看護必要度データから始まる臨床看護マネジメント

出版社: サイオ出版
著者:
発行日: 2018-09-30
分野: 看護学  >  看護管理
ISBN: 9784907176709
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,484 円(税込)

商品紹介

現場で必須とされる「看護必要度」データを臨床看護のマネジメントに活用していくための入門書! 付属のDVDには、「'18 重症度、医療・看護必要度評価者院内指導者研修」での「評価方法のビデオ」を収載。さらに、2018(平成30)年度の診療報酬・介護報酬の同時改定では介護との連携が強く求められており、そのための入退院支援ツール(様式1~6)も合わせて収載した。

目次

  • 第1部 医療機関における患者評価の意義
        ─様式化されたデータとしての「看護必要度」
     1.社会保障制度持続化のための医療提供体制の改革
        ─2018(平成30)年度診療報酬改定の背景とこれからの課題
     2.診療報酬における「看護必要度」活用の経緯
     3.医療政策のエビデンスとなった様式化された「看護必要度」データ

    第2部 医療機関における患者評価の根拠となる記録の考え方と体制整備
     1.なぜ記録を作成するか
     2.看護を表わす記録
     3.「看護必要度」に必要とされる記録
     4.看護記録の具体例
      1)兵庫県立尼崎総合医療センターの取り組み
      2)小倉記念病院の取り組み
      3)筑波メディカルセンター病院の取り組み
     5.記録の訓練
     6.「看護必要度」の監査

    第3部 新たな「重症度、医療・看護必要度・ 」の評価の実際とマネジメントへの活用
        ─ビデオ事例の理解と評価のために
     1.患者評価の実際と留意点
     2.患者評価の信頼性を高めるための院内の連携
     3.患者評価の看護管理への活用

    第4部 入退院マネジメントに必要な「看護必要度」データを用いた患者評価
     1.入退院マネジメントにかかわる政策動向
     2.患者評価をもとにした入退院支援システムの展開
     3.継続的支援を実現するセルフマネジメント支援の取り組み

    第5部 2018年度診療報酬改定が医療機関のマネジメントに与える影響
     1.患者評価としての「看護必要度」データの意義
        ─2017(平成29)年度入院医療等の調査・評価分科会の議事録から
     2.「重症度、医療・看護必要度・」におけるDPCデータの活用と問題
     3.医療機関に求められる新たなマネジメント

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...