医学研究・臨床試験の倫理 わが国の事例に学ぶ

出版社: 日本評論社
著者:
発行日: 2018-09-30
分野: 医学一般  >  医学一般
ISBN: 9784535984530
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,780 円(税込)

医学研究において被験者を保護しながら、適正に研究をするにはどうすればよいのか。国内で実際に起きた15の問題事例を検討し、今日の研究のあり方を考える。

目次

  • 第1部 序
    医学研究・臨床試験の倫理と日本

    第2部 事案の解説
    Part1 臨床研究・実験的な医療
    Case1 被験者の同意なき臨床試験の実施
        ――金沢大学病院無断臨床試験事案

    Case2 プロトコルの規範性
        ――愛知県がんセンター事案

    Case3 「実験的」な手術――札幌ロボトミー事件

    Case4 First-in-Human医療機器試験と同意の有効性
         ――補助人工心臓治験事案

    PlusOne1 研究と診療の境界を考える
          ――「革新的治療」の許容条件

    Part2 配慮を要する対象・状況
    Case5 戦中の反人道的軍事医学研究
        ――駐蒙軍冬季衛生研究

    Case6 精神疾患と被験者研究
        ――ツツガムシ病感染実験事案

    Case7 子どもを対象とする研究
        ――名古屋市立乳児院・神戸医科大学事案

    Case8 製薬企業の従業員を対象とした研究
        ――社員へのキセナラミン投与事案

    PlusOne2 受刑者(囚人)を被験者とする研究

    Part3 試料や情報の取得・保存・利用
    Case9 地域住民を対象とする研究
        ――熊野町がん予防研究事案

    Case10 臨床現場で患者試料を採取する研究
        ――慶應義塾大学病院事案

    Case11 解剖後の試料の取扱い
        ――自治医大事件および監察医務院事件


    PlusOne3 災害研究に求められる倫理
          ――被災者を守るための研究倫理とは

    Part4 研究運営の中立性・誠実な成果発表
    Case12 新薬開発における製薬企業と研究者の責務
        ――ソリブジン事案

    Case13 研究への企業の関与と利益相反
        ――ディオバン事案

    Case14 臨床試験の支援スタッフと不正
        ――千本病院・北里大学事案

    Case15 研究不正とオーサーシップの問題
        ――STAP細胞事案・大量論文ねつ造事案

    PlusOne4 日本における倫理審査委員会の誕生と展開

    第3部 わが国で起きた出来事
    年表 主な事案と国内外の動き
    わが国で起きた事案の要約

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...