1976
3) Stiegman, G. V. et al.:Result of experimental endoscopic esophageal varix ligation. Am. Surg. 54:105-113, 1988
4) 金川博史, 美馬聡昭, 関谷千尋ほか:バルーン下逆行性経静脈的塞栓術 (B-RTO) による胃静脈瘤の治療消化器内視鏡 3:1067-1071, 1991
5) 近森文夫, 青柳啓之, 渋谷進ほか:経皮経肝門脈造影 (PTP) からみた胃静脈硬化療法の適応. Gastroenterol. Endosc. 34:29-36, 1992
6) 山田龍作:経皮的肝内門脈静脈短絡術の初期経験. 日消外会誌 27:163-166, 1994
P.121 掲載の参考文献
1) 門馬久美子, 吉田操, 山田義也ほか:食道粘膜癌の内視鏡診断-深達度亜分類を用いた深達度診断の検討-. 胃と腸 29:327-340, 1994
2) 門馬久美子, 吉田操:食道色素内視鏡-悪性病変-. 消化器内視鏡 3:1043-1048, 1991
3) 門馬久美子, 吉田操, 山田義也ほか:早期食道癌に対する内視鏡的粘膜切除の実際-2チャンネル法-. 胃と腸 28:141-151, 1993
P.123 掲載の参考文献
P.125 掲載の参考文献
1) 最新内科学体系 53, 膵炎, 珊, 膵の先天性疾患, 中山書店, 東京, 1992, pp. 259-344
2) 古味信彦編, 消化器病セミナー 27, 膵胆管合流異常, へるす出版, 東京, 1987
P.127 掲載の参考文献
1) 井上正康:SODの分子設計と活性酸素病態の制御. 活性酸素と病態, 井上正康編著, 学会出版センター, 東京, 1992, pp. 729-749
2) 鈴木敬一郎, 谷口直之:活性酸素種と血管内皮の損傷. 集中治療 6:997-1004, 1994
3) 藤井順逸, 柏木善朗:サイトカインによる Mn-SOD 遺伝子の発現調節. 活性酸素の臨床への展望-NO と SOD, 谷口直之編, 医薬ジャーナル社, 大阪, 1994, pp. 661-664
P.131 掲載の参考文献
1) Ozawa, K.:Living related donor liver transplantation. Karger, Basel, 1994
2) Yamaoka, Y., Ozawa, K., Tanaka, A. et al.:New devices for harvesting a hepatic graft from living donor. Trαnsplantation 52:157-159, 1991
P.134 掲載の参考文献
2) 宮坂昌之:接着分子-分子機構と医学への応用. 中外医学社, 東京, 1993
3) 竹内勤:VLA抗原の多様性. シンポジウム炎症と免疫2:111-118, 1993
4) 田中良哉:白血球と血管内皮細胞の相互作用, 接着分子. Mebio 10:56-64, 1993
5) 上出利光, 渡辺裕美:接着分子の臨床への関わり, 今日の臨床免疫学-病態解明と治療法-. nano GIGA 2:1825-1856, 1993
P.137 掲載の参考文献

