産科疾患の画像診断 保存版

出版社: メディカ出版
著者:
発行日: 2018-03-20
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 9784840465045
電子書籍版: 2018-03-20 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

21,450 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

21,450 円(税込)

商品紹介

産科に特化した疾患をCT・MRI・超音波などたくさんの画像で解説。大学病院ならではの豊富な症例で希少な産科疾患も網羅しており、この1冊で、あらゆる産科疾患の鑑別・診断に自信が付く!Webで見られる超音波動画・ハイライト手術動画付き。

目次

  • 表紙
  • 本書について
  • 序文
  • CONTENTS
  • WEB動画の視聴方法
  • 第1章 合併症妊娠
  • 01 脳腫瘍合併妊娠
  • 02 プロラクチノーマ合併妊娠
  • 03 脳動脈瘤合併妊娠
  • 04 脳動静脈奇形合併妊娠
  • 05 もやもや病合併妊娠
  • 06 リンパ球性下垂体炎合併妊娠
  • 07 重症妊娠高血圧腎症に合併した漿液性網膜剥離
  • 08 子癇
  • 09 妊娠中の乳癌
  • 10 肺癌合併妊娠
  • 11 拘束性呼吸障害合併妊娠
  • 12 先天性QT延長症候群
  • 13 先天性QT延長症候群合併妊娠
  • 14 多形性心室頻拍を来した先天性QT延長症候群合併妊娠
  • 15 周産期心筋症
  • 16 胆石合併妊娠
  • 17 胆嚢炎合併妊娠
  • 18 虫垂炎合併の異所性妊娠
  • 19 子宮脱合併妊娠
  • 20 水腎症合併妊娠
  • 21 クッシング症候群合併妊娠
  • 22 大腸癌合併妊娠
  • 23 妊娠後骨粗鬆症
  • 24 妊娠中の大腿骨頸部骨折
  • 25 骨肉腫合併妊娠
  • 26 糖尿病合併妊娠
  • 27 妊娠中のATL発症
  • 28 妊娠中の深部静脈血栓症 ( 1 )
  • 29 妊娠中の深部静脈血栓症 ( 2 )
  • 第2章 婦人科疾患合併妊娠
  • 01 卵巣腫瘍合併妊娠
  • 02 妊娠に合併した卵巣腫瘍 - borderline malignancy -
  • 03 妊娠に合併した卵巣癌
  • 04 チョコレート嚢胞合併妊娠
  • 05 妊娠中の付属器捻転
  • 06 ダグラス窩に嵌頓した卵巣腫瘍合併妊娠
  • 07 妊娠中のデルモイド腫瘍破裂
  • 08 妊婦における子宮頸部細胞診
  • 09 子宮頸癌合併妊娠
  • 10 子宮頸部浸潤癌合併妊娠
  • 11 尖圭コンジローマ合併妊娠
  • 12 汎発性腹膜炎合併妊娠
  • 13 子宮筋腫合併妊娠
  • 14 子宮筋腫による分娩停止
  • 15 子宮筋腫合併妊娠の妊娠中期中絶
  • 16 子宮奇形合併妊娠
  • 17 子宮奇形合併妊娠の3D所見
  • 第3章 妊娠初期
  • 01 体外受精・胚移植
  • 02 顕微授精
  • 03 ウェルニッケ脳症
  • 04 絨毛性疾患
  • 05 胎児共存奇胎
  • 06 妊娠初期の急性腹症
  • 07 異所性妊娠
  • 08 卵管間質部妊娠の超音波3D所見
  • 09 子宮頸管妊娠
  • 10 子宮頸管無力症
  • 11 経腹的シロッカー手術
  • 12 流産
  • 13 Breus' mole
  • 14 細菌性腟症
  • 15 前期破水・早産・絨毛膜羊膜炎
  • 16 Amniotic fluid sludgeと流早産
  • 17 子宮内避妊器具と妊娠
  • 18 多胎妊娠における膜性診断
  • 19 多胎妊娠における卵性診断
  • 20 TRAP
  • 第4章 子宮・付属物・出血
  • 01 前置胎盤・前置血管
  • 02 前置胎盤の中期中絶
  • 03 胎盤ポリープ
  • 04 胎盤残留
  • 05 絨毛膜瘤
  • 06 絨毛血管腫
  • 07 臍帯潰瘍
  • 08 子宮動脈の偽性動脈瘤
  • 09 常位胎盤早期剥離・DIC
  • 10 常位胎盤早期剥離のCTG所見
  • 11 腟壁・後腹膜血腫
  • 12 異常出血に対するB - Lynch縫合
  • 13 産後出血に対する子宮動脈塞栓術
  • 14 分娩時出血とSheehan症候群
  • 15 羊水過多・過少
  • 16 帝王切開創の癒合不全
  • 17 帝王切開既往例における子宮壁の菲薄化
  • 18 帝王切開創部妊娠
  • 第5章 その他
  • 01 母体の低身長
  • 02 児頭骨盤不均衡とMRI
  • 03 幸帽児分娩
  • 04 マイクロキメリズムと強皮症
  • 05 胎児胸腔 - 羊膜腔シャント術
  • 06 EXIT
  • 07 ヘリコプター搬送
  • 08 先天性上気道閉塞症候群 ( CHAOS ) とEXIT
  • 09 母体血中胎児DNAと出生前遺伝子診断
  • 10 総論 : 見逃せない疾患
  • 11 胎児 - この未知なるもの
  • 索引
  • 執筆者一覧
  • 編著者紹介
  • 本書関連書籍のご案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 合併症妊娠

