• HOME
  •  > 
  • 医学一般
  •  > 
  • 医学教育
  •  >  研修医指南書 「今の若者は・・・・・・」って、嘆いていませんか?

研修医指南書 「今の若者は・・・・・・」って、嘆いていませんか?

出版社: メディカルサイエンス社
著者:
発行日: 2017-11-15
分野: 医学一般  >  医学教育
ISBN: 9784909117021
電子書籍版: 2017-11-15 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,960 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 巻頭言
  • 序文
  • 目次
  • 編著者略歴 / 執筆者一覧
  • 今どきの若者は、というあなたへ
  • 総論1 現在の状況をデータで知って行動しよう
  • 総論2 研修医の成長の秘訣は ? Gritとポジティブ心理学
  • 教え方
  • 各論(1)-1 成人教育
  • 各論(1)-2 面白い講義はどうやって行う ?
  • 各論(1)-3 メンタリングについて
  • 各論(1)-4 プロフェッショナリズムとは何か ?
  • 各論(1)-5 匠のフィードバック方法とは ?
  • 各論(1)-6 効果的な手技の指導法
  • 各論(1)-7 ジャーナルクラブ
  • 各論(1)-8 ICTと教育
  • 各論(1)-9 アプリと教育
  • 各論(1)-10 シミュレーション教育
  • 各論(1)-11 指導医養成
  • 各論(1)-12 スモールグループディスカッション
  • 各論(1)-13 医学生への指導
  • 各論(1)-14 カリキュラムと講義作成
  • 各論(1)-15 専門医取得とプロフェッショナリズム
  • 各論(1)-16 学会や論文作成の指導
  • 各論(1)-17 他科からのローテーターにどう教えるか ?
  • 各論(1)-18 新世代の教え方 認知的不協和を大事に人間は演じているうちにその人格になってしまう
  • メンタルケア・ウェルネスについて
  • 各論(2)-1 研修医のうつ病対策
  • 各論(2)-2 睡眠について
  • 各論(2)-3 ウェルネスについて
  • 各論(2)-4 研修医の要望にどう応えるか
  • 各論(2)-5 難しい研修医や学生への対処法 類型化・類型に基づいた対処法
  • 新時代の面接法
  • 各論(3)-1 信頼性のある面接法は ?
  • どうやって研修医を集めるか
  • 各論(4)-1 施設の強みを作るには ?
  • 各論(4)-2 必勝の施設のPR方法ってあるんですか ?
  • あなたはあなた自身を分かっていますか ?
  • 各論(5)-1 メタ認知の重要性
  • 各論(5)-2 熟考した学習 Deliberate practice
  • 自己管理
  • 各論(6)-1 アンガーマネジメント
  • 各論(6)-2 ポジティブ心理学について 前向きな人に幸運が訪れる
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序文

P.5 掲載の参考文献
1) プラトン : 国家 (下). 岩波書店, 改版1974, p236-237.

今どきの若者は、というあなたへ

P.21 掲載の参考文献
1) プラトン : 国家 (下). 岩波書店, 改版1974, p236-237.
3) 城繁幸 : 若者はなぜ3年で辞めるのか? ~年功序列が奪う日本の未来~. 光文社, 2006.
4) 城繁幸 : 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか- アウトサイダーの時代. 筑摩書房, 2008.
6) Moreno-Walton L, Brunett P, Akhtar S, et al : Teaching across the generation gap : a consensus from the Council of Emergency Medicine Residency Directors 2009 academic assembly. Acad Emerg Med 2009 ; 16 (Suppl 2) : S19-S24.
9) 日経メディカルAナーシング 新人が「ネイルができないから辞めたい」 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/hachikin/201607/547607.html
10) 石川雅彦 : RCA根本原因分析法実践マニュアル 第2版-再発防止と医療安全教育への活用 第2版. 医学書院, 2012.
P.27 掲載の参考文献
8) デレック・ボック : 幸福の研究-ハーバード元学長が教える幸福な社会. 東洋経済新報社, 2011.

