麻酔科研修 実況中継! 第3巻 手術室急変対応と周辺領域編

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2018-05-25
分野: 臨床医学:外科  >  麻酔科学/ペイン
ISBN: 9784498055384
電子書籍版: 2018-05-25 (初版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,080 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,080 円(税込)

商品紹介

初期臨床研修編の掉尾を飾る「実況中継」第3巻.麻酔の基本(第1巻),各科の代表的手術に対する麻酔(第2巻)を身につけた中山・藤田・渡辺先生は,初期研修2年目の締めくくりで再び麻酔科を選択.麻酔科に関連する様々な急変対応や集中治療・ペインクリニック・緩和医療などの考え方を学びます.

目次

  • 表紙
  • 監修の言葉
  • プロローグ
  • 目次
  • 第3巻 登場人物紹介
  • [1] 気道管理困難対応を学ぼう
  • 気道管理困難の術前予測
  • 日本麻酔科学会気道管理ガイドライン ( JSA - AMA )
  • V2 ( イエローゾーン ) に入れば, 緊急コールと声門上器具を
  • 声門上器具挿入でも換気不可能な V3 ( レッドゾーン ) に入れば侵襲的気道確保を
  • 日本麻酔科学会気道管理アルゴリズム ( JSA - AMA ) の考え方
  • 意識下挿管の注意点~適切な鎮静と気道管理器具選択を~
  • 意識下挿管の定義と適用
  • 気道管理困難に用いられるさまざまな器具
  • 予期せぬ気道管理困難への対応スキルを身に着けよう
  • 挿管困難と換気不能の原因は多種多様
  • COLUMN 1 声門上器具の代表としてのラリンジアルマスク
  • [2] 大量出血への対応を学ぼう
  • 危機的大量出血は突然発生します
  • コマンダーの決定と危機的大量出血の宣言
  • 10 分後
  • 20 分後
  • 30 分後
  • 大量出血時の初期対応
  • 大量出血に対する大量輸血後の合併症管理も大切
  • 出血による生体への影響を意識しよう
  • 基本的な輸血の種類
  • 輸血製剤の投与前のダブルチェックが基本
  • COLUMN 2 全身麻酔後の低血圧への対応
  • [3] 悪性高熱症への対応を学ぼう
  • 悪性高熱症を疑う習慣をつけよう
  • 悪性高熱症
  • 悪性高熱症の臨床症状
  • 悪性高熱症の初期治療
  • 悪性高熱症の治療
  • COLUMN 3 全身麻酔後の呼吸器合併症
  • [4] 麻酔科のさまざまな急変対応を学ぼう
  • 気道・呼吸管理に関する急変対応
  • 肺血栓塞栓症の急変対応
  • 脊髄くも膜下麻酔の急変対応
  • 硬膜外カテーテルの急変対応管理
  • 麻酔中のさまざまなトラブルシューティング
  • ABCD アプローチで患者さんの状態を継続的に評価する
  • 麻酔科研修でのマイナートラブルと基本的対応
  • COLUMN 4 全身麻酔後の泌尿器・消化器合併症
  • [5] 麻酔科と心肺蘇生
  • 大量出血は心停止のよくある原因
  • 麻酔科医と蘇生
  • 2015 年版の米国心臓協会 ( AHA ) 心肺蘇生 ( CPR ) と救急心血管治療のためのガイドライン ( ガイドライン 2015 ) の強調点
  • 心停止の種類
  • 手術室心肺蘇生の重要点
  • 手術室心肺蘇生の特徴
  • COLUMN 5 手術翌日以降に注意すべき合併症
  • [6] 手術室災害対応を学ぼう
  • 気道火災の初期対応
  • 気道火災の原因
  • 米国麻酔科学会手術室火災予防ガイドラインのまとめ
  • さまざまな手術室災害対策の必要性
  • 停電時の対応
  • 地震発生時の対応
  • 手術室停電時の対応
  • COLUMN 6 局所麻酔薬中毒による心停止の対応
  • [7] 安全な鎮静・鎮痛を学ぼう
  • 鎮静と全身麻酔の連続性を理解しよう
  • 鎮静の意義と全身麻酔との連続性
  • 米国麻酔科学会の非麻酔科医のための鎮静ガイドライン ( ASA - SED )
  • 将来どの診療科を専攻しても鎮静の危険性を認識しよう
  • 鎮静ガイドラインの概要 ( ASA - SED )
  • 各領域における鎮静の安全性向上のために
  • COLUMN 7 意識下挿管時の鎮静・鎮痛
  • [8] 集中治療医学の考え方を学ぼう
  • 外科症例術後管理のための ICU
  • 全身臓器管理のための集中治療医学
  • 集中治療医学の考え方
  • ICU 管理の注意点
  • ICU は感染との戦い
  • ICU はチーム医療
  • 重症患者さんの移動時の注意
  • COLUMN 8 全身麻酔とせん妄
  • [9] ペインクリニックの概要を学ぼう
  • ペインクリニックは痛み治療の最後の砦
  • 痛みの伝導と分類
  • 侵害受容痛と神経障害痛の違い
  • 痛みの診察で大切なこと
  • 神経障害痛の診断と治療
  • 神経障害痛の治療
  • 痛み治療における神経ブロックの意義
  • 神経ブロックの作用と薬剤
  • COLUMN 9 ペインクリニックでの急変対応
  • [10] 緩和医療の概要を学ぼう
  • 緩和ケアの定義と考え方
  • 緩和ケアの苦痛の評価
  • 世界保健機構 ( WHO ) の緩和ケアの定義
  • WHO のがん疼痛治療の考え方
  • がん疼痛の評価と治療
  • NSAID とアセトアミノフェンの違いを理解しよう
  • がん疼痛に対するオピオイドと副作用
  • オピオイド力価表を参照しながらオピオイドスイッチを行おう
  • 緩和ケアは全ての診療科・職種が参加する
  • 呼吸困難症状への対応
  • COLUMN 10 緩和医療における麻酔科医の役割
  • エピローグ
  • あとがき
  • 参考ガイドライン
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...