P.10 掲載の参考文献
P.13 掲載の参考文献
P.16 掲載の参考文献
2) 日本脳卒中学会 脳卒中合同ガイドライン委員会. "無症候性脳血管障害". 脳卒中治療ガイドライン 2009. http://www.jsts.gr.jp/jss08.html [2015.4.9]
4) 高橋淳. 脳動脈瘤, 脳動静脈奇形. 産科と婦人科. 81 (5), 2014, 581-5.
5) 吉松淳. 日本産婦人科医会の登録症例からみた妊産婦の脳出血. 前掲書4. 559-62.
P.19 掲載の参考文献
P.22 掲載の参考文献
1) 松村内久ほか. 妊産婦と脳血管疾患 : もやもや病. 産科と婦人科. 81 (5), 2014, 595-600.
3) 高橋淳ほか. もやもや病罹患女性の妊娠・分娩に関する全国産科施設および患者女性へのアンケート調査. 脳神経外科ジャーナル. 18 (5), 2009, 367-75.
4) 池田智明ほか. もやもや病における硬膜外麻酔下無痛分娩. 脳神経外科ジャーナル. 18 (5), 2009, 376-82.
P.25 掲載の参考文献
2) 沖隆. 汎下垂体機能低下症. 診断と治療. 100 (7), 2012, 37-43.
3) 大磯ユタカほか. 診断と治療の手引き. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業. 間脳下垂体機能障害に関する調査研究班. 2013.
4) Beressi, N. et al. Lymphocytic hypophysitis. Ann. Med. Interne. 150 (3), 1999, 327-41.
5) 武内享介ほか. hMG-hCG療法によって妊娠に成功したSheehan症候群の1例. 産科と婦人科. 59 (10), 1992, 129-32.
P.28 掲載の参考文献
3) 野村耕治ほか. 妊娠中毒症に合併した網膜剥離の2例. 日本眼科紀要. 37 (12), 1986, 1671-5.
4) 山田浩子ほか. 妊娠中毒症に合併した漿液性網膜症. 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 51, 2002, 315-8.
5) 吉岡久春. 中心性漿液性脈絡網膜症 (CSC) の原因. 日本眼科学会雑誌. 95 (12), 1991, 1181-95.
P.31 掲載の参考文献
1) 江口勝人. "妊婦の痙攣". 妊娠高血圧症候群のすべて. 大阪, メディカ出版, 2007, 46-51.
2) Hinchy, J. et al. A reversible posterior leukoencephalopathy syndrome. N. Engl. J. Med. 334 (26), 1996, 494-500.
3) 川上裕一ほか. 子癇とその予測. 産婦人科治療. 94 (6), 2007, 1086-91.
4) 日本妊娠高血圧学会編. 妊娠高血圧症候群の診療指針 2015 : Best Practice Guide. 東京, メジカルビュー社, 2015, 251p.
P.34 掲載の参考文献
1) 日本乳癌学会編. "日本人女性の乳癌罹患率, 乳癌死亡率の推移". 疫学・予防. 東京, 金原出版, 2008, 1-4 (科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン, 5).
2) 日本乳癌学会編. "出産は乳癌のリスクと関連するか". 疫学・予防. 東京, 金原出版, 2008, 25-6 (科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン, 5).
6) 大内憲明編. "マンモグラフィの放射線リスク". マンモグラフィによる乳がん検診の手引き : 精度管理マニュアル. 第4版. 東京, 日本医事新報社, 2008, 151-64.
7) 日本乳癌学会編. "妊娠・授乳期乳癌に手術を行うことは勧められるか". 外科療法, 東京, 金原出版, 2008, 61-2 (科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン, 2).
8) 日本乳癌学会編. "妊娠期乳癌に対する化学療法の安全性は確立されているか". 薬物療法. 東京, 金原出版, 2007, 112-3 (科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン, 1).
P.37 掲載の参考文献
2) Van Casteren, K. et al. Cancer during pregnancy : an analysis of 215 patients emphasizing the obstetrical and the neonatal outcomes. J. Clin. Oncol. 28 (4), 2010, 683-9.
3) Jackisch, C. et al. Lung cancer during pregnancy involving the products of conception and a review of the literature. Arch. Gynecol. Obstet. 268 (2), 2003, 69-77.
P.40 掲載の参考文献
1) 杉本恒明ほか. "呼吸器". 朝倉内科学. 第9版. 東京, 朝倉書店, 2007, 656-778.
3) Cunningham, FG. et al. "Maternal and Fetal Anatomy and Physiology". Williams Obstetrics. 23rd ed. New York, McGraw-Hill, 2010, 120-3.
5) 中澤誠ほか. 心疾患患者の妊娠・出産の適応, 管理に関するガイドライン : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン : 2003-2004年度合同研究班報告. Circulation. J. 69, 2005, 1267-328.
P.43 掲載の参考文献
P.46 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会ほか. "循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告) : QT延長症候群 (先天性・二次性) とBrugada症候群の診療に関するガイドライン (2012年改訂版)". http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2013_aonuma_h.pdf [2015. 10. 13]
P.49 掲載の参考文献
1) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). ダイジェスト版 : QT延長症候群 (先天性・二次性) とBrugada症候群の診療に関するガイドライン. 2012年改訂版. http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2013_aonuma_d.pdf [2016. 6. 10]
2) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2009年度合同研究班報告). 心疾患患者の妊娠・出産の適応, 管理に関するガイドライン. 2010年改訂版. http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010niwa.h.pdf [2016. 6. 10]
3) 田中博明ほか. QT延長症候群による妊産婦死亡と妊娠分娩管理. Fetal & neonetal medicine. 6 (3), 2014, 118-21.
P.52 掲載の参考文献
P.55 掲載の参考文献
P.58 掲載の参考文献