蛋白質リン酸化

P.139 掲載の参考文献
1) 石橋貞彦:ATPと代謝制御. 東京大学出版会, 東京, 1989
2) 村松正實 (編):臨床分子生物学. 日本臨牀社, 東京, 1994
3) 田中千賀子, 西塚泰美 (編):生体における情報伝達. 南江堂, 東京, 1993
P.141 掲載の参考文献
1) Barnard, J. A., Lyons, R. M. and Moses, H. L.:The cell biology of transforming growth factor β. Biochim. Biophys. A cta 1032:79-87, 1990
2) Roberts, A. B. and Sporn, M. B.:Physiological actions and clinical applications of transforming growth factor-β (TGF-β). Growth Factors 8:1-9, 1993
3) 宮園浩平, 上野直人, 野田政樹編:TGF-βスーパーファミリー. 実験医学 (増), 羊土社, 1992
P.143 掲載の参考文献
P.147 掲載の参考文献
P.149 掲載の参考文献
1) 石丸悟正, 横田淳:接着分子構造をもつ癌抑制遺伝子DCC. 実験医学 11:2163-2167, 1994
2) 石丸悟正, 横田淳:遺伝子異常よりみた大腸癌の発生・進展とその臨床応用. Medical Practice 11:1731-1734, 1992
3) 延沢利江子, 青山伸郎, 藤盛孝博ほか:大腸腫瘍におけるDCC遺伝子の変異. Medical Practice 11:1793-1796, 1992
P.151 掲載の参考文献
1) Brugge, J. et al. (ed.):Origin of Human Cancer:a comprehensive review. Cold Spning Hanbon Laboratory Press, New York, 1991
3) 癌遺伝子と癌抑制遺伝子 (第5土曜特集). 医学のあゆみ 171:1994

特発性細菌性腹膜炎

P.153 掲載の参考文献
1) 中村達, 坂口孝宣:特発性細菌性腹膜炎. 日本臨牀 52:104-109, 1994
2) 吉田博, 谷川久一:特発性細菌性腹膜炎-SBP, コーン症候群-. 肝胆膵 16:75-82, 1988
P.155 掲載の参考文献
1) 中辻憲夫:発生工学のすすめ. 羊土社, 東京, 1994
2) 山村研一, 勝木元也, 相沢慎-編, 疾患モデルマウス. 中山書店, 東京, 1994
P.157 掲載の参考文献
1) 多田正弘ほか:Strip-off biopsy の開発. Gastroenterol. Endosc. 26:833-839, 1984
2) 平尾雅紀ほか:早期胃癌に対するHSE局注を併用した内視鏡的切除法. 癌の臨床 32:1180-1184, 1986
3) 井上靖洋ほか:食道粘膜癌に対する内視鏡的粘膜切除術. 外科 156:1276-1281, 1992
4) 幕内博康ほか:食道粘膜癌に対する内視鏡的粘膜切除の適応と限界. 日外会誌 24:2599-2603, 1991
P.159 掲載の参考文献
1) Stiegmann, G. V., Camber, T. and Sun, J. H.:A new endoscopic elastic band ligation device. Gastrointest. Endosc. 32:230-233, 1986
2) 山本学, 鈴木博昭, 青木哲ほか:内視鏡的静脈瘤結紮術 (EVL). 消化器内視鏡 2:269-75, 1990
3) 矢崎康幸, 渡辺晴司, 松本昭範ほか:EVL と EIS を併用した食道静脈瘤の短期療法と EIS単独療法の比較. Gastrointest. Endosc. 36:2406-2415, 1994
P.161 掲載の参考文献
2) 大原秀一, 本郷道夫, 浅木茂ほか:24 時間胃内pH モニターによるファモチジンおよびオメプラゾールの胃内pHに対する影響. 日消誌 85:1353-1359, 1988
3) 大原秀一, 金原孝行, 浅木茂ほか:24 時間胃内pH モニターよりみた消化性潰瘍治療のあり方. 消化器科 16:347-356, 1992
P.163 掲載の参考文献
1) Welch, WJ.:Mammalian stress response;cell physiology, structure function of stress proteins, and implications for medicine and desease. Physiol. Rev. 72:1063-1081, 1992
P.165 掲載の参考文献
1) 山雄健次, 中澤三郎, 芳野純治ほか:粘液産生膵腫瘍の分類に関する最近の知見. 肝胆膵 26:885-889, 1993
2) 大橋計彦, 高木国夫;粘底産生膵癌の4例. Prog. Dig. Endosc. 20:348-351, 1980
3) 中澤三郎, 山雄健次, 山田昌弘ほか:膵粘液産生腫瘍の分類に関する研究. 日消誌 85:924-932, 1988
4) 加藤洋, 柳澤昭夫:粘液産生膵癌-概念と分類-. 胆と膵 7:731-737, 1986
5) 黒田慧:最近注目されている膵腫瘍. 胆と膵 9:1459-1472, 1988
P.167 掲載の参考文献
1) Colin-Jones, D. G.:Management of dyspepsia:report of working party. Lancet i:576-579, 1988
2) 高安博之, 原澤茂, 三輪剛ほか:Non-ulcer dyspepsia 患者における胃生理機能および Helicobacter Pylori に関する検討. 日消病会誌 90:743-753, 1993
3) 原澤茂:消化管運動異常. 内科 73:1189-1194, 1994

