多元計算解剖学の基礎と臨床への応用

出版社: 誠文堂新光社
著者:
発行日: 2018-03-17
分野: 基礎医学  >  解剖学
ISBN: 9784416518243
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

22,000 円(税込)

商品紹介

「多元計算解剖学」とは、空間軸(細胞レベルから臓器レベルまで)、時間軸(胎児から死亡時まで)、機能軸(生理、代謝など)、病理軸(正常から疾患まで)といった種々の軸にまたがる医用画像情報に基づき、「生きた人体の総合理解」のための数理的解析基盤を確立し、病気の早期発見や治療困難な疾患に対する高度に知能化された診断治療法実現のための数理的諸手法を開拓する新しい学問領域である。この研究は、従来の、人体の形状だけの静的な計算解剖モデルではなく、「生きた人体」を対象とする多元情報から構築される
動的な計算解剖モデル(多元計算解剖モデル)を医学で取り扱えるようにするための先進的研究で、画像工学、計測工学、データ工学、材料工学、応用数学、物理学、機械工学、生体医工学、医学など広範な学問に関連している。

目次

  • 第1章 新学術領域「多元計算解剖学」序論
    第2章 多元計算解剖学の基礎(多元計算解剖学を支える技術)
    第3章 多元計算解剖学の学術展開
    第4章 多元計算解剖学の臨床研究への応用
    第5章 多元計算解剖学の将来展望「生きた人体の総合理解にむかって」

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...