1) Cunningham, FG. et al."Hepatic, biliary, and pancreatic disorders". Williams Obstetrics. 24th ed. Columbus, McGraw-Hill Education, 2014, 1095-6.
2) Mendez-Sanchez, N. et al. Pregnancy and gallbladder disease. Ann. Hepatol. 5 (3), 2006, 227-30.
4) 急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン改訂出版委員会ほか編. "急性胆管炎の診断基準と重症度判定基準・搬送基準 : 重症度判定基準". 急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン 2013. 東京, 医学図書出版, 2013, 109.
5) 日本内視鏡外科学会編. "一般・消化器外科 4. 胆嚢". 内視鏡外科診療ガイドライン. 2008年版. 東京, 金原出版, 2008, 67.
P.61 掲載の参考文献
1) Babaknia, A. et al. Appendicitis during pregnancy. Obstet. Gynecol. 50 (1), 1977, 40-4.
4) Cunningham, FG. et al. "Gastrointestinal Disorders". Williams Obstetrics. 24th ed. New York, McGraw-Hill, 2014, 1078-80.
6) Riggs, JC. et al. Concurrent appendicitis and ectopic pregnancy : a case report. J. Reprod. Med. 47 (6), 2002, 510-4.
7) Nguyen, H. et al. Concurrent ruptured ectopic pregnancy and appendicitis. J. Am. Board Fam. Pract. 18 (1), 2005, 63-6.
P.64 掲載の参考文献
P.67 掲載の参考文献
1) Bulter, EL. et al. "Symptomatic nephrolithiasis complicating pregnancy". Obstet. Gynecol. 96 (5 Pt 1), 2000, 753-6.
2) Simon, MN. et al. "Bacterial infections of the genitourinary tract". Smith's general urology. 15th ed. Tanagho, EA. et al. eds. New York, McGraw-Hill, 2000, 237-64.
3) Kenneth, J. et al. Renal and Urinary Tract Disorders. Williams Obstetrics. 23rd ed. New York, McGraw-Hill, 2010, 1033-42.
P.70 掲載の参考文献
2) Cunningham, FG. et al. "Cushing sydrome". Williams Obstetrics. 23rd ed. New York, McGraw-Hill Professional, 2009, 1137-8.
3) 光田信明ほか. "副腎機能亢進症 [Cushing症候群 (Cushing's syndrome)] ". 合併症妊娠. 改訂3版. 村田雄二編. 大阪, メディカ出版, 2011, 232-4.
P.73 掲載の参考文献
1) 厚生労働省大臣官房統計情報部編. "人口動態統計によるがん死亡データ (1958年-2012年)". 人口動態統計. 国立がん研究センターがん対策情報センター. 2012.
P.76 掲載の参考文献
P.79 掲載の参考文献
1) 山賀明弘ほか. 女性ホルモンと骨 : 妊娠・授乳と骨代謝. CLINICAL CALCIUM. 7 (7), 1997, 916-21.
2) 岩元一朗. 妊娠・産褥期の骨量変化. 骨粗鬆症治療. 9 (2), 2010, 119-22.
4) 千木良正機ほか. 一過性骨粗鬆症 : 一過性大腿骨頭萎縮を中心として. 日本臨床. 52 (9), 1994, 2411-4.
8) Willis-Owen, CA. et al. Bilateral femoral neck fractures due to transient osteoporosis of pregnancy : a case report. Cases J. 1 (1), 2008, 120.
9) 佐々木真紀子ほか. 妊娠時特発性一過性大腿骨頭骨萎縮の1症例とその文献的考察. 産科と婦人科. 58 (1), 1991, 121-6.
P.82 掲載の参考文献
P.85 掲載の参考文献
2) 平松祐司ほか. 妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化について. 糖尿病と妊娠. 15(1), 2015, 1.
3) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会."CQ005-1 妊婦の糖代謝異常スクリーニングと診断のための検査は? ". 産婦人科診療ガイドライン : 産科編 2017. 東京, 日本産科婦人科学会, 2017, 26-8.
P.88 掲載の参考文献
1) 増崎英明. HTLV-1母子感染について. 日本医師会雑誌. 140 (4), 2011, 808-11.
3) 日本血液学会. "リンパ腫 : 成人T細胞白血病・リンパ腫 (ATL)". 日本血液学会造血器腫瘍診療ガイドライン. 2013年版. http://www.jshem.or.jp/gui-hemali/table.html [2016. 7.13]
5) 増崎英明. HTLV-1母子感染防止の実績と将来展望. 医学のあゆみ. 253 (13), 2015, 1221-5.
P.91 掲載の参考文献
1) Virchow, R. Gesammelte Abhandlungen zur Wissenschaftlichen Medizin. Frankfurt, Meidinger Sohn. 1856, 458p.
2) Heit, JA. et al. Trends in the incidence of venous thromboembolism during pregnancy or postpartum : a 30-year population-based study. Ann. Intern. Med. 143 (10), 2005, 697-706.
3) 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) 予防ガイドライン作成委員会編. 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓症) 予防ガイドライン. 東京, メディカルフロントインターナショナルリミテッド, 2004, 116p.
7) 肺塞栓症研究会監訳. 第7回ACCPガイドライン : 静脈血栓症の予防および妊娠中の抗血栓薬の使用. 東京, メディカルフロントインターナショナルリミテッド, 2006, 128p.
P.94 掲載の参考文献
1) 杉村基. 血栓症に対するQ&A PART4. Thrombosis and Circulation. 13 (2), 2005, 196-8.
2) 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) 予防ガイドライン作成委員会編. 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) 予防ガイドライン. 東京, メディカルフロントインターナショナルリミテッド, 2004, 96p.

