内部障害リハのための胸部・腹部画像 読影のすすめ

出版社: メジカルビュー社
著者:
発行日: 2017-09-30
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784758319027
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,620 円(税込)

商品紹介

医療画像は,身体の内部の状態について多くの情報を与えてくれる。胸部(肺,心血管)と腹部の正常画像,疾患画像を読み解くことができれば,内部障害のリハビリテーションで役立つ場面はたくさんある。本書では,単純X線とCTを中心に,多数の正常画像を掲載し,画像の基礎から学べるように構成した。内部障害のリハで対象となるさまざまな疾患画像を列挙しながら,画像から病態を把握し,リハビリテーションに直結する評価のポイントを解説。さらに,「リハポイント」として,各疾患に関連する検査データや栄養状態などを加味しながら,画像情報を活用して手技や運動療法を導き出すところまで踏み込んだ。近年の電子カルテ化により,以前より画像が身近になった。本書は,その貴重な情報を最大限に活用して,患者のADLの改善,QOLの向上に役立てられる1冊である。

目次

  • 内部障害リハのための胸部・腹部画像 読影のすすめ

    ―目次―

    ■胸部
    呼吸器系
    解剖と基礎知識
     1-1 呼吸器系の解剖
     1-2 呼吸器系の生理作用
     2 胸部X線画像の基本
     3 画像解剖:正常の胸部CT画像
     4-1 リハに関わる代表的な異常陰影① コンソリデーションとすりガラス様陰影
     4-2 リハに関わる代表的な異常陰影② 線状影と網状影
     4-3 リハに関わる代表的な異常陰影③ 結節性陰影
     4-4 リハに関わる代表的な異常陰影④ シルエットサイン
     4-5 リハに関わる代表的な異常陰影⑤ 無気肺
    評価編
     1 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
     2-1 間質性肺炎
     2-2 間質性肺炎:慢性変化
     2-3 間質性肺炎:急性変化
     3-1 急性呼吸促迫症候群(ARDS)
     3-2 ARDS:術後発症した場合の病態
     3-3 ARDSの病態把握のポイント P/F ratio
     4 肺がん
     5 誤嚥性肺炎
     6 気胸
     7 肺結核
     8 細菌性肺炎と非定型肺炎
     9 胸水
     10-1 換気血流比の不均衡
     10-2 換気障害
     10-3 拡散障害
    リハ編
     1-1 COPD リハポイント:病期に応じた呼吸リハ
     1-2 COPD リハポイント:コンディショニングと運動療法
     2-1 間質性肺炎 リハポイント:病期に応じた呼吸リハ
     2-2 間質性肺炎 リハポイント:ステロイドミオパチー
     3-1 ARDS リハポイント:臥床状態から生じる下側肺障害
     3-2 ARDS リハポイント:ポジショニングとスクイジング
     3-3 ARDS リハポイント:体位ドレナージ
     3-4 ARDS リハポイント:全身状態が安定していれば離床へ
     4-1 肺がん リハポイント:周術期の合併症予防
     4-2 肺がん リハポイント:骨転移のリスク管理
     4-3 肺がん リハポイント:緩和ケアとしてのリハ
     5-1 誤嚥性肺炎 リハポイント:姿勢に着目しよう
     5-2 誤嚥性肺炎 リハポイント:頭頸部のROM訓練,嚥下体操と体位ドレナージ
     6 気胸 リハポイント:胸腔ドレーン管理
     7 肺結核 リハポイント:感染対策を把握しよう
     8-1 細菌性肺炎と非定型肺炎 気管支拡張症 リハポイント:排痰訓練の工夫
     8-2 細菌性肺炎と非定型肺炎 気管支拡張症 リハポイント:併存症の影響
     8-3 細菌性肺炎と非定型肺炎 側弯症に伴う気管支炎 リハポイント:画像から呼吸リハを考える
     