vacA遺伝子

P.169 掲載の参考文献
2) Padnis, S. H., Ilver, D., Janzon, L. et al.:Pathological significance and molecular characterization of the vacuolating toxin gene of Helicobacter pylori. Infect. Immun. 62:1557-1565, 1994
3) Cover, T. L., Tummuru, M. K. R., Cao, P. et al.:Divergence of genetic sequences for the vacuolating cytotoxin among Helicobacter pylori strains. J. Biol. Chem. 269:10566-10573, 1994
P.171 掲載の参考文献
1) Katzka, D. A.:Columnar-Lined (Barrett's) esophagus. In:Bockus Gastroenterology 5th Edition, W. B. Saunders Company, Philadelphia, 1995, pp. 468-482
2) 星橋芳雄, 橋本光代, 木暮喬:食道裂孔ヘルニアと Barrett 上皮-内視鏡による鑑別診断-. 消化器内視鏡 6:213-219, 1994
P.173 掲載の参考文献
1) 遠藤昌夫:経腸栄養法. Medicina 31:1154-1158, 1994
2) 青柳邦彦, 飯田三雄, 松井敏幸ほか:Crohn 病に対する半消化態栄養剤の治療効果. 日消誌 85:1042-1050, 1988
3) 古賀秀樹, 飯田三雄, 青柳邦彦ほか:半消化態栄養剤のCrohn病に対する長期緩解維持効果. 日消誌 90:2882-2888, 1993
P.175 掲載の参考文献
1) Grouboui, A., Wychouski, C. et. al.:Expression and identification of hepatitisc virus polyprotein cleavage products. J. Virol. 67:1385-1395, 1993
3) Suzich, J. A., Tamura, J. K., Palmer-Hill, F. et al.:Hapatitis C virus NS3 protein polynucleotide-stimulated nucleotide triphosphatase and comparison with the related Pestivirus and Flavivirus engymes. J. Virol. 67:6152-6158, 1993
7) Tsukiyama-Kohara, K., Kohara, M., Yamaguchi, K. et al.:A second group hepatitis C viruses. Virus Genes 5:243-254, 1991
P.177 掲載の参考文献
2) Okamoto, H., Imai, M., Tsuda, F. et al.:Point mutation in the S gene of hepatitis B virus for a d/y or w/r subtypic change in two blood donors carrying a surface antigen of compound subtype adyr or adwr. J. Virol. 61:3030-3034, 1987
P.179 掲載の参考文献
2) 小池和彦:遺伝子導入による肝発癌機構の解析. 肝炎ウイルスと肝癌, 羊土社, 東京, 1994, pp. 136-146
P.181 掲載の参考文献
P.183 掲載の参考文献
1) 飯野四郎:肝炎ウイルスワクチン. 綜合臨床 42:841-847, 1993
2) 飯野四郎:B型肝炎ワクチン. 臨床とウイルス 16:275-281, 1988
P.185 掲載の参考文献
P.187 掲載の参考文献
P.189 掲載の参考文献
P.191 掲載の参考文献
1) 食道疾患研究会 (編):食道癌取扱い規約, 第8版. 金原出版, 東京, 1992
2) 遠藤光夫:早期食道癌-全国集計の分析-. Gastroentest. Endosc. 32:2466-2470, 1990
P.193 掲載の参考文献
1) 長廻紘, 河南智晴, 藤盛孝博:表面型早期大腸癌. 日本医事新報 3555:13-17, 1992
2) 藤盛孝博, 長廻紘, 里中和ほか:ras遺伝子からみた表面型早期大腸癌の特異性. 胃と腸 27:111-117, 1992
4) 長廻紘, 岡誉子, 岩本芳枝ほか:表面型早期癌から進行癌へ, 水平発育型腫瘍の提唱. 胃と腸 30:165-171, 1995
P.195 掲載の参考文献
1) Mouret, G.:From the first laparoscopic cholecystectomy to the frontiers of laparoscopic surgery. The prospective futures. Dig. Surg. 8:124-125, 1991
2) 石川泰郎, 酒井滋, 山川達郎ほか:腹腔鏡下胆嚢摘出術, 本邦第一例を含む5症例の経験. 日臨外会誌 52:859-864, 1991
3) 大上正裕, 深川裕明, 有沢淑人ほか:腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるわれわれの工夫-胆嚢結石症に対する新しい治療法. 消化器内視鏡 2:1473-1482, 1990
P.197 掲載の参考文献
1) 吉川敏一, 内藤裕二, 近藤元治:活性酸素・フリーラジカルとは何か, 疾患. 活性酸素・フリーラジカル1:83-102, 1990
2) 内藤裕二, 吉川敏一, 近藤元治:Up Dateフリーラジカル基礎と臨床, 消化管. 現代医療 25:3380-3384, 1993