第2章 婦人科疾患合併妊娠

P.98 掲載の参考文献
P.101 掲載の参考文献
1) 婦人科腫瘍委員会報告. 2011年患者年報. 日本産科婦人科学会雑誌. 64 (12), 2012, 2366-88.
2) 婦人科腫瘍委員会報告. 第53回治療年報. 日本産科婦人科学会雑誌. 65 (3), 2013, 1203-8.
4) 日本婦人科腫瘍学会. "治療フローチャート". 卵巣がん治療ガイドライン 2010年版. 東京, 金原出版, 2010, 103.
5) 日本婦人科腫瘍学会. "妊孕性温存を希望する症例に対する保存手術術式". 卵巣がん治療ガイドライン 2010年版. 東京, 金原出版, 2010, 44-6.
P.104 掲載の参考文献
1) 日本婦人科腫瘍学会編. "妊孕性温存を希望する症例に対する保存手術術式". 卵巣癌治療ガイドライン 2010年版. 第3版. 東京, 金原出版, 2010, 44-6.
2) 田畑務. 妊娠合併悪性卵巣腫瘍の治療と管理. 日本産科婦人科学会雑誌. 63 (4), 2011, 1224-30.
P.107 掲載の参考文献
P.110 掲載の参考文献
3) The Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons (SAGES). Guidlines for diagnosis, treatment, and use of laparoscopy for surgical problems during pregnancy. Surgical Endoscopy. 25 (11), 2011, 3479-92.
P.113 掲載の参考文献
1) 増崎英明. "妊娠初期の異常". 臨床産科超音波診断 : 画像でみる産科学. 改訂2版. 大阪, メディカ出版, 2009, 103-15.
3) 西舘野阿ほか. 分娩時に破裂した卵巣皮様嚢胞腫の2症例. 関東連合産科婦人科学会誌. 48 (3), 2011, 375.
P.116 掲載の参考文献
P.119 掲載の参考文献
P.122 掲載の参考文献
1) K yrgiou, M. et al. Obstetric outcomes after conservative treatment for intraepithelial or early invasive cervical lesions : systematic review and metaanalysis. Lancet. 367 (9509), 2006, 489-98.
3) 森山伸吾ほか. 妊娠合併CINに対する円錐切除術に関する検討. 日本生殖外科学会雑誌. 15 (1), 2002, 82-8.
P.125 掲載の参考文献
2) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会. "CQ502妊娠初期の子宮頸部細胞診異常の取り扱いは? ". 産婦人科診療ガイドライン : 産科編 2014. 東京, 日本産科婦人科学会, 2014, 276-8.
3) 日本婦人科腫瘍学会編 . "妊娠合併子宮頸癌の治療". 子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版. 第2版. 東京, 金原出版, 2011, 154-64.
P.128 掲載の参考文献
1) 藤田太輔ほか. "子宮腟部コンジローマ". 合併症妊娠. 改訂3版. 村田雄二編. 大阪, メディカ出版, 2011, 318-23.
2) Shah, K. et al. Rarity of cesarean delivery in cases of juvenile-onset respiratory papillomatosis. Obstet. Gynecol. 68 (6), 1986, 795-9.
4) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編. "CQ103 : 外陰尖圭コンジローマの診断と治療は? ". 産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編 2011. 東京, 日本産科婦人科学会, 2011, 6-7.
P.131 掲載の参考文献
P.134 掲載の参考文献
1) Lefebvre, G. et al. Clinical Practice Gynaecology Committee, Society for Obstetricians and Gynaecologists of Canada. The Management of Uterine Leiomyomas. J. Obstet. Gynaecol. Can. 25 (5), 2003, 396-418.
P.137 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編. "CQ501 : 妊婦から子宮筋腫合併妊娠の予後等について問われた時の説明は? ". 産婦人科診療ガイドライン産科編 2011. 東京, 日本産科婦人科学会, 2011, 222-3.
2) 日本産婦人科医会. 合併症妊娠. 東京, 日本産婦人科医会, 2008, 64-7 (研修ノート, No.80).
3) Phelan, JP. Myomas and pregnancy. Obstet. Gynecol. Clin. North Am. 22 (4), 1995, 801-5.
6) Exacoustos, C. et al. Ultrasound diagnosis of uterine myomas and complications in pregnancy. Obstet. Gynecol. 82 (1), 1993, 97-101.
P.140 掲載の参考文献
1) Exacoustos, C. et al. Ultrasound diagnosis of uterine myomas and complications in pregnancy. Obstet. Gynecol. 82(1), 1993, 97-101.
2) 出口奎示. "合併症のある中期中絶". 妊娠中期中絶 : 安全な新手術法と管理. 第2版. 東京, 医学書院, 2011, 40-4.
3) 出口奎示. MRI検査により診断された子宮筋腫合併妊娠の中期中絶. 産婦人科の実際. 54 (3), 2005, 535-40.
P.143 掲載の参考文献
1) American Fertility Society. The American Fertility Society classifications of adnexal adhesions, distal tubal occlusion, tubal occlusion secondary to tubal ligation, tubal pregnancies, Mullerian anomalies and intrauterine adhesions, Fertil. Steril. 49 (6), 1988, 944-55.
2) 坂元正一ほか. "不妊・生殖内分泌". プリンシプル産科婦人科学. 東京, メジカルビュー社, 1997, 244-56.
3) 矢嶋聰ほか. "形態異常と損傷". NEW産婦人科学. 東京, 南江堂, 2004, 469-78.
4) Cunningham, FG. et al. "Abnormalities of the Reproductive Tract". Williams Obstetrics. 21st ed. New York, McGraw-Hill, 2001, 912-21.
6) 増崎英明ほか. 子宮奇形の妊娠初期. 周産期医学. 25, 1995, 77-83.
7) Golan, A. et al. Obstetric outcome in women with congenital uterine malformations. J. Reprod. Med. 37 (3), 1992, 233-6.
P.146 掲載の参考文献
3) The American Fertility Society classifications of adnexal adhesions, distal tubal occlusion, tubal occlusion secondary to tubal ligation, tubal pregnancies, mullerian anomalies and intrauterine adhesions. Fertil. Steril. 49 (6), 1988. 944-55.
4) The Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine. Evaluation and treatment of recurrent pregnancy loss : a committee opinion. Fertil. Steril. 98 (5), 2012, 1103-11.

