臨床心理学 増刊第10号 当事者研究と専門知

出版社: 金剛出版
発行日: 2018-08-10
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 13459171
雑誌名:
特集: 当事者研究と専門知
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,640 円(税込)

目次

  • 特集 当事者研究と専門知

    1 みんなでつくる当事者研究
     知の共同創造のための方法論

    2 言いっぱなし聞きっぱなしの「当事者研究会議」
     座談会
     言いっぱなし聞きっぱなしの「当事者研究会議」

    3 いっしょにつくる当事者共同研究
     1-遺産継承
      対談
       継承すべき系譜(1)―運動
      座談会
       世代間継承(1)―身体障害・難病篇
       継承すべき系譜(2)―自助グループ
      座談会
       世代間継承(2)―自助グループ編
     2-スティグマ
      多重スティグマ(1)―精神障害と恥
      多重スティグマ(2)―依存症・セクシュアリティ・HIV/AIDS
      多重スティグマ(3)―依存症者の子育てとスティグマ
      医療者の内なるスティグマ―知の再配置の試みから
      差別されない権利と依存症
     3-当事者性と専門性/当事者性の専門性
      専門家と当事者の境界
      ピアワーカーの政治(politics)
      アカデミズムと当事者ポジション
     4-回復―言葉・集団・健康の視点から
      ハームリダクションのダークサイドに関する社会学的考察・序説
      言葉と組織と回復―当事者研究・自助グループと対話
      「ゆるゆる組織」のエビデンス―当事者運営組織と高信頼性組織研究
      食生活と回復のメカニズム―精神栄養学の立場から

    4 「いっしょにつくる当事者共同研究」のその後
       「知の共同創造と再配置」のための編集後記―「当事者共同研究」への応答

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...