死を生きた人びと

出版社: みすず書房
著者:
発行日: 2018-05-01
分野: 医学一般  >  医学随想
ISBN: 9784622086901
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,640 円(税込)

商品紹介

最後の日々をどう生き、いかに終えるか−。これまでに355人の看取りに関わった訪問診療医が語る、患者たちのさまざまな死の記録。日本の終末医療が在宅診療・在宅看取りへと舵を切りつつある今、必読の書。

目次

  • 第1章 在宅医療の世界へ

    第2章 在宅死のリアリティ――死者355名からのメッセージ
    1 在宅医療と在宅死
    2 在宅医療・在宅死の経済的側面
    3 患者と家族にとっての在宅死
    4 医師は在宅医療を知らない
    5 介護関係者・行政・社会にとっての在宅死
    6 常に慰める

    第3章 在宅死のアポリア――情報社会が提供するさまざまなニュースから
    1 「老い」は戦うべき相手か
    2 希望なき生――「先生、死ねる薬はないのですか」
    3 看取るのは医師だけか
    4 医者にかからないで死ぬということ
    5 在宅死なき在宅医療――ビジネス化の行き着くところ
    6 在宅死は理想的な死か
    7 最期を選べない患者たち
    8 未来におけるアポリア
      1 医師は足りるか
      2 訪問看護師は足りるか
      3 介護職員は足りるか
      4 介護施設は足りるか
      5 病床数は足りるか
      6 2025年問題への対応策

    第4章 見果てぬ夢
    1 世界の悲惨/日本の悲惨
    2 オーダーメイド医療/オートメーション医療
    3 ある老医師の手紙

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...