P.199 掲載の参考文献
1) Heerman, K. H. et al.:Large surface protein of hepatitis B viruses containing the Pre-S sequence. J. Virol. 52:396-402, 1984
3) Kuroki, K. et al.:A cell surface protein that binds avian hepatitis B virus particles. J. Virol. 68:2091-2096, 1994
4) Bruss, V. et al.:Mapping a region of the large envelope protein required for hepatitis B viruses maturation. J. Virol. 68:1643-1650, 1994
P.201 掲載の参考文献
1) Robert, A.:Cytoprotection by prostaglandins. Gastroenterology 77:761-767, 1979
2) Miller, T. A.:Protective effects of prostaglandins against gastric mucosal damage:current knowledge and proposed mechanisms. Am. J. Physiology 245:G601-G623, 1983
3) 寺野彰ほか:プロスタグランディンの胃粘膜細胞保護作用 (cytoprotection)-最近の動向-. 医学のあゆみ138:143-146, 1986
5) Stachura, J. et al.:Prostaglandin protection of carbon-tetrachloride-induced liver cell necrosisin the rat. Gastroenterology 81:211-216, 1981
6) 太田慎一, 寺野彰:プロスタグランディンと胃粘膜防御機構. Medicina 1O:2161-2164, 1990
P.203 掲載の参考文献
1) 根岸学:プロスタノイド受容体の構造とその情報伝達. 生化学 65:277-280, 1993
3) Honda, A., Sugimoto, Y., Namba, T. et al.:Cloning and expression of a cDNA for mouse prostaglandin E receptor EP?subtype. J. Biol. Chem. 268:7759-7762, 1993
4) 寺野彰, 太田慎一, 武藤弘行:胃粘膜のプロスタグランジン受容体. G. I. Research 1:15-22, 1993
5) 寺野彰, 平石秀幸, 石田基雄:プロスタグランジンレセプターに関する最近の知見. G. I. Research 2:22-25, 1994
P.205 掲載の参考文献
1) 前田正知:胃酸分泌酵素の生化学的研究. 生化学 63:1037-1061, 1991
2) Sachs, G., Besancon, M., Shin, J. M. et al.:Structural aspects of the gastric H+, K+-ATPase. J. Bioenerg. Biomembr. 24:301-308, 1992
3) 長屋秀明, 佐藤宏:acid pump. 胃-形態とその機能, 川井啓市編, 医学書院, 東京, 1993, pp.130-137
P.207 掲載の参考文献
1) Chiba, T. and Yamada, T.:Gut somatostatin. In:GUT PEPTIDES, eds. by Walsh, J. and Dockray, G. Raven Press, NY, 1994, pp. 123-146
2) Soll, A. and Berglindh, T.:Receptors that regulat gastric acid secretory function. In:Physiology of The Gastrointestinal Tract Vol. 1, ed. by L. R. Johnson, Raven Press, NY, 1994, pp. 1139-1170
P.209 掲載の参考文献
1) Chiba, T. and Yamada, T.:Gut somatostatin. In:Gut Peptides, eds. by J. Walsh and G. Dockray, Raven Press, NY, 1994, pp. 123-146
2) Soll, A. and Berglindh, T.:Receptors that regulat gastric acid secretory function. In:Physiology of The Gastrointestinal Tract Vol. 1, ed. by L. R. Johnson, Raven Press, NY, 1994, pp. 1139-1170
P.211 掲載の参考文献
P.213 掲載の参考文献
P.215 掲載の参考文献
1) 一瀬雅夫, 塚田真子, 三木一正:ペプシノゲン遺伝子の構造と発現調節. 実験医学 8:2191-2195, 1990
P.217 掲載の参考文献
2) 野口正人, 安達秀樹:ペプシノーゲンとその放出. 臨床生理学シリーズ 3 胃, 松尾裕, 竹口紀晃編, 南江堂, 東京, 1989, pp. 108-117
3) Raffaniello, R. and Raufman, J. P.:Guanine nucleotides activate multiple signaling pathways in permeabilized gastric chief cells. Biol. Chem. 268:8491-8496, 1993