    心血管系
    解剖と基礎知識
     1-1 循環器系の解剖
     1-2 循環器系の生理作用
     2-1 画像解剖(1):正常の胸部X線画像
     2-2 画像解剖(2):正常の胸部CT画像縦隔条件
     2-3 画像解剖(3):冠動脈CT
     2-4 画像解剖(4):心エコー
     2-5 画像解剖(5):冠動脈造影検査
    評価編
     1-1 心不全:時系列的な変化
     1-2 心不全:画像の特徴
     2 虚血性心疾患
     3-1 弁膜症:大動脈弁狭窄症(AS)
     3-2 弁膜症:大動脈弁閉鎖不全症(AR)
     3-3 弁膜症:僧帽弁狭窄症(MS)
     3-4 弁膜症:僧帽弁閉鎖不全症(MR)
     4-1 大動脈解離:分類について整理しよう
     4-2 大動脈解離:特徴的な画像を押さえよう
     5-1 大動脈瘤:分類と瘤径を押さえよう
     5-2 大動脈瘤:瘤径と石灰化に着目しよう
    リハ編
     1-1 心不全 リハポイント:離床時には何を確認するべきか
     1-2 心不全 リハポイント:重症度を画像から見極めリハをしよう
     1-3 心不全 リハポイント:リハ中こんなときは注意しよう
     1-4 心不全 リハポイント:一日を通した活動を指導しよう
     2 虚血性心疾患 リハポイント:虚血部位を頭に入れてリハを実施しよう
     3 弁膜症 リハポイント:弁の状態を見極めてリスクを予測しよう
     4 大動脈解離 リハポイント:型に注意してリハをしよう
     5 大動脈瘤 リハポイント:血圧を上げないための動作指導をしよう
     
    ■腹部
    腹部  鈴木啓介
     1-1 画像解剖(1):正常の腹部X線画像
     1-2 画像解剖(2):正常の腹部CT画像
     2 CT値
     
    肝胆膵系  鈴木啓介
    解剖と基礎知識
     1-1 肝臓,胆嚢(胆道),膵臓の解剖
     1-2 肝臓,胆嚢(胆道),膵臓の生理作用
     2 肝臓,胆嚢(胆道),膵臓の画像解剖
    評価編
     1 肝硬変
     2 肝嚢胞
     3 肝細胞がん(HCC)
     4 脂肪肝
     5 胆石(総胆管結石)
     6 膵がん
    リハ編
     1 肝硬変 リハポイント:代償期と非代償期のリハに注意しよう
     2 肝嚢胞 リハポイント:画像に驚かず積極的なリハをしよう
     3 肝細胞がん(HCC) リハポイント:肝機能低下による合併症に注意
     4 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD) リハポイント:運動の負荷強度を工夫しよう
     5 胆石 リハポイント:ERCP,MRCP検査とtube管理に注意
     6 膵がん リハポイント:糖尿病に留意し,消化機能低下による低栄養に注意しよう
     
    消化管系  鈴木啓介
    解剖と基礎知識
     1-1 胃,小腸,大腸の解剖
     1-2 胃,小腸,大腸の生理作用
     2 胃と腸管の画像解剖
    評価編
     1 胃がん
     2 大腸(結腸)がん
     3 イレウス(腸閉塞)
     4 鼠径ヘルニア
     5 腸穿孔
     6 腹部脂肪(メタボリックシンドローム)
     7 胃瘻
    リハ編
     1-1 胃がん 保存治療(手術なし) リハポイント:がんによる通過障害部位を見極めよう
     1-2 胃がん 手術あり リハポイント:胃切除後症候群に注意しリハをしよう
     2 大腸がん リハポイント:下血後の貧血に注意
     3 イレウス リハポイント:イレウス管挿入時も運動を
     4 ヘルニア リハポイント:リハ時の姿勢に注意し,圧迫は避ける 
     5 腸穿孔 リハポイント:長期戦を見据えたリハ介入をしよう
     6 腹部脂肪(メタボリックシンドローム) リハポイント:画像を見せて行動変容を促そう
     7 腹水 リハポイント:心臓,肝臓,腎臓を疑え
     
    泌尿器・生殖器系  鈴木啓介
    解剖と基礎知識
     1-1 腎臓・膀胱の解剖
     1-2 腎臓・膀胱の生理作用
     2 腎臓と膀胱の画像解剖
    評価編
     1 慢性腎臓病(CKD)
     2 腎嚢包
     3 子宮がん
    リハ編
     1 慢性腎臓病(CKD) リハポイント:進行度に合わせた運動負荷
     2 腎嚢包 リハポイント:多発性であれば要注意

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...