胃癌治療ガイドライン 医師用 2018年1月改訂 第5版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2018-01-31
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307203814
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,430 円(税込)

商品紹介

「胃癌取扱い規約 第15版」・「TNM分類 第8版」とStage分類などを連動させ、日常臨床における治療アルゴリズムを改訂した。手術ではD2郭清の定義の変更など、外科臨床試験の結果を反映させた。内視鏡的切除では適応と根治性の評価が大きく変更された。化学療法では進行胃癌に対して「推奨されるレジメン」と「条件付きで推奨されるレジメン」が定められた。また、CQは治療法ごとに設定され、前版の7から26へ大幅増加した。

目次

  • I章 本ガイドラインについて
     1.胃癌治療ガイドラインの目的と対象
     2.作成主体
     3.作成の基本方針
     4.本ガイドラインの推奨とエビデンスレベルの表記
     5.ガイドラインの公開と利用の仕方

    II章 治療法
     A.治療法の種類と適応
      1.日常診療で推奨される治療法選択のアルゴリズム
     B.手術
      1.手術の種類と定義
      2.胃の切除範囲
      3.リンパ節郭清
      4.食道胃接合部癌(長径4cm以下)
      5.その他
      6.再建法
     C.内視鏡的切除
      1.内視鏡的切除の種類
      2.内視鏡的切除における標本の取扱い
      3.内視鏡的切除の適応
      4.内視鏡的切除の根治性
      5.内視鏡的切除後の治療方針
     D.切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法
      1.切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法適応の原則
      2.化学療法レジメンの推奨度の定義とエビデンスレベル
      3.切除不能進行・再発胃癌に対する一次化学療法
      4.切除不能進行・再発胃癌に対する二次化学療法
     E.補助化学療法
      1.術後補助化学療法の意義
      2.術後補助化学療法の適応
     F.緩和ケア
     G.胃癌手術後のクリニカルパス
     H.胃癌手術後のフォローアップ
     文献

    III章 資料
     A.クリニカル・クエスチョン(CQ)
      1.手術に関するクリニカル・クエスチョン
      2.内視鏡的切除に関するクリニカル・クエスチョン
      3.化学療法に関するクリニカル・クエスチョン
     B.日本胃癌学会全国登録資料

    付録 : Quality Indicatorによる胃がん医療の均てん化・実態に関する研究
        (2013年症例解析結果)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...