第3章 妊娠初期

P.150 掲載の参考文献
1) 斉藤英和ほか. 平成19年度倫理委員会登録・調査小委員会報告 : 2006年分の体外受精・胚移植等の臨床実施成績および2008年3月における登録施設名. 日本産科婦人科学会雑誌. 60 (6), 2008, 1230-53.
2) 日本産科婦人科学会. 会告 : 生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解. 日本産科婦人科学会雑誌. 60 (5), 2008, 1159.
P.153 掲載の参考文献
1) 平成27年度倫理委員会 登録・調査小委員会報告. 2014年分の体外受精・胚移植等の臨床実施成績および2016年7月における登録施設名. 日本産科婦人科学会雑誌. 68 (9), 2016, 2077-121.
3) 厚生労働省子ども・子育て支援推進調査研究事業. 我が国における男性不妊に対する検査・治療に関する調査研究. 2016. http://www.yokohama-cu.ac.jp/res_pro/researcher/pdf/h27kourou_yumura.pdf [2016. 1. 16]
P.156 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編. "妊娠悪阻". 産科婦人科用語集・用語解説集. 改訂第2版. 東京, 金原出版, 2008, 258.
2) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編. "CQ201 : 妊娠悪阻の治療は? ". 産婦人科診療ガイドライン産科編 2011. 東京, 日本産科婦人科学会, 2011, 67-9.
P.159 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会・日本病理学会編. 絨毛性疾患取扱い規約. 東京, 金原出版, 1995, 8-19.
P.162 掲載の参考文献
1) 増崎英明. "絨毛性疾患". 臨床産科超音波診断 : 画像でみる産科学. 改訂2版. 大阪, メディカ出版, 2009, 86-90.
2) 日本産科婦人科学会/日本病理学会. "絨毛性疾患の分類". 絨毛性疾患取扱い規約. 第3版. 東京, 金原出版, 2011, 16-21.
3) Sebire, NJ. et al. Outcome of twin pregnancies with complete hydatidiform mole and healthy co-twin. Lancet. 359 (9324), 2012, 2165-6.
P.165 掲載の参考文献
1) 日本産婦人科医会. 痛みの診断と治療. 日本産婦人科医会研修ノート. 75, 2006, 19-24.
2) 平木宏一ほか. 子宮外妊娠. ペリネイタルケア. 26 (8), 2007, 758-61.
3) Mazze, RI. et al. Appendectomy during pregnancy : a Swedish registry study of 778 cases. Obstet. Gynecol. 77 (6), 1991, 835-40.
4) Babaknia, A. et al. Appendicitis during pregnancy. Obstet. Gynecol. 50 (1), 1977, 40-4.
P.168 掲載の参考文献
1) 足高善彦. "子宮外妊娠". 生殖医学. 森崇英ほか編. 東京, 金原出版, 1994, 684-94, (産婦人科学書, 1).
2) McElin, TW. "Ectopic pregnancy". Obstetrics and Gynecology. 3rd ed. Danforth, DN., ed. New York, San Francisco, London, Harper & Row Publishers, 1977, 336-57.
3) Hajenius, PJ. et al. Interventions for tubal ectopic pregnancy. The Cochrane database of systematic reviews. DOI : 10. 1002/14651858. CD000324.
4) Vermesh, M. et al. Management of unraptured ectopic gestation by linear salpingotomy : a prospective, randomized clinical trial of laparoscopy versus laparotomy. Obstet. Gynecol. 73, 1989, 400-4.
7) 平木宏一ほか. 子宮外妊娠保存手術後の妊娠率と再発率. 産婦人科の世界. 58 (4), 2006, 81-6.
8) Tulandi, T. et al. Treatment of tubal ectopic pregnancy by salpingotomy with or without tubal suturing and salpingectomy. Fertil. Steril. 55, 1991, 53-5.
P.171 掲載の参考文献
P.174 掲載の参考文献
P.177 掲載の参考文献
P.183 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編. "流産". 産科婦人科用語集・用語解説集. 改訂第2版. 東京, 金原出版, 2008, 308.
