神経眼科学を学ぶ人のために 第2版

出版社: 医学書院
著者:
発行日: 2017-10-01
分野: 臨床医学:外科  >  眼科学
ISBN: 9784260032186
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

10,120 円(税込)

商品紹介

神経眼科臨床・研究の第一線で長年活躍する著者による、決定版テキストの改訂版。解剖生理、診察・検査・診断から治療まで、明快かつシンプルな記述で臨床に必要な知識を網羅。圧巻のカラー図版・症例写真・画像所見を掲載したビジュアルなレイアウト。基礎知識から最新知見まで、読者の知りたい情報にたどりつきやすい紙面構成。眼科医、神経内科医、視能訓練士など神経眼科臨床に携わる、すべての医療関係者の必携書。

目次

  • 第1章 神経眼科の解剖と生理
     A 視覚路
     B 眼球運動系
     C 対光反射経路

    第2章 神経眼科診察法
     A 問診
     B 視診
     C 眼位・眼球運動検査
     D 視神経乳頭の見方(検眼鏡および眼底写真による)
     E 瞳孔・対光反射の観察
     F 中心フリッカ値の測定
     G 視野の測定
     H 色覚検査
     I OCT検査
     J 自発蛍光検査
     K 電気生理学的検査
     L 放射線画像検査
     M 遺伝子診断
     N 髄液検査
     O 特殊自己抗体検査

    第3章 視神経・視路疾患
     A 視神経に腫脹をきたす疾患
     B 遺伝性視神経症
     C 外傷性視神経症
     D 圧迫性視神経症
     E 栄養欠乏性視神経症
     F 中毒性視神経症
     G 悪性腫瘍による視神経症
     H 放射線視神経症
     I 視神経萎縮
     J 視神経の先天異常
     K 視神経の腫瘍
     L 視交叉の異常
     M 視交叉以降の視路病変
     N 視神経疾患と間違えやすい網膜疾患

    第4章 眼球運動障害
     A 核上性眼球運動障害
     B 核および核下性眼球運動障害
     C 眼運動神経先天異常
     D 神経筋接合部障害
     E 筋原性眼球運動障害および機械的眼球運動制限

    第5章 眼振・異常眼球運動
     A 眼振の定義と分類
     B 先天眼振,乳児眼振
     C 後天眼振
     D 眼振様運動

    第6章 眼瞼の異常
     A 眼瞼の位置・形態異常
     B 眼瞼の機能異常

    第7章 瞳孔異常をきたす疾患
     A 緊張瞳孔,Adie症候群
     B Horner症候群
     C 楕円瞳孔,中脳性瞳孔偏位
     D Argyll Robertson瞳孔
     E 動眼神経麻痺
     F 前眼部虚血(ASI)

    第8章 眼窩に異常をきたす疾患
     A 甲状腺眼症(GO,TAO)
     B 特発性眼窩炎症
     C 粘膜関連リンパ組織リンパ腫(MALTリンパ腫)
     D IgG4関連眼疾患
     E 頸動脈海綿静脈洞瘻(CCF)
     F 眼窩先端症候群,上眼窩裂症候群
     G 眼窩先端部真菌症
     H 副鼻腔粘液嚢胞・膿嚢胞
     I 眼窩蜂巣炎,眼窩周囲蜂巣炎
     J 眼窩壁骨折(眼窩吹き抜け骨折)
     K 眼窩静脈瘤

    第9章 全身疾患と神経眼科
     A 重症筋無力症(MG)
     B 多発性硬化症(MS)
     C 急性散在性(播種性)脳脊髄炎(ADEM)
     D 甲状腺眼症(GO,TAO)
     E 肥厚性硬膜炎
     F 側頭動脈炎
     G 内頸動脈解離
     H 脳腫瘍
     I Arnold-Chiari奇形
     J 神経線維腫症1型
     K 転換性(非器質性)視覚障害
     L visual snow症候群
     M 不思議の国のアリス症候群

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...