• HOME
  •  > 
  • 医学一般
  •  > 
  • 病院管理学
  •  >  病床機能報告制度・非営利ホールディングカンパニー(地域連携型医療法人)と病院市場の変化

病床機能報告制度・非営利ホールディングカンパニー(地域連携型医療法人)と病院市場の変化

出版社: イニシア
著者:
発行日: 2014-12-03
分野: 医学一般  >  病院管理学
電子書籍版: 2014-12-03 (第二版)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,300 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • はじめに
  • Q01 2015年度から、医療・介護費計年間5, 000億円が削減
  • Q02 医療費削減は、都道府県別の総額管理へ
  • Q03 平均在院日数短縮化による病床削減、査定強化
  • Q04 入院医療費は、西高東低傾向
  • Q05 総医療費も西高東低
  • Q06 医療費の3要素と地域環境の見方
  • Q07 地域における査定のローカルルールが増加する
  • Q08 在宅の看取りを増やす狙いは、医療費の削減の一つ ?
  • Q09 7対1看護の病床の多い都道府県は、地域包括ケア病棟への転換が進みやすい
  • Q10 7対1看護の多い地域ほど、地域包括ケア病棟への転換が進む
  • Q11 地域包括ケア病棟移行は「リハビリ」がキーに !
  • Q12 医療法改正から社会保障改革のゴールまでの流れは
  • Q13 地域基幹病院の軽症患者受診抑制策は ?
  • Q14 病床機能報告制度の目的は、一般病床の削減 !
  • Q15 4つの機能とは
  • Q16 都道府県別に機能別ベッド数の上限を設定
  • Q17 許可病床数、稼働病床数の報告は、公立病院へ影響が ?
  • Q18 病院全体から、病棟単位での見極めとなってくる
  • Q19 リハビリ機能の格差も焦点となる
  • Q20 在宅での看取り数は ?
  • Q21 医療機械台数の上限設定も ?
  • Q22 新規入院患者数増が病院生き残りの鍵である
  • Q23 患者シェア、在宅復帰促進策も ?
  • Q24 高度急性期は、全身麻酔の手術件数が重要となる
  • Q25 休日夜間の患者数実態の把握の狙いは ?
  • Q26 医療療養では全身管理が求められてくる
  • Q27 リハビリの質の違いを見極めるポイントは ?
  • Q28 療養病棟は重症者の受け入れ機能重視
  • Q29 非営利ホールディングカンパニー型法人の狙い
  • Q30 医療法人と福祉法人の「お金」の融通ができるのが大きなメリット
  • Q31 非営利ホールディングカンパニー型法人は、持ち分無しの医療法人が条件 ?
  • Q32 公立病院と医療法人のホールディングも可能
  • Q33 医薬品の共同購入の可能性も ?
  • Q34 株式会社は対象外に
  • Q35 その他の医療法改正
  • Q36 まとめ
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...