3) 日本産科婦人科学会. 日本産科婦人科学会生殖・内分泌委員会報告. 日本産科婦人科学会雑誌. 57, 2005, 1057-67.
4) 井上統夫ほか. 不育症治療後流産例のその後の妊娠転帰. 産婦人科の実際. 56 (12), 2007, 2019-22.
P.186 掲載の参考文献
1) Breus, C. Tuberose subchorirale haematom der decidua. Leipzig, Deuticke, 1892.
2) 中山雅弘. 目でみる胎盤病理. 東京, 医学書院, 2002, 120p.
3) 秦幸吉ほか. 絨毛膜板下血腫 (Breus' mole), 絨毛膜下血腫. 周産期医学. 38 (9), 2008, 1095-9.
4) Kocak, M. et al. A rare form of abruptio placenta and clinical presentation in a preterm labor case : Breus, mole. Fetal Diagn. Ther. 21 (6), 2006, 540-3.
P.189 掲載の参考文献
1) Denny, J. et al. Bacterial Vaginosis : A problematic infection from both a perinatal and neonatal perspective. Semin. Fetal Neonatal Med. 14 (4), 2009, 200-3.
3) Nugent, RP. et al. Reliability of diagnosing bacterial vaginosis is improved by a standardized method of gram stain interpretation. J. Clin. Microbiol. 29 (2), 1991, 297-301.
5) Sangkomkamhang, US. et al. Antenatal lower genital tract infection screening and treatment programs for preventing preterm delivery (Review). Cochrane Database Syst. Rev. 2009, CD006178.
6) 齋藤滋. わが国における早産の実態とその予防対策. 産婦人科治療. 98 (4), 2009, 337-42.
P.192 掲載の参考文献
2) Nugent, RP. et al. Reliability of diagnosing bacterial vaginosis is improved by a standardized method of gram stain interpretation. J. Clin. Microbiol. 29 (2), 1991, 297-301.
3) Blanc, WA. "Pathology of the placenta, membranes and umbilical cord in bacterial, fungal, and viral infections in man". Perinatal Disease. Naeye, RL. ed. London, Williams & Wilkins, 1981, 67-132.
4) 中山雅弘. "絨毛膜羊膜炎の病理". 前期破水と早産 : 管理指針の確立をめざして. 佐藤章ほか編. 東京, メジカルビュー, 1996, 44-55, (図説産婦人科VIEW, 26).
P.195 掲載の参考文献
P.198 掲載の参考文献
P.201 掲載の参考文献
3) 増崎英明. 多胎妊娠と注意すべき胎児形態異常. 臨床婦人科産科. 63, 2009, 221-7.
4) American College of Obstetricians and Gynecologists Committee on Practice Bulletins-Obstetrics ; Society for Maternal-Fetal Medicine ; ACOG Joint Editorial Committee. ACOG Practice Bulletin # 56 : Multiple gestation : complicated twin, triplet, and high-order multifetal pregnancy. Obstet. Gynecol. 104, 2004, 869-83.
P.204 掲載の参考文献
P.207 掲載の参考文献
2) Van Allen, MI. et al. Twin reversed arterial perfusion (TRAP) sequence : a study of 14 twin pregnancies with acardius. Semin. Perinatol. 7 (4), 1983, 285-93.
3) Kinsel-Ziter, Mi. et al. Twin-reversed arterial perfusion sequence : pre-and postoperative cardiovascular findings in the 'pump' twin. Ultrasound Obstet. Gynecol. 34 (5), 2009, 550-5.

