• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  呼吸器ケア 2017年冬季増刊号 人工呼吸管理の「わかりません!」を29人の腕利きエースが解決する本

呼吸器ケア 2017年冬季増刊号 人工呼吸管理の「わかりません!」を29人の腕利きエースが解決する本

出版社: メディカ出版
発行日: 2017-12-01
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 13477285
雑誌名:
特集: 人工呼吸管理の「わかりません!」を29人の腕利きエースが解決する本
電子書籍版: 2017-12-01 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,320 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,320 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 本書について
  • はじめに
  • contents
  • 執筆者一覧
  • 第1部 換気モード・設定
  • (1) FIO2設定の見きわめはどうやって行うか
  • (2) PEEPはどんな効果をもたらすのか
  • (3) PEEP設定、参考にできるパラメーターは何か
  • (4) PEEP 0 ( ZEEP ) は、どんな場面で必要になるか
  • (5) VC ( 量規定 ) とPC ( 圧規定 ) 、「使い慣れている方」で本当によいのか
  • (6) SIMVが「同調性に優れる」モードであるのはどういう点か
  • (7) APRVを用いるべき重症呼吸不全患者とそのポイントは
  • (8) BIPAP ( 二相式気道陽圧 ) の成り立ちと現在の使いこなし方は
  • (9) PRVC ( 圧補正量規定換気 ) 、仕組みを踏まえてどう使うか
  • (10) PAV ( 比例補助換気 ) のメリット・デメリットは何か
  • (11) IRV ( 逆比換気 ) が使われる理由は何か
  • (12) Closed loop controlは医療者と患者の未来をどう変えるか
  • 第2部 患者管理・モニタリング
  • (1) 自発呼吸を残す / 残さない、その判断基準とは
  • (2) 鎮痛のみ・無鎮静での挿管人工呼吸管理が可能になる状況とは
  • (3) SBTに続けて失敗してもon - off法などのウィーニングを試す意味はないか
  • (4) ARDS患者に対する一回換気量6mL / kg、例外をどう考えるか
  • (5) ARDS患者にHFOVまたはAPRVを試みてもよいと考える場面とは
  • (6) VAP予防策としての口腔ケアは、どんな方法・頻度で効果が得られるか
  • (7) 開放式 vs. 閉鎖式、気管吸引の方法に決着はついたのか
  • (8) 腹臥位と前傾側臥位では、効果にどのくらい差が出るのか
  • (9) 人工呼吸管理患者への排痰手技をいつ、どのように行うか
  • (10) 臨床でEIT ( electrical impedance tomography ) をどう見て、どう使うか
  • (11) 食道内圧測定は人工呼吸管理を変えていくか
  • 第3部 非侵襲的陽圧換気 ( NPPV ) ・ハイフローセラピー ( HFT )
  • (1) NPPVの換気モード選択のポイントは
  • (2) NPPVのインターフェイス ( マスク ) によって治療効果に違いは出るのか
  • (3) 経鼻高流量酸素療法の適応、どこで線引きするか
  • (4) HFT実施中の安全確保・リスク管理はどう行うか
  • 番外編
  • (1) 人工呼吸管理に向いている看護師とはどんなタイプか ? ( 医師の視点から )
  • (2) 人工呼吸管理に向いている看護師とはどんなタイプか ? ( 看護師の視点から )
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1部 換気モード・設定

