遺伝/ゲノム看護

出版社: 医歯薬出版
著者:
発行日: 2018-02-10
分野: 看護学  >  母性看護
ISBN: 9784263236994
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,520 円(税込)

商品紹介

医療職が遺伝/ゲノム医療のことを知らずにすまされない時代になりました。とくにいろいろな人びとに継続的にかかわる看護職は,一定の実践能力をもつことが期待されています。本書は,看護職が知っておきたいゲノム科学の基礎から,倫理的課題,看護実践事例まで,幅広く学べるよう編集しました。実践事例は,周産期,小児期,成人期のそれぞれで看護職が出会うことの多い8事例を選びました。場面をイメージしやすいよう,ストーリーの冒頭を親しみやすいマンガにしています。2017年秋に遺伝看護専門看護師が誕生したこの時に,満を持して発行する,すべての看護職に読んでいただきたい1冊です。

目次

  • I 遺伝/ゲノム看護とは
     1 遺伝/ゲノム医療と看護
     2 遺伝/ゲノム看護の定義
     3 遺伝/ゲノム看護に求められる実践能力
     4 遺伝/ゲノム看護の特徴

    II 遺伝/ゲノム医療の現状
     1 ヒトゲノム解読後の医療の変化
     2 遺伝/ゲノム医療の実際
     3 チームで行われる遺伝/ゲノム医療
     4 日本の保健医療政策―遺伝医療からゲノム医療へ
     5 遺伝/ゲノム医療と倫理的な配慮―「自分ごと」として考える未来に向けて
     6 遺伝/ゲノム医療を担う専門職の育成
     7 今後の課題

    III 遺伝/ゲノム看護の実際
     [周産期の遺伝/ゲノム看護]
      A 出生前診断
      B 染色体異常
     [小児期の遺伝/ゲノム看護]
      C 先天代謝異常症
      D 性染色体異常
      E 保因者ケア
     [成人期の遺伝/ゲノム看護]
      F がん
      G 神経筋疾患
      H 生活習慣病

    IV 遺伝/ゲノム看護の実践を支えるツール
     1 家族歴・家系図
     2 リスクアセスメント
     3 インターネットの活用

    V ゲノム科学の基礎―遺伝/ゲノム看護の理解に必要な知識
     1 ゲノム・遺伝子の構造と機能
     2 単一遺伝子疾患―メンデル遺伝病
     3 メンデルの遺伝法則に従わない多因子疾患
     4 発生遺伝学と先天異常
     5 がんにおける体細胞変異
     6 遺伝性(家族性)腫瘍
     7 薬理遺伝学
     8 遺伝子関連検査
     9 新生児マススクリーニング
     10 人類集団の成り立ちを研究する集団遺伝子

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...