病院で輝く総合診療医

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2018-07-02
分野: 臨床医学:一般  >  プライマリケア
ISBN: 9784521746029
電子書籍版: 2018-07-02 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,480 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

7,480 円(税込)

商品紹介

総合診療専門医シリーズ最終巻(第5巻).病院に勤務する総合診療医が,病院内,地域内など大小様々な組織内でうまく働くためのノウハウが詰まった1冊.もちろん総合診療専門医取得を目指している病院研修中の専攻医にも役立つ内容となっている.既刊の「診療の仕方」をまとめた第1巻,「ポートフォリオ」を扱う第2巻,「研修の受け方」を取り上げた第3巻と併せて活用したい.

目次

  • 総論
     1. 総論
     2. 歴史的背景
     3. 病院で働く総合診療医
     
    症例別による7つのCase
     Case 1 初診外来から入院:尿路感染症
      1 導入部(状況設定)
      1-1 入院患者のマネジメント総論:カルテ記載・指示簿
      1-2 「総合診療医」として入院患者へ生活を念頭に置いたケアを提供するために
      1-3 がん検診
      1-4 総合診療医の病棟診療について
      1-5 関連する領域:感染症
      1-6 患者のその後(転帰)
     Case 2 入院中,整形外科から相談:圧迫骨折→尿路感染症
      2 導入部(状況設定)
      2-1 高齢者を診るうえでの最低限の診断
      2-2 入院中に起こり得る疾患
      2-3 入院中の高齢者に起こり得る問題
      2-4a 感染症診療や不明熱診療の病棟コンサルト
      2-4b 大病院でのコンサルト
      2-4c 小病院でのコンサルト
      2-5 患者のその後(転帰)
     Case 3 特養からの救急搬送:誤嚥性肺炎
      3 導入部(状況設定)
      3-1 主治医あて
      3-2 特養,老健とのかかわり
      3-3 ベッドサイド回診
      3-4 リハビリテーション
      3-5 横断的チーム(NST,感染ICT)を依頼されたら
      3-6 臨床研究
      3-7 患者のその後(転帰)
     Case 4 新患外来:リウマチ性多発筋痛症(PMR)→巨細胞性動脈炎(GCA)
      4 導入部(状況設定)
      4-1a 初診外来について
      4-1b 大病院での初診外来
      4-1c 小病院での初診外来(特に新患外来)の特殊性
      4-2 臨床推論
      4-3a 自施設で対応できない疾患の対応
      4-3b 稀ではない疾患,未診断の時の対応
      4-4 症例発表,学会,執筆
      4-5 膠原病と総合診療医は相性が良い
      4-6 生涯教育(いろんな会への参加)
     Case 5 引き継いだ予約外来:COPD
      5 導入部(状況設定)
      5-1 病院総合医の予約外来
      5-2a 病院総合診療外来での引き継ぎの質を高めよう
      5-2b アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning:ACP)
      5-2c 予防医療
      5-3 特殊外来(禁煙外来)をまかされたら
      5-4 小児期からのトランジション,希少疾患の対応
     Case 5' 入院中:COPD急性増悪で気管挿管,ICU入室
      5' 導入部
      5-5 集中治療 植西憲達
      5-6 多職種カンファレンス
      5-7 患者のその後(転帰)
     Case 6 13歳男子が下腹部痛で救急搬送→精巣捻転
      6 導入部(状況設定)
      6-1a 日中,時間外救急
      6-1b 大病院での救急
      6-1c 小病院での救急
      6-2a 頻度の低い非内科系緊急疾患
      6-2b 頻度の高い内科系緊急疾患
     Case 7 他施設follow:NSAIDsで感染契機の心不全
      7 導入部(状況設定)
      7-1 専門科との連携,専門医とやりとり
      7-2 薬剤
      7-3 多職種連携:患者背景,医療相談(MSW)とのかかわり
      7-4 病院と診療所との顔の見える関係づくり(院内・地域内勉強会)
      7-5 緩和ケア(がん/非がん),非がんの看取り
      7-6a 在宅小病院
      7-6b 在宅大病院
      7-7 病院内外の質改善
      7-8 患者のその後(転帰)

    コラム
     A 院内勉強会の工夫
     B ポートフォリオ
     C キャリアデザインを考える
     D 健診業務など「雑務」の話

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...