MALTリンパ腫

P.221 掲載の参考文献
2) 若狭治毅, 小野伸高:リンパ節の低悪性度群リンパ腫の病理. 病理と臨床 10:18-24, 1992
3) 青崎真一郎ほか:表層拡大型進展を呈した胃MALT リンパ腫の1例. 胃と腸 28:1115-1123, 1993
P.223 掲載の参考文献
1) 日野田裕治, 今井浩三:消化器癌腫瘍マーカーに関わる因子. 消化器疾患の分子生物学入門, FOCUS 消化器 (3), 中山書店, 東京, 1994, pp. 219-225
2) 今井浩三, 日野田裕治, 高橋徹:Mucin 遺伝子と臨床免疫学. 日本臨床免疫学会会誌 17:139-146, 1994
3) Gum, J. R.:Mucin genes and the proteins they encode:structure, diversity, and regulation. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 7:557-564, 1994
P.225 掲載の参考文献
1) 相馬悌, 吉田豊:免疫便潜血検査-検査法と評価法-. 日内会誌 83:1288-1292, 1994
P.227 掲載の参考文献
1) 百渓英一, 吉野知男:ヨーネ病の病理発生機構と防疫について. 日獣会誌 42:229-237, 1989
3) 横溝祐一:遺伝子及び免疫機構の研究からヨーネ病に対する新しい診断技術開発への展望 (II) ヨーネ菌に対する免疫応答の研究から早期新案技術の開発. 動生協会会報 27:20-34, 1994
P.229 掲載の参考文献
2) 服部成介ras遺伝子産物 p21 によるMAPキナーゼ系の活性化:実験医学 11:23-29, 1993
3) 清水憲二:ヒトがん細胞より分離されたがん遺伝子. 現代科学 2 (増):2-18,1985
P.231 掲載の参考文献
P.233 掲載の参考文献
1) 中村肇, 荒川哲男, 小林絢三:胃粘膜とロイコトリエンその2. 胃粘膜とアラキドン酸カスケード, 小林絢三, 荒川哲男編, ライフサイエンス, 東京, 989, pp.16-23
2) 吉田憲正, 吉川敏一, 杉野成ほか:アスピリンによる好中球-内皮間相互作用. 消化器と免疫 28:84-89, 1993
3) 名倉宏, 大谷明夫, 今谷晃:胃粘膜と細胞接着分子の病態. 消化性潰瘍. 臨床と基礎 13:121-132, 1994

最近チェックした商品履歴

Loading...