精神診療プラチナマニュアル

出版社: MEDSi
著者:
発行日: 2018-03-29
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784815701154
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,160 円(税込)

精神診療に必要かつ不可欠な内容をハンディサイズに収載。臨床における迷いを払拭するコンパクトマニュアル。よく遭遇する疾患に関する記述を充実させレアな疾患の記述は抑えるなどし、「本当に必要なものに絞る」ことを徹底。カルテ記載時に参照できる「アセスメント」「プラン」などの囲みや具体的な薬物の処方例も掲載。精神科後期研修医はもちろん、他科の医師、初期研修医、看護師、薬剤師、さらには公認心理師など、幅広い職種にお薦め。

目次

  • 精神診療が対象とする疾患・症状と治療薬

    第1章 疾患・症状別の診断と治療各論
    ■落ち込む,またはハイになる 「気分障害」
    ■幻覚と妄想といえば「統合失調症」
    ■抗精神病薬使用中の錐体外路症状
    ■強い不安やパニックが生じる「不安症」
    ■〇〇せずにはいられない「強迫症」
    ■身体の症状が気になって仕方ない「身体症状症および関連症群」
    ■多重人格や記憶喪失が生じる「解離症」
    ■強いストレスで生じる「ストレス性障害」
    ■拒食したり過食したり「摂食障害」
    ■アルコール使用障害(アルコール依存症)
    ■眠れない「睡眠障害」
    ■入院中に起こる意識の障害「せん妄」
    ■人格的な偏り「パーソナリティ障害(人格障害)」
    ■社会性の欠如や落ち着きのなさ「発達障害」
    ■物忘れなどの「認知症」

    第2章  精神科診療に必要なミニマムエッセンス
    ■精神保健福祉法
    ■自動車の運転と向精神薬

    第3章 向精神薬
    ■抗うつ薬
    ■気分安定薬
    ■抗精神病薬
    ■抗不安薬
    ■睡眠薬
    ■中枢神経刺激薬
    ■抗認知症薬
    ■抗パーキンソン病薬
    ■電気けいれん療法

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...