P.16 掲載の参考文献
12) O'Driscoll, BR. et al. BTS guideline for oxygen use in adults in healthcare and emergency settings. Thorax. 72 (Suppl 1), 2017, ii1-ii90.
P.23 掲載の参考文献
P.28 掲載の参考文献
7) Expiratory Pressure (Express) Study Group. Positive end-expiratory pressure setting in adults with acute lung injury and acute respiratory distress syndrome : a randomized controlled trial. JAMA. 299 (6), 2008, 646-55.
P.34 掲載の参考文献
4) 日本集中治療医学会 ICU機能評価委員会. 人工呼吸関連肺炎予防バンドル2010改訂版 (略 : VAP バンドル). http://www.jsicm.org/pdf/2010VAP.pdf (accessed 2017-08-20)
7) 日本循環器学会ほか. 急性心不全治療ガイドライン (2011年改訂版). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_izumi_h.pdf (2017年8月20日, 日本循環器学会HP閲覧, 最新情報はhttp://www.j-circ.or.jp/guideline/ をご確認ください)
8) Adams, AB. et al. Static and dynamic pressure-volume curves reflect different aspects of respiratory system mechanics in experimental acute respiratory distress syndrome. Respir Care. 46 (7), 2001.
P.48 掲載の参考文献
P.55 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献
2) 吉田昌人. 2相性気道内陽圧 (BIPAP) 活用のための基礎. Inspiration. (7), 2010, 4-6.
P.69 掲載の参考文献
P.74 掲載の参考文献
P.79 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献
1) 渕上竜也. INTELLiVENT(R) -ASVを用いた心臓大血管手術後の人工呼吸ウィーニング. 日本臨床麻酔学会誌. 35 (5), 2015, 686-93.
2) 渕上竜也ほか. HAMILTON-G5 : Adaptive support ventilation (ASVTM). 人工呼吸. 30 (1), 2013, 4-11.
3) 小池奈央ほか. 新しい人工呼吸器『Hamilton-G5 SW2』の心臓大血管手術後人工呼吸ウィーニングへの使用経験. 人工呼吸. 34 (1), 2017, 82-5.
4) 日名太一ほか. 開頭術後人工呼吸中の動脈血二酸化炭素分圧管理においてINTELLiVENT(R) -ASV が有用だった1例. 日本臨床麻酔学会誌. 36 (4), 2013, 425-8.

第2部 患者管理・モニタリング

P.99 掲載の参考文献
P.107 掲載の参考文献
1) 日本集中治療医学会J-PADガイドライン作成委員会. 日本版・集中治療室における成人重症患者に対する痛み・不穏・せん妄管理のための臨床ガイドライン. 日本集中治療医学会雑誌. 21 (5), 2014, 539-79.
P.117 掲載の参考文献
3) Han, MK. Management and prognosis of patients requiring prolonged mechanical ventilation. UpToDate. 2017. http://www.uptodate.com/contents/management-and-prognosis-of-patients-requiring-prolongedmechanical-ventilation
5) Esteban, A. et al. A comparison of four methods of weaning patients from mechanical ventilation. Spanish Lung Failure Collaborative Group. N Engl J Med. 332 (6), 1995, 345-50.
8) Rose, L. et al. Automated versus non-automated weaning for reducing the duration of mechanical ventilation for critically ill adults and children : a cochrane systematic review and meta-analysis. Crit Care. 19 (1), 2015, 48.
P.125 掲載の参考文献
3) Kahn, JM. et al. Low tidal volume ventilation does not increase sedation use in patients with acute lung injury. Crit Care Med. 33 (4), 2005, 766-71.
6) 日本集中治療医学会ほか. ARDS診療ガイドライン 2016. http://www.jsicm.org/ARDSGL/ARDSGL2016.pdf (accessed 2017-08-22)
P.134 掲載の参考文献
2) Downs, JB. et al. Airway pressure release ventilation : a new concept in ventilatory support. Crit Care Med. 15 (5), 1987, 459-61.
4) Peek, GJ. et al. Efficacy and economic assessment of conventional ventilatory support versus extracorporeal membrane oxygenation for severe adult respiratory failure (CESAR) : a multicentre randomised controlled trial. Lancet. 374 (9698), 2009, 1351-63.
7) OSCAR Study Group. High-frequency oscillation for acute respiratory distress syndrome. N Engl J Med. 368 (9), 2013, 806-13.
8) Meade, MO. et al. Severity of Hypoxemia and Effect of High Frequency Oscillatory Ventilation in ARDS. Am J Respir Crit Care Med. 2017. in press.
P.140 掲載の参考文献
1) 剱持雄二ほか. 人工呼吸中のオーラルケア : Q-careを用いた口腔ケアの実践ポイント. 重症集中ケア. 12 (3), 2013, 64-9.
2) 第13回日本クリティカルケア看護学会学術集会. 交流集会 1 : 人工呼吸器関連肺炎予防のための気管挿管患者の口腔ケア実践ガイド 資料.
4) Eilers, J. et al. Development, testing, and application of the oral assessment guide. Oncol Nurs Forum. 15 (3), 1988, 325-30.
6) 岸本裕充ほか. 食べられる口をCREATE するためのオーラルマネジメント. 日本静脈経腸栄養学会雑誌. 31 (2), 2016, 687-92.
8) Vollman, K. "Endotracheal Tube Care and Oral Care Practices for Ventilated and Non-ventilated Patient". AACN Procedure Manual for High Acuity, Progressive, and Critical Care. Wiegand, DL. ed. 7th ed., Philadelphia, Saunders, 2016, 32-8.
10) 岩崎直弥ほか. 塩化セチルピリジニウムによる歯周ポケット内洗浄が臨床症状および細菌叢に及ぼす効果について. 日本歯周病学会会誌. 33 (2), 1991, 448-57.
P.146 掲載の参考文献
1) 日本呼吸療法医学会 気管吸引ガイドライン改訂ワーキンググループ. 気管吸引ガイドライン 2013 (成人で人工気道を有する患者のための). 人工呼吸. 30, 2013, 75-91.
P.152 掲載の参考文献
P.160 掲載の参考文献
1) 日本救急医学会. "下側肺障害". 医学用語解説集. http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/1110.htm (accessed 2017-08-27)
2) American Association for Respiratory Care, Irving, Texas. AARC clinical practice guideline : effectiveness of nonpharmacologic airway clearance therapies in hospitalized patients. Respir Care. 58 (12), 2013, 2187-93.
3) Mackenzie, CFほか. 胸部理学療法 : ICUにおける理論と実際. 丸川征四郎訳. 東京, 総合医学社, 1991, 356p.
P.166 掲載の参考文献
1) 岩下義明ほか. Electrical impedance tomography (EIT) を用いて肺胞リクルートメント効果の確認を行った1例. 日本集中治療医学会雑誌. 23 (6), 2016, 675-6.
2) 中根正樹. 肺胞リクルートメント手技の効果を評価する方法. 日本集中治療医学会雑誌. 23 (6), 2016, 623-4.
P.171 掲載の参考文献