第4章 子宮・付属物・出血

P.212 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編. 産科婦人科用語集・用語解説集. 改訂第2版. 東京, 金原出版, 2008, 226-7.
3) Clark, SL. et al. Placenta previa/accreta and prior cesarean section. Obstet. Gynecol. 66, 1985, 89-92.
4) 増崎英明. "臨床編". 臨床産科超音波診断 : 画像でみる産科学. 大阪, メディカ出版, 1998, 224.
5) Francois, K. et al. Association of vasa previa at delivery with a history of second trimester placenta previa. J. Reprod. Med. 48, 2003, 771-4.
P.215 掲載の参考文献
1) 増崎英明. 超音波断層法による胎盤の診断. 周産期医学. 28 (6), 1998, 803-8.
2) 中山大介ほか. 前置胎盤の中期中絶に関する検討. 日本産科婦人科学会雜誌. 57 (2), 2005, 528.
3) 出口奎示. 帝王切開後の妊娠中期中絶における問題点. 産婦人科治療. 91 (6), 2005, 675-80.
5) Clark, SL. et al. Placenta previa/accrete and prior cesarean section. Obstet. Gynecol. 66 (1), 1985, 89-92.
P.218 掲載の参考文献
1) Swan, RW. et al. Retained products of conception. Histologic viability of placental polyps. Obstet. Gynecol. 34 (4), 1969, 506-14.
P.221 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編. "胎盤残留". 産科婦人科用語集・用語解説集. 改訂第2版. 東京, 金原出版, 2008, 239.
2) 越野立夫ほか. 胎盤遺残の取り扱い方. 日本産科婦人科学会雑誌. 43 (6), 1991, 107-10.
3) ACOG. ACOG Practice Bulletin : Clinical Management Guidelines for Obstetrician-Gynecologists Number 76, October 2006 : postpartum hemorrhage. Obstet. Gynecol. 108 (4), 2006, 1039.
P.224 掲載の参考文献
P.227 掲載の参考文献
P.230 掲載の参考文献
4) Mari, G. et al. Doppler ultrasonography of fetal anemia due to maternal red-cell alloimunization. Collaborative Group for Doppler assessment of the blood velocity in anemic fetuses. N. Engl. J. Med. 355 (2), 2006, 156-64.
5) 増崎英明. "超音波ガイド下穿刺". 臨床産科超音波診断 : 画像でみる産科学. 改訂2版. 大阪, メディカ出版, 2009, 268-72.
P.233 掲載の参考文献
2) 平松祐司ほか. "産婦人科救急のすべて : 子宮動脈塞栓術". 産婦人科救急に必要な基本手技. 産婦人科治療. 100 増刊. 大阪, 永井書店, 2010, 558-65.
P.236 掲載の参考文献
1) Cunningham, FG. et al. "Obstetrics hemorrhage". Williams Obstetrics. 22nd ed. New York, McGraw-Hill, 2005, 809-19.
3) 真木正博ほか. 産科DICスコア. 産婦人科治療. 50, 1985, 119-24.
P.239 掲載の参考文献
P.242 掲載の参考文献
1) 日本母性保護産婦人科医会編. 産道損傷. 東京, 日本産婦人科医会, 1998, 26-31 (研修ノート, No.60).
P.245 掲載の参考文献
P.248 掲載の参考文献
1) Brown, BJ. et al. Uncontrollable postpartum bleeding : a new approach to hemostasis through angiographic arterial embolization. Obstet. Gynecol. 54 (3), 1979, 361-5.
2) 産科危機的出血に対するIVR施行医のためのガイドライン 2012. 日本IVR学会, 2012. http://www.jsir.or.jp/docs/sanka/2012sanka_GL1015pdf [2017.9. 19]
P.251 掲載の参考文献
P.254 掲載の参考文献
1) 増崎英明ほか. 羊水量の簡易推定法. 産婦人科の実際. 38, 1989, 293-300.