教え方

P.41 掲載の参考文献
1) マルカム・S・ノールズ著, 渡邊洋子監訳 : 学習者と教育者のための自己主導型学習ガイド-ともに創る学習のすすめ-. 明石書店, 2005.
2) 渡邊洋子 : 成人教育学の基本原理と提起-職業人教育への示唆-. 医学教育 2007 ; 38 (3) : 151-160.
3) 三原泰煕 : 成人教育論と人材形成-M. S. ノールズとアンドラゴジー・モデルとその批判を中心に-. 経営と経済 1990 ; 70 (3) : 123-138.
4) クラウス・マイセル著, 三輪建二訳 : おとなの学びを支援する-講座の準備・実施・評価のために-. 鳳書房, 2000.
5) 小池源吾, 志々田まなみ : 成人の学習と意識変容. 広島大学大学院教育学研究科紀要 2004 ; 第3部第53号 : 11-19.
6) 豊田千代子 : ポスト・アンドラゴジー論の形成に向けての一考察-P. クラントンの理論枠組を中心として-. 駒澤大学教育学研究論集 1997 ; 13 : 29-53.
7) ジョン・M・ケラー著, 鈴木克明訳 : 学習意欲をデザインする-ARCSモデルよるインストラクショナルデザイン-. 北大路書房, 2010.
8) 渡邊洋子 : 生涯学習時代の成人教育学-学習者支援へのアドヴォカシ-. 明石書店, 2002.
P.49 掲載の参考文献
2) Svinicki MD, McKeachie WJ : McKeachie's Teaching Tips : Strategies, Research and Theory for College and University Teachers. Boston, MA : Houghton-Mifflin, 2013.
4) Cowen N : The Magical Mystery Four : How is Working Memory Capacity Limited, and Why? Curr Dir Psychol Sci 2010 ; 19 (1) : 51-57.
6) Mattu A : Speaking Like a Pro, 2011 ACEP Scientific Meeting.
7) Reynolds G : Presentation Zen : Simple Ideas on Presentation Design and Delivery. Berkeley, CA, New Riders, 2012.
8) Duarte N : HBR Guide to Persuasive Presentation. Boston, MA : Harvard Business Review Press, 2012.
9) Gallo C : The Presentation Secrets of Steve Jobs. New York : McGraw Hill, 2010.
10) Gladwell M : Outliers : The Story of Success. New York : Little, Brown and Co., 2008.
P.57 掲載の参考文献
6) Kram KE : Mentoring at work : developmental relationships in organizational life. Glenview, II : Scott Foresman ; 1985.
12) McKimm J, Swanwick T : Clinical teaching made easy : A practical guide to teaching and learning in clinical setting. London, Quay Books, 2010.
P.63 掲載の参考文献
P.71 掲載の参考文献
P.76 掲載の参考文献
P.84 掲載の参考文献
1) Sackett DL, Haynes RB, Guyatt GH, et al : Clinical Epidemiology, a basic science for clinical medicine (2nd ed). Boston, Little Brown and Company, 1991.
2) SHEP Cooperative Research Group : Prevention of stroke by antihypertensive drug treatment in older persons with isolated systolic hypertension. Final results of the Systolic Hypertension in the Elderly Program (SHEP). JAMA 1991 ; 265 (24) : 3255-3264.
3) 名郷直樹 : ステップアップEBM実践ワークブック. 南江堂, 2009.
P.92 掲載の参考文献
P.102 掲載の参考文献
1) 総務省 : 平成26年通信利用動向調査 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc372110.html
9) Newman-Toker DE, Kattah JC, Alvernia JE, et al : Normal head impulse test differentiates acute cerebellar strokes from vestibular neuritis. Neurology 2008 ; 70 (24 Pt 2) : 2378-2385.
11) 阿波根千紘, 安藤裕貴, 柳内愛, 他 : LINEグループトークを利用した研修医教育. 第19回日本救急医学会中部地方会総会・学術総会シンポジウム「その気にさせるER教育のイノベーション」
P.112 掲載の参考文献
1) Jeffries PR : Clinical Simulations In Nursing Education : Advanced Concepts, Trends, and Opportunities. Wolters Kluwer, 2014, p10.
2) Merriam SB, Caffarella RS, Baumgartner LM : Learning in Adulthood : A comprehensive guide (3rd ed). San Francisco, Jossey-Bass, 2007, p291.