第3部 非侵襲的陽圧換気 ( NPPV ) ・ハイフローセラピー ( HFT )

P.179 掲載の参考文献
2) Global Strategy for Diagnosis, Management, and Prevention of COPD. Updated February 2013. Evidence-based guidelines for COPD diagnosis, management, and prevention, with citations from the scientific literature. http://www.goldcopd.org/ (accessed 2017-09-01)
3) British Thoracic Society Standards of Care Committee. Non-invasive ventilation in acute respiratory failure. Thorax. 57 (3), 2002, 192-211.
5) Ducharme-Crevier, L. et al. Neurally adjusted ventilatory assist (NAVA) allows patient-ventilator synchrony during pediatric noninvasive ventilation: a crossover physiological study. Crit Care. 19, 2015, 44.
P.186 掲載の参考文献
1) 財津昭憲ほか. Helmet型マスクの時代は来るか?. 日本集中治療医学会雑誌. 16 (4), 2009, 429-32.
2) 吉岡淳ほか. BiPAP Vision におけるヘルメット型マスク (CaSter "R") を用いた際の圧モニター位置と呼気ポートについての検討. 人工呼吸. 28 (2), 2011, 193-7.
3) 小田真也ほか. 非侵襲的陽圧換気における新しいインターフェイス"ヘルメット"の使用経験 : 吸気同調性の検討. 人工呼吸. 26 (1), 2009, 75-9.
5) 大石絵未ほか. 急性期NPPV療法におけるヘルメット型マスクCaStarの使用経験. 日本集中治療医学会雑誌. 16 (Suppl), 2009, 363.
6) 菊池忠ほか. 小児の抜管後上気道狭窄に対するヘルメット型マスクを用いた非侵襲的陽圧換気療法の経験. 日本集中治療医学会雑誌. 18 (1), 2011, 95-9.
P.196 掲載の参考文献
P.205 掲載の参考文献

番外編

P.217 掲載の参考文献
1) Hamric, AB. ほか. "第2章 高度実践看護の概念化". 高度実践看護 : 統合的アプローチ. 中村美鈴ほか監訳. 東京, へるす出版, 2017, 55.
2) Hamric, AB. et al. "2. Conceptualizations of Advanced Practice Nursing". Advanced Practice Nursing : An Integrative Approach. 5th ed., Philadelphia, Saunders, 2014, 55.

最近チェックした商品履歴

Loading...