2) Masuzaki, M. et al. Ultrasound prediction of amniotic fluid volume. Acta. Medica Nagasakiensia. 57, 2012, 41-4.
4) Phelan, JP. et al. Amniotic fluid volume assessment with the four quadrant technique at 36-42 week's gestation. J. Reprod. Med. 32, 1987, 540-2.
P.257 掲載の参考文献
1) 牧野真太郎ほか. 帝王切開時の子宮筋層縫合. 産科と婦人科. 75 (2), 2008, 143-9.
2) 小辻文和ほか. "帝王切開創癒合不全の対策 : 筋層切開面を正しく合わせるために". 産科手術 : 必須術式の完全マスター. 櫻木範明編. 東京, メジカルビュー社, 2010, 98-105.
P.260 掲載の参考文献
1) ACOG. Maternal and fetal medicine : Guideline for vaginal delivery after previous cesarean birth. Washington, D.C., ACOG, 1998, (ACOG committee opinion no. 64).
2) ACOG Practice Bulletin : Vaginal birth after previous cesarean delivery. Washington, D.C., ACOG, 1999 (Clinical management guidelines for obstetriciangynecologists).
4) Miller, DA. et al. Vaginal birth after cesarean : a 10-year experience. Obstet. Gynecol. 84, 1994, 255-8.
7) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会. "CQ403帝王切開既往妊婦が経腟分娩 (TOLAC, trial of labor after cesarean delivery) を希望した場合は?". 産婦人科診療ガイドライン : 産科編 2017. 東京, 日本産科婦人科学会, 2017, 250-3.
8) 福崎博孝, 増崎英明. 裁判例から学ぶインフォームド・コンセント : 患者と医療者をつなぐために. 東京, 民事法研究会, 2015, 376p.
P.263 掲載の参考文献

第5章 その他

P.268 掲載の参考文献
1) 文部科学省. 学校保健統計調査 : 結果の概要. http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/kekka/1268813.htm [2017. 9. 19]
2) 日本産科婦人科学会編. "骨盤計測". 産婦人科研修の必修知識 2016-2018. 東京, 日本産科婦人科学会, 2016, 75-80.
3) Toh-adam, R. et al. Short stature as an independent risk factor for cephalopelvic disproportion in a country of relatively small-sized mothers. Arch. Gynecol. Obstet. 285 (6), 2012, 1513-6.
4) 日本産科婦人科学会編. "狭骨盤". 産科婦人科用語集・用語解説集. 改訂第3版. 東京, 金原出版, 2013, 171.
P.271 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編. "児頭骨盤不均衡". 産科婦人科用語集・用語解説集. 改訂第2版. 東京, 金原出版, 2008, 200.
2) 日本産科婦人科学会編. "骨盤計測". 産婦人科研修の必修知識 2016-2018. 東京, 日本産科婦人科学会, 2016, 75-80.
P.274 掲載の参考文献
2) ACOG Practice Bulletin. Vaginal birth after previous cesarean delivery. Number 5, July 1999 (replaces Practice Bulletin Number 2, October 1998). Clinical management guidelines for obstetrician-gynecologists. American College of Obstetricians and Gynecologists. Int. J. Gynaecol. Obstet. 66 (2), 1999, 197-204.
P.277 掲載の参考文献
P.280 掲載の参考文献
P.283 掲載の参考文献
P.290 掲載の参考文献
P.297 掲載の参考文献
1) 母子衛生研究会編. 母子保健の主なる統計. 東京, 母子保健事業団, 2006, 78-88.
2) 増崎英明. 妊婦検診と超音波診断. 産婦人科治療. 94, 2007, 624-30.
P.302 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...