3) Kolb DA : Experiential Learning : Experience as the Source of Learning and Development. Prentice Hall, 1983.
4) Dewey J : Experience and Education. New York, Macmillan, 1938.
5) Knowles MS : Modern Practice of Adult Education : From pedagogy to andragogy. New York, Association Press, 1970.
6) Schon DA : The Reflective practitioner : How professionals think in action. New York, Basic Books, 1983.
7) Lave J, Wenger E : Situated learning. Legitimate peripheral participation. Cambridge, Cambridge University Press, 1991.
8) Benner P : From Novice to Expert : Excellence and Power in Clinical Nursing Practice. Menlo Park, CA, Addison-Wesley, 1984.
10) 松下佳代 : ディープ・アクティブラーニング. 勁草書房, 2015.
P.119 掲載の参考文献
P.129 掲載の参考文献
3) Dornan T, Mann K, Scherpbier A, et al : Medical Education : Theory and practice. Edinburgh, Churchill Livingstone/Elsevier, 2011, p133-156.
4) 吉田一郎, 大西弘高 編 : 実践PBLチュートリアルガイド. 南山堂, 2006, p6.
5) 平成27年度 医学教育カリキュラムの現状. 一般社団法人 全国医学部長病院長会議資料, 2015.
8) Mauffette Y, Kandlbinder P, Soucisse A : The problem in problem-based learning is the problems : But do they motive students? In Savin-Baden M, Wilkie K (Eds), Challenging Research in Problem Based Learning. Society for Research into Higher Education & Open University Press, 2004, p11-25.
10) McKeachie WJ, Gibbs, G : Teaching Tips : Strategies, Research and Theory for College and University Teachers. 10th ed. Lexington, DC Heath & Co. 1999, p190-200.
12) Durning SJ, Conran RM : Small-group teaching. In Dent JA, Harden (Eds), A practical guide for medical teachers. Churchill Livingstone ELSEVIER. 2013, p69-74..
13) Jaques D : Learning in groups. 3rd ed. London, Kogan Page, 2000.
14) Harden RM, Laidlaw JM著, 大西弘高監訳 : 医学教育を学び始める人のために. 22章 小グループでの学習. 篠原出版新社, 2013.
15) Allan EG : "I hate group work!" : Addressing students' concerns about small-group learning. A Journal of Scholarly Teaching 2017 ; 11 : 81-89.
20) JapanKnowledge Lib. デジタル大辞泉「デジタル-ネイティブ (digital native)」http://japanknowledge.com/lib/display/?lid=2001023291000
22) 津村俊充 : プロセス・エデュケーション-学びを支援するファシリテーションの理論と実際. 金子書房, 2012.
P.135 掲載の参考文献
1) 日本医学教育学会 : 医学教育白書. 篠原出版新社, 2014.
3) 吉村学 : 各論1 臨床の軸-医師患者関係の中に学生さんを巻き込むには? 日本プライマリ・ケア連合学会誌 2013 ; 36 (4) : 353-354.
P.144 掲載の参考文献
2) 日本救急医学会 専攻医研修マニュアル. http://www.jaam.jp/html/senmoni/doc_kikou/kikou_senkoui_manual.pdf
11) 日本救急医学会 専攻医研修フォーマット. http://www.jaam.jp/html/senmoni/doc_kikou/kikou_jisseki_format.pdf
P.150 掲載の参考文献
P.158 掲載の参考文献
1) 志賀隆, 舩越拓, 嘉村洋志, 他 : 考えるER-サムライ・プラクティス. シービーアール, 2014.
3) Temte JL, Hunter PH, Beasley JW : Factors associated with research interest and activity during family practice residency. Fam Med 1994 ; 26 (2) : 93-97.
P.166 掲載の参考文献
P.171 掲載の参考文献
1) Leon Festinger : A Theory of Cognitive Dissonance. California, Stanford University Press. 1957.
2) 三井宏隆, 増田真, 伊東秀章 : 認知的不協和理論-知のメタモルフォーゼ (レクチャー「社会心理学」2). 垣内出版, 1996.

