2019年 出題傾向がみえる 健康支援と社会保障制度

出版社: ピラールプレス
著者:
発行日: 2018-06-09
分野: 看護学  >  看護学一般
ISBN: 9784861942006
電子書籍版: 2018-06-09 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

2,200 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,200 円(税込)

商品紹介

平成30年版の新出題基準では,「健康支援と社会保障制度」において,社会背景や看護を取り巻く状況と課題について,近年の状況を踏まえて具体的な項目を追加するとともに,社会保険および社会福祉に関する法や施策と制度,公衆衛生や健康支援に係る項目について体系的に整理されています.

目次

  • 目標I 社会生活を視点とした個人・家族・集団の機能や変化について基本的な理解を問う.
     1. 社会・生活基盤と健康
       A 生活単位の機能と変化
       B ライフサイクル
       C 労働と健康
     2.家族の機能やライフスタイルの変化
       A 家族の機能
       B ライフスタイルの変化
     3.社会の中の集団
       A 集団の機能と変化
       B 地域や職場における人間関係

    目標II 社会保障の理念,社会保険制度および社会福祉に関する法や施策について
        基本的な理解を問う.
     4.社会保障制度の基本
       A 社会保障の理念と変遷
       B 社会保障制度
     5.社会保険制度の基本
       A 社会保険の理念と変遷
       B 医療保険制度
       C 介護保険制度
       D 年金制度
       E B~D以外の社会保険制度
     6.社会福祉に関する法や施策
       A 社会福祉の理念と変遷
       B 社会福祉に関わる機関と機能
       C 社会福祉における民間活動
       D 生活保護に関する法や施策
       E 障害者(児)に関する法や施策
       F 児童に関する法や施策
       G 高齢者に関する法や施策
       H D~G以外の法や施策

    目標III 公衆衛生の基本,保健活動の基盤となる法や施策および生活者の健康増進について
         基本的な理解を問う.
     7.健康と公衆衛生
       A 看護における国際化の観点
       B 国際社会における看護の対象
       C 多様な文化と看護
       D 国際協力活動と看護
     8.公衆衛生における感染症と対策
       A 感染症の基本
       B 主要な感染症と動向
     9.公衆衛生における生活環境と問題への対策
       A 地球環境
       B 食品および家庭用品
       C ごみ・廃棄物
       D 住環境
     10.保健活動の基盤となる法や施策
       A 地域保健
       B 母子保健
       C 精神保健
       D 学校保健
       E A~D以外の保健活動の基盤となる法や施策
     11.生活者の健康増進
       A 生活習慣病の予防
       B 職場の健康管理

    目標IV 人々の健康を守るための従事者に関する法や施策およびサービス提供体制について
         基本的な理解を問う.
     12.人々の健康を守る従事者や機関に関する法や施策
       A 看護職に関する法
       B 医療や社会福祉関連職に関する法
       C サービスの提供体制

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...