メンタルケア・ウェルネスについて

P.180 掲載の参考文献
2) アンプロフェッショナルな学生の評価. http://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/forum/movie/pdf/2016/Nishigori_3.pdf
3) 瀬尾恵美子, 他 : 文科省科研費助成研究. 初期臨床研修における研修医のストレスに関する多施設研究 (2010-12). 2013.
5) 厚労省 : うつ対策推進方策マニュアル. 2004.
P.188 掲載の参考文献
9) 内山真 : 睡眠のはなし 快眠のためのヒント. 中公新書, 2014.
22) 厚生労働省健康局編. 健康づくりのための睡眠指針 2014. 東京 : 厚生労働省健康局, 2014. http://wwwmhlwgojp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221pdf
P.195 掲載の参考文献
1) ハーバート・フロイデンバーガー著, 川勝久訳 : 会社と上司のせいで燃え尽きない10の方法. 日本経済新聞出版社, 2014.
5) 島津明人 : 職業性ストレスとワーク・エンゲイジメント. ストレス科学研究 2010 ; 25 : 1-6.
8) S. Shay Bintliff, et al : Wellness Book for Emergency Physicians. ACEP, 2004.
9) Harold A. Thomas : Circadian rhythms and shift work-policy resource and education paper (PREP). ACEP http://www.acep.org/Physician-Resources/Work-Life-Balance/Wellness/Circadian-Rhythms-and-Shift-Work---Policy-Resource-and-Education-Paper-(PREP)/
P.200 掲載の参考文献
1) ロジャー・フィッシャー, ウィリアム・ユーリー, 他 : ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる! 三笠書房, 2011.
2) Roger Fisher, Daniel Shapiro : Beyond Reason : Using Emotions as You Negotiate Paperback. Penguin Books, 2006.
3) 京極真 : 医療関係者のための信念対立解明アプローチ : コミュニケーション・スキル入門. 誠信書房, 2011.
4) Peter M. Senge著, 枝廣淳子訳 : 学習する組織-システム思考で未来を創造する. 英治出版, 2011.
5) Otto Scharmer著 : U理論-過去や偏見にとらわれず, 本当に必要な「変化」を生み出す技術. 英治出版, 2010.
P.210 掲載の参考文献
1) Carnegie D : How to Win Friends and Influence People.
4) Richard K : Hawaii-Okinawa Medical Education Fellowship Alumni Session 2016. (講義スライドより抜粋)
5) 久世浩司 : 「レジリエンス」の鍛え方. 実業之日本社, 2014.
6) Boniwell I : Positive Psychology in a Nutshell : The Science of Happiness. Open University Press, 2012.
7) ミレニアルズとうまくやる3つのヒント https://www.salesforce.com/jp/blog/2015/10/millennials.html
9) ショーン・エイカー : 幸福優位性7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論. 徳間書店, 2011

新時代の面接法

P.221 掲載の参考文献

どうやって研修医を集めるか

P.229 掲載の参考文献
1) Cadle J, Paul D, Turner P : Business Analysis Tchniques, 72 Essential Tools for Success. BCS The Chartered Institute for IT, 2010.
P.236 掲載の参考文献
2) 臨床研修マッチング資料 マッチングに参加した初期研修のアンケート情報などが掲載 http://www.jrmp.jp/data.htm
3) 宮崎哲也 : フィリップ・コトラーの「マーケティング論」がわかる本. 秀和システム, 2006.
4) 志賀隆 : 医師人生は初期研修で決まるって, 知ってた? メディカルサイエンス社, 2016, p44-49, p190-195.
5) ジョセフ・シュガーマン : シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは. フォレスト出版, 2006.

あなたはあなた自身を分かっていますか ?

P.244 掲載の参考文献
P.252 掲載の参考文献

自己管理

P.261 掲載の参考文献
1) 戸田久美著, 安藤俊介監修 : 図解アンガーマネジメント. かんき出版, 2016.
2) Mytton JA, Duiseppi C, Gough DA, et al : School-based violence prevention programs : systematic review of secondary prevention trials. Arch Pediatr Adolesc Med 2002 ; 156 (8) : 752-762.
4) 日本アンガーマネジメント協会 URL ; https://www.angermanagement.co.jp
5) 安藤俊介 : 「怒り」のマネジメント術. 朝日新書, 2011.
8) 大平哲也, 磯博康, 谷川武, 他 : 不安, 怒り, うつ症状と循環器系疾患との関連についての前向き疫学研究. 心身医 2004 ; 44 (5) : 336-347.
P.265 掲載の参考文献
2) ショーン・エイカー : 幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論. 徳間書店, 2011.
3) Achor S : Positive intelligence. Harv Bus Rev 2012 ; 90 (1-2) : 100-2, 153.

最近チェックした